「ランドスケープをしよう」管理人ブログ

LANDSCAPING & MOVEMENT STAFF DIARY
since 22/Feb/2005

デザイン日々

コインパーキングの屋外広告物に思ふ。

私の散歩道沿いに、コインパーキングがあります。
こちらのコインパーキングはちょっと変わっていて、コンクリート壁に宮崎の観光パネルを貼っています。個人的にここが悩みどころなのですが・・。
171112_071622171112_071639
171112_071714171112_071737
これって景観的(屋外広告)にどうなんでしょう?
状況として、このコインパーキングは、県で最も親しまれる都市公園沿いにあり、かなり目立つところです。
コンクリートブロックに設置されているパネルは、かなり大きなもので、車からも視認できます。が、そのパネル自体は、宮崎の神楽の写真など、商業的なものではありません。このパネルを設置することで利益はないと思うので、おそらく善意によるものなのでしょう。

当初、このコインパーキングがつくられたときは、公園沿いでとても目を引いたということもあり、正直あまりいい感想は持ちませんでした。
でも宮崎の神楽をここまでPRしている看板はほかにもなく、またそのパネル自体のセンスもいいので、単体でみればとても好感がもてます。今になってはあまり気にならなくなりました・・・

うーむ。。なんかフィルターかかっちゃったなぁ。。
県外客の初見の人にいろいろ伺ってみたい。


マナーvsスマホ【駅広告編】

駅の階段の途中にある広告の列。
171020_204306
でも通り過ぎた時に「ん?」とあることに気がつく。

171020_204335
うん、歩きスマホはあぶないよね。
そして次の広告。
171020_204344
JRのLINEの広告。QRコードつき。

まぁ一つ一つは普通の広告。
でも並ぶと、ほんのすこしの違和感。

そして数週間後。。
171124_203924
マナー広告の方が駆逐されていました。
WINNERスマホ!

高千穂探訪 其之一 「天岩戸神社」

先日ご報告したとおり、先週金曜日に宮崎県は高千穂町を訪ねました。
学生時代に何度か訪れたことがあるのですが、初めて機会を得た場所もありました。
その最たる場所が、天岩戸神社です。
QS_20171113-092330
http://amanoiwato-jinja.jp/

ご存知のように「日本神話(古事記・日本書紀)の中に書かれております天照大御神様のお隠れになられた天岩戸と呼ばれる洞窟を御神体として御祀りしており、天岩戸神話の舞台となった場所」ですね。

では、なぜ、こんなに有名なのに、過去、何度も高千穂に来ておきながら、一度も訪ねなかったのか。。
それはひとえに、高千穂に住む友人に「<天岩戸>は(霊的に)やべぇ」と脅されていたからです。なんでも高千穂の地元民は、絶対に行かない場所だとか。。

・・・うそやん。

結局、奴が単にここまで連れてくるのが面倒くさかっただけやん。。そんな奴に騙されて、今日までこんな素晴らしい場所を体験していなかったのです。(騙される方が悪い

さて、「天岩戸神社」レポです。
過去に脅された経験があるので、一応神社の方に撮影許可を確認して撮影しています。念のため。

まずは駐車場直ぐ側にある鳥居
PB100049
ああ、美しい。。こんな大きな生木の鳥居ってはじめてみたかも。。すでに境内に入る前からテンションマックスです。ほんと木肌も美しいんですよ。ナデナデ。

PB100065
それから「天岩戸神社」は、西本宮と東本宮があり、今回訪れているのは西本宮です。(東本宮は時間の、そして体力の都合上、今回はいけませんでしたが、次回は必ず・・)そしてこちらは、天岩戸(洞窟)を御神体として御祀りしている神社なんですね。

PB100068
そしてこちらは神楽殿。とても立派な建物です。夜神楽はちゃんと見たことが有りますよ。
PB100074
正面からみるとこんな感じ。すっごく神聖な感じがします。神聖さを感じさせるデザインというものに個人的な興味がすごくあって、とてもよい経験になりました。

そしてそのまま境内を進んで「天岩戸」に向かうのですが、実は一旦道路にでます。
PB100085PB100084
ちょっとあの雰囲気と縁がきれるのは残念だなぁ。。ちょっと商売っ気のある店舗などもでてきて俗っぽくなります。(青島参道みたい。

しかしそれから渓谷を下っていくと、清流が流れ、険しい岸壁が見えてきて、どんどん雰囲気がでてきます。
PB100097PB100100
そしてそれらを超えたところに!!!

