2006年10月

2006年10月31日

安物買いの銭失い

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安にストップ安した。ガソリン1610円〜1800円 灯油 1660円〜1800円 原油 100円安〜1200円安 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、12月限58.33ドル▼0.33 昨晩のNY原油安は、原油在庫の増加見通しや、温暖気候による供給過多 中国需要鈍化見通しなどによるもの NY灯油12月限は、1ヶ月保合の底抜けした事で、急転直下型 WTI原油も、NY灯油に後追い型が懸念されるところ 前日までは、東京ガソリンはしばらく強いのか?と思っていたが、今日は 綺麗な離れ小島(アイランド・リバーサル)の完成で、戻り天井を示唆する線形が出現した。某社の店頭では、今日の前場は、一般の赤伝票(買い注文)が乱舞していたようだが、押し目買い人気の強さの表れだったと思う。WTI原油の59乏笋譟東京ガソリン4月限の59000円以下は、買っていい価格を越えている。安い値段だからと言って、その値段の背景を考えずに、買う人の事を、「安物買いの銭失い」とも言うが・・・・さてどうなるか・・? 相場は変化に対応するもので、事前予想・見通しに固執するものではない。理論的な節目を理解した上で、変化を察知すれば、果敢に打って出る事が出来るはず。 

 コーンはやっと、9月限で、12日移動平均線・6日線・転換線を、同時に割れた。9月中旬からの上昇波動で、12日移動線割れは初めてとなる。収穫遅れやら、豪州の干ばつやら、中国の需要増など、いろいろ強気の材料が出て来たが、強気材料出そろった後は、今度は弱気の材料で、値崩れ起こすサイクルだろうか? 何れにしろ 大相場は、大相場理論に基づいた参戦がリスクも少ないと思う。

 買い仕掛けする値段は、安ければ安い程良いと考える方には、必要のない知識だろうが、節目を重視する人には、箱指しと言う注文方法が存在する。例えば、59500円以下なら買いたいが、59000円の節目を割れるなら、買いたくないと言うような注文で、価格が59500 円〜59000円の箱の中のみで成立する。その箱以外では成立しない。ガソリン4月限で、59000円が節目と考えたなら、こういう注文方法が存在するが、ザラバでシステム対応しているのは、一部の会社だけと思う。 板寄せも同じだが、59500円の買い指し値&59000円割れの逆指し値を同時に出す事で、箱指し値となる。

2006年10月30日

極悪軍団

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に高寄り後、小動きに終始した。ガソリン280円安〜380円安 灯油90円安〜350円安 原油 80円安〜310円安  で引けた。15:30分現在の夜間原油は、12月限 60.85ドル△0.10 週末の海外市場は、サウジアラビアの石油施設にアルカイダのテロ攻撃予告があった事から、上昇したが信憑性が乏しいと言う見方に、小幅な上昇にで終わった。東京市場では高寄り後の下落となったが、週末は投機筋の目立った動きが見られなかった事や、売り方大手のひまわり買い戻しするそぶりがない事や 円高から原油安に靡いた反落となった。戻り上昇日柄は、やっと 16日が経過した事等を勘案するならば、エネルギーが出尽くすまでには、もう少しの日柄が欲しいところ

 1.2万円と言う 激安証拠金のNonGを除けば、最大取り組は、1位 東京金 26.5万枚  2位 東京とうもろこし 11.7万枚 東京金は、最高取り組みは、ブッシュパパのイラク攻撃 96年の58万枚からは、1/2まで減少しているが、健闘している方だと思う。第2位の 東京コーンに至っては、97年の58万枚からは、1/5まで減少している。上位2銘柄でも、こんな調子だから、他の銘柄は見る影もない。しかも 外資・ファンドの資金流入が、2000年以降 急拡大し、それらの取り組分を差し引くと、どんな恐ろしい数値になるのか??

