2007年05月17日

21世紀は水素水の時代

福山ばら公園11

 

突然ですが、21世紀は水素水の時代です。

 

 

 

水素は宇宙で一番多い元素です、そして宇宙で最も小さい原子です。

人間の身体にも、酸素、炭素についで三番目に多く存在します。

そしてこの水素が人間の身体にとって素晴らしい働きをしてくれます。

 

病気の原因の90%は活性酸素だといわれています。

活性酸素は、人間にとって必要な物質ですが、多すぎると厄介なことになります。

りんごの皮をむいて放置しておくと茶色く変色します、また釘を空気中に放置しますと、りんごと同様に変色します。つまり錆びてしまうわけです。

人間の身体も活性酸素が多量に発生すると、錆びてきます。人間とって「錆びる」とは病気になったり、老化が進んだりすることです。

この活性酸素は、呼吸するだけでも発生します、その他発生原因としては、タバコ、アルコール、ストレス、食品添加物、過激な運動、紫外線、電子レンジの電磁波、蛍光灯、携帯電話、テレビ等々。

つまり人間生きていくうえで、活性酸素とは切り離せないわけです。

となると抗酸化食品を沢山とればいいかといえば、これには限界があります。

そこで不足する抗酸化食品はサプリで摂るってことになります。

 

水素はこの活性酸素と結合して水となり、体外に排出されます。

そして活性酸素によって傷つき、壊れた細胞を元気にします。

先日5月8日NHKテレビで水素について放送していました、また多くの新聞(朝日、毎日、読売、サンケイ等の全国紙)も8日の紙面で水素について書いています。

このことからも、これからの病気の改善や予防に水素水が有望だということがお分かりいただけると思います。

 

ところで

本業の他に5万円、10万円またはそれ以上、自由に使えるお金が毎月入るとしたらどうですか?

「1週間でライフスタイルが変わり、1ヶ月で人生が変わる」そんなビジネスが今注目されています。

 

詳細、お問い合わせは   w_work60@yahoo.co.jp   まで



lancul0954 at 08:40│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