2016年09月28日

長期金利低下

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。日銀の金利目標の設定で急伸した株式市場でしたが、政策効果は早くも剥落しています。長期金利は、-0.09%と低下しており、黒田総裁の深掘り発言を試すような動きです。銀行株の下落環境下では、日経平均の下値不安&円高不安が拭えないところです。

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16460円▼80円 ドイツ銀行の、金融不安の燻りや、権利落ち後の売りに、安寄り後は軟調保合で引けました。 5日移動線を再び割れており、波乱継続中です。下げトレンドの継続中なら、16000円割れが想定されます。 

 東京ガソリンは、先限  大引け 40600円(-760) -670〜-760円 アルジェリア会合への期待感後退から下落した海外石油に、東京市場も反落で引けました。面白くない日々が続きます。



landsky at 16:54|この記事のURL

2016年09月27日

低年収は金融知識が低い?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 ZUU onlineによれば、全国の2万5000人を対象に行った「金融リテラシー調査」のランキング結果を見ると、「低年収は金融知識が低い」と言う仮説が裏付けられているように見えます。→ランキングの記事は

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16540円△140円 前日の欧米株安や、黒田日銀総裁の発言を嫌気した売りに日経平均は売り先行後は、配当権利取りや、配当権利の再投資への思惑から、買い戻されプラス圏復活で引けました。前週安値割れからの急騰は、ロスカっと狙いの投機筋に一杯食わされたようです。5日移動を維持出来るかどうかが問題です。

 東京ガソリンは、先限  大引け 41360円(+370) +600〜+370円 アルジェリアでの産油国会合への思惑に急伸した海外石油に東京も反発して引けました。以下週足では、移動平均線が収束しており、市場エネルギーが高まっている事を示唆しています。火柱高か? 暴落か? 



landsky at 17:08|この記事のURL

2016年09月26日

トレンドレス

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16400円▼170円 週末の米株安や円高進行に東京市場は売り先行後は、16500円を挟んで一進一退を続けたものの、後場から日銀総裁の、追加緩和を示唆する発言を嫌気して、下げ幅拡大して引けました。マイナス金利の深掘りを示唆する発言に、銀行株も続落ですが5日移動を割れて引けた事から、安値チャレンジが警戒されます。

 東京ガソリンは、先限  大引け 40860円(新甫) -550〜680円 週末の海外安に東京市場は下落して引けました。サウジアラビアとイランの協議で、生産制限合意に向け進展がほとんどなかったことが嫌気されたようです。 しばらく、トレンドレスが続きそうです。



landsky at 17:26|この記事のURL

2016年09月23日

16220円は割れないはず

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16570円▼160円  米利上げ先送りによる円高進行に、東京市場は安寄りスタート後は、欧米株高好感して買い戻される場面があったものの、下げ幅拡大して引けました。上昇トレンド継続と見るなら、金曜日安値 16220円は割れないはずですが、トレンドレス(保合)ならば、再び15000円を試す事となります。さて、スッキリしない天気と、相場が続くようです。

 東京ガソリンは、先限  大引け 40420円(+160) +340〜+160円 米原油在庫の減少に東京市場は上昇したものの、来週の産油国会議では、OPECが供給過剰の緩和で合意する可能性は少ないとの見方に上値は抑えられて引けました。日米の金融イベント通過した事で、新たなトレンド発生期待です。



landsky at 17:10|この記事のURL

9年ぶり上昇

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 国土交通省が発表した基準地価は、全国商業地では9年ぶりに上昇に転じたとの事です。 依然、全国の住宅地は0.8%と下落が続いています。結局、オリンピックや、インバウンド関連を理由とする地価の上昇が目立ち、大阪も、多くの住宅地は値下がり続けています。

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16730円△410円  正午過ぎの日銀の金融政策の枠組み変更を受けて上昇した長期金利に、銀行株が急伸した事を好感して日経平均は上昇して引けました。長期金利の上昇は企業活動にはマイナスであり、決して上昇する材料にならないはずですが、そんな事は、投機筋には関係ないようですが、今晩から金曜日の相場がどいう出るか? 注目されます。 60分足の窓埋め急所だった事から、我々の買いポジションは、ひとまず、後場の吹き値を利益確定させましたが、吉とでるか、凶と出るか?

