2017年08月16日

期待どうり進展

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 北朝鮮リスク警戒で、円も買われ、日本国債も買われる。北朝鮮有事の際には、米軍基地のある日本にも飛び火するのは必定であり、常識的に考えれば安全資産との考え方は如何なものか? 今から6年前、福島原発事故の時に、円安になると見て、円を売ったら、速攻で損切りさせられた事があった。「理外の相場には向かわない」を格言としており、早々と損切りしたから良かったものの、塩漬けしていたらと思うと、ぞっとする。 相場とは常識で動くのでなく、投機筋の理論で動くものです。盆休み中の積極仕掛けは、期待どうり進展しています。

 日経225先物は、9月限 大引け 19750円△10円(14:00) 米ハイテク株安を嫌気して、日経平均は安寄り後は、押し目買いにプラス圏まで復活する動きです。 21日からの米韓軍事演習が、無事通過すれば、新高値まで連騰の期待がありますが、週末には、20000円台乗せで引けて欲しいところです。さて、どうなるか? 
 
 東京ガソリンは、先限  大引け 48330円△230円 +0円〜+230円 ドル高や中国需要の減退をを嫌気した海外石油の軟調でしたが、円安相殺で東京市場は反発の動きです。 円相場優先で見る考えるか、海外石油の天井感を優先するべきか? 答えは一つです。 



landsky at 14:21|この記事のURL

2017年08月14日

有事は逆張り有利

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 北朝鮮との舌戦が、軍事行動にエスカレートするか誰にも予想出来ないものの、昔と異なり、近代戦争は開戦と同時に瞬時に買われても、終息に向けた動きを先取りする傾向にあります。有事の際は、逆張り仕掛け=金売り・国際商品売り、株式市場の買いの勝率が高い傾向にあり 

 日経225先物は、9月限 大引け 19530円▼180円 北朝鮮情勢の緊迫化を受け日経平均は安寄り後下げ幅縮小して引けました。ドル円は、8/11(21:30)に、108.73円まで突っ込みましたが、225先物は商いの薄い時間を付き、夜間安値は19350円まで突っ込みました。 海外時間(夜間)での突っ込みなので、日本時間で同様の水準が出現せねば、国内勢の現物市場での投げ売りが出尽くさず、陰の極にはなりにいのでは? と思われるものの、北朝鮮との舌戦は軍事行動に発展する事を市場は危惧しているようです。今日のputオプションでは、P19000円権利の出来高が多く、有事の瞬間突っ込みでは、満足するポイント急所とも見てとれます。
 
 東京ガソリンは、先限  大引け 48730円▼740円 630円〜-740円 供給過剰感の後退に小反発の海外石油でしたが、東京市場は北朝鮮緊迫でのリスク回避の円高進行に下落しています。湾岸戦争以降、有事の国際商品売りは、近年の傾向ですが、今回はどうなるか? 手ぐすね引いて待っています。

 ドル円相場は、以下日足のように、想定していた急所日柄・価格帯に到達しています。

sekiyup0814op1

landsky at 17:10|この記事のURL

2017年08月10日

大勝負をかけようか?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 災害は忘れた頃にやってくると言うが、相場の世界も同じもの。相場の安定的な勝利は、慢心を生み、その慢心は、予想しなかった、魔坂の相場で大損切りを招くもの 曲がり出した焦りで、損を取り返そうとすると、どんどん深みにはまり込むアリ地獄と同じである。 絶好調の時に不振の種がまかれ、不調の時にこそ 成功の種がまかれる。 曲がりの時期か、当たりの時期か? 相場を読むより、自分の流れを読む事が大事です。 さて、次週こそは、大勝負をかけようか? 思案中です。 

 日経225先物は、9月限 大引け 19710円▼20円 北朝鮮情勢が警戒される中、日経平均は昨日の反動に小幅高寄り後、小幅続落で引けました。注目のSQ値は、1万9825円92銭で着地ですが、 過去2ヶ月間の保合を下抜けしている事から、下値波乱は続きそうで、グアムへのミサイル威嚇の北朝鮮情勢が明日からの3連休でどう進展するか注目されます。

 東京ガソリンは、先限  大引け 49110円△380円 +410円〜+380円 米在庫統計の発表を受け、3日ぶりに反発した海外石油に東京市場も反発で引けました。重要変化日を、迎えるドル円相場と、戻り天井圏を形成しつつるNY原油は、相反する方向性を示しており、東京市場での反応の仕方が難しいところですが、テクニカル的な急所に達するなら参戦するべきかと見ています。



landsky at 16:25|この記事のURL

2017年08月09日

日柄的な転機!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 海外勢が暗躍して、8月は、ディーラー達のサマーバケーションで、閑散になる見方と、薄い商いのところを投機筋が暗躍して、大変動の見方と2つに分かれる。特に為替相場にこの傾向が強いとされる。イメージどうり展開する円相場ですが、今年は、8/11〜8/18日が円ドル相場にとっても 日柄的な転機になりやすいか?

