2019年07月23日

店舗限定は竹岡系インスパイアのラーメン【新店】 一風堂 武石インター店@花見川区 千葉ラーメン

京葉道路武石インター側にオープンした一風堂さんに行きました。

resize22791

武石インター付近には、田所商店さんの本店ができて以来、なりたけさん、そして一風堂さんと人気店の大型店舗が進出し、郊外型ラーメン激戦区の様相を示しています。

resize22785

らんちばははじめ、一蘭さんかな?と思ったら一風堂さんということでちょっとびっくりしました。

resize22790

駐車スペースは、しっかりと確保されています。このあたりは、さすがですね。

resize22775

それでは、店内に入ります。すぐに店員さんが声をかけてくださり、カウンター席に案内されました。明るくて綺麗な店内です。テーブル席もしっかり確保されています。

resize22794

それでは、グランドメニューを拝見いたします。白丸元味、赤丸新味、

resize22792

resize22793

resize22778

博多担担麺、があります。

resize22774

resize22788

そして、当店限定ラーメンとして、博多式中華そばがあります。今回のお目当ては、この博多式中華そばです。

resize22780

お子さまラーメンもあります。ご家族連れでも安心ですね。

resize22781

一品・ごはんものもあります。

resize22789


当店限定メニューは、サイドメニューにもあります。若鶏の博多揚げですね。鶏肉も千葉県盛んだからかな?

resize22783

デザート・ドリンクもあります。

resize22777

お茶はルイボス茶。それにしても、綺麗なメニュー表といい、内容といい、全く抜かりがないですよね。

resize22786

resize22779

1985年創業の一風堂さん。まさに、ラーメンドリームですね。らんちばが本格的にラーメンを食べ歩き始めたのが1984年。一風堂さんの歩みとほぼ同じ時を刻んでいるんだなあ、などと思っているうちに、

resize22784

博多式中華そば910円+税が届けられました。

resize22776

説明書にもありますように、こちらの一杯は、千葉県のご当地ラーメン、竹岡系ラーメンを模したものです。それなのに、なぜ博多式中華そば??という疑問は残りますが…。

resize22782

醤油たれは、宮醤油さんのたまさ醤油。乾麺は都一さんと、本格的竹岡系ラーメンです。

それほど醤油のパンチとキレはないものの、さすが一風堂さん、うまくまとめています。麺量もたっぷりあり、食べ応えがある一杯です。本家梅乃家さんを除くと、乾麺を使っている竹岡系ラーメンは非常に少ないので、その意味でも存在価値があります。

会計も丁寧で、最後まで気持ちよく食事をすることができます。会計場の隣には、お土産コーナーまで。まさに至れり尽くせりのお店でした。これは、流行る訳ですね。

resize22787

  • mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

らんちば

Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索