成田市

2020年03月03日

限定 Meat de 味噌リタン らあめん clover@成田市 千葉ラーメン

2月27日、成田市のcloverさんに行きました。

resize26484

cloverさんは2020年の9月に10周年を迎えられる成田の実力店です。成田と言えば、福一さんとcloverさんと言われる程の人気店です。

resize26481

お店の前の道路脇の花壇には、菜の花が満開です。いつもながら、cloverさんの前の花壇は季節を感じさせてくれます。さすが成田市。財政的にも安定しているのでしょう。

resize26487

お店の駐車場もありますが、共用ですのでらんちばはいつも公園脇のコインパーキングを利用しています。

お昼時の店内、お客さんでいっぱいです。お店に入りますと、ご主人さんと女性スタッフさんが迎えてくださいました。お2人ともとてもいい方です。

満席でしたので、食券を渡して中待ちイスに座って待ちます。カウンター席と小上がり席1卓の小ぢんまりとした店内です。

アットホームさもありつつ、ご主人さんの真剣な雰囲気が程よい緊張感を生んでいます。この雰囲気、好きですよ。

resize26483

入り口入って右側に券売機があります。この日の目的は、あるときだけの限定麺です。cloverさんは限定の情報をSNS等で告知をしていません。ですから、注意をしておかないと食べ逃してしまいます。

この日の限定は、Meat de 味噌リタン、です。いつもは、比較的あっさりとしたネーミングなんですが、今回は凝ったメニュー名です。

味噌ラーメンだけども肉がたっぷりのナポリタンラーメン、というところでしょうか。楽しみですね。

resize26482

こちらが、Meat de 味噌リタン1,100円です。

resize26486

出てきた瞬間、思わず息を飲む美しさ。これですよ。これ。美しいビジュアルはcloverさんのラーメンの真骨頂です。

味噌とトマトとマー油?の混ざりあったスープがまず美しい。その上にトマト煮の挽肉、トッピングの赤パプリカ、刻みピクルス、青菜、ウィンナー、キャベツ、チャーシュー、パクチーが載っています。

resize26485

それでは、いただきます。スープは、味噌とミートソースとマー油がバランスよく混ざり合い、何味と表現して良いのか分からないくらいです。とにかく美味しいことには間違いないのですが。

麺を引き上げますと、ミートソースが適度にとまとわりついてきます。しっかりとした中太麺は、引き締まっていて食べ応えがあるいい麺です。

resize26480

あとは、豪華なトッピングの数々を楽しみながら、食べ進めます。これは、理屈抜きに楽しいです。パプリカと青菜のシャキシャキ感、刻みピクルスの酸味、とにかくスープに合っているウィンナーとキャベツ、切り札薄切りチャーシュー、全体を統括する力を秘めたパクチー。

気がつけば、残ったのはたっぷり入った挽肉入りのスープだけでした。ご飯をお願いしようか迷いましたが、お忙しそう(混んでいる時にらんちばが限定をお願いしたのでオペ的には申しわけなく)でしたので、そのまま挽肉スープを完食致しました。もう何もいうことはありません。

美しくて、楽しくて、美味しい一杯に大満足です。


lanciba at 20:15コメント(0)  mixiチェック

2020年02月04日

限定味噌フォンデュ!!を堪能しました らあめん clover@成田市 千葉ラーメン

1月31日、成田市のcloverさんに行きました。新年は初めてになります。今年もお世話になります。

お店の駐車場は共用で5台分ほどあります。ただ、構造上縦列に止める場合もあります。ですから、タイミングによっては食事中に車の移動もあり得ますので、らんちばは、お店の裏にあるコインパーキングを利用しています。

resize25905

開店時間10分くらい前に、駐車場に到着。お店前に回ろうとしますと、ちょうど女性店員さんが準備に外に出ておられました。こちらの店員さん、すごくステキな方で、らんちばは昔からのファンなのです。朝一にご挨拶できて、今日はきっといい日になることでしょう(笑)。