 日経225先物は、9月限 大引け 19730円▼250円 北朝鮮情勢の緊迫に、安寄り後は円高連動で下げ幅拡大して引けました。 過去2ヶ月の安値を更新しており、急所の価格水準に到達ですが、ドル円相場の急所日柄には、少々足りないところです。 デリバティブの取組が解れる明日のSQ後の展開が注目です。 北朝鮮緊迫は、いつものように数日で一旦収束するはずです。

 東京ガソリンは、先限  大引け 48730円▼440円 -270円〜-440円 サウジの減産報道に対して、リビア・ナイジェリアの他、シェールオイルの増産への思惑が圧迫要因となって下落した海外石油に、東京市場も下落で引けました。 

sekiyup0809op

landsky at 17:01|この記事のURL

2017年08月08日

誰がした?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 商品先物の世界では、経済産業省が勝ち組であり、農水省は負け組の構図です。東京穀物商品取引所が解散させられた事を見てもわかるとおりです。起死回生を狙っている農水省にとって、最後の頼みの綱は、コメ(米)を上場させて、大きく育てる事 引いては、自分たちの天下り先を確保するのが狙いです。そんな私利私欲だから、コメの試験上場が2年の期間を、2回も更新しても育たない。農水省が3回目の再延長を認可したと報道されていますが、農水省も、農協と一蓮托生 既得権益を守ろうとするから市場が育たない。「こんな閑散な市場に誰がした? と文句を言いたい!」 →時事記事

 日経225先物は、9月限 大引け 19980円▼60円 手がかり難の中、日経平均は寄り後、積極的な売りを浴びて反落で引けました。 週末のSQ着地に向けて、海外勢の売り仕掛けとの観測もあるようですが、SQ通過後に大きく動き出すか期待です。  

 東京ガソリンは、先限  大引け 49170円△20円 -30円〜+20円 OPECの増産懸念や、リビアの供給増加に下落した海外石油に東京市場も軟調で引けました。 内外とも高止まりしているものの、ドル円相場の水準が悩ましいところで,、大口ファンドのポジションは大きくドル買いに膨らんでおり、円安傾向を示唆しているものの、反面、きっかけ次第で膨らんだポジションが巻き戻されるなら、恐ろしい円高進行も? 

image006

landsky at 18:37|この記事のURL

2017年08月04日

地面師 恐ろしや〜

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 積水ハウスの63億円の 詐欺被害には驚いた。JR五反田駅3分、600坪の好立地でしたが、仮登記がつけば、誰でも信用すると言うもの。通常の詐欺とは異なり、一旦 仮登記がついた事で、国の責任問題にも発展しそうですが、その前に、成りすまし婆婆の、パスポート写真を公開すれば良いのに・・・。 地面師 恐ろしや〜 

 日経225先物は、9月限 大引け 20010円▼60円 米雇用統計を明日に控えてた、円高進行を嫌気して、日経平均は安寄り後軟調で引けました。動きが出るまで、待つ他ありません。

 東京ガソリンは、先限  大引け 48890円▼330円 -200円〜-330円 軟調な海外市場や円高進行を背景に東京市場も小反落で引けました。需要増加と供給減少での需給引き締まり感が浮上しています。



landsky at 18:55|この記事のURL

2017年08月03日

急所水準で8〜9月は、転機になる。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。  ドル安進行にともなって、NYダウも上昇して来ましたが、以下月足では、2015年8月のユーロの高値を更新しており、且つ月足の先行スパン上限まで上昇しており、この8〜9月は、転機になりそうな雰囲気です。欧米の株式市場も、国際商品市場も激動しそうです。

 日経225先物は、9月限 大引け 20010円▼60円 米ナスダック指数の下落が警戒され、日経平均は売られて引けました。今日の安倍政権の改造内閣ぐらいでは、材料視されなかったようですが、日本勢の休暇=盆期間中に、海外勢が攻めて来るのか? 2万円を挟んだ保合は3ヶ月目入りしています。 大きく動き出すのは、盆か、8月末か? 当面、週末の米雇用統計後が注目されます。

