2016年08月25日

NY金が陰転

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、 9月限 大引け 16480円▼40円 米株安に東京市場は小幅安寄りしたものの、日銀ETF買い入れ期待に上昇する場面があったものの、後場は失望売りに押されて引けました。16500円を挟んだ保合は、5営業日が経過しており、相場は煮詰まって来ています。米ダウの線形が悪化した事もあって、揺さぶりが恐ろしい。 

 東京ガソリンは、先限  大引け 39930円(-170) -200〜-170円 米原油在庫の大幅増加で東京市場も下落ですが、下げ巾は限定的であり抵抗感がある反面、先行上昇していたNY金が陰転した事が警戒されます。



landsky at 17:48|この記事のURL

2016年08月24日

新築アパートが急増

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 日銀のマイナス金利導入と、相続税の増税で、新築アパートが急増しています。 2016年4─6月期国内総生産(GDP)は、横ばいの中で、住宅投資は前期比5.0%増となった事に異常な過熱ぶりが伺えます。相続税対策の新築マンションの供給増加分が、大半であり、少子化の人口減少の中、恐ろしく感じます。大東建託や、ダイワハウスなど好況が続いていますが、今後家賃の下落傾向が強まるならバブル崩壊も近いのでは? 

 日経225先物は、 9月限 大引け 16540円△30円  欧米株高や円高一服を好感して、東京市場は堅調で引けました。15500円を挟んだ同値圏保合は、4日が経過しており、嵐の前の静けさのようです。

 東京ガソリンは、先限  大引け 40130円(+590) +680〜+590円 OPEC生産調整にイランが前向きな発言した事を好感して、東京市場は小反発で引けました。サウジと、イラン、それにロシアと、役者が揃いました。



landsky at 16:53|この記事のURL

2016年08月23日

大相場指標が点灯中

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 以下チャートのように、ユーロドル相場に大相場指標が点灯中です。

 日経225先物は、 9月限 大引け 16510円▼60円 前日の米株安や円高進行に東京市場は反落して引けました。原油安で資源関連株の下落も足を引っ張ったようです。7月高値 16930円と、今月の高値 16930円と面合わせしており、今後の下落はダブル天井となって警戒されるところです。

 東京ガソリンは、先限  大引け 39560円(-790) -440〜-790円 海外石油安を背景に東京市場も下落 中国の燃料輸出増加等、世界的な供給増加が背景となったようです。強気相場なら、弱気材料での下落は一過性となりますが・・・。



landsky at 16:32|この記事のURL

2016年08月22日

後からついて来る!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 

 日経225先物は、 9月限 大引け 16570円△50円 FRB副議長講演による、円安進行に日経平均は買い先行後は、終日堅調で引けました。今週は26日のイエレン議長講演が注目されており、利上げ観測の再燃で円安進行なら、一気に上抜けが想定される反面、ダブル天井の線形でもあって、下抜けも恐いところでう。 

 東京ガソリンは、先限  大引け 40340円(-630) -450〜-630円 海外市場の軟調に東京市場も反落して引けました。イラン・イラクなどの生産増加観測もあって、アナルストの多くはこの上昇に懐疑的のようです。しかし、相場は相場に聞けとも言いますし、材料は後からついて来るものです。 



landsky at 16:44|この記事のURL

2016年08月19日

なめたらあかん

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 

 日経225先物は、 9月限 大引け 16520円△20円 昨晩の原油高や米株高に、東京市場は買い先行のスタート後は、円高警戒に売られ上げ巾を削って引けました。基準線が急上昇接近しており、重要変化&急所価格帯です。次週の展開に期待

 東京ガソリンは、先限  大引け 40940円(+850) +520〜+850円 増産凍結期待に上昇した海外市場に、東京市場も上昇の展開でした。同じ材料を蒸し返して上昇する相場の特徴であり、この相場、やっぱり、なめたらあかんと思う。 



landsky at 17:29|この記事のURL

2016年08月18日

上抜けする事が多い型譜

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 

 日経225先物は、 9月限 大引け 16500円▼250円 米FOMC議事録要旨発表で、99円台への円高進行を嫌気して、日経平均は安寄り後は、買い戻される場面があったものの、後場からは、日銀のETF買いを期待が後退した事からの投げに売られて引けました。円高進行で弱そうに感じられるものの、線形は以下チャートのようにペナント型であり、この型譜は上抜けする事が多い事に注目しています。

