「ランドスケープをしよう」管理人ブログ

LANDSCAPING & MOVEMENT STAFF DIARY
since 22/Feb/2005

やっと食せた!桜島灰干し弁当!!

171223_084805
鹿児島でございます。
実は、この鹿児島の地で、前々からどうしても食したいとおもっていたお弁当があります。
最初にそれを知ったのはとあるグルメ漫画からでした。
グルメ漫画といっても一風変わっていて、結婚直前に相手に逃げられた文芸編集部の女性が、その辛さを忘れるために、取材中などで美味しいものに巡り合うというお話なのですが・・え!実写ドラマ化すんの?
QS_20171226-085937
ともあれ、実は鹿児島編があり、そのなかでできてきたのが「桜島灰干し弁当」でした。この回を携帯で写真をとって持ち歩いて探していました。

そして巡り会えた「桜島灰干し弁当」
なんのことはない、鹿児島中央駅で売ってましたがな。(漫画では鹿児島空港で購入。だからてっきり空弁かと。)
171223_084108
へーガイアの夜明けなどでも紹介されたんですね。(売り場で書いてあった)
鹿児島市では、道路などに積もった火山灰の処理費用に年間約5億円を投じている。
この厄介者の火山灰で食の革命に挑む男がいた。彼が作って、鹿児島県内で人気を博しているのが、桜島灰干し弁当である。鹿児島中央駅での駅弁売り上げランキングで55ヶ月間1位である。


さて、その「桜島灰干し弁当」を桜島をバックに頂きましょう。
171223_085749
171223_085545
うーん、おいしい!!
メインの灰干しだけでなく、しいたけあまーい卵焼きがうまいうまい。ご飯が進む!!
ただ漫画でもありましたが、小腹を満たすにはいいかもしれませんが、ご飯の量が足りねぇ。。
肉類は普段好きなんだけどこのおかずラインアップの中では特に輝きはありませんでした。普段は残してしまう梅干しもしっかり食べましたよ。駅弁自体、はじめて食べたかも。。ハマりそうな予感。。

息子がみた東京の景

東京が修学旅行から帰ってきました。
さっそく東京での写真をいろいろみせてもらったのですが、我が息子ながら不思議なものに目がいくんやなぁ。。
これ、なんだと思います?
IMG_20171217_123111
網越しに見えた太陽パネルが不思議だったらしいです。うん、たしかに不思議・・だが、よく見つけたな。
こんな調子ですが、なんの整理もせず彼がみた東京の景を紹介します。
IMG_20171217_123134IMG_20171217_123234IMG_20171217_123354IMG_20171217_123427IMG_20171217_123448IMG_20171217_124240IMG_20171217_124942IMG_20171217_132145IMG_20171217_132516IMG_20171217_141131IMG_20171217_141508IMG_20171217_143447IMG_20171217_145719IMG_20171217_145907IMG_20171217_145913_1IMG_20171217_154603IMG_20171217_154749IMG_20171217_154807IMG_20171217_164337IMG_20171217_165829IMG_20171217_172046IMG_20171217_174321IMG_20171218_091913IMG_20171218_133933IMG_20171218_154947
IMG_20171219_085208
私も来月、上京するので彼に負けないような写真を撮ってきます!

九州探訪Week【再び熊本編】

さて、九州探訪Week最終回は、再び熊本県です。
最後に再度熊本市に夜中到着しまして、大騒ぎして就寝しました。
本日の報告は、次の日の早朝にぶらぶら街なかを歩いた様子をご紹介します。
PC160093
まずはホテルでもらった街歩きマップをみてアーケード街をぶらぶらしますが、街なかにはたくさん案内板や標識があるので、初見でも迷わずにすみます。ありがたい。観光おもてなしだねぇ。。
PC160090PC160101
他にも脇道に名前がついていたり、柱に地図がついていたりして便利な中心市街地でした。ふむ、これ、ちゃんと現地を歩いた上で設置場所考えられているな?

PC160091PC160096
まぁアーケード自体は、くまもんがたくさんいることにくらべれば、他の商店街とあまりかわらないかな。ただ流行調査都市となっているようなので、全国のチェーン店のお店が多いように感じました。この辺りは観光客としては残念。。
PC160094
熊本再生酒場
ただ唐突にこんなお店があるから面白い。地場店がんばれ!!