 東京ガソリンは、先限  大引け 49220△230円 +360円〜+230円 弱気な米在庫統計に反して、過去最高を記録した米国のガソリン需要にNY原油は上昇 東京市場も連動上昇ですが、ドル安連動している海外石油だけに、NY原油と、ドル円と、どちらに比重をかけた戦略を練るべきか悩ましいところでもあります。

f0803c

landsky at 17:09|この記事のURL

2017年08月01日

お盆期間中の大荒れ

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 8月相場入りしました。 お盆休暇に向けた駆け込みで仕事を組み立てする人も多いようです。さて、円高局面を迎えているドル円相場ですが、この数ヶ月は、30〜37日での波動が続いている事から、お盆期間中(8/11〜8/18)に大荒れの可能性があり、急所になりそうです。手ぐすね引いて、待ちたいところです。

 日経225先物は、9月限 大引け 19980円△40円  前日の米株高や、国内企業の四半期決算の内容を好感した買いに、日経平均は小幅上昇で引けました。100円割れ間近の円高を嫌気して、上値の重たいセクターもあったものの、メガバンク系の上昇が安心感につながったようです。 夏枯れ相場の継続中ですが、IV値は6.5pと動意薄である事を示唆しおり、次週のSQまでは、大きな相場にはなりそうにありません。 1ヶ月後の9月SQに向け、今こそ、オプションを仕掛けするべきか?  と思います。

 東京ガソリンは、先限  大引け 49630△430円 +320円〜+430円 ベネズエラへの米制裁観測に2ヶ月ぶりの高値へ上昇の海外石油に、東京市場も続伸で引けました。NY原油は、再び50ドル台乗せした事から、面白くなって来ましたが、ドル安も影響しているようで、ドルの反転タイミングに照準を合わせ、狙って行きたいところです。 

f0731

landsky at 18:20|この記事のURL

2017年07月27日

烏合の衆の

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 都民ファーストが衆議院選挙の準備をする前に、解散するべきとの噂が流れる中、民主党の蓮舫が党代表を辞任したようです。批判する事しか能がない、烏合の衆の民主党 辞任の会見で抱負を述べたニ大政党制は、程遠いように思えます。

 日経225先物は、9月限 大引け 20050円△10円  FOMC声明後の円高進行に、日経平均は小幅安寄り後は、買い戻されて引けました。日経平均の夏枯れ相場は継続中ですが、個別株では、電線地中化銘柄の電線株の騰勢が続いています。まだまだ、値頃は低いように感じますが、(5815)沖電線  

 東京ガソリンは、先限  大引け 48500▼230円 -400円〜-230円 米原油在庫が市場の予想以上に減少した事や、ベネズエラの政情不安に上昇した海外石油でしたが、東京市場は円高進行に相殺され小幅安で引けいました。50ドル以上の上値追いには、材料不足のように感じます。 



landsky at 16:36|この記事のURL

2017年07月25日

将来に禍根を残す事

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 最近、腹ただしい事の一つに、動物病院の薬と病院代が高すぎると言う事 犬のフィラリア予防の薬が、1錠1000円です。 胃腸薬などは、人間用のものを、半分に割って処方しているのに、獣医師に処方してもらうと、原価の数百倍と恐ろしい価格に化けます。 診察代と合わせれば、なんやかんやと必ず1万円程度かかります。なぜ、こんなに高いのか? と常々考えていました。 衆議院閉会中審査で、野党の集中砲火を浴びる安倍首相ですが、加計問題は、そもそも岩盤規制を崩そうとしなかった、文科省の姿勢に問題があったと見ています。 既得権益を守る事が、天下り官僚を増産する事になりますが、森友学園とは、本質が違うはずですが・・・。。

 日経225先物は、9月限 大引け 19920円▼20円 111円台に復活した円安を好感して、日経平均は高寄り後は、本日から明日に開催される米FOMCを控えて、積極的な売買は控えられ軟調保合で引けました。今夏に予定されていた日本郵政の売り出しを、株価の下落を嫌って見送った安倍政権ですが、政権運営と同じように、先送り判断は将来に禍根を残す事となりそうです。 。

 東京ガソリンは、先限  大引け 47600△180円 -230円〜+180円 3営業日ぶりに反発した海外石油に、東京市場は小幅高で引けました。サウジアラビアによる原油輸出の減少見通しや、OPECの協調減産延長期待が背景でしたが、円安トレンドが消滅した以上、戻り売りで見るべきか? 



landsky at 18:43|この記事のURL