外ベンチに座って待っていますと、すぐに次々とお客さんが来られます。さすが、成田の実力店cloverさんです。

時間になり、暖簾がかけられて店内へ。厨房では、ご主人さんが迎えてくださいます。今年の9月で10周年を迎えられるベテラン店主さんです。

入って右側にある券売機で食券を購入します。この日は、何やら魅力的な限定があるということで伺ってみますと、ありました。右下のボタンに(写真撮り忘れました)、

味噌フォンデュ!!
,泙爾覘△弔韻覘かける

です。また、メニューから変わったネーミングですね。もちろんこちらをお願いしました。

resize25902

こちらが味噌フォンデュ!!1,200円です。

resize25901

とにかく、といいますか、いつもながら、といいますか、cloverさんのラーメンは美しい。早く食べなければいけないのですが、思わず見とれてしまいます。それでなくとも写真3枚と動画TikTok用約20秒必要ですので急がないとです。(撮影は30秒以内と決めています)

resize25903

まずご覧くださいこのまぜそば。つけ麺でもありますが、まぜそばでもあります。立体感のある盛り付けが、いやが上にもテンションアップしますよね。

昨年末の限定味噌をいただいたときから、気になっていたのですが、cloverさんのチャーシューに薄切りのものが出るようになりました。厨房を拝見すると、スライサーがあります。そんなに前からなかったよな?と思いご主人さんに伺ったところ、やはり導入して5ヶ月くらいだそうです。

それにより、手切りでは不可能な薄さにカットできるようになったため、花びらのようにふんわりと盛り付けができるようになりました。そのため、より立体的な盛りが可能になったのではと思います。

もちろん、スライサーの良さはそれだけではありません。薄切りにすることで、もともと絶品のcloverさんのチャーシューがまた一段と美味しく感じられるようになったのはわたしだけでしょうか。とにかく、うっとりする美味しさです。らんちばはもともと薄切りのチャーシューが好きなのでこの導入はすごく嬉しいです。

あ、ちょっと話が逸れますが、元来関東のチャーシューは厚切り、関西のチャーシューは薄切りの傾向がありますよね。これもラーメンの地域性だと思います。

そして、鶏チャーシューにたっぷりのお野菜。ガーリックチップと黒胡椒も。もうこのトッピングだけでも完食できてしまいそうです。

resize25904

,泙爾

から、いってみましょう。まずはまぜそばで食べるということですね。軽くかき混ぜて麵を啜りますと、味噌だれの旨みで美味しくいただけます。ああ、これも美味いなあ。さらにガッツリとかき混ぜますと、下に溜まっていたと思われるチーズが絡み出し、濃厚な旨みに変化します。いやー、このチーズと味噌の融合にはノックアウトですね。なるほど、味噌フォンデュですよ。

しばらく楽しんだ後は、

△弔韻

です。このつけ汁とにかく熱々なんです。油分が多いからでしょうか?こちらは、お店の動物系スープに味噌を軽く合わせたものかなと思いました。(違ってたらごめんなさい。らんちばの駄舌では、いつもcloverさんの細かなギミックについていけなくて)

こちらにつけていただきますと、まず感心するのが温度変化です。まぜそばも温かいのですが、熱々スープで一段と温度がアップし、味変ならぬ温度変効果が生まれます。

らんちばは、冷やし中華食べ歩きの経験から、ヒヤアツ効果の素晴らしさをみなさんにお伝えしてきた自負がありますが、このヌルアツ効果も面白いですね。

しかもそれだけではありません。ねっとり濃厚になった麺や具材がスープと出会うことでさっぱりといただけるのです。これは、まさに味変です。

最後は、かける

です。熱々スープを楽しんだ後は、スープを丼の方に入れます。これで、味噌チーズラーメンの完成です。最後はバランスよく、スープ麵を楽しみました。

いやあ、これは楽しかった、興味深かった、美味しかった。cloverさんの実力と創造性を十二分に発揮した限定でした。

確証はありませんが、まだ今週中はいただけるかも?(終わっていても味噌の限定はあるはずです)