 廃業・支店閉鎖などの影響で、リストラされた、極悪軍団は、商品先物業界→為替証拠金取引→未公開株販売と流れて行ったが、当局に摘発されて 彼らは、また 違った詐欺商法を初めているようだ。ロコ・ロンドンのまがい取引らしい。大規模詐欺事件・経済事件に発展するのも、時間の問題と思う。金融庁も調査に入ったらしいが、集めた金は、高額の報酬に全部 使い切って、顧客に 返金するつもりがない事を、なぜわからないのだろうか? 不思議に思うところ・・。

 日経平均株価は、1万6351円▼317円は、予定どおりの急落となった。10/18日号では、「週足の暴落圧力を受ける日柄である事から、高値更新しても、16880円±30円程度からは、失速反落するパターンをイメージしている。」とコメントしていたが、結果 短期天井は、10/24 1万6901円と、予想価格帯で、ピッタリ的中した。 日経225は、この2日間で、530円の暴落であり、片張りで、売り仕掛けていれば、大きな利益が得られただろうが、片張りは精神的疲労も大きく、オプションを知った後では、やる気も起こらない。  10/13日からの提示のオプション・ポジションについては、既に12%程度の利益計算となっているが、11/10納会では、満額プレミアムの15%利回りは、ほぼ確定だと思う。オプションは、普通に市場参加するだけなら、恐らく 70〜80%の人が、落とし穴に填って、損をするだろうが、明確なリスク管理の戦術を伴っての参戦ならば、95%程度の人が儲け続ける事が出来ると思う。10/28日で、計4回のオプションセミナーを開催しているが、参加者は、異口同音 魅力と有利性を語っている。

2006年10月27日

カウンターパンチ

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、29日申込分で締め切りです詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン650円安〜60円安 灯油 470円安〜180円安 原油 70円安〜750円安 で引けた。15: 30分現在の夜間原油は、60.52ドル△0.16 昨晩のNY原油市場は、前日の在庫減少発表を引き継ぎ、61.7砲泙杷磴錣譴燭發里痢々眇綵犧澹砲見直され、買い方の手仕舞い売りに反落 東京市場では、安寄り後、上昇して引けたが、前日に空いた大きな窓は、埋めきれなかった。 大手で唯一残るファンド・ひまわりの売り残 4200枚が狙われている。

 ゴム太郎の昨日は、綺麗なカウンターパンチが決まった。 前日に踏まされた者にとっては、悔しい限り・・・。 昨日は 石油の急騰を見た一般の買いが噴出したところを、売り叩いた投機筋の芸当は、流石と言う他ない。奴等には、相場観は関係なく、一般の手口に対する人面張りすればいいだけ 相手が買って来たら、売ればよいし 投げて来たら買い戻しすれば良い。相手が動いてこなければ、期近まで回して、ゆっくり料理すれば良い。罫線的には、数日前に暴落して当然の線形だったにもかかわらず、ここまでずれ込んだのは、必要以上に、しこった一般の売り玉を、踏ませる為だったようだ。本日の暴落で、基準線・25日線程度まで相場は下落したが、取り組み薄い相場だけに、困ったものだ・・。

 流動性の高かった昔は、5分足・30分足の分析手法により 綾戻し等の急所・時間帯なども提示して、短期・デイトレも良好なパフォーマンスを得ていた。 ビタビタ当たった事から、神様のようと言われた事もあるが、今では 分足はチャートどおりに動かない。また 東京工業品の手口も非公開になり、流動性も低下して、悪徳ファンドの去就で大きく相場が変化するが、流動性が低下すると、どうしても罫線上の窓が開きやすくなる。よって、分析スパンを中期〜長期に長めにとって判断する以外、生き残る道はないと思う。

 巷に溢れている情報型サイトに入会して、不信感を持ったと言う人からの、問い合わせがあった。同じ失敗を繰り返さない為に慎重になるのもやむを得ない。弊社の中大局の相場感には、定評があり 2003年6月からの、米国株の持ち合い離れを発端とした大相場 2004年の10月からの中国関連相場などで、誰も言わない時期から、大相場を的中させて来た。 その事実は、相場コラムの過去ログを見ても、一目瞭然だが、会員サイトの内容は、レポート見本を見て判断して頂く他ない。 06年3月25日号・大相場初動のレポート見本

 大相場初動を予見する、ネット会員は、29日申し込みで締め切りです →詳細はこちらから

2006年10月26日

投機資金が目覚めた?

