2018年10月16日

オイルショックの再来でしょうか?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 朝晩は秋を感じられるようになりましたが、今年も残すことろ3か月足らずとなりました。歳を重ねる程、月日の流れる感覚は、早くなっていきます。スルガ銀行問題での、不動産投資での破産者が多く、火の粉がかかると恐れた不動産業者は、早々と廃業する業者もいるようです。一方、イケイケどんどんと、急成長する不動産業者の大半は、悪徳業者が多いように感じます。何事も、程々が大事です。 

 日経225先物は、12月限 22420円△230円(大引け現在) 前日の大幅安の反動高に、東京市場は反発で引けました。主要企業の4〜9月期決算発表を控えて、積極的な売買は控えられる中、割安銘柄の個別物色買いに投資家の不安心理は後退しています。昨日の信用空売り比率は、48.2%と、8/13日(48.5%)ぶりの数値が出現しており、陰の極が期待されます。 

 東京ガソリンは、先限 大引け 68940円(-40) (大引け現在) -760円〜-40円 サウジをめぐる緊張と需要懸念に反発した海外石油でしたが、東京市場では、小動きで引けました。石油市場には、サウジ人記者の殺害事件と言う新たな材料が加わった事から、下落は限定的となっています。サウジ政府が関与を認めた事から、沈静化するか? トランプ大統領が厳罰を下すとしている事から、サウジと米国の対立が深まるなら、イラン制裁での原油供給減少分のサウジ増産は否定的となりそうです。そうなれば、オイルショックの再来でしょうか? 

sekiyuq1016op

landsky at 17:27|この記事のURL

2018年10月11日

ワクワクです。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。久々に目の覚めるような崩落でしたが、面白くなって来ました。ワクワクです。

 日経225先物は、12月限 22580円▼950円(大引け現在) 米ハイテク株の暴落に日経平均は円高を伴い暴落で引けました。米ナスダック指数は、200日移動を下回った事や、高値保合の3倍下げを達成している事など、今晩の市場では、止まるか反発する急所と想定されます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 69500円(-1950) (大引け現在) -1930円〜-1950円 米株安に連動して下落した海外石油に、東京市場も大幅安で引けました。ハリケーンの影響で、メキシコ湾の石油施設の稼働率は40%へ低下しているものの、影響はないようです。今晩の在庫統計で変化するか? 注目されるところですが、日経平均の後追い相場なら、東京市場はまだまだ下げ足りない印象です。

sekiyuq1010

landsky at 15:56|この記事のURL

2018年10月10日

上げ賛成の環境

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 所有不動産の台風被害からの復旧が進みません。瓦が飛んだ屋根修理の業者が見つからず、業者は年内の受注をストップしているようです。倒れて破損した物置もメーカーからの納期が不明で困ったものです。

 日経225先物は、12月限 23530円△60円(大引け現在) 寄り前発表の8月の機械受注統計が、事前予想を上回った事から、日経平均は高寄りスタート後は、海外投機筋の戻り売りに押されてマイナス圏へ反落後は、押し目買いにプラス圏に復活で引けました。 米ナスダック指数は、ダブル天井型からの崩落パターンであり、下値警戒が残るところです。週末のSQ着地に向けた攻防が続きそうです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 71450円(+230) (大引け現在) +240円〜+230円 イラン産原油の輸出減少が確認された事や、ハリケーン警戒に上昇の海外市場に、東京市場は反発で引けました。サウジは、11月積みの調整金の引き上げを通知しており、イラン経済制裁の全面復活の11月に向け、上げ賛成の環境が整いつつあるようです。

sekiyuq1010op

landsky at 17:19|この記事のURL

2018年10月05日

チャネル急所からの下落

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 生涯のがんの罹患率は、男性54% 女性41%との事ですが、がんで死亡する確率は、男性25%(4人に1人)、女性16%(6人に1人)との事です。ノーベル賞を受賞した、オプジーボの登場で、死亡する確率の低下が期待されます。しかし、3か月900万円とも言う、高額医療費 保険適応で負担する国の財政は大丈夫か? 