お客さんは、あっという間に満席。相変わらずの人気ですが、それも当然のことだなぁ、と思いました。今年もよろしくお願いします。


lanciba at 20:15コメント(0)  mixiチェック

2020年01月12日

今年10周年を迎えられる成田を代表する実力店 らあめん clover@成田市 千葉ラーメン

昨年溜めてしまったレポートを仮アップさせていただいております。写真中心の内容ですみません。後ほど、少しずつ加筆していく予定です。よろしくお願い致します。

12月3日、成田のcloverさんに行きました。久しぶりに、千葉ブロガーの花咲トキさんとご一緒させていただきました。

らんちばは、基本一人でラーメンを食べ歩きますが、たまにご一緒させていただくと、それはまた楽しいものです。特にステキな女性なら、尚更です(笑)。

ただ、2019年は、らんちばの悪麺友であるDr.keiさんと、ほとんどご一緒できなかったのが残念です。お忙しいでしょうが、今年は都合つけて行きましょうね。


resize25574

成田のcloverさんと言えば、千葉の巨匠福一さんと共に、成田を代表する名店です。らんちばも大好きなお店で、開店以来ずっとお世話になっております。

2010年9月オープンですから、今年ちょうど10周年を迎えられます。オープンして半年の時に、東日本大震災を経験され、自粛ムードの中大変苦労なさってのスタートだったと記憶しております。

ラーメン業界も厳しく、1年続かないお店も多いです。3年続けば御の字、10年続くお店となりますと、本当に希少な存在です。そんなラーメン業界の中で、成田を代表する名店とまで呼ばれるようになるには、並大抵のことではありません。

ご主人さんは、オープン当初から、レベルの高いラーメンを提供し続けておられ、お味の改良にも余念がありません。お休みの日は、都内近郊から全国のお店まで食べ歩いて研究されています。

らんちばも大変リスペクトさせていただいているお店です。

resize25575

この日も、店内は満席の盛況ぶりです。ご主人さんと、この日はステキな女性店員さんが切り盛りされていました。接客やオペレーションの良さも特筆すべき点だなと思います。

cloverさんは、告知はなさいませんが、不定期で限定も出しておられます。この日は、ラッキーなことに味噌らあめんがありました。

resize25578

こちらが、味噌らあめん1,000円です。

resize25577

cloverさんのラーメンは、そのビジュアルの美しさにも定評があります。毎回センスを感じさせるビジュアルも楽しみの一つです。

チャーシュー、キクラゲ、コーン、ニラ、もやし、玉ねぎ、ネギ、パプリカ、などが載っています。

そして、1番上に謎のペーストが。これが何なのか気になります。でも、らんちばの駄舌では、美味しいことは分かっても素材まで分からないことがしばしばです。今日はどうかな?

resize25573

それでは、いただきます。しっかりととったお出汁に、ブレンドされたと思われる味噌だれが合わさり、旨味溢れる一杯に仕上がっています。重たくない味噌のバランスもお見事の一言です。ああ、やっぱりcloverさんのラーメンは美味しいなあ…しみじみと感じる瞬間です。トッピングも豪華で、飽きさせません。

さて、問題のペーストですが、らんちばはトマト系の味わいに感じましたが、果たしてどうだったのでしょうか。花咲トキさんは、スパイスを感じたとおっしゃっていたと思います(汗)らんちばには、お手上げです。

後ほど知人のレポートを見てもカレー系のスパイス、と書いてありましたし…はあぁ

とにかく、効果的で美味しい味変ペーストであることだけは間違いありません。

resize25576

2020年も益々のご活躍を期待しております。cloverさんのことですから、10周年と言っても特別のことはなく、粛々と過ぎていくかと思います。でも、この10年間の重みというものは、何物にも変えがたいものがあります。どうしても新店に注目が集まりがちですが、本当に凄いのは、cloverさんのような実力店なんです。

