2019年03月16日

千葉ラーメン新激戦区に花山椒専門店が登場【新店】担々麺 くらもと@下総中山 千葉ラーメン

2月27日にオープンした、くらもとさんに行きました。

場所は、下総中山駅北口、でめきんさんや4代目松屋食堂さんにほど近いです。

resize21032

近年注目の千葉ラーメン新激戦区である下総中山に、また新店登場です。

新店らしく、お祝いのお花がたくさん届いています。

店名は、担々麺 くらもと 花山椒専門店 です。今流行りの、花山椒を使った担々麺のお店ということですね。

くらもとさんという店名からすると、市川真間の蔵元さんの系列ということでしょうか。


resize21033

2月27日オープン。オープン後5日目に訪れました。

resize21030

営業時間については、写真をご覧ください。定休日等は、今後決まってくるのかな。これは暫定的なものかもしれません。

resize21029

それでは、店内に入ります。券売機はありません。カウンター席とテーブル席の店内です。店長さんとお若い男性の方2名で切り盛りされています。

メニュー表を見ていますと、店長さんがメニュー右側が汁ありで、左側が汁なしである旨を教えてくださいました。

resize21016

汁ありは、濃厚しびれ担々麺、味噌担々麺、チーズカレー担々麺、があります。

鶏しょうがご飯、蔵元特製「親子めし」もあります。

resize21017

汁なしは、こがしネギ香る花椒麺、濃厚しびれ汁なし坦々麺、汁なしチーズカレー担々麺、があります。

resize21015

辛い担々麺だけではなく、醤油ラーメン、チャーシュー麺もあります。これは、有り難いですね。辛いものが苦手な方や、お子さま連れの方にも対応しています。

resize21018

この他、おつまみメニューやお飲み物も充実しています。夜は、お酒を飲む方も訪れることができます。駅前ならではの構成ですね。

resize21019

「手作り絶品チャーシュー」の解説もあります。

resize21020

こちらが、看板メニューである、濃厚しびれ担々麺850円です。

resize21024

まず目を惹くのが、乳白色のスープです。そこに、ラー油、ひき肉、刻みニラ、鷹の爪、すりゴマが載っています。彩り鮮やかな担々麺です。

resize21026

いただいてみますと、濃厚でクリーミーです。芝麻醤やすりゴマがしっかりと効いています。辛さ、しびれは1でお願いしましたが、どちらも適度に感じられるものです。個人的には、花山椒はもう少し効かせてもいいかな、と思いましたので、次回は、しびれを増して頼みたいです。

中太の縮れ麺は、特別主張はありませんが、スープとの相性はいいですね。ひき肉が味に深みを与えてくれます。

resize21028

こちらが、こがしネギ香る花椒麺800円です。

resize21021

こちらは汁なしになります。味玉、チャーシュー、メンマ、白髪ネギ、七味、糸唐辛子が載っています。

resize21022

それでは、まぜまぜしていただきます。花山椒は麺にまぶしてあるということですが、タレの油分がマスキングして、ダイレクトなしびれと香りは、汁ありに比べると控えめに感じました。後追いでじんわりとしびれてくる感じです。

太麺は、しっかりとした食べ応えがあります。こだわりのチャーシューがよいアクセントになっています。

resize21023

ご近所さんや通りがかりの方が次々と入って来られます。出足好調といった感じです。既存のラーメン店さんと共に、下総中山駅ラーメン激戦区を盛り上げていただきたいです。

懐かしの昭和・チャルメラの味、という醤油ラーメンも気になるところです。


lanciba at 09:34コメント(0) | 船橋市   mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

らんちば

Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索