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、募集中 締め切り迫る詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外高に上昇した。ガソリン1080円高〜1570円高 灯油950円高〜1460円高 原油 300円高〜1200円高で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、61.59ドル△0.19 昨晩のNY原油市場は、OPEC各国の相次ぐ減産表明や、原油在庫の予想に反した減少が背景 東京市場では、海外高や前日の三菱Fの大量買いを見た買い物に続騰して引けた。今まで、強気材料に鈍感だった市場が、敏感に反応し初めており 基調の変化が伺える。しかし 今日の新甫発会で、空いた大きな窓・2530円巾は、遅かれ早かれ埋められるだろうが、その日柄が問題

 昨日から不穏な手口が貴金属・石油市場で見受けられる石油市場の三菱Fの大踏みは、言うまでもないが、東京金での三井F(買い)と、三井(売り)の 6000枚近いバイカイ 東京白金では、同じ店で4000枚のバイカイが注目される。自己玉売りが急増して、取り組みは変化ない事から、少なくとも、三井の売りが新規 物産Fの買いが、手仕舞い(踏み)と言う事がわかる。考えられる事  .櫂献轡腑鵑離ーナーチェンジ 株式市場ではクロスと呼び、相場急騰の直前でよく見られるが、今回は売りポジションのチェンジ ◆ー莪所の建ち玉規制を逃れる為の、手法  単にファンドの踏みに、商社が売り向かっただけ  何れにしろ 本日の相場は上昇しているし、シカゴ穀物では、オイルマネーの参入も噂され、国際的な投機資金が目覚めた?とも考えられる。これを前提に判断すると・・・。

変化に対応する戦略、ネット会員の締め切り迫る 詳細はこちらから

「市場変革に対応する術」  東京セミナー詳細・申し込みはこちらから

2006年10月25日

市場変革に対応する術

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、募集中詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外高に上昇した。ガソリン940円高〜1550円高 灯油1220円高〜1690円高 原油 180円高720円高で引けた。15:30分現在の夜間原油は、59.59ドル△0.24 昨晩のNY原油市場は、サウジに続き、OPEC加盟国 UAEの減産も実行される事や、 12月からの米北東部の気温低下予報によるもの 東京市場では、ガソリンの自己売り玉変化してからの急騰である事など、大衆当たりに相場は変化しており、手口優先の相場展開かと推察されるところ テクニカル的にも、本日の基準線越えで、決着はついたと考えるべきだろうし、オイルマネーが暴れだす時期に入っている。相場の世界は、朝令暮改 仕掛けよりも仕切りが大事

 ギャンブルに分類される麻雀は、腕の差が歴然と出る。半チャン数回程度なら、運も左右するが、徹夜麻雀なら、確実に腕の差が反映すした結果となる。授業料払って、せっかく覚えた麻雀で腕も上がって、さあ これから授業料回収と思ったら、麻雀する人が周囲にいなくなった。 止むを得ず、弱い相手を探しに飛び込み参加で、雀荘に行っても、残っているのは強い人ばかりで、コテンパにヤラレル。これは知人の話だが、今の商品市場にも共通したところがあると思う。

 法改正による市場変革・市場緊縮の波がやって来ている。11/23(祭日・木)東京セミナーでの、お招きする、鏑木(風林火山)先生には、「市場変革に対応する術」と言う内容で、講演をお願いした。以下 講演・セミナー予定 セミナー詳細・申し込みはこちらから

第一部 13:30〜14:30 市場変革に対応する術  投資日報社 会長 鏑木 繁 (風林火山)

             先物業界の淘汰の流れ
           薩摩藩の陰謀 米相場事件
           近年の先物事件あれこれ
           仕手相場の結末
           流動性低下の市場を泳ぐコツ

第二部 14:45〜16:15 オプション入門セミナー 先物スキルで、安定トレード100%運用

                                     ランド投資顧問   代表 岩本 竜徳
           オプション優位性のポイント
           難易度比較 入門への障害
           障害を克服する為に・・。
           オプションの罠   敗者に学ぶ失敗例
           実戦トレード 具体例   50万円オプション習得プログラム
           お勧め証券会社あれこれ 口座を開いて、さあ始めよう


2006年10月24日

千載一遇の売りチャンス

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、募集中詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン610円安〜90円高 灯油480円安〜160円安 原油 110円安〜60円高で引けた。15:30分現在の夜間原油は、58.80ドル▼0.01 昨晩のNY原油市場は、OPECの減産効果に対する懐疑的な見方や、米北東部の気温の緩みを背景に下落したもの 東京市場では、前日の陽線に孕んだ小動きに終始した。低空飛行を続けるWTI原油市場だが、事前予想以上の減産を発表後の相場だけに、この強気材料が出たら終いか? それとも、後々効いてくる冷酒相場となるか? 今日も決着はつかぬまま引けており、明日の納会か、明後日の新甫発会か何れかで決着は着くと思う。