らんちばは、新店ももちろん楽しみに食べ歩きますが、同時に中堅店の素晴らしさもお伝えできればと思っております。もちろん、老舗店もです。


lanciba at 09:39コメント(0)  mixiチェック

2019年12月05日

中華・定食 栗原軒@成田市三里塚 千葉ラーメン

成田市三里塚の栗原軒さんに行きました。かなりの久しぶりになります。

冷やしラーメンとオムライスをいただきました。大衆中華のお店なのですが、個性的なラーメンメニューに興味を持っています。冷やしラーメンもよかったです。オムライスも、大衆中華系としては珍しい円形です。


resize24779

resize24774

resize24777

resize24775

resize24773

resize24768

resize24771

resize24780

resize24773

resize24769

resize24770

resize24776

resize24778

resize24772



lanciba at 06:46コメント(0)  mixiチェック

手作り餃子 康@三里塚 千葉ラーメン

成田市三里塚にある、手作り餃子で有名な康さんに行きました。

厳密には、ラーメンメニューはありませんが、あんかけ焼きそばと手作り餃子のコンビネーションは最高でした。

もちもち皮の餃子と、温かい接客が最高です!


resize24766

resize24759

resize24758

resize24757

resize24764

resize24761

resize24760

resize24762

resize24767

resize24765

resize24756



lanciba at 05:46コメント(0)  mixiチェック

2019年09月14日

ハイレベルな2種盛りつけ麺 らあめん clover@成田市 千葉ラーメン

8月27日、成田のcloverさんに行きました。夜にラーメンをいただくことはあまりないので、行きつけのcloverさんですが新鮮に感じます。

resize23702

駐車場は、お店の入っている建物の脇にあります。

resize23704

営業時間等は、写真をご覧ください。

resize23701

店内は、カウンター席と小上がり席です。ご主人さんと男性の方で切り盛りされています。

resize23705

この日は限定メニューはありませんでした。

つけ麺塩800円をいただきました。

resize23703

つけ汁は、鷄と魚介のスープということです。旨味たっぷりのスープは、塩味もしっかりと効いていて、引き締まった印象です。おそらくどなたが召し上がっても満足できる、普遍にしてハイパフォーマンスのつけ麺だと思います。

resize23699

合わさる麺は、何と2種盛りです。全粒粉麺と普通の小麦麺です。麺の太さもそれほど変わらず、大きな違いはないですが、喉越しで違いを感じるタイプとでも言いましょうか。らんちばのような駄舌では、上手く表現できないのですが、どちらの麺もスープとの馴染みがとてもよく、あっという間になくなってしまいます。

玄人好みのつけ麺と言っても良いでしょう。何をいただいてもハイレベル。成田の実力店のcloverさんは、9月で9周年を迎えられます。

resize23700



lanciba at 17:40コメント(0)  mixiチェック

2019年08月10日

唯一無二!?冷やしらあめん おでんトッピング らあめん clover@成田市 千葉ラーメン

成田市のcloverさんに行きました。らんちばが行きつけにさせていただいているお店です。

resize23073

この日は、なにやら変わった限定麺があるということで、楽しみに訪れました。

resize23074

営業時間等は、写真をご覧ください。駐車場は、テナント共用で数台分あります。満車の場合は、公園の脇道を下ったところにコインパーキングがあります。

resize23080

開店時間ちょうどに訪れましたが、既に数名の方が待っておられます。相変わらずの人気ぶりです。

resize23075

順番がきて、中に入ります。ご主人さんのお父さんとお母さんが温かく迎えてくださいます。

店内は、カウンター席と小上がり席があります。入り口入って右側に券売機があります。

限定ボタンを見ますと…ありました。

冷やしらあめん  おでんトッピング

と、書いてあるではありませんか!冷やしラーメンにおでんですよ!一体、どういう思考をしたらこのようなメニューが生まれてくるのでしょうか?興味津々です。

resize23072

こちらが、冷やしらあめんおでんトッピング1,000円です。

resize23076

ご覧ください!確かにおでんが載っていますよ。こんにゃく、しらたき、うずら、ダイコン、はんぺん、練りもの…
一体どんな世界が待っているのでしょうか?これだから、ラーメンはやめられないのです(笑)。

resize23077

まずは、スープをいただきます。器までしっかりと冷やされているのがいいですね。お出汁は、カツオなどの節系の味わいがします。和風の醤油味ですね。冷たいので、暑い日ですがストレスなくいただくことができます。

