2019年08月29日

ドイツから逆輸入 超個性的なラーメン らーめん muku 無垢@新横浜ラーメン博物館 神奈川遠征

7月15日、あいみょんが出演したライブが横浜アリーナでありました。

ライブ後は、もちろん新横浜ラーメン博物館に立ち寄りました。

resize23407

三連休の最終日の夜、流石に館内は空いています。昼間は人でごった返していたんじゃないでしょうか。何となく余韻のようなものが漂っています。

resize23409

1軒目は、利尻島に本店がある、味楽さんに行きました。次のお目当は、ヨーロッパ逆輸入ラーメン店の無垢さんです。こちらのお店は、ドイツフランクフルトにお店を構える人気ラーメン店です。

わが悪麺友Dr.keiさんは、おそらく日本一ヨーロッパのラーメンを食べ歩いている方ですが、今ヨーロッパでもラーメン人気は高いようです。そんなお店のラーメン、気になるではありませんか。

resize23401

こちらのお店も並ばずに入れました。

resize23404

入り口前の券売機でメニューを確認します。無垢ラーメン、無垢ラーメンNull、焦げ味噌ラーメン、無垢ツヴァイテラーメン、ベジタリッシュ味噌ラーメン、ミニ無垢ラーメンがあります。

さすがヨーロッパのラーメンというか(笑)、これだけではどれを選んでいいのかわかりません。女性の店員さんに違いを聞いたところ、ドイツで出しているラーメンに一番近いのが無垢ツヴァイテラーメンということでしたので、そちらを選択しました。

resize23408

店内は、カウンター席とテーブル席があります。フロア担当の女性店員さん、厨房には男性の方が2名いらっしゃるようです。

resize23405

こちらが、無垢ツヴァイテラーメン1,200円です。

resize23402

とても濃厚そうなスープが印象的です。ザワークラウトとベーコン、茶色いもの、青ネギが載っています。これは、楽しみですね。

resize23406

それでは、スープをいただきます。うぉっと、これはかなり濃厚でヘビーなスープですね。動物系素材がしっかりと乳化した感じです。油分が多いのか?何とも独特な油脂感があります。なんだろうこの油。ザワークラウトの酸味とベーコンがよいアクセントになっています。

そしてそして、何より鮮烈だったのが、なんだか茶色い物体です。この香ばしさというか、旨味というか、今まで味わったことがない気がします。どうにも気になり女性店員さんに伺いますと、分からなかったようで(笑)、厨房に確認してくれました。正体は塩漬けの背脂だそうです。これもドイツ料理なんですかね?

平打ちの太麺もかなり異彩を放っています。噛み応えありあり。この濃厚なスープには、すごく合っていると思います。とにかく、予想以上に重量級の一杯です。ラーメン博物館で連食するにはきっついラーメンですね。

ドイツで出しているラーメンというよりは、ドイツを表現したラーメンのように感じました。

大変個性的な一杯を堪能いたしました。ワールドワイドに展開していくことで、ラーメンの進化も別次元になるんだなあと思いました。

連食3軒目は、もう無理です(笑)。満腹で帰路につきました。

resize23403

  • mixiチェック
lanciba at 18:31│Comments(0)神奈川 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

らんちば

Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索