・・・すみません、「天岩戸」は実際に訪れて感じてほしいので、写真掲載はなしとします。(決して祟りが怖いわけではない
でも本当にみなさんに体感してほしいです。これほどの感動があったのは、まだ柵が作られる前に縄文杉を間近に見た以来、いえ、それ以上の衝撃であったかもしれません。
もちろん、検索すれば「天岩戸」の画像はたくさん出てきますし、現地でもインスタ女子が、インスタ映えする画像をバンバン挙げてましたから、祟もないんでしょうけど。。それでもやっぱりここには、実際に多くの方に来てほしいな、と願ってやみません。
明日は、神社内で見つけた素敵なデザイン物を紹介します。

コノテガシワとア・バオア・クーとクラゲの共通点

十数年前、手に乗るほどの小さな鉢で購入したコノテガシワですが、地植えをして育った現在の姿がこちらです。
171009_111822
でけーよ!!

しかもこの形、ア・バオア・クーかよ!!

いや、違う。私は最近、この形状と似たようなものを目にしたはず・・・

お!あのクラゲと一緒だぁ!!
IMG_8319
クラゲ・クラゲ・クラゲ・クラゲ・・・・・トンビ[2017年09月07日]

なるほどぉ、クラゲやア・バオア・クーや今回のコノテガシワを別々に見てみたときには、こんな奇妙な形が不思議でしたが、共通となるようなデザインはあるものなのですね。世界は広い、自然はすごい!(ア・バオア・クーは違うか)

宮崎の観光列車「特急 海幸山幸」

世の中には鉄オタというジャンルがあり、知人にもそうした人がいるのですが、私はその魅力について全然理解不能でした。正直乗り物についても機能と快適性とコストぐらいしか気にならないタチでした。

ただ今回、宮崎県を走る観光列車「特急 海幸山幸」を目の当たりにして、めっちゃくちゃかっこいいやん!って震えました。

「特急 海幸山幸」
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/umisachiyamasachi/
171007_100703171007_100652

ぶっちゃけ運行は2009年10月10日からですから
今さら何いってんの?
と言われてもしかたがないのですが、実際に目の前で見たの初めてなんですもの。。

いやーほんとにかっこいいなぁ。。
周りの人もしゃしんバシャバシャとってました。

老夫婦が一人づつ写真に写って撮ってらっしゃったので、
「よろしければ撮りましょうか?」
と声をかけて、お二人並んで記念撮影しました。
いいなぁ。。こんな旅、将来してみたいなぁ。。

そしたら、なぜか周りからいい人と間違われて、「私も撮って下さい」と要求されはじめたので、そさくさ逃げました。

さて、この列車の外観には、本物の木(飫肥杉)が使われておりますが、これが業界関係者からすると常識外すぎるクレイジーな提案だったと聞いています。その実現には、ものすごい反対と苦労があったようですが、そうした結果がこの眼の前にあるんですよね。。
ほんとに目の前にするとやばいオーラを感じました。こんなの同じ水戸岡鋭治氏がデザインしたななつ星玉手箱を目の前にしても感じなかったんだけれどなぁ。。

日本一格好良いかもしれない進入禁止の標識

最近はインフラツーリズムなど、土木構造物そのものが、一部の熱狂的ファンのみならず地域の観光資源になっっているおうです。
最近はSNSでも様々なインフラの写真なども見かけることがあり、時代も変わったなぁ。。と思います。

さて、そんな中、ただの道路標識のサインがすごくかっこよくとれたという掲示板の書き込みを見つけました。

【画像あり】日本一格好良いかもしれない進入禁止の標識を撮った。
http://www.vsnp.net/archives/20935874.html

おお、なんだか壮大な写真になっています。
ツイッター先での投稿者のコメントをみると、この写真は、後の灯台の光がうまく重なって撮れたようです。

どこにでもある標識がこんな幻想的な光景のメインになるなんて、とても奥が深いなぁと思います。

facebookのランドスケープ

今年のASLA(The American Society of Landscape Architects )賞の情報を、いつもの「グリーンインフラとまちづくり」ブログで紹介されていました。ほんともうありがたい
世界が注目するASLA賞、その内容をぜひお楽しみください。