 日経225先物は、12月限 23820円▼150円(大引け現在) 米株の大幅下落に、東京市場も続落で引けました。米長期金利が7年ぶりの水準(3.23%)と上昇した事から、米株は下落したようですが、直近安値は、23620円(02:22)と、0.382押し=23600円に近似しており、最低限のフィボナッチ押しは達成したものの、まだ下値残しの感は歪めませんが、日経平均の日足では、チャネル急所からの下落でしたが、週足では年初来高値更新からの下落であって、ダブル天井型の嫌な線形となっています。 

 東京ガソリンは、先限 大引け 72500円(-940) (大引け現在) -490円〜-940円 イラン制裁への警戒から4年ぶり高値まで上昇した前日から、一転 米株の下落や、サウジアラビアとロシアの増産見通しが再評価され、東京市場は反落で引けました。在庫統計や、弱気材料を無視しての昨日の上昇には無理があったようです。慢心活況の後が恐いところです。

sekiyuq1004op

landsky at 17:47|この記事のURL

2018年10月02日

一難去って、また一難

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 一部の地域で被害はあったものの、台風24号は無事通過しましたが、またこの週末からの3連休に合わせ台風25号がやって来そうです。青物でも釣りに行こう思っていたら、とどうせなら、休日中でなく、平日に来て欲しいものです。一難去って、また一難 

 日経225先物は、12月限 24280円▼30円(大引け現在)  NAFTA再交渉の妥結を受け、大幅上昇のNY株に、日経平均も続伸スタートしたものの、利食い売りに押されて小反落で引けました。直近の高値は、24480円(00:38)と、東京時間での高値ではなかった事から、天井感はないものの、息継ぎなしに連騰した相場だけに、応分な押しが欲しいところです。 

 東京ガソリンは、先限 大引け 72360円(+1200) (大引け現在) +1300円〜+1200円 イラン制裁に対する警戒や、NAFTA再交渉の妥結を受け大幅上昇の海外石油に、東京市場も大幅続伸で引けました。やっとNY原油も年初来高値更新ですが、達成感が浮上するかも? 当面 チャネル急所でどう変化するか注目です。

sekiyuq1002

landsky at 18:11|この記事のURL

2018年09月28日

関西直撃の可能性

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 前回の台風21号の被害修理も終わっていないとこに、またもや、大型の台風がやって来ます。関東への影響は陸地を通過する事で勢力の減退が予想されるので、大きくはないでしょうが、予想進路で上陸・直撃が見込まれる関西は、戦々恐々です。自動車もひっくり返り、新築の屋根瓦も飛ぶような台風がまた来ると思うと・・・。憂鬱な休日となりそうです。 

 日経225先物は、12月限 24130円△300円(大引け現在) 113円台半ばへの円安進行に、日経平均は高寄り後は上げ幅拡大です。輸出関連株を中心に全面高となっており、27年ぶりの高値更新となっています。FOMC後の下落巾は、250円程度と限定的でしたが、9/7日安値(22180円)からの上昇幅は、2110円巾と待ったなしの連騰パターンであり、年初来高値を更新したばかりであり、追随買いするにしろ、リスク戦略が難しいところです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 69660円(4月限)(大引け現在) +190円〜+480円 イラン原油の供給減少に対して、OPEC&非OPEC諸国は、増産の意向がない事や、戦略備蓄の放出に対して否定的な事など、強気材料ばかりの環境になって来ましたが、投機マネーは、さらなる買い上げを狙っているか?

sekiyuq09281op

landsky at 18:13|この記事のURL

2018年09月26日

ただただ心配

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。一旦は鉾を治めたかと思われたものの、正義感が強く、曲がった事は嫌いな貴乃花の抑えきれない感情は、相撲協会の退職と言う方向に動きました。こういう性格の人なので、ただただ心配なのは、自ら命を絶たないかと言う事です。昨日の記者会見の中で、「もし私が死んだとしても、師匠と弟子の関係は変わらない・・」それを予見するような発言があっただけに心配です。稽古部屋としていた倉庫も賃貸に出しているようです。取り越し苦労なら良いのですが・・・。

 日経225先物は、12月限 23990円△250円(13:00現在)  配当権利落ちの翌日の東京市場は高寄り後は、配当再投資の買いに上げ幅拡大しており、24000円節目を試す動きとなっています。明日未明の、27:00のFOMC金利発表後は、材料出尽くしから、一旦調整局面入りするか注目されるところです。月初の米雇用統計で利上げが確実視されましたが、噂で買って事実で売るなら、円は買い戻されるか?