あと、アーケードの外れにある公園も見てきました。
PC160104PC160106
こういった市街地の公園は、円形が基本だよね。
そしてさすが水の都熊本。せせらび水路が整備されていました。さすがに早朝は止まっていましたけれど。
そしてその横には、小泉八雲熊本旧居もありました。
PC160109
うーん、せっかくの市街地にある緑地なのに、シンボルの大木がぶち切り剪定かぁ。。もったいないなぁ。。

その後は、修復中の熊本城正面の道路にでてきました。
PC160113
え、今こんなになってたの!痛々しいなぁ。。でも再生のシンボルだよね。

PC160115PC160127
つくづく熊本市は城を中心にあるなぁ。。と感じるのは周囲の市役所もNHKの建物も景観配慮しているということ。だから街なかを走らせると暗いイメージになっちゃうんだけど、それでも城は輝くのね。
そう考えると、姫路城周辺の建物高制限っていうのは徹底しているな。空にそびえてましたもんね。

九州探訪Week【長崎編】

さて、今回は長崎県です。
長崎県といえば、高校時代の修学旅行先。友人が喫茶店でぼったくられた街。正直市街には少ししか滞在せず、早々に壱岐の離島に放り込まれたため、街を楽しむのははじめてといっていいです。

最初の紹介は恒例の県庁探索です。
実は本庁舎はとても古くて、宮崎県庁に親しむ私としてはとても気に入りました。
171215_091619171215_091614
フェニックスもあるし!
と思いきや、なんと来年1月からすごいぴっかぴかでおしゃれな新庁舎へうつるそうな。。逆に今までよくがんばりました。おめでとうございます。寂しいですけど。

それと気になったのが、休庁舎に隣接する河川にすっごくかっこいい橋と広場ができていたのですが、車を止めることが出来ずに一瞬しか確認できませんでした。後で気になって調べてみたら、こんな素敵なものができていたんですね。

出島表門橋かぁ。。
今度来たときはじっくり堪能させてもらおう。

あと長崎市役所にも訪問したのですが、1つ驚いたことがあります。なんと長崎市役所には市民用の駐車場がありません。すべて周囲のコインパーキングを利用してくれということになります。うーん車主体のまちから来たものからするとおどろいちゃったなぁ。。
171215_094406
あと、エントランスのマットが郷土愛にあふれて可愛かったです。玄関にまちの顔になっている姿を示すって素敵じゃないですか?さすが観光都市のおもてなしだと思いました。

さて、長崎の食事といえば、やっぱり皿うどんでしょう。というより宿泊したホテルで聞いたら、周辺で長崎名物のお店はここしかないと言われて訪ねました。
171214_185932
ドーン!
171214_185938
ド・ドーン!!
これで680円なり!!駅前なのに安い!うまい!ボリュームたっぷり!!

・・・ボリュームたっぷりだったはずが、その日はずっと坂道を歩いたからでしょうか?なんだかお腹が満足せず、駅前のアミュプラザのお土産コーナーに向かいました。
171214_195914
見つけたのはこの長崎中華街の2つの名店の出張店舗。
171214_201447
岩崎本舗の角煮まんじゅう
171214_201731
桃太呂の長崎ぶたまん

・・・そしてファミチキもついつい買ってしまったことは反省しています。

そして最後に長崎駅のアミュプラザ前の夜景です。鹿児島駅と比較していかがでしょうか?
171214_195507
なんだかいろいろ各地をまわったものの、けっこうどこでもある店舗がたくさんでて景観が統一化していきているように思えます。だからこそ、独自の景観づくりにはより目がいくようになったのですが、大きな経済的な波に負けず、独自性をそれぞれ発信してほしいと思っています。

九州探訪Week【宮崎&鹿児島&熊本編】

ブログカテゴリーに「まちあるき日々」を追加しました。

さて、九州探訪weekの第二段目は、【宮崎&鹿児島&熊本】です。
・・・あ、やばい。この3県についてはほとんど写真とってない。距離はものすごく走ったのだけれども、だいたい高速道路移動だったし。。

あ、あとちょっとトラブルが。。
鹿児島から宮崎に行く特急で、列車の空転による停車・・というか坂が登れず、バックした時には泣きそうになった。しかも一時的に電気も消えて、もうどうかなるのかと。。
171210_091050
まぁ結局50分ほどの遅れで宮崎に到着したものの、中華の外国人の家族が戸惑っていたなぁ。。可愛そうでした。

あ、宮崎の移動中はひさびさに高鍋の小丸新茶屋本店で「極上釜揚げセット」を食べました。こちらの釜揚げは、九州北部の勤務が長かったグルメの同乗者も納得の評価で、面目が保たれました。でも、無料大盛りをお願いしたら、洗面器のような器に入ったうどんがでてきて、思わず苦笑い。。

熊本は以前、熊本県庁の報告をしたときにいろいろ書きました。今回、県庁には用事もなかったのですが、県庁の食堂でご飯を食べました。(リベンジ成功!
171213_120945
これが3種ある日替わり定食のなかの最上級【デラックス定食】のステーキ丼です。これで600円!安いけど肉は噛み切れなかった。次は県庁カツカレーなるものを食べたいなぁ。。(ホルモン定食は?