 アラビカ君は、先週の19日頃から、東京市場で遅行スパンが陽転して可笑しいと思ったら、NYアラビカの急騰でストップ高となっている。東京市場では、 1999年以来の低水準取り組み、人気離散の中で、人気を伴わない急騰なので、難しいところだが、3ヶ月以上低迷した相場だけに、侮れない線形をしている。

 もろこし君は、海外高に一転のストップ高まで、買われて後は、ボケて引けている。岡地の売り直し 三井Fの手仕舞い売りなどの手口が重たかったようだが、エリオット波動理論を基本とするなら、参戦の目処もわかりやすい。空中戦は大相場の常

 大相場対応のテクニカルは、手計算も出来るような、単純な順張り指標が一番 いろいろ考えると難解な相場だからこそ、出来るだけ、シンプルな指標を心がけたい。"Simple is best "と言う事 しかし 相場をかじりたての時ほど RSIだとか、ストキャストだとか、計算の仕方も知らない癖に、逆張り型の指標を好む傾向にある。初心者ほど、勝率の高い方法を求めるから、どうしても逆張り指標を好むし、営業マンにとっても、勧めやすい。しかし 身銭を切って、数多くの指標を試して来た我々にとっては、それらの逆張り型は、悪魔の指標としか映らない。 コーンでは、RSIの80p越えた事から 早々と10/10日頃から、大相場を確信したが、依然 自己玉買いの取り組みが解れないところを見ると、追加証拠金で頑張っている売り方が多い事を示唆しており、「RSIの80pは、今だに、千載一遇の売りチャンス」と、吹聴する無知な営業マンが多い証拠  聞くは一時の損(恥) 知らぬは一生の損(恥) 大相場を勝ち抜く術、ネット会員は募集中 →詳細はこちらから 

2006年10月23日

ラマダン

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、募集中詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン 220円安〜1190円安 灯油 390円安〜1270円安 原油 290円安〜820円安 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、12月限 59.30ドル▼0.03 週末のNY原油市場は、OPECの、減産枠が遵守されるか疑わしい事や、ロシア・メキシコが生産量引き下げの予定がないと相次いだコメントを発表した事など、供給過剰感を払拭できない見通しが背景 東京市場は安寄り後の上昇は、期近先行で戻り巾が大きかったが、サウジが日本向け原油の8%削減の通告をした事が影響している模様   もろこし君は、600円ストップ安が2連発と、きつ〜い調整入りとなった。85.97Pまで上昇した相対力指数は、週末で72.05Pまで下落しており、調整局面を迎えているが、どういう作戦で臨むか戦略が重要と思う。強気を基本に考えるなら、少なくとも 2つのシュミレーションを持たねばならない。一つは、上昇トレンドが継続と考えた場合のエントリー方法 もう一つが トレンド消滅の場合の撤退基準  これらは、なんとなくと言う相場観でなく、波動理論に基づいた戦略でなければならない。巷には、裏付けのない、言い放しの相場観が氾らんしている。  そろそろ、ラマダン(断食月)が終わり、オイルマネーが暴れ出す頃だろうか? オイルマネーのターゲットだった日本の株は、昨年は、11月月初から上放れ、約2カ月間 一本調子の上昇相場を演じた。今年夏以降の投機資金の趨勢は、商品→米国株・債券に資金移動をしている。

2006年10月20日

本音と建て前

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、募集中詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外高に反発した。ガソリン210円高〜1210円高 灯油880円高〜1190円高 原油 210円高〜770円高 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、11月限 58.86ドル△0.36 昨晩のNY原油市場は、PEC緊急会議でサウジが減産を強く支持した事が反騰の背景 11/1日から120万b減産決定 12月から必要ならばさらに50万b減産も有り得るとのサウジ側の発言とされる。 東京は海外高・夜間高を背景 に大幅高寄り後 夜間の緩みにつれ上げ巾削る展開で引けた。 60ドル割れは、許さないと言うOPECの強い姿勢が確認されたが、反面 彼らの減産によりそれを阻止する結束力が、OPECに存在するのか? 夜間原油の緩みは、実効性に疑問を呈した動きと考えるが、本音と建て前を使い分けるのは、どこの国でも同じと思う。イベントも終わった事で、OPEC減産結果の評価が次週はっきりする。