2017 ASLA PROFESSIONAL AWARDS
https://www.asla.org/2017awards/index.html

さて、「グリーンインフラとまちづくり」のブログ記事では、本賞の中で、FACEBOOK社のランドスケープデザインもリンクを紹介されていました。
327767_4

https://www.asla.org/2017awards/327767.html

このランドスケープデザインに対する私の個人的感想。
「FACEBOOKのwebデザインは最近丸くなってるのに、建物とランドスケープはカクカクなんだな」

しかしそれぞれの賞のプレゼンレベルも非常に参考になりますね。

鹿児島のお土産開発はすごいなぁ

170721_181858
鹿児島でお盆にお土産を購入したのですが、JRのお土産横丁のお土産のラインアップは毎月、なにかしらの新しいお土産が開発されているので、その努力はいつもすごいなぁ、と思っています。

最近は、渋さや高級感だけでなく、かわいい、親しみやすい、今風にいえばインスタ映えするデザインもたくさんでていますね。

個人的に、その地域がどれだけ観光に力を入れているか、顧客ニーズを取り込もうとしているのかは、このお土産開発に見ることが出来るんじゃないかなぁ、と考えています。

だから、「観光に力をいれてます!」という地域や都道府県を見ても、結局その本気度というのは、一番観光客が触れるこうしたお土産のデザインで見えてくるのですよね。

新幹線のあれって、とても大きいのね。。

P6210023
P6210024
あまりの大きさに思わずパチリ。
レトロでかっこいいのだが、こんなん付いてたっけ?


博多駅前の舗装

舗装メーカーさんに聞いたのですが、博多駅前の舗装って、水戸岡鋭治さんが監修されたようですね。その要求度が恐ろしく高く、めっちゃくちゃ大変だったと聞きました。
以下、博多駅前舗装パターンがわかるよう、2Fから撮影してきました。参考資料などご自由にお使いください。
P6210009
P6210012
P6210013
P6210017
P6210018


最近の扇風機

170528_134132
ジメジメジメジメいやですねー。
とうとう我が家もクーラーを使い始めました。

ところで上の写真、なんだと思います?
家電量販店で見つけました。

実は扇風機らしいです。
いつのまにやら丸くなってたんですね。
羽がないのも当たり前になっているのでしょうか?

うちはもちろん15年もの現役です。




わんちゃんパーキング

170527_150126
COOPにて。わんちゃんパーキング。
ちなみに手前の犬は人形です。
利用しやすい工夫でしょうか?かわいいですね。
これ、全国の施設や公園にも普及してほしいです。


ゆるきゃらカップやきそば

170528_135115

170528_180400
宮崎のヤマダデンキでなぜかぐんまちゃんがやきそばとして溢れていました。

ゆるきゃらブームは下火になってきたということですが、意外な場で出会うとまだまだけっこうインパクトありますね。まだまだ工夫しどころがあるのかも。

ちなみにくまもんは生麺ででています。

懐かしい手洗い機

170526_115713
ラーメン屋さんのトイレで見つけた手洗い器。
若い人は知らないかな?

ひさびさにみて、なかなかかっこいいと思いましたし、止める最後まで水がながれるので、実は機能的なのだと感心しました。

ただ、この前そのラーメン屋をみたら、店舗改修していたので、もしかすると、ラーメンの雰囲気によくあったこのレトロな手洗い器はなくなってしまっているかもしれません。

いまどきのパチンコ屋さんのポスター

パチンコ屋さんでトイレ休憩させてもらいました。
なんかずいぶんきれいになっているのですね。田舎のまちでは場違いなほどです。

平日の昼間だというのに駐車場がいっぱい。
どんな人が遊んでいるのだろう、と思ったら、おじぃさんおばぁさん世代が圧倒的に多いですね。
そこで若い女性スタッフが笑顔いっぱいに声をかけています。
ちょっと言葉は悪いかもしれませんが、この轟音がなければ、高級なデイケア施設にいるみたい。ふむ、1つの交流の場になっているように思えました。(公民館より活気と参加がある)
ただ、この轟音で耳がやられないかな、ということと、高齢者は音と光で依存症になりやすいのでは?と心配してしまいました。