 東京ガソリンは、先限  大引け 40130円(+210) +110〜+210円 FOMC議事録要旨公表によるドル安進行に反応して上昇した欧米石油市場に、東京市場も堅調な展開で引けました。材料の反応の仕方、日足・週足の線形等の指標は、やはり同じ方向を示唆しています。参戦の条件が揃ったと判断するべきか?



landsky at 17:33|この記事のURL

2016年08月17日

相容れないところ

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 

 日経225先物は、 9月限 14:15分現在 16710円△110円 米株の反落や、円高進行に、東京市場は小幅安寄り後は、買い戻されプラス圏の推移です。日経225は、円高に対して抵抗力が強まっており、日銀のETF買い期待も下支えとなっているようです。

 東京ガソリンは、先限 14:15分現在 39840円(+650) +1000〜+650円 引き続き産油国の前向き発言に続伸の海外石油で、東京市場も続伸の動きです。買い方は買い方の論理があり、売り方は売り方の論理がありますが、相容れないところです。中長期的な波動をどう考えるか? 



landsky at 14:38|この記事のURL

2016年08月16日

ケツに火が点き出す頃

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、 9月限 大引け 16600円▼270円 史上最高値更新の米株に、日経平均は小幅高寄り後は散髪的な利食い売りを浴び、円高進行連動で下落して引けました。 直近の高値、16930円を面わせしたものの、抜けきれなかった事が、罫線的に嫌気されたようですが、踏み上げ先行パターンとは異なる事から、下値は短命、且つ限定的なのでは? 

 東京ガソリンは、先限 大引け 39220円(-50) -10〜-50円 ロシア石油相の発言に続伸した欧米石油でしたが、東京市場は円高進行に上げ幅帳消しにして引けました。半値戻りを超えたNY原油の情勢は混沌としています。東京原油の取り組みは急増しており、売り方は、そろそろケツに火が点き出す頃だと思いますが・・。



landsky at 16:19|この記事のURL

2016年08月15日

面合わせ

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 証券アナリストなる人が、”めんあわせ”と、コメントの中で発言していました。なんの事かと思ったら、”面合わせ”(つらあわせ)の事でした。 罫線を手書きしていた頃の言葉であり、今では使う人が少なくなっています。 昔ながらの相場用語が、段々消えて行くようで、アナログ時代の相場師にとっては、淋しい時代になりつつあります。

 日経225先物は、 9月限 大引け 16870円▼50円  101円台前半の円高進行を嫌気して、日経平均は売り先行後、前日引け値まで買い戻されたものの、抜け切れず小幅安で引けました。前日引け値の16930円は、7月21日の高値でもあって、このまま失速なら、下値も浅いのでは?  

 東京ガソリンは、先限 大引け 39260円(+250) +150〜+250円 9月OPECの非公式協議への期待感を背景に続伸した海外石油に東京も上昇ですが、円高が上げ幅を減殺させています。 リグ稼働数の増加等、材料への反応の仕方は強気相場を示唆していますが・・・。 



landsky at 15:57|この記事のURL

2016年08月12日

”果報は寝て待て”

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 世間は、盆休みのところが多く、朝通勤の渋滞が劇的に緩和されていました。盆を過ぎれば、雨が降る度に涼しくなるはずですが、まだまだ残暑は続くようです。数週間前に仕込んだ、ドル買いポジションが、なかなか利が伸びず、じれったいところですが、”果報は寝て待て”と、ゆっくり待つ他ありません。

 日経225先物は、 9月限 大引け 16920円△190円  米株が史上最高値更新した事や、原油高に東京市場は続伸で引けました。注目のSQ値は、16,926.60円と、先物の寄り値より、100円程度上振れしており、Call17000円オプションの取り組みが一番多かった事が強く影響したようです。日本勢が夏季休暇で不在の中、ドル円相場が急激な円安進行しないか不安であり、楽しみでもあります。 

 東京ガソリンは、先限 大引け 39000円(+1130) +1060〜+1130円 9月下旬のOPECの非公式協議について、サウジ要人発言を好感して、大幅上昇した海外石油に、東京も大幅高で引けました。今晩の海外石油で続伸する余力があるのか? 注目されるところです。



landsky at 17:18|この記事のURL