2019年07月22日

「千葉冷やし中華トップ8」の中でもっとも豪華な一杯 らーめん処 彩蓮@中央区 千葉ラーメン

中央区白旗にある、彩蓮さんに行きました。

resize22772

駐車場は、お店の前に3台分あります。営業時間等は、写真をご覧ください。ただし、このところ昼営業で売り切れ店仕舞いの場合がありますので、夜の訪問を予定される方は、ご注意ください。

resize22771

すっかり行列店となった彩蓮さん。行列の仕方と、「代表者待ち禁止」の表示があります。お店に迷惑をかけない為にも、協力したいものです。

resize22767

開店時間前に並んで、1番でお店に入ります。ご主人さんと奥様が温かく迎えてくださいます。この接客の良さも人気の秘密です。

壁面には奥様手描きのイラストが華を添えています。

resize22764

今回のお目当ては、こちらです。彩蓮さんの夏の風物詩の一つ、冷やし中華です。

resize22763

らんちばが、「千葉冷やし中華トップ8」に選ばせていただいている逸品です。

resize22762

冷やし中華は、醤油タレと胡麻タレがあります。特製冷し彩蓮盛りも、醤油タレと胡麻タレが選択できます。

resize22769

特に、特製冷し彩蓮盛りは、トッピングがすごいです。なんと10種類の具材が、これでもかと盛られてくるのです。しかも、その一つ一つが丁寧に仕込まれています。

また、基本は変わりませんが、毎年微調整されて進化しているところも見逃せないです。

さて、今年の夏はいかがでしょうか。

resize22773

こちらが、特製冷し彩蓮盛り1,180円です。

resize22766

もう、この圧倒的なビジュアルにノックアウトです。10種類の具材とレモン、からしの彩りがとでも映えますね。見ただけでわかるのが、それぞれの具材に丁寧に包丁が入れられているところです。この確かな包丁技術と、かかる労力。ビジュアルから、そのすごさがビンビンと伝わってきて、迫力すら感じます。

resize22770

それでは、いただきます。これだけの具材が載っているにもかかわらず、冷たいものはしっかりと冷たく、温かいあいのこ煮は温かくと、器、麺、タレ、具材ごとにしっかりと温度管理されています。

自家製スープを使ったタレは、調味料だけでは出せない旨味がつまっています。酸味は心持ち抑えめだそうで、これは気温が真夏になると酸味を少し強めるそうです。このようにご主人さんの気配りが、器の隅々まで行き届いています。

resize22768

しっかりと締められた細麺もタレとの相性抜群です。豪華なトッピングのお味や食感を楽しみながら、麺をいただきますと、いくらでも食べられそうな錯覚に陥ります。体が冷えてきたころには、牛豚あいのこ煮を食べて、温かさを楽しみます。そんなこんなを繰り返しているうちに、フィニッシュを迎えます。

resize22765

食後の満腹感、満足感はかなりのものです。一杯でこれだけ満足できる冷やし中華も珍しいです。今夏も大人気間違い無しの逸品です。

  • mixiチェック

この記事へのコメント

2. Posted by らんちば   2019年08月01日 20:09
>>1
気になる!さん、コメントありがとうございます😊
青森軒さんの閉店、知りませんでした。すごく好きなお店だけにショックです。わたくしもリサーチしてみますね。
1. Posted by 気になる!   2019年07月23日 12:33
突然ですが、すみません!気になる事があり、色々検索しておりたどり着いた者です!旭の青森軒が閉店したのですが、ご存知ですか?此処には、7月30日、毎年チャーハンを食べに行くのです。14年になりました。お店のお二人が気になります!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

らんちば

Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索