さて、このおトイレをお借りしたパチンコ屋さんでは、私が想像もしなかったポスターが貼られていました。ちょっとおもしろいと思ったのでご紹介します。
まずはクリーンポスター。
170420_164320
パチンコが日本をきれいにします
おお、業界でここまで謳った例はないはず。
確かに店舗内も店舗の周辺はきれいです。
こんな取り組みをしていたのですね。

それから先程も私も話しました依存症の話、店内にこうしたポスターがありました。
170313_151349
これに当てはまっている人、どうするのだろう。
法律的にも依存症の人を店舗に入れないようにするルールをつくっているようですが、実行性のあるものにしてほしいですね。


・・・ただやっぱり思うのは、パチンコに流れるお金が小売業などに流れれば、地域活性化できるんじゃないかと思ってしまいます。田舎ほど立派なパチンコ屋さんがあるんだよなぁ。。

空飛んでる・・・

【サッカー】審判へのボールの渡し方が凄い ポルトガルカップ決勝  


うひゃー。
ブログなのに言葉を失ってしまいました。



日本の物流美とその試み

駅で「日本の物流美」というポスターがズラーと張って有り、その言葉のインパクトとデザインの秀逸さでとても目につきました。
170508_184131
一体なんのポスターなんだろう、と調べてみると、「この国の物流を、あたらしく、うつくしく。」をテーマにしたコンセプト広告でした。

トヨタL&F
http://www.toyota-lf.com/nippon_butsuryubi/

うん、こうしたアプローチは素晴らしいですね。人を動かす力があります。
それこそが、美のパワーなのでしょうね。

世界が驚くニッポン!・・・????

経済産業省は、2020年の東京五輪の開催を控え、日本に対する海外の関心が高まる中、クールジャパン商材・サービスの根幹となる日本の「感性」や「価値観」を国内外に発信するためのコンセプトブックを取りまとめました。

QS_20170521-120647
経済産業省:
クールジャパン商材・サービスの根幹となる日本の伝統的な価値観をまとめたコンセプトブックを取りまとめました〜世界が驚くニッポン!〜
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170308001/20170308001.html
冊子pdf:
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170308001/20170308001-1.pdf

で、見させてもらいました。。
私の感想を述べる前に、ネットで見てみると・・・

産経新聞:
経産省の「日本のすごさ」まとめた冊子「世界が驚くニッポン!」が炎上 あまりの持ち上げぶりに日本人が驚いた!?
日本のよさを外国人が手放しでほめるテレビ番組と同じようなノリで大丈夫かといいたくなる。この手の自画自賛は、お茶の間で気楽に見るくらいがちょうどいいのかもしれない。

naver
経済産業省「世界が驚くニッポン!クールジャパン商材・日本の伝統的な価値観コンセプトブック!」
・うへええええ!かんべんしてください。
・うわあ!流石に気持ち悪い
・え……ドン引き…… せっかく中に載ってる写真や作品は綺麗なのに………


ええ、まぁこういう意見がでるのは仕方ないかなっと。
そしてやっぱり代表される意見はこのコメントのようなことが多かったです。
「「日本人独特の自然観」の一つに「謙虚さ」を挙げた同じ口で、デカデカと「世界は日本に驚いている!」という傲岸不遜極まる発言をかましているのは…」

世界とは???謙虚とは????いったいなんなのだろうか、と自問できるよい資料となりました。

道路路面標示の可能性

私が見た中で、もっとも素晴らしく魅力的な道路路面標示
170307_115249


YOUR LAND

先日ご紹介した「都市に農業を」の記事でもお伝えした山田順之さんのblogにて、とても興味深い取り組みが紹介されていました。

ASLA(American Society of Landscape Architects:アメリカランドスケープ協会)で、次世代の造園家向け職能紹介冊子が発行され、無料で公開されているという記事です。

