「ランドスケープをしよう」管理人ブログ

LANDSCAPING & MOVEMENT STAFF DIARY
since 22/Feb/2005

ぐるぐる九州

今週は九州をぐるぐるまわるため、更新できないかと思います。ぐるぐるぐるぐる・・2周ぐらいまわれる距離になるかも・・。

農体験とランドスケープ

日本造園学会のサイトでは、「これからのランドスケープ仕事」が連載されていますが、今回、私も興味深い寄稿文を見つけたのでご紹介したいと思います。

QS_20171208-111502
これからのランドスケープNO.6
http://www.jila-zouen.org/la-future/6382
農の生きるまちの魅力を今後のまちづくりの指針に
浅井 葉子

練馬区の都市農業担当部の方の寄稿です。都市部の農の存在の大切さと、ランドスケープがもっと目を向けていい分野であることを事例も交えて書かれています。
私が生まれた場所は大阪の郊外で、都市型の農業地がたくさんありましたから、内容に共感することができました。
特にここの記述がいいですね。。
都市農家は,環境学,土壌学,育種学,化学,教育学,史学,都市緑地論,コミュニティ論......等の卓越した知識を有している。

そして著者は言います。
是非ともプロ農家に直接学び本物の農業を経験して欲しい。

あーなるほどなぁ。。
実は私は大学卒業後、1年間、研究生であるとともに、宮崎の農家のアルバイトで収入を得ていました。うん、あの1年間はすばらしい経験でした。なので余計に興味深く感じるのかもしれません。私のちょっと違うランドスケープの立ち位置もこのあたりの経験にあるかもしれませんね。

ちなみに、もう一つの寄稿文の「どんな庭師になりたいですか?」を大変おもしろいのでぜひ御覧ください。

環境省エコジンと半身浴

cover
環境省広報誌「エコジン」12・1月号が発行されました。こちらは無料pdfダウンロードなので、ぜひ興味がある方は御覧ください。

で、ですね。(またか・・
まえにもいちゃもんをつけてしまった地球に優しいのはどっち??COOL CHOICE!/ BAD CHOICE!のコーナー(P.24)なのですが、今回も、こまけーことに気になってしまいました。

今回は「問題03体の温まる入浴法は?」についてなのですが、
QS_20171205-101022
確かにこの2つでは、右かなぁ。。なのですが、その説明。
「20分ほど時間をかけ、38〜39°Cのぬるめのお湯に半身浴すると体もポカポカ、ぬるめのお湯を少なく沸かすので省エネにも。」

あれ、最近では半身浴神話も薄れ、「血行を促進して身体を温めるのが目的なら、半身浴より全身浴の方が効果が高いのは明らか」ということをいろいろなメディアでいっているのではなかったか?

それに「ぬるめのお湯を少なく沸かす」というのも単身者であればそうかもしれないけれど、家族が多ければ、日本式の家族で1つの湯船をつかう、という方がとってもエコだということも海外の書籍でも紹介されるほどなのに。。問02で、みんなとわいわい鍋を囲むのが良いのなら、こっちもそれがいいんじゃないかなぁ。。

そもそもなのですが、環境面で<賢い>と使うならば、例えばワイズユース(賢い利用)という使い方をするように、クールは使わないんじゃ。。
ごめん、このあたりは最近の流行はわからないのではっきりしたこと言えないんだけど。でも賢いをクールと言い直すのに、すっごい違和感がある。(温暖化にかけているのかもしれないけど、これも誤解されないよう気候変動の方がいいと思ってる)

あー、自分でもちょっといちゃもんつけてるっていう自覚はあるのですが、多くの子供達も環境学習に取り組んでいて、そのサポートボランティアを長くしているせいか、ただでさえ誤解や迷信の多い環境問題にたいして、正確さのチェックは必要なんじゃないかと常々おもっております。

「カーボン・オフセット大賞」優秀賞を受賞した造園会社

一昨日、環境省にて「第7回 カーボン・オフセット大賞」の受賞者の決定が発表されました。
普段はあまり気にしていないのですが、今回の優秀賞受賞団体の中に、造園会社が受賞されていました。
環境省:
「第7回 カーボン・オフセット大賞」の受賞者の決定について
http://www.env.go.jp/press/104842.html

受賞した造園会社:
石井造園株式会社
QS_20171206-100229
http://www.ishii-zouen.co.jp/
横浜の造園会社さんですが、ホームページも素敵ですね。
他にも横浜での横浜環境活動賞の受賞や、500人を超える来場者のあるマルシェの開催、ブルーベリー(ホームベル)の苗木300株を無償配布など、環境活動や地域活動に積極的に取り組まれているようです。

環境活動も大切ですが、こうした活動をわかりやすく多くの方に知ってもらうことも同じぐらい大切。そうした積み重ねで今回の受賞も成果になったのでしょう。

造園会社は、環境活動や地域活動にも大きな責務が果たせるということを感じますね。こんな元気で素晴らしい造園会社がこれからも地域で増えることを期待したいと思います。

カモかも

最近土日は日が登る前に散歩が日課となっています。
寒いですが、日の出は最高ですからね。
あと、テラゾー(犬)が川沿いを歩くのが好きだということに最近気が付きました。
171125_070753171125_070738
そのため、少し遠いのですが、川沿いを歩くようになりました。ゴミが捨てられているなど、あまりきれいな川ではないんですけれどねー。