このお出汁でしたら、おでんが合わないわけがありませんよね。冷たいおでんって食べたことがなかったのですが、美味しいですね!

resize23078

それぞれのネタを味わいながら、平打ちの太麺をいただきます。スープもよくのり、ピロピロとした食感もたまりません。これは、とても好みの和風ラーメンですよ。

おでんトッピングが意外にボリュームがあり、一杯でお腹も満足できました。さすか、cloverさんですね。奇抜に思えるような組み合わせも、ご主人さんの手にかかると違和感がありません。レベルの高い創作ラーメンとしていただくことができました。

これからも、cloverさんから目が離せません。

resize23079


lanciba at 09:43コメント(0)  mixiチェック

2019年07月25日

ラーメンメニューが豊富な新店の登場です 【新店】とらじ食堂@成田市 千葉ラーメン

成田市に7月16日オープンの新店、とらじ食堂さんに行きました。以前はラーメン剛さんがあった場所です。

resize22807

駐車場は、お店の前に10台くらい止められます。

resize22815

入り口入ると、正面に券売機があります。壁面には、写真入りのメニューが掲示してあります。この写真を見ながら、何を食べるか決めるようになります。新店にもかかわらず、とても豊富なメニューです。どれもなかなか魅力的で、しばし考えてしまいました。

resize22813

営業時間等は、上の写真をご覧ください。ちょっと小さくて見えにくくてすみません。

resize22808

店内は、カウンター席とテーブル席があります。男性の方3名で切り盛りされています。楽しそうに働いている姿が印象的です。

resize22817

昔ながらの中華そば、みそ、つけ麺、ご飯もの、イタリアンのナポリタン、バジル麺、トマトチーズ麺、単品、おつまみなどがあります。

resize22816

定食や本日のラーメンまであります。オープン当初からこのラインナップはすごいですね。メニューを見ていて、純輝さんと似ているかな?と思い店員さんに伺ってみますと、関係があるそうです。なるほど、開店当初からメニューが豊富な理由が分かりました。

resize22810

自家製麺で大盛り無料なのが嬉しいですね。

resize22814

悩んだ末に選んだのが、トマトチーズ麺830円です。

resize22818

あっさり系のスープに背脂が少し浮き、トマトの角切りも見え隠れします。チャーシューの上に、とろけるチーズと粉チーズが載っています。

resize22809

それでは、いただきます。スープは、あっさり系です。トマトの旨味、酸味、甘みがよく感じられます。ニンニクも効いているのかな?

合わさるのは、細麺です。スルスルと食べやすいですね。チャーシューやチーズのバランスもよく、美味しくいただきました。

resize22812

ミニチャーハン270円もいただきました。塩味が抑え気味であっさり目の味付けです。ぱらりとしたタイプです。

resize22811

豊富なメニューを考えますと、とても使い勝手の良いお店だなと思いました。これからの活躍に期待したいと思います。


lanciba at 09:41コメント(0)  mixiチェック

2019年07月14日

「千葉冷やし中華トップ7」の実力を如何なく発揮 らあめん clover@成田市 千葉ラーメン

成田市のcloverさんに行きました。らんちば行きつけにさせていただいているお店です。

resize22667

駐車場は、建物のテナントさんの共用のものがあります。ただ、縦列駐車になるため、場合によっては食事中に車を移動することがあります。らんちばは、落ち着いて食べたいので、公園と建物の間の道を下った場所にあるコインパーキングを利用しています。

resize22666

営業時間等は、写真をご覧ください。

resize22665

resize22668

お昼どきの店内は、混雑しています。カウンター席と小上がり席があります。ご主人さんと、ステキな女性店員さんで切り盛りされています。

resize22660

この日のお目当ては、待ちに待った冷やし中華です。cloverさんの冷やし中華は、らんちばが選ばせていただいている、「千葉冷やし中華トップ7」なんです。cloverさんの冷やし中華の特長は、毎年異なる冷やし中華であることです。今年の一杯はどんな冷やし中華なのか、興味は尽きません。