グリーンインフラとまちづくり :
次世代の造園家向け職能紹介冊子/ASLA
http://greeninfrastructurejapan.blogspot.jp/2017/04/blog-post.html
*ページ内に公開しているリンクが貼ってあります。

実際にその冊子YOUR LANDを見ましたが、次世代にランドスケープの魅力を興味を伝えるとてもステキなデザインでした。

QS_20170418-084809QS_20170418-084823
まず表紙と目次ですが、まずタイトルがシンプルでいいですね。「YOUR LAND」。ぱっと目に飛び込みます。目次もこの小さな冊子にすごい多様な内容です。
QS_20170418-084836
最初のつかみは「これ、誰が作っているの?」
・・・ふふふ、ランドスケープ・アーキテクトなのです。

QS_20170418-084849
じゃあ、「ランドスケープってなんなの?」
ってことで、
QS_20170418-084918
QS_20170418-084937
こんなこと、やってるんだよ、というのを美しい画像とシンプルで短い言葉で感覚的に紹介しています。うまい!!
そして最後に、
QS_20170418-085008
「ランドスケープアーキテクトになるためには?」と答えています。

まさにYOUR LANDですね。

私も、一般の方々へランドスケープの世界の紹介と、この業界への誘いのために「ランドスケープをしよう」を立ち上げて、もう18年となります。
そして設立した当初から、こうした情報提供は、ちゃんとしたランドスケープの業界・協会で責任をもっておこなってほしい、と願ってきました。
業界、協会というのは、会員のみの利益確保のためにあるのではなく、これからの人材や、受益者(社会・国民)のためにもあると思うのです。
ただ、ランドスケープに限らず日本の業界は、とことんこの視点にかけているんですよね。。

YOUR LANDは、アメリカのこれからの学生のために作成・公開されましたが、日本にとっては、ランドスケープの協会・業界になげられた課題だと思っています。

ファンタジーの中のランドスケープ

私は以前から、映画、ゲーム、アニメなどに描かれる背景デザインが気になっていて、「ファンタジーのランドスケープデザイン」というものに興味を持っています。

以前「ランドスケープデザイン」にて連載していたMEDIAMIX企画の中でゲームデザイナーと対談する「ゲームの中のランドスケープ」という構想を持っていて、これが実現していないのだけが心残りです。
なので、今でもこうした記事に反応してしまいます。
マイナビ;
ジブリ以外にも! 大学生が「風景・背景が美しい」と思うアニメ作品9選
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/48594

とりあえず、この記事にでてくるアニメは「君の名」以外全部見てました。特に秒速5センチメートルは驚いたなぁ。。映像美で驚いたのは、黒澤監督のに次いてこの作品を挙げたいと思います。

今は、海外のランドスケープデザインで気鋭のデザインがどんどん生まれていますが、日本において、子供から大人まで、多くの人を引きつけるための新しいランドスケープの扉は、心の描写であるファンタジーの中にあるのかもしれない、少なくともヒントがあるのでは?と、どうしても考えてしまうのです。

神社の擬人化ゲーム

最近は、「艦これ」「けものフレンズ」など擬人化したゲームやアニメが話題になっているのですが、ついに今回、神社まで擬人化してしまいました。
QS_20170316-100912
とまぁ最近のこの流れにおいて、もう特に驚きもしないのですが、ただ神社好きとしては、やっぱり自分が愛する神社がどう(萌化)描かれているのかは気になります。

まだゲームが開始されてはいませんが、取り敢えず一部の地域の神社が描かれています。
QS_20170316-083527
QS_20170316-081443
あ、宮崎見っけ

ほほーう。うちの近所の宮崎神宮ではなく、鵜戸神宮が選ばれたかぁ。
鵜戸神宮は独自の景観と神話の背景をもつめっちゃくちゃ美しいところですが、全国的にメジャーなのでしょうか?(ぜひ宮崎に寄られたときにはぜひおすすめします。)