先日はテラゾーがぐんぐん川に向かうので「何事?」と思ったら、なんとこんな川に水鳥がやってきていました。
171125_070655
ああ、そんなゴミが浮いている川ですまないねぇ。
これでもひと昔と較べて水質は改善されているとは思うので、あとはビニールゴミなどを食べるのには気をつけてくださいね。


平安文化が色濃く残る日本の故郷[秋元集落]の謎に迫る!-高千穂

宮崎てげてげ通信という宮崎のネットニュースに、高千穂町のある地区が紹介されていました。
平安文化が色濃く残る日本の故郷[秋元集落]の謎に迫る!-高千穂
http://visit.miyazaki.jp/?p=40941
すごく興味深い!!
いろいろ調べてみると、こちらの集落で定食屋さんもあるということで、訪ねてみました!
PB200102PB200104
とはいえ、やはりかなりの山道です。景色はきれいですがやっぱりこわい。。
そして高千穂市街地から数十分車で走らせて、やっと着きました!
[秋元集落]です!
PB200108
わぁ、すごい。。リアルに水車があるよ。。
PB200110PB200109
まだこの先にいくと秋元神社というすばらしい神社があるそうなのですが、これはまた今度の機会にしましょう。
今回の目的はこの集落でご飯を食べることです。いざお店へ!!
PB200111PB200112
定休日でした。。


コインパーキングの屋外広告物に思ふ。

私の散歩道沿いに、コインパーキングがあります。
こちらのコインパーキングはちょっと変わっていて、コンクリート壁に宮崎の観光パネルを貼っています。個人的にここが悩みどころなのですが・・。
171112_071622171112_071639
171112_071714171112_071737
これって景観的(屋外広告)にどうなんでしょう?
状況として、このコインパーキングは、県で最も親しまれる都市公園沿いにあり、かなり目立つところです。
コンクリートブロックに設置されているパネルは、かなり大きなもので、車からも視認できます。が、そのパネル自体は、宮崎の神楽の写真など、商業的なものではありません。このパネルを設置することで利益はないと思うので、おそらく善意によるものなのでしょう。

当初、このコインパーキングがつくられたときは、公園沿いでとても目を引いたということもあり、正直あまりいい感想は持ちませんでした。
でも宮崎の神楽をここまでPRしている看板はほかにもなく、またそのパネル自体のセンスもいいので、単体でみればとても好感がもてます。今になってはあまり気にならなくなりました・・・

うーむ。。なんかフィルターかかっちゃったなぁ。。
県外客の初見の人にいろいろ伺ってみたい。


庭の冬支度

庭の剪定をしました。
思いきってばっさりと。
171112_124614
そして大量の枝。
主にジャカランダとシマトネリコの枝です。
(話によるとジャカランダは水気がある土地では成長しすぎるようです。)

下草にも光が入るようになったので、ちょっと元気そう。
庭をのぞむ部屋もずいぶん明るくなりました。

さて、あとは人間の冬支度!

マナーvsスマホ【駅広告編】

駅の階段の途中にある広告の列。
171020_204306
でも通り過ぎた時に「ん?」とあることに気がつく。

171020_204335
うん、歩きスマホはあぶないよね。
そして次の広告。
171020_204344
JRのLINEの広告。QRコードつき。

まぁ一つ一つは普通の広告。
でも並ぶと、ほんのすこしの違和感。

そして数週間後。。
171124_203924
マナー広告の方が駆逐されていました。
WINNERスマホ!

宮崎県の統計データ

今週の土曜日に、宮崎県では統計の大切さや面白さなどを伝える「統計データフェアみやざき」を開催するそうです。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/tokeichosa/kense/toke/page00369.html
11226_20171115174611-1
うーん。。相変わらず離婚率たけぇ。。
それでもまだ良くなったほうなのかな?うろ覚えなのですが、「結婚した人の半分が離婚してるやん。」って驚愕した記憶があるので。
全国的にも3組のうち1組は離婚しているとのことですね。そして離婚率が高い地域は経済的な理由や、初婚年齢の低さが原因といわれていますので、確かに。。とは思います。

さて、先程のイベントでは、宮崎県統計グラフコンクールというもので表彰と展示があるそうなのですが、子どもたちはこのデータを見て、なにを思うのでしょうか?
Profile
main page:
「ランドスケープをしよう」
7c14f5c3.jpg
http://landscape-project.net


管理人:ミヤガワ
1972年生まれ。今は主に宮崎・鹿児島の南九州圏に生息しています。たまに国内外に飛び立ちます。
経歴・活動プロフィール
facebook
twitter
管理人にメール
Mediamix News
ランドスケープをしよう
MEDIA MIX

−internet×journal−


ランドスケープをしようtoppage
「ランドスケープをしよう」
×

「ランドスケープデザイン」

Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