そして最後に鹿児島は?
171201_211023
すみません、これしか写真とってないです。
JR鹿児島中央駅アミュ広場前ですね。後日長崎のアミュ広場も紹介しようと思うので、また比較してみてください。



九州探訪Week【福岡天神編02】

さて昨日の【福岡天神編】の第二回目です。

今回の天神編のメインである「水鏡(すいきょう)天満宮」です。(コンペはどうした
171209_104952
天神の名前の由来となっている神社です。
境内にはいろいろな動物の像が設置されていますが、これは菅原道真公由来のものなのでしょうか?
171209_105012171209_105007
さらに奥には、ちょっと変わった建物があって、興味深かったです。ちょっと由来を聞いてみようと思ったのですが、神社関係者の方がお忙しそうだったので、聞きそびれてしまいました。
171209_105134
あとでこの神社の口コミを見ると、ちょっと残念なコメントが多く、尋ねなくてよかったかもしれませんね。

そして、本当のメインイベントは、この神社の隣りの博多名物うまかもん通りにある伝説のサバ定食をだす<真(まこと)>でお昼ごはんをたべることです。
検索するとすごい言葉が溢れてきます。
「メニューが「サバ定食」しかないのに長蛇の列!」
「創業40年以上で、これまでなんと100万枚以上が売れた。」

などなど、食欲があふれんばかりです!!
定休日も確認済み!!いざ!!!
171209_105245
なんでやねん。。
最近、こういうこと多い気がする。。

しかしちゃんとセカンドプランは用意してあります。リスクマネジメントばっちりです。(不幸馴れ
天神地下街「グルメ風月」の名物料理のグルメバター焼きを食べることにしました。
171209_111152
171209_111644
ドーン!!
171209_111650
ド・ドーン!!
なんと1970年代より人気のオリジナル料理らしいです。もう故郷の味にもなっている人もいるとか。
でもまず見た目におどろき。肉スパゲティーかと思ったら、ライスもついてきて、どうやって食べるかまず見当がつかない。。
最初、肉だけとってご飯を食べていて、まぁまぁ美味しいね〜肉は吉野家っぽい?、と思って周りを見渡してみたら、なんとパスタと一緒に肉と御飯を食べている!!
それを真似て肉+パスタ+ご飯を一緒に食べたら・・・まぁ美味しい!!(・・・吉野家さん、パスタ牛丼、売れまっせ)

そしてホクホク顔で、コンペ会場に向かい、見事撃沈したのでした。
(興味がある方は、こちらにコンペ資料が公開されているので御覧ください。実は息子が3年前にこのコンペに出していて、彼は私より上の特別賞もらっているんですよね。。)
以上、天神編おしまい!

九州探訪Week【福岡天神編】

長い間ごぶさたしておりました。
この間、九州をぐるぐるとまわっておりました。一日600kmを越す日々で、まだ足元がふわふわしている感じです。

さて、こうした日々に見て食べたものをご報告していきたいと思います。
まずは福岡県は天神ですね。
こちらは新幹線で行きましたので快適でした。
171209_082825
金ピカの車内、癒される〜。JR九州すばらしいです。

さて、天神で緑化デザインといえば、アクロス福岡のステップガーデンですね。
171209_104220
もちろん何度も見たことがあるのですが、今はどうなっているのか確認してきました。
171209_104323171209_110211
おお、健在!維持管理も徹底されているのでしょうね。
あと周囲のお店や河川も緑化が展開されていました。緑化への意識が高まっている地区なのでしょうか。相乗的に地区の景観向上が感じられます。
171209_104528171209_104538
171209_104555171209_104608

周囲をめぐっているうちに、東京駅を手掛けた辰野 金吾も発見して、時間もないのに大興奮。東京駅広場開発もあって時の人!来月は東京駅見に行くからね!
171209_105818
171209_105501
中の階段は鉄骨で無骨なのですが、それがまたかっこよかったです。これありだなぁ。。
171209_105614171209_105756