「年に一度の鈴の音」というのは、シャンシャン馬のことだよね、たぶん。
いいとこついてるのかもしれないけれども、なんだか弱そうだなぁ。。実は剣法発祥の地でもある鵜戸神宮であり、私も境内で剣道の試合をさせていただいたことがあるため、武力ステータスは強めでお願いします。(どういうゲームかは知りませんが。。)

見栄と商売

最近、うちのまわりで高級時計の購入がブームにあっています。私の知らないメーカー名の会話が飛び交い(「シチズン、渋いっすね」は理解できた)、50〜100万単位の金額がポンポンでてきます。

・・・正直、怖いんですけど。。

ちなみに私は普段時計を着けておらず、現場の時に、息子が中学生まで使っていたものを譲ってもらったデジタル腕時計を使っています。千円台の腕時計なんだけど、とても使いやすくって楽ちんです。自衛隊基地内のコンビニでも売っていたタイプだし、とても丈夫です。

時計については興味は正直沸かないのですが、高額腕時計を買う人の心の作用には興味がでてきました。
直接、(私レベルで比較して)高級時計を2つ以上もっている話を聞いてみると、ある人は「だんだん伝播してきて、購入したくなる」と言っていました。

そうなると、時計そのものというより、価値観の共有こそが、本質的な価格ということになるのでしょうか。そんなことを考えているうちに、こんなネットのまとめ記事を見つけました。

まとめサイト:
一番、『人間の見栄』を利用している商売ってなんだと思う??
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5183954.html

私はこんなことがあったことから、「時計かな?」とおもったのですが、思った以上に『人間の見栄』は社会と経済を動かしているのですね。
これはもっと肯定的にとらえるべきなのかもしれません。

とはいえ、今後も高級時計を買う予定はないのですが、こんな本を見つけて高額時計について勉強しました。

ちょっと煽っているようなタイトルですが、高級時計にまったく興味をもたない女性の漫画家がレポートするというものですので、内容は肯定的で、初心者にも高級時計はなぜ高価格なのかがよくわかる本です。

ただ、読み終わってもやっぱり私は高級時計をほしい(というか手がだせない)とは思いませんでいたが、こうした【話】は面白いなぁと思いました。

島の環境バッチと戦没者記念碑

昨日に引き続き、島の話題を。

実はこの島には何度か訪れているので、島の空港にあるお土産屋さんとも仲良くなりました。
この1年を通しても、いろいろお土産品のラインアップやデザインが変わって、なんだか力の入れようが変わっているのにも気が付きました。

そのなかでも面白いのがコレ。
161209_171257161209_171502
島の絶滅危惧種のトカゲを地元のデザイナーさんがデザインして、こうしてバッチやカバンなどで商品として販売するようになりました。売上の一部は、環境保護に使われるとのこと。

実はこの缶バッチ、まだ試作段階の非売品で、今回特別にタダでもらっちゃいました
環境保護もデザインの時代ですネ
守るということは、それを伝え広げることでもあると考えます。そのためにはデザインはとても大切な要素です。

あと、島にある戦没者記念碑についてもいろいろ話になりました。その販売店の人は、最近戦没碑に人が多く集まることに、ちょっと違和感を感じているようでした。実は昔、ご自身も戦没者記念碑のようなところで、友達と記念撮影をして、心霊写真がうつってしまったそうな。。そのため、こうした戦没者記念碑では、静かに見守ってほしいと願っているそうです。

確かに最近は大戦を見直し、こうした歴史史跡にも注目がつまるようになりました。史跡を巡る人も多くなり、その中にはいろいろ騒ぐ人もいるでしょうね。

ただ個人的には、こうした戦争の物語や史跡などは、多くの人に見てもらい、様々な思いを感じてもらいたいと思っています。そのためには、まずは多くの人に見てもらう、訪れてもらう、そうした工夫をより取り組んでもらって、その母数が増えた中で、本当に戦争についてより深く知ろうという人が1人でも増えてもらったほうがいいかなぁ、と考えています。
少なくとも忘れられてはいけない歴史があるのですから、先に話をした環境保全と同じように、守るということは、それを伝え広げることでもあると考えます。

かんきょうしょうのMOEキャラクター

QS_20170227-133140
http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/character/release/
ふぁっ?!
( ゚д゚)

QS_20170227-132538
ふぁっ?!ふぁっ?!
( ゚д゚)

『地球温暖化対策として環境省が取り組んでいる国民運動「COOL CHOICE」。
まだまだ知名度の低いCOOL CHOICEを有名にするため、
国民の皆さまから公募した2人のキャラクターが活躍します!』


いや、たしかに知らなかったですが。
そんな萌えも知りたくなかったです。
もとい、MOEだそうです。

ま、マスコミは??

