2007年02月

2007年02月28日

世界同時株安の兆し

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外小動きの中 夜間安 世界同時株安に下落した。ガソリン 480円〜860円安 灯油 470円安〜920円安 原油70円安〜1420円安で引けた。15:30分現在の夜間原油は、60.71ドル▼0.75 昨晩のNY原油市場は、ガソリン高に上昇後は、中国需要の減少懸念から投機筋の手仕舞い売りに下落した。東京市場では、他銘柄安・円高を反映してストップ安から始まったが、大きく戻して引けている。中国株の9%の暴落から、世界同時株安の影響を見守る事が必要か?

 ここまでの大規模な波及で、夜放れの暴落とは、予想以上だが今回の世界同時株安の兆しは既に、前週末には出現していた。 ̄瀁笋蟇曚靴梁膰ファンドが、売り越し数量の31%と大量に買い戻していた事 ◆〆討120円を割り込んだ事(逆行後の逆戻り)  外資は225先物を連日手仕舞いしていた事 関連の事は、26・27日のコラムにコメントしている。商品市場では、殆どの買いポジションを手仕舞い売り提示していたので、危機一髪救われている銘柄が多いが、銘柄によって明暗も分かれるところ 警戒警報発令は大当たりだが・・・。

2007年02月27日

警戒警報発令中?

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

225/OP会員、本日申し込み分で募集締め切り!!
    →詳細は、こちらまで

今日の石油市場は、海外高に続伸して引けた。ガソリン160円高〜220円安 灯油 120円〜320円安 原油 30円安〜220円安 15:30分現在の夜間原油は、4月限 61.55ドル△0.16 昨晩のNY原油高は、イラン問題や米国での降雪を反映して上昇したもの 東京市場では、海外高を受け高寄り後の反落は陰線で引けた。昨日は 曲がり屋ファンドのドテン買いポジションは維持に対して、売り方商社・外資系の足並み乱れ、手口も別れた模様 3 月限納会で、大暴落を演じた市場だが、極悪連の画策は期近に回れば、なんでも出来る。

 昨日のガソリンの取り組み 45603枚は、上場来の低水準であり、しかも 新甫発会日は、取り組みが増えるのが普通ながら、その日に最低水準を更新している事は、相場に振り回され 精魂尽き果て 一般は誰も近づかない相場になっている事を示唆するもの。ドジョウ狙いで上場した東京軽油のように、いくら現物需要があったとしても、上場廃止に追い込まれるに違いない。一世を風靡した銘柄であるが、残念ながら時間の問題・・・。 外資系証券の圧力で、手口非公開にしたのが、そもそもの間違い  釘を締めたパチンコ屋のように、一度離れた客は、もう 戻って来ない。

 利食い売り後の急騰は、気分が悪い。前週末頃に手仕舞いした白金のように・・。しかし 利食い後売り後の下落は、なぜか気分が良い。昨日手仕舞いした、東京金・コーン・日経225のように、下落しても儲からないのだが、人間とは不思議なものだ。 しかしこんな事で、一喜一憂しているようでは、修行が足りない。もっと長い目で、トレンドを見極めねばならない。さしずめ 週末のCFTCでファンドの姿勢の変化が見られた、円相場に黄色信号が点灯しつつあり、円キャリーの巻き戻しが噂されている。全市場に警戒警報発令中?

 前回の入会者の95%以上の人が、安定収益を実現させ、運用資金の増額を検討している人も多いようだ。 日経225/OP会員 3月生は、※本日申し込み分で締め切り 次回募集は3ヶ月後です。  →詳細はこちらから

2007年02月26日

曲がり屋ファンド

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

225/OP会員、募集締め切り迫る!!
    →詳細は、こちらまで

 今日の石油市場は、海外高に続伸して引けた。ガソリン440円高〜630円高 灯油 0円〜490円高 原油 20円高〜550円高 15:30分現在の夜間原油は、4月限 61.42ドル△0.28  イラン問題の緊張に上昇ながら、目新しい材料はなく、高値圏からは週末を控えた買い方の手仕舞い売りに上げ幅削って引けている。東京市場では、週末の地合を引き継ぎ 高寄り後 大きく続伸したものの大上髭で上げ幅削って引けている。今日の注目は、三菱Fの手口と、手揃いで売り向かっていた商社連・外資系の手口が注目される。極悪連の手口によっては、大相場発展の可能性も?? 大相場初動では、必ず筋・商社系は売りポジションであり、曲がり屋ファンドが買いの手口となっており、誰も曲がり屋ファンドには、提灯はつけない。

 CFTCでは、円を売り越していた大口ファンドの、大量買い戻しの手口が確認されているが、一過性かそれとも継続するか?? 日銀の利上げ前日  1/20現在の数値だけに、どちらともとれるところ 円相場の動きには神経質にならざろう得ない。たった0.25%の利上げなので、影響は乏しいと考えるのが普通だが、理屈ではなく、奴等のお金の動きが全てに優先する。

