2015年02月03日


ブログ引っ越しました!
よろしくお願いいたします。

http://landhaus.blog.jp/




(23:08)

2011年12月03日

RIMG3952


小川待子さんの仕事に圧倒された。

力強く、途方もないスケールを感じた。
それでいて圧迫感が無いのはどうしてだろう。

展示空間がまるで巨大なうつわのようで、見ている僕のからだを、意識を
受け入れてくれているのが分かる。

気持ちが満たされ、思わず深呼吸した。

平日で僕のほかに人がいないこともあり、思う存分、空間を歩き回り
味わうことができた。

圧倒的な展示を見たあとは、どうしても自分の小っちゃさを感じてしまう。
で、ちょっとへこんだら沸々とつくりたい気持ちがわいてくる。

人は人、自分は自分なのだ。
感動の記憶だけもらっておいて、僕は僕の仕事を進める。


(01:37)

2010年06月16日

7人展


■日時:2010年6月12日(土)〜6月27日(日) 10:00〜17:00 ※最終日は16:00まで
■場所:ギャラリー共栄窯
■料金:入場無料
■お問い合わせ:ギャラリー共栄窯 電話0569-34-7721 Mail gallery@kyoueigama.com
※水曜休館
写真左から
千葉光広・鶴見宗次・小山乃文彦・角掛政志・谷口晃啓・阿曽藍人・杉村徹


お知らせが遅れてしまいました。
常滑のギャラリー共栄窯にて7人展がはじまりました。

どう見ても僕だけ若造…。
経験が浅いぶんかなりのエネルギーを注ぎました。
とても見ごたえのある展示になったと思います。
ぜひご高覧下さい。


(00:12)

2010年04月23日

RIMG6288B


カップが焼けました。

50個全部違う絵を描きました。
その中から1つ。
ロクロは僕がひいたのではないです。


毎日学校帰りの小学生が遊びに来て
外から「らんどー!!」
と叫んでぼくを呼び出す。
そしておかしをせびられる。

遊びたいなあ。でも仕事中やねん。


(23:10)

2010年04月16日

RIMG6258


三月いっぱいで陶芸研究所での研修を終え、
四月からは豆青窯での仕事を軸に新しい生活が
はじまりました。

この二週間は本当にいろんなことがありました。
それは後々お伝えするとして
今はちょっと、もったいぶっておきます。

今日は部屋を片付けました。すると
片付けはそこそこに模様替えが始まり
自分の作品を展示する始末。
自己満足。こういうことがやっぱり好きやな〜。


話はかわって昨日、豆青窯で
カップに絵を描くという仕事があって
しかもできたらかわいい絵をということで、
いや、まいったな。

それがはじめ全然ダメで、
ああ、おれって絵ヘタやなぁ
こんなカップほしくないわ、なんて思いながら
ヘタのままどんどん描いていきました。
モチーフがあればいいのかな?
そのへんに生えてる草を描いてみる。
いや、ちがうな。
かわいい絵を描こうなんて出来ないことを
考えるからいけないんだ。そうなのか?

とにかく“考えない”でやってみた。
おもしろいカップをつくろう、ってことをふわっと思う。
それ以外は考えないで描いてみた。
カップを“ぼうっと見る”ようにして
ここにどんな線がほしいかな、と想像する。
おもしろい線が引けた!
その線が次の線を導き出し、絵ができてきた。

どんどん描ける!

ハーモニカの即興のようでうれしいたのしい。
調子にのって一気にやっちゃいました。
出来上がったものを見ないと良いか悪いかわからないですが、
なんとなくかわいくなるような気がしてます。

という話!

それでは野生の王国をご覧ください。



ああ、天才、、、。

(23:48)