券売機のボタンを見ますと、ありました!なんとなんと、オム冷やし中華、と描いてあるではありませんか!まるで、らんちばのためにあるかのような(笑)、ネーミングとイラストに心踊ります。

resize22661

いよいよ登場しました!こちらがオム冷やし中華1,000円です。

ご覧くださいこの衝撃のビジュアル!まさにオムライスではありませんか!

resize22664

玉子を破らないように、恐る恐るめくって見ますと…

resize22662

何ということでしょう!美しく盛り付けられた具材が登場しましたよ!!

まさに衝撃のビジュアル二段攻撃(笑)。もうこれだけでも頼んだ甲斐があるというものです。

キクラゲ、黄パプリカ、赤パプリカ、豚チャーシュー、キュウリ、鶏チャーシュー、揚げエシャロット?(確認忘れました 汗)が整然と並んでいます。

resize22663

薄焼き玉子をそっと元に戻してから、いただきます。何が出てくるかな?の楽しみもありますよね。

タレは、カツオ系の魚介出汁と、トマトのお出汁がそれぞれ入っています。一杯で二度美味しい冷やし中華タレの共演です。これはたまりませんね!単なる醤油ダレではなく、2種類のお出汁が効いた冷やし中華になっています。これは、楽しい!美味しい!

今年も文句なしに、「千葉冷やし中華トップ7」に選ばせていただきます。

この冷やし中華の提供は、7月末ごろまでということです。気になった方は、早めの訪問をオススメいたします。


lanciba at 06:30コメント(0)  mixiチェック

2019年06月04日

ラーメンとオムライスをいただきました ちゃんこ鍋 餃子 大雅飯店@成田市 千葉ラーメン

成田市の大雅飯店さんに行きました。408号線から、田んぼ道を少し入ったところにお店があります。

BlogPaint

目立たない場所ですが、次々と車がやってきます。地元の方には知られたお店ですね。大衆中華のお店ですが、ちゃんこ鍋が売りのお店のようですよ。これは興味深いですね。

resize22205

駐車場は、7、8台止められるでしょうか。

resize22204

resize22203

resize22202

店内は、テーブル席、お座敷席があります。ご主人さんと奥さまで切り盛りされています。

resize22189

メニューは、麺類、飯類、菜類、ちゃんこ鍋、あんこう鍋があります。本日のおすすめ定食もあります。

resize22190

resize22192

resize22201

ラーメン480円です。

resize22193

雷紋の丼と相まって、なかなか美しいビジュアルです。トッピングは、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、ネギが載っています。

resize22195

いわゆる大衆中華店の動物系スープですが、かなりジャンクな味わいです。物足りなさはありません。チャーシューはお味の染みたものです。なかなかいいラーメンですよ。

resize22196

こちらがオムライス680円です。

resize22197

こちらも美しい仕上がりです。薄焼き玉子は載っけタイプ、ケチャップは多めです。

resize22198

ケチャップライスは、最後まで熱々タイプです。油がしっかりと回っているのでしょう。具はタマネギと鶏肉です。鶏肉がゴロゴロとたくさん入っています。これだけ多いのは初めてです。ちょっと贅沢な気持ちになります。

resize22200

気さくな接客もいいステキな大衆中華店です。いつかはちゃんこ鍋を食べてみたいです。


lanciba at 06:31コメント(0)  mixiチェック
livedoor プロフィール

らんちば

Archives
カテゴリ別アーカイブ
記事検索