「女子高生キャラのスカート丈が短いのではないか」といった声も

いや、そこじゃない、きっとそういう問題じゃない。
むしろパジャマの方が扇動的

こんなの何時やってたんだろう、って調べてみたら、ここかぁ。。
環境省の新着情報は毎日チェックしていたのに、見逃してた。

『選定されたイメージキャラクターは3D化等の加工』

あ・・・・。

QS_20170227-133651
MOEた人もMOEなかった人も、ぜひご賛同を。


ゆるきゃら着ぐるみのお値段

週末ひさびさに宮崎にもどって、ゆっくりしていました。
ただ盆正月の帰省時なみに混雑していて、なにがあったの?って思っていたら、あぁ野球、WBCの合宿やってるんですね。
宮崎の野球に対するインフラはものすごくお金をかけているので、がんばってほしいところです。
ここぞとばかり、宮崎をPRするために、宮崎のゆるキャラの着ぐるみたちもがんばっていました。

さて、今やローカルPRの柱としてなくてはならないこのゆるキャラの着ぐるみ、だいたい幾らぐらいの値段だと思います?(夢のない話をしてすみません。。)
通常、一般的な着ぐるみ(頭・ボディ・手袋・靴)で税抜き60万円〜ぐらいらしいです。
なんだか、作ってみたいなぁとおもわせる絶妙な値段ですよね。たぶん。

実は、宮崎県には、以前から「ゆるキャラ」のような着ぐるみを制作、メンテナンスをする会社があります。ちょっと有名な会社で、テレビなどにもちょくちょく出ていたりして、宮崎で大変がんばっている会社ですので紹介したいと思います。
QS_20170227-092548
KIGURUMI.BIZ
http://www.kigurumi.biz/

ホームページを眺めるだけでも楽しくなっちゃいますね。この作る様子のイラストをみるだけでもワクワクしてしまいます。
QS_20170227-095011
さぁ、60万です。
もしご興味がある方は、ぜひ無料見積いかがでしょうか!
もしほんとにつくる人がいたら、どんなものをつくるのか、こっそりおしえてくださいね。


ドローンで見る公園ができる様子

こちらは、アメリカのある市民活動によって生まれた公園を紹介する映像なのですが、この公園が造成から完成、オープニングまでの作られていく様子を、ドローンで撮影して公開しています。

The Park is Open from Young's Tech Services LLC on Vimeo.

私はこの公園ができる様子をドローンで撮影して公開するという手法は、公園の存在をPRする上でとても効果的なのではないかと思います。

というのを抜きにしても、公園に関わっている人や、ランドスケープデザイナーなら、とても興奮する映像と思うので、どうぞ5分弱の映像ですのてお楽しみ下さい!(できれば全画面モードで)

こういうPRってアメリカさん、うまいんですよねぇ。ふぅ。。ASLAも市民向けの動画PRをたくさん活用していますし、それぞれがすごいわかりやすいです。

・・・というより日本がまだまだ情報発信についての価値の認識や手法について発展途上なだけなのかなぁ。。めちゃ大切なことです。

最新のストップ・モーション・アニメ

この前見たテレビの情報番組をみて驚きました。
ちょうど映画情報のコーナーで、日本大好きな監督がつくったアメリカの映画ということで特集が組まれていたのです。その映画の映像がこちら。
Kubo and the Two Strings


ほーん。いつもの3Dアニメかぁ。。相変わらずすごいなぁ。。
って見ていたら、実はなんと、これ
ストップ・モーション・アニメなんですって

ストップ・モーション・アニメ
:静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かしカメラで撮影し、あたかもそれ自身が連続して動いているかのように見せる映画の撮影技術、技法。(WIKIより

