2017年04月20日

新感覚ラーメンライス「リゾッパ」とは!? 麺処 まるわ@作草部 千葉ラーメン

作草部のまるわさんに行きました。久しぶりの訪問になります。

resize10034

駐車場は、お店の斜向かいに3台分あります。止め方に注意が必要なのですが、無視をして止めておられる方がいて、どうにも入れられない状態になっていました。仕方ないので、近くのコインPに止めました。駐車場には、ちゃんとロープが張ってあるのでよく見てほしいです。

resize10033

さて、この日のお目当ては、春の新限定です。悪麺友Dr.keiさんが、ブログで絶賛http://blog.goo.ne.jp/sehensucht/e/61903a33bd93cef6cab1ad97fb8c175cしておられた1杯。とても興味をもって訪れました。

店内に入ると、店長さんと女性の方が迎えてくださいました。コの字カウンター席と、テーブル席があります。

resize10026

壁面掲示にありました。


麺処まるわ春の新限定 1日15食限定

春キャベツとサクラエビのトマトリゾッパ


です。リゾッパの説明書きもあります。これは、親切でいいですね。「新感覚のラーメンライス」ですよ!楽しみではありませんか!!

resize10025

こちらが、春キャベツとサクラエビのトマトリゾッパ 900円 です。

resize10029

まるでお花のような、春らしくて可愛らしいビジュアルです。店長さんのイメージとは、ちょっと違っていますね(笑)。トッピングは、冷凍トマトジュースジュレと、ベーコン、キャベツ、サクラエビです。

resize10030

初めていただく、リゾッパなるラーメンライス。さて、お味の方や如何に?まずは、スープをいただきます。こちらは、まるわさんらしい豚骨スープです。浅草開化楼さんの太麺を啜ると、確かにラーメンです。春キャベツとベーコンがいいですね。チャシュー不要論のらんちばとしては、こういうトッピング大歓迎です。

そこに、トマトジュースジュレが徐々に溶け出してきて、洋風なお味に変化していきます。これは、面白いですね。フレッシュなトマトの風味が新鮮です。食べ進めていくと、いつの間にやら、主役が麺から御飯になっていくのです。これは、楽しいですね。また、サクラエビのお味も広がって来て、洋風サクラエビトマトリゾットに変化しました。気が付けば、お箸からレンゲへ、食べる道具も変化していました。これは、とても楽しい味変?食変?ですね。こういう遊び心のあるメニュー、好きですよ。

らんちばが、一番感心したのは、スープを除けば素材は至って普通にあるものだということです。トマトジュースに、サクラエビ、ベーコンにキャベツ。そんなどこにでもある素材を使って、これだけ楽しめる、新感覚のラーメンライスに仕上がっているところがすごいなと思いました。

まだまだ工夫次第で、ラーメンには無限の可能性がある、そんなことを感じさせてくれる1杯でした。

resize10031

食後、店長さんとしばし街の中華やさんについての談義を。(今は「街中華」という言葉も生まれつつあるのですね。定着するかな?)店長さんもらんちばも、古くからある街の中華やさんが大好きです。しかし、現状を見ますと、明らかに後継者不足でお店を畳むところが増えています。

このままでは、街の中華やさん自体の存続が危ぶまれるといった状況になりかねません。最近生まれてくるのは、ラーメン専門店か、中国料理・台湾料理店。二極分化が始まっているように感じます。これは、街の中華やさんにとって、由々しき問題です。

そんなことを食後談義いたしました。街の中華やさんについては、いつかコラムでも触れてみたいと思います。

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by らんちば   2017年04月25日 16:38
syuitiさん
いつもコメントありがとうございます。励みになります。
まるわさんのリゾッパ、楽しかったです。
筆力、(汗)本当ですか。いつもうまく表現できなくて悩んでいるのですが・・・お褒めいただけてとっても嬉しいです(^^♪
これからも、頑張ります( `ー´)ノ
1. Posted by syuiti   2017年04月21日 06:27
「飽くなき探究心」そんな言葉がぴったりなまるわさんの一品ですね。美味しそ〜‼︎
まるわさんにはもちろん拍手ですが、食のさわりからシメに至るまで、一編のストーリーに仕立て上げるらんちばさんの筆力にも大拍手です。これからも勉強させていただきます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索