 東京ガソリンは、先限 大引け 68770円(新甫)(13:00現在) +250円〜+70円 イラン産原油に対する米国制裁への供給不安に上昇した海外石油に東京市場もい続伸中です。やはり、日経平均との連動制は生きているようですが、ブレント原油と、NY原油の値鞘はまだまだ拡大しそうです。



landsky at 13:26|この記事のURL

2018年09月20日

大円安時代の再来か?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。安倍首相の再選が決まりました。残りの任期3年でどう日本が変わるか注目されます。ドル円相場の線形は、6年前と似通った線形であり、以下月足では、三角保合からの上抜け目前の線形に表れています。トランプが許さないでしょうが、線形は大円安時代の再来か?

 日経225先物は、12月限 23460円▼60円(大引け)  米中貿易摩擦の懸念後退で上昇した米株でしたが、日経平均は短期的な過熱感に利益確定売りに小反落で引けました。特に自民党総裁選で安倍総理の再選決定後は、売りが加速したものの限定的でした。 7日間の連騰巾は、1730円でしたが、次の節目は次週の米FOMCです。オプション市場では、24500円の売買高・取り組み高は薄く予想する向きは今のところ少ないようです。当面 市場は満足したのか? 円相場の長期波動が注目されます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 65910円(+360)(大引け現在) +440円〜+360円  米在庫統計を受けてのNY原油の上昇でしたが、出遅れたNY原油が後追いしたに過ぎず、ブレント原油は年初来高値更新までは至っておらず、上抜け波動との判断は出来ません。しかし、ガソリン先限は年初来高値に面合わせしており、動向が注目されます。

g0920

landsky at 17:03|この記事のURL

2018年09月19日

パンティー型保合の上抜け

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。全身がんに侵され、亡くなった樹木希林 理想的な死に様を見せてくれました。2005年の乳がん手術から、全身転移を経て先日亡くなりました。樹木希林は、KK不動産として芸能界でも有名な不動産王との事 精力的に仕事をこなし、惜しまれながら死んで行くのは理想ですが、名と財を残し、私も、カッコよく死にたいものです。

 日経225先物は、12月限 23520円△240円(大引け) 前日の米株大幅上昇や、米中貿易摩擦への過度な懸念が和らいだと事から、日経平均は大幅続伸で引けました。材料的な節目は、明日の自民党総裁選の投開票が過ぎれば、一服しそうですが、4ヵ月のパンティー型保合の上抜けだけに、長期波動になりそうです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 65550円(+930)(大引け現在) +880円〜+930円 イラン産原油の生産減少に対してOPECは増産しないとの報道に海外石油は上昇 東京市場も上昇で引けました。ブレント原油の独歩高で、NY原油との二極化が進みそうです。

sekiyuq0919op

landsky at 17:55|この記事のURL

2018年09月18日

安倍再選を先取り

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。自民党総裁選は、石破氏の当選を期待したものの、現職総理の牙城を崩せず残念な結果となりそうです。海外勢もアンケート調査の結果から、安倍再選と読んで買い始めたようですが、国民の不満は、マグマのように溜まって、来年の参議院選挙で自民大敗となる可能性も? 拮抗するところまで、善戦して欲しいものです。

 日経225先物は、12月限 23280円△310円(大引け) トランプ大統領が、対中国への制裁関税第3弾を発表した事を嫌気して、日経平均は小幅安寄り後は、海外勢の買いに大幅続伸で引けました。予想どうりアンケート調査で、自民党総裁選で安倍晋三首相が3選される可能性が高まった事が海外勢の買いの理由です。中国への制裁関税発動の弱気材料を跳ね返しての上昇だけに、息の長い上昇波動(保合放れ)と見るべきか? ひとまず、9/20日の自民党の投開票 9/26日の米FOMCのイベントが注目されます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 64620円(-140)(大引け現在) -60円〜-140円 米中貿易摩擦激化と、対イラン制裁による供給減の強弱材料がが交錯の海外石油市場に東京市場は小動きで引けました。連動傾向が強い日経平均の先行上抜けは、石油市場も後追い上昇が予想されるところです。

sekiyuq0918op

landsky at 17:50|この記事のURL