(; ̄Д ̄)え、まじですか。。
私の中でのストップ・モーション・アニメは、ひつじのショーンで止まっていたのですが。。(あれでもすごいって驚愕してたのに。。)
その特集では、メイキングの映像も紹介されていたので、ホントらしいのですが、できた映像は、まさにコンピューターグラフィック。
もちろんそれも使っているのでしょうが、いや、これわざと3Dっぽくつくっているでしょ。

こちらに物語も含めて紹介しているサイトと製作会社のwikiがあるので、私の驚愕を共有してほしいと思います。
日本が舞台のアニメ『Kubo and the Two Strings』の最新予告編
http://beagle-voyage.com/movie-kubo-and-the-two-strings-trailer-posters-2016.html

ライカ (アニメーション):wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)

屋外広告士

ある業界情報メールにて、「屋外広告士」なるものがあることを最近知りました。
一般社団法人日本屋外広告業団体連合会 というところが認定している制度で、既に25回開催されていました。有資格者は屋外広告業登録に必須の「業務主任者」になることができるそうです。

屋外広告士制度のご案内
:日本屋外広告業団体連合会
http://www.nikkoren.or.jp/okugai/

ほう、身近なようで、知らない世界です。
そういえば、以前展示を見に行った「九州広告美術コンクール展」紹介動画:youtube)もこの日本屋外広告業団体連合会の下部組織が開催していたのだったっけ?

ともかく試験内容からちょっと気になったので、HP内の「平成28年度 第25回屋外広告士試験 試験問題と解答 」を見てみました。
----------------------------------------------
学科試験問題
問題A 関係法規
【問1】屋外広告物法第2条第1項の「屋外広告物」の定義に関する記述として、適切なものはどれか。
問題B 広告デザイン
【問2】日本の屋外広告物に関する歴史を年代順に並べたものとして、正しいものはどれか。
【問4】屋外広告物を見る人間の視知覚のメカニズムのひとつに、網膜の中心部において一点を凝視する「中心視」と網膜の周辺部において漠然と見る「周辺視」がある。これらに関する記述として、適切でないものはどれか。
問題C 設計・施工
【問6】屋外広告物の構造設計をする際に考慮する外力に関して、次の記述のうち、適切でないものはどれか。

実技試験問題
実技試験問題 デザイン
市立美術館で国際児童画展を開催することとなった。美術館の壁面に掲出する、展覧会を告知する懸垂幕を下記の条件に即してデザインしなさい。
実技試験問題 設計・施工
下図の自立広告板を設計しなさい。

----------------------------------------------
以上は抜粋ですが、ちょっと面白い
HPには学科試験の回答と実技試験の模範解答も記載あるので、力試しも楽しめそうです。
そして、デザインの模範解答、ちょっとかわいい
QS_20170207-113739
もし、メーカーさんなどで取得している人がいたら詳細を聞いてみよっと。

交差点名標識への観光地名称の表示の改善の取組

現在、国土交通省では、交差点名標識に観光地の名称を表示する標識の改善の取組を推進しています。
ちょっとした工夫ですが、道路を通っていて楽しくなりそうなアイデアです。
交差点名標識の改善例が公開されているのでご紹介します。
<交差点名標識改善ウェブサイト>
http://www.mlit.go.jp/road/sign/sign/kosaten.htm

現在、新たに改善に取り組む対象箇所案が31箇所あり、今後も「地域の皆様のご意向をお聞きしつつ、対象箇所を増やしていきます。」とのこと。その参考にしてもらうため、上記のwebサイトを公開したようですので、皆さんのまちでもぜひうちも改善してほしい!という場所があれば、意向をだしてみてはいかがでしょうか?


Profile
main page:
「ランドスケープをしよう」
7c14f5c3.jpg
http://landscape-project.net


管理人:ミヤガワ
1972年生まれ。今は主に宮崎・鹿児島の南九州圏に生息しています。たまに国内外に飛び立ちます。
経歴・活動プロフィール
facebook
twitter
管理人にメール
Mediamix News
ランドスケープをしよう
MEDIA MIX

−internet×journal−


ランドスケープをしようtoppage
「ランドスケープをしよう」
×

「ランドスケープデザイン」

Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