またまた志道さんに行きました。

第三弾目のフルーツラーメンの提供が始まったということで訪れました。

今回は、予約無しで券売機で誰でも購入して食べることができます。5日までということで、気になる方はお急ぎください。

開店時間10分前に近くのコインパーキングに止めました。

時間を見計らって、お店に向かいました。

ちょうど開店になりました。



IMG_7999


店内入って左側に券売機があります。

ボタンを見ますと、限定ラーメン2,000円があります。

これがフルーツラーメンのボタンになります。掲示はないので、ご注意ください。

店内は、L字カウンター席のみです。

店主さんお一人で切り盛りされています。



IMG_7990


今年夏に始まった志道さんのフルーツラーメンの第三弾は、梨の冷製フルーツラーメンです。

今回は、価格も2,000円とお求め易くなっています。

エルグさんとおっしゃる(一度お会いしたいです)有名ラーメンフリークの方が、梨増しを注文されていましたので、

店主さんにお願いしたらやってくださいました。

こちらが、梨の冷製フルーツラーメン2,000+梨増し600円です。

同時に入店された2名の方、後から来られた2名の方もみなさんフルーツラーメンを注文されていました。

注目度が上がってきているようでとても嬉しいです。



IMG_7992


トッピングは、梨(豊水)、鶏豚チャーシュー、パプリカ、タケノコ、ネギ、紫玉ねぎ、ミントのシャーベット、ミント、です。

梨はとても薄く切ってあり、とても食べ易いです。

店主さんの包丁の冴えが光ります。



IMG_7993


それでは、いただきます。

まずは、なんといってもスープです。梨は果物の中でも水分が多いので、薄くならないかな?と思いましたが、まさかのものが加えてありました。

ブレンダーで溶かした梨の果肉と塩ダレ、それに加えてニンニクと生姜も入っています。

あれ?ニンニクっぽい??と思ったらその通りでした。

梨の冷製フルーツラーメンのスープによくニンニクを合わせる勇気がありましたね、

と思わずお聞きしましたら、フレンチでは梨とニンニク、生姜は当たり前に合わせる素材なんだそうです。

全く知りませんでした。とても勉強になります。

塩ダレも前回のブドウの冷製フルーツラーメンの時よりしっかり効いています。

梨の甘みを塩ダレが強調し、ニンニクと生姜がパンチを与えています。

そのため、スープの物足りなさはありません。果肉のシャリシャリ感が残っているのもいいですね。

細麺がとてもよく合います。

ミントのシャーベットがスープに変化を与えてくれます。相性抜群です。

よく冷えたスープよりも更に冷たいシャーベットが加わることで、温度変化も楽しめます。

タケノコや鶏チャーシューの塩気もいいアクセントです。

そして、薄切りの梨がとても美味しいです。梨増しにしたので、食べても食べても減らないのが幸せです。

第一弾、第二弾とは、また趣きの違った冷製フルーツラーメンに仕上がっていました。

素材のフルーツによって、店主さんのアイデアが広がるのがよく分かります。

今年のフルーツラーメンはこれで終了ということです。

来年がとても楽しみになりました。

千葉のフルーツラーメンをこれから広めていってほしいお店です。



IMG_7996


こちらが、チャーシュー丼400円です。ジューシーなチャーシューとドレッシングの組み合わせがいいですね。

レベルの高いチャーシュー丼です。


IMG_7997


まだまだ、フルーツラーメンは珍しいジャンルですが、アンテナを高くしているとあちらこちらで、提供するお店が出てきているようです。

やはり、これからの猛暑が続く夏対策として、みなさん冷やし麺の開発に力を入れてきておられます。

冷たいラーメンの食材として、フルーツは可能性があると思う方も、全国にちらほらいらっしゃるようです。

長野の名店、熊人さんも提供されているようです。ラーメンパフェに力を入れておられ、フルーツラーメンは今年スイカを提供されたそうです。

来夏は、長野遠征決定です。

東京の名店ソラノイロさん、神奈川の名店支那そばやさん、といい、考えてみればすごいお店が提供されていますよね。


これから期待されるラーメンのジャンルだと思います。

らんちばは、これからもフルーツラーメンを推して参ります。