昨日のブログでもお話したように、現在、高千穂町内に流れる神代川というすごい名前の河川の改修が行われておりまして、その整備計画書や整備状況を綴ったブログ等が公開されているため、現在を視察してきました。
QS_20171116-092601
宮崎県:神代川かわまちづくり
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/chiiki/shityoson/nishiusuki_shityo/jindaigawa/
*神代川かわまちづくり計画書ダウンロードはこちら

さて、現在の様子です。
PB100020PB100026
PB100029PB100027
ずいぶん整備が進んでいますね。(整備の様子はこの事業のブログで見ることが出来ます)
この計画した湾曲部から湧水もでてくるようで、それを利用したビオトープをつくっているようです。上流部の河床はコンクリートになっていますが、川の勾配も強く、掃流力による洗掘もすごいのでしょうね。
もともとこうした三面張のコンクリート水路を神代川の名のもとに再整備しようというのが、この川まちづくりの目的のようです。

ここでちょっと気になることが有りました。
あれ?この遺構の取り扱いが計画と変わってる???
その話はまた明日!