 東京ガソリンは、先限  大引け 40260円(+860) +880〜+860円 後場からの円安進行を受けて、東京市場も上昇で引けましたが、今晩のFOMCを控えて、ドル高連動での、下落を示唆しており、油断は禁物です。 



landsky at 17:10|この記事のURL

2016年09月20日

トレンドは消滅

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 厚労省は、国民保険の強制徴収の対象を年収、300万円以上に拡大するとの報道がありました。財産の差し押さえして強制徴収をするそうです。年金を払わないのは、政府が信じられないとの、意志表示でもあり、強制徴収とは、如何なものか? と思います。

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16320円▼30円  欧州金融不安や、米国の爆発事件に、東京市場は安寄り後は、明日の日銀政策決定会合を期待した買いに、16460円まで買われる場面があったものの、後場からは、日銀のETF買い入れが中止されるとの見方に、マイナス圏に押し戻されて引けました。明日の日米のイベントを控え、今日の失速で線形悪化です。

 東京ガソリンは、先限  大引け 39400円(-560) -590〜-560円 円高気味の推移や、海外石油安に東京市場は軟調 続落で引けましたが、トレンドは消滅と見るべきか?  



landsky at 16:43|この記事のURL

2016年09月16日

売国奴

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 東京商品取引所は、20日から新システムに移行するに伴い、取引時間の拡大をするそうです。朝は、8:45分からと、15分早め夜間の終了は、午前5時30分に延長されるそうです。高速売買で、海外マネーの誘致を狙うようですが、海外勢に合わせた市場設計としても、国内投資家にとっては、良い事はなく、大きく揺さぶられるだけです。 手口非公開など、海外投資家の言いなりで、国内投資家をないがしろにする様子は、奴等、取引所幹部=天下り連中は売国奴としか言いようがありません。本当に腹立たしい限り。

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16350円△90円 前日の米株高に、日経平均は反発して引けました 好調なiPhone7の予約による関連株の上昇も日経平均の上昇に寄与した反面、円高が上値抑制したようです。 次週の日米の金融政策イベントからの放れ相場を期待したいところです。 

 東京ガソリンは、先限  大引け 39960円(-250) +50〜+250円 米株の上昇や、パイプライン再開遅れに上昇した海外市場に、東京市場も小幅上昇で引けました。 IEAやOPEC月報では、2017年まで供給過剰が続く事を示唆しており、今週の下落に繋がっています。前週、大きく買いポジションを減少させた投機筋の動向が注目されるところです。



landsky at 16:55|この記事のURL

2016年09月15日

元の木阿弥型警戒

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、 12月限 大引け現在 16260円▼220円 米国株と海外原油の下落で、東京市場も続落で引けました。銀行系も続落しており、線形は元の木阿弥型に変化しつつあり、警戒されるところです。

 東京ガソリンは、先限  大引け 39740円(-790) -520〜-790円 ディスティレート(留出油)在庫の大幅な増加に下落した海外石油に東京も続落で引けました。ブレント原油ともに、日足基準線を2ヶ月ぶりに陰転しておりトレンドの消滅も危惧されるところです。 



landsky at 16:51|この記事のURL

2016年09月14日

マイナス金利の深掘り方針

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 次週20〜21日の日銀金融政策決定会合では、マイナス金利の深掘り方針を示すと同時に、年80兆円規模の国債の大量購入については、将来的な抑制を示唆する事となりそうです。マイナス金利の深掘り警戒で、銀行株は続落していますが、将来的に金融緩和の出口が見えてくれば、長期金利は上昇に転じるのと同時に、銀行株は上昇 不動産は下落との構図が考えられます。不動産投資家にとっての最大のリスクは、金利上昇ですが、ヘッジの為、今こそ、借金してでも、銀行株を購入するべきと考えます。所有不動産の時価評価額に対して、2〜3割程度が適当と考えますが、メガバンク系の配当利回りは、3〜4%程度なので、1%程度で資金調達していても、充分、コストに見合ったヘッジが可能です。

 日経225先物は、 12月限 14:30現在 166510円▼90円  原油安や金利上昇を嫌気した米株に、東京市場も安寄りスタート後は、103円台への円安進行が下値サポートとなったものの、上値は重く推移しています。 次週の日米の金融政策イベントに向け、今週〜次週にかけが重要な節目となりそうです。

 東京ガソリンは、先限 14:30現在 40520円(-80) -30〜-80円 IEA月報を受けて下落した海外市場に、東京市場は軟調な推移です。月報では、中国やインドなど新興国の景気減速や、サウジ・イランが増産を続けており、原油安が2017年まで長期化するとの事ですが・・・。



landsky at 15:14|この記事のURL

2016年09月13日

FOMCに向けた動きが進展中

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 次週のFOMCに向けた動きが、金融市場で進展中です。極悪投機筋の先行仕掛けする例が多い、オプション市場では、Put権利の買いが増加しています。想定される反応は、商品市場の下落と円安進行ですが、果たして日本市場では、どう影響するか? 判断は悩ましいところです。

 日経225先物は、 12月限 大引け 16600円△60円 早期利上げ観測の後退で大幅反発した米株の流れを引き継ぎ、東京市場は小幅上昇で引けました。次週のFOMCに向けて神経質な展開は続きそうですが、FRB幹部発言だけで、流れが変わるとは考えられませんが?

 東京ガソリンは、先限  大引け 40210円(+300) +290〜+300円 米株の反発やドル安進行に上昇した海外市場に、東京は小反発で引けました。



landsky at 16:49|この記事のURL