2018年07月12日

千倉を代表する名店の極上手打ち麺!! ごいみ@千倉 千葉ラーメン

Dr.kei&らんちばコンビでラーメン食べ歩きです。千倉のごいみさんに行きました。何と6年半ぶりの訪問です。

resize17620

6年半前には、ネットにもほとんど情報は無く、知られざるお店でした。Dr.kei&らんちばコンビで紹介させていただき、今ではラーメン本に載るほどにまで認知されました。

resize17618

まずは、このレトロな外観に痺れます。駐車場は、お店と神社の脇に広いスペースがあります。

resize17615

今回の目的は、6年半前に大感動したごいみさんが、果たして本当にすごかったのか?を検証しに参りました。外観は前にもまして、痺れるビジュアル。やはりインパクトのあるお店です。

resize17616

店内は、テーブル席3卓のみです。ブルーシートで覆われた天井がレトロ感を演出しています。シルバー世代のご夫婦と、お手伝いの方2名の計4名で切り盛りされています。

BlogPaint

メニューはこちらです。ラーメン、もやしラーメン、チャシュメン、スタミナラーメン、五目ラーメン、ソース焼きそば、チャーハン、野菜炒めライス、冷し中華そばです。

resize17603

こちらが、チャシュメン700円です。

resize17606

チャーシュー好きのkeiさんリクエストの1杯です。バラロールチャーシューが5枚も載ったビジュアルにうっとりです。メンマとネギも載っています。

resize17607

それでは、スープをいただきます。ほのかに乾物?が香るようなスープは、個性的な味わいです。好みの味わいですよ。スープについてお聞きしたところ、鶏ガラ、ゲンコツメインのスープだそうです。女将さんに伺ったところ、魚介系素材は入れていないということでしたが、帰り際出前から戻られたご主人さんに伺うと、煮干しや昆布を使用しているとのことでした。どっちが本当?(笑)らんちば個人的には、乾物系のお味を感じたのですが、真相やいかに?いずれにせよ、手作りのスープです。他にない個性的な味わいです。

そこに合わさるのが、自家製の極上麺です!この麺の素晴らしさに感激したのですが、この度改めて伺って感じたのは、やはりすごい麺だということです。「北の白虎、南のごいみ」と千葉の手打ち麺の二代横綱を呼ばせていただいてきましたが、やはりその感想は6年半経っても変わりませんでした。平打ちの中太麺は、しっかりとした縮れが入っています。啜ると、縮れが口中をくすぐります。何とも官能的です。いい意味でチキンラーメンの麺に似ています。岩手宮古のたらふくさんの麺を思い出します。この麺はやはり唯一無二ですよ!!

本格的なバラロールチャーシューも美味しく、全体としてレベルの高い1杯だなと思いました。創業41年の老舗店のラーメンとして考えると、その価値の高さはより輝きを増します。

resize17608

こちらが、ラーメンと並ぶ人気商品のスタミナラーメン750円です。

resize17604

こちらは、野菜炒めがドーンと載ったボリュームのある1杯です。炒めたお野菜の甘みがスープに溶け出し、より深みのある味わいとなっています。最後までアツアツなのもいいですね。

resize17605

麺、お野菜共にボリュームたっぷりで、食べ応えがあります。食べるのに時間がかかり、麺も後半伸びてきますが、この変化がまたいいのです。少し柔らかくなった縮れ麺は、ソフトでふかっとした食感になります。1杯で2種類の麺を味わうことができるような感じがたまりません。

resize17609

こちらが、冷し中華そば600円です。千葉冷やし中華を探求しているらんちばです。これをいただかない訳には参りません。

resize17610

刻み海苔がたっぷりとかけられたビジュアルがいいですね。店内でも出前でも注文されている、人気のメニューです。

resize17611

煮干し昆布等を使用した自家製のタレは、酸味がビシッと効いています。これぞ、冷やし中華、といったオーソドックスな味わいです。そこに合わさる縮れ麺がまた合う合う!麺がいいと冷やし中華の印象は格段に良くなります。逆もまたしかり。冷やし中華は、より麺の存在が大きな食べ物であることが分かります。レトロ系冷やし中華の王道を行く味わいに大満足のらんちばです。

resize17612

嬉しいサプライズがありました。食後に大きなスイカをいただきました。千葉郊外のラーメンやさんは、こういったサービスをしてくださるお店が多いですよね。ローカルで温かい接客に感激です。スイカも甘かった!

resize17613

大満足でお店を出ると、ちょうど出前から帰ってこられたご主人さんとお話しができました。御年71歳のご主人さんですが、出前対応もなさるまだまだお元気な方です。極上手打ち麺のルーツは、上野にある大来軒さんにあるのだとか。明治時代に中国の職人さんから伝わった手打ち麺だそうです。大来軒で働いておられたご主人さんは、直接教えてもらうことは無かったそうですが、見よう見まねで研究され今の麺に辿り着いたそうです。

らんちばの文章力では、ここらが限界です(笑)。より詳しくは、Dr.keiさんのレポートをご覧ください。https://blog.goo.ne.jp/sehensucht/e/0fcf43b603a86b4feac7829da0c28506

ごいみさん、6年半ぶりの訪問でしたが、前回にもまして素晴らしいお店であることを再認識しました。千葉のラーメン好きの方なら、足を運ぶべきお店です。地ラーメンではありませんが、房総の老舗ラーメン店としては、梅乃家さんや江ざわさんレベルの価値あるお店だと思います。

  • mixiチェック
lanciba at 06:25│Comments(0)南房総市 | 冷やし中華

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

らんちば

Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索