 もろこし君は、買い屋の手が止まったと思ったら、急転直下の先限中心のストップ安で引けた。相場はこうでなければ、おもしろくない。日足ベースで考えるより、週足・月足ベースで冷静に見た方が、戦略もたてやすい。


2006年10月19日

有益なトレードを提案する。

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、募集開始しました。詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン 820円安〜1310円安 灯油 900円安〜1370円安 原油 360円〜1070円安 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、 57.85ドル△0.20 昨晩のNY原油市場は、事前予想に反した強気の在庫統計発表だったものの、OPECの減産が懐疑的な事を背景に下落したもの 東京市場では安寄り後 戻す場面もあったが、前日安値以上では、失速して安値圏で引けた。昨報でコメントのとおり 昨日の大陽線は、暴落直前に出現する買い方の最後のあがきだった。それを裏付ける指標も出現していた。問題は、OPECの緊急会議を前に、WTI原油が大幅安した事で、危機感により OPECの結束力が強まって、サプライズな結果になる事も勘案されるが、黙りを決め込んでいるサウジの姿勢を見てもわかるとおり、米国の中間選挙前には、積極的な減産も出来ないはず。OPEC減産決定後の暴落をイメージしていたが・・・? さて どうなるか?

 信頼と実績の投資顧問として、会員サイトを開設してから7年目に突入した。理論に基づいた市況解説・トレードの提案は、多くの方々の支持を得ている。以下 コメントは、10/17日昼雑感の石油コメントだが、主要銘柄については、昼雑感・夜の詳細レポートと、日に2回のコメントとなっている。当たり外れは、相場の常だが、常に相場はわからないと言うスタンスで、進退基準を明確にすれば、恐くはない。有益なトレードを提案する、ネット会員は募集中 →詳細はこちらから 

 多くの方々から要望の多かった、東京講演会&セミナーの日程が決まった。11/23(木)の勤労感謝の日で祭日となるが、演目は以下のとおり 第1部 市場変革に対応する術 講師 鏑木 繁氏 (投資日報社・代表) 13:30〜14:30  第2部 オプション取り引き入門「先物スキルで簡単・安定トレード100%運用」 講師 ランドスカイ・代表 14:45〜16:15 受付は後日行います。

  10/28(土) 大阪セミナーは、若干名の空きがあります。大阪セミナーの詳細・申込みはこちらから 

hiruzakkan

2006年10月18日

脈絡

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、募集開始しました。詳細はこちらから

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン780円安〜50円高 灯油 810円安〜250円安 原油 330円安〜190円安 で引けた。15: 30分現在の夜間原油は、59.21ドル△0.28 昨晩のNY原油市場は、米国在庫の過剰感や、世界原油需要の下方修正の他 非OPECの増産などから、OPECの減産に対して効果が薄い見通しによるもの 東京市場では、海外安に安寄り後 先限中心に買われ下げ巾削って引けた。ガソリン 先限4月限の自己玉は、(10/4 4856枚の買い越し)→(10/17 3050枚の買い越し)まで減少しているものの、まだ買い足りないようで、先限だけは、プラス圏までの陽線で引けている。暴落直前の相場は往々として、騙しの大陽線をつける事も珍しくないが、今日の内部要因の変化が注目される。 一方 原油の自己玉は、先限では 678枚売りに対して、7222枚の買い越しと言う、通常の相場ではあり得ない比率であり、自己玉買い越し数量の90%以上が、商社の買い残となっており、大衆不在を裏付けている。往年の大取り組み時のダイナミックな相場が懐かしい。

 日経225先物の出来高は、8.2万枚 取り組みは42万枚 引け成り注文だけで、4000枚 これらを約定金額ベースで、単純に比較すると、東京ガソリン市場の約 100倍 これに225ミニ 225オプション 現物市場などを加味すると、天文学的な数値となる。デイトレするにも 大きな市場は素直で、本当に気持ちが良い。以下のチャートは、過去2日間の225先物の5分足だが、トレンドに素直について行くだけで良い。簡単なデイトレ手ルールで、トレードするだけで、以下のパターンでエントリー出来 簡単に利益が生まれる。200円巾の利益とすると、225先物なら ×1000倍で20万円の利益  225ミニなら、2万円の利益となる。相場は大きく動けば良いのではない。取り組み薄い銘柄の脈絡のない暴騰・暴落は、射幸心を煽るだけ 賭博(ギャンブル)に等しい。と思う。

2255