それから、この建物の奥に、ゲートであまりよくみえない別館があって、これがかわいいのですy.ちょっとがんばって撮影しました。
171209_105858
こんな家かわいいなぁ。。我が家もレンガ仕立てなので、こういうタイプが好きになっています。

さて、天神はメインではなかったのですが、ページもいっぱいなので、「天神編」は明日に分けて報告したいと思います。

ぐるぐる九州

今週は九州をぐるぐるまわるため、更新できないかと思います。ぐるぐるぐるぐる・・2周ぐらいまわれる距離になるかも・・。

農体験とランドスケープ

日本造園学会のサイトでは、「これからのランドスケープ仕事」が連載されていますが、今回、私も興味深い寄稿文を見つけたのでご紹介したいと思います。

QS_20171208-111502
これからのランドスケープNO.6
http://www.jila-zouen.org/la-future/6382
農の生きるまちの魅力を今後のまちづくりの指針に
浅井 葉子

練馬区の都市農業担当部の方の寄稿です。都市部の農の存在の大切さと、ランドスケープがもっと目を向けていい分野であることを事例も交えて書かれています。
私が生まれた場所は大阪の郊外で、都市型の農業地がたくさんありましたから、内容に共感することができました。
特にここの記述がいいですね。。
都市農家は,環境学,土壌学,育種学,化学,教育学,史学,都市緑地論,コミュニティ論......等の卓越した知識を有している。

そして著者は言います。
是非ともプロ農家に直接学び本物の農業を経験して欲しい。

あーなるほどなぁ。。
実は私は大学卒業後、1年間、研究生であるとともに、宮崎の農家のアルバイトで収入を得ていました。うん、あの1年間はすばらしい経験でした。なので余計に興味深く感じるのかもしれません。私のちょっと違うランドスケープの立ち位置もこのあたりの経験にあるかもしれませんね。

ちなみに、もう一つの寄稿文の「どんな庭師になりたいですか?」を大変おもしろいのでぜひ御覧ください。

環境省エコジンと半身浴

cover
環境省広報誌「エコジン」12・1月号が発行されました。こちらは無料pdfダウンロードなので、ぜひ興味がある方は御覧ください。

で、ですね。(またか・・
まえにもいちゃもんをつけてしまった地球に優しいのはどっち??COOL CHOICE!/ BAD CHOICE!のコーナー(P.24)なのですが、今回も、こまけーことに気になってしまいました。

今回は「問題03体の温まる入浴法は?」についてなのですが、
QS_20171205-101022
確かにこの2つでは、右かなぁ。。なのですが、その説明。
「20分ほど時間をかけ、38〜39°Cのぬるめのお湯に半身浴すると体もポカポカ、ぬるめのお湯を少なく沸かすので省エネにも。」

あれ、最近では半身浴神話も薄れ、「血行を促進して身体を温めるのが目的なら、半身浴より全身浴の方が効果が高いのは明らか」ということをいろいろなメディアでいっているのではなかったか?

それに「ぬるめのお湯を少なく沸かす」というのも単身者であればそうかもしれないけれど、家族が多ければ、日本式の家族で1つの湯船をつかう、という方がとってもエコだということも海外の書籍でも紹介されるほどなのに。。問02で、みんなとわいわい鍋を囲むのが良いのなら、こっちもそれがいいんじゃないかなぁ。。

そもそもなのですが、環境面で<賢い>と使うならば、例えばワイズユース(賢い利用)という使い方をするように、クールは使わないんじゃ。。
ごめん、このあたりは最近の流行はわからないのではっきりしたこと言えないんだけど。でも賢いをクールと言い直すのに、すっごい違和感がある。(温暖化にかけているのかもしれないけど、これも誤解されないよう気候変動の方がいいと思ってる)

あー、自分でもちょっといちゃもんつけてるっていう自覚はあるのですが、多くの子供達も環境学習に取り組んでいて、そのサポートボランティアを長くしているせいか、ただでさえ誤解や迷信の多い環境問題にたいして、正確さのチェックは必要なんじゃないかと常々おもっております。

Profile
main page:
「ランドスケープをしよう」
7c14f5c3.jpg
http://landscape-project.net


管理人:ミヤガワ
1972年生まれ。今は主に宮崎・鹿児島の南九州圏に生息しています。たまに国内外に飛び立ちます。
経歴・活動プロフィール
facebook
twitter
管理人にメール
Mediamix News
ランドスケープをしよう
MEDIA MIX

−internet×journal−


ランドスケープをしようtoppage
「ランドスケープをしよう」
×

「ランドスケープデザイン」

Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