 内部要因の変化と短期チャートを優先で、分析を行ってきたが、大きく振れる手口の変化には、相場もぶらされ目が回る。もう少し 長いスパンで見れば、見えてくるものがある。古典的な長期スパンの分析法である一代足に注目している。高所恐怖症で買えない某銘柄も、買えるから不思議なものだ。

 225先物もミニの誕生で、売買しやすくなっている。現物・先物・オプションと密接に絡んだ市場だけに、進退の目処が非常にわかりよい。節目理論が多くの局面で綺麗に機能する。節目を固めたら、買えば良いし節目を割れたら切れば良い。節目理論はオプションを知る事で、目から鱗のように理解する。 

2007年02月23日

頭に白い布

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

225/OP会員、募集開始しました
    →詳細は、こちらまで

 今日の石油市場は、海外高に続伸して引けた。ガソリン750円高〜1710円高 灯油 930円〜1800円高 原油 410円高〜1510円高  で引けた。15:30分現在の夜間原油は、4月限 60.90ドル▼0.05 昨晩のNY原油高は、在庫統計での中間留分の減少による上昇 東京市場では、高寄り後は、一時ストップ高まで期先は上昇したが、上げ幅削って引けている。昨日までは、極悪商社連は、売り増し&売り居座りの手口であり、買い戻ししているのは、三菱Fのみだったが、今日こそは、他の極悪連のポジションにも変化が見えたか?? 

 注目の東京ガソリン 3月限納会は、一般の高値買い因果玉の整理遅れから、2170円安の暴落納会となった。4月限の寄り値との比較では、8090円開きの納会であり、極悪談合納会が炸裂した格好である。3月限の買い玉を持ち、期先限で売りヘッジしていた人は、大股裂きとなった。見て見ぬふりする天下り連であり 自浄能力をない業界だから、横行する現実である。期先限だと安心していても、取り組み薄くなれば、同様の事が起きる。あ〜 恐ろしや・・。

 以下のチャートは、2/6日号の会員サイトに掲載のチャートである。日本株・東京金・東京コーン 全て押し目買い方針を提示していたが、ほぼ同時に今週上放れしているが、「順番は違えど、連動して上放れして行くと思う。国際的なファンドの大規模な資金流入は全ての市場に影響している」 数週前にコメントしていたが、下のチャートを見比べて、そう言われればチャートが似ていると今頃気がついても、もう遅い。頭に白い布を巻き付けた親父が金主の国際投機集団(オイルマネー)の動向は、グローバルな視点で、全市場を見渡せば、その動向も見えてくる。

 絶好調の、日経225/OP会員 3月生は、次週締め切り予定詳細はこちらから

oooppp

2007年02月22日

国際投機軍団

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

225/OP会員、募集開始しました
    →詳細は、こちらまで

 今日の石油市場は、海外高にストップ高を含む反騰となった。ガソリン190円〜1800円高 灯油 1100円〜1800円高 原油 400円高〜1710円高  で引けた。15:30分現在の夜間原油は、4月限 59.97ドル▼0.10 昨晩のNY原油市場は、イラン核問題の他 米国の製油所トラブルで反騰したもの 東京市場は昨日 大量に売り込んだファンド系が終日買い戻しの様子で、円高に提灯売りした商社系も、買い戻し初めているだろうか? 某商社が踏みだせば大相場になる事が多いのだが・・・。

 金ストップ高・白金高・ゴム高・コーンストップ高・日経225も急騰で、円相場を含め全ての市場が思惑どおりに動いている。国際投機軍団の攻勢が確認され、昨日の市場では日本株の出来高急増していたし、国内商品市場でも、商社売りに対し秘密裏の買い注文で取り組みが不自然に増加している銘柄が多かった。納会直前で取り組み急増したガソリン君が良い例だと思う。各銘柄が呼応したような今日の一斉高は、数週前から予見していたとおり

  225・OP会員の問い合わせも多いが、一般的な質問については以下に、まとめてみた。225/OP 会員3月生は、募集中詳細はこちらから

Q:相場はゼロサムのゲームなのに、どうやって安定的に儲けるの?

A: 保険と同じで、オプション市場には掛け捨て保険のお金が沢山あるのです。掛け捨てられた保険金(プレミアム)を拾い続けるトレードにより安定運用を目指します。

Q: リスクはあるの? 

A: 当然リスクはあります。必ず儲かる仕組みの保険会社も、大口契約の場合には、万一のリスクを回避する為に、海外の大手保険会社へ、ヘッジ(繋ぎ)を行ってリスク低下させます。同じようにオプションの場合もリスク回避の有効な手段を,、適宜講じる事が必用です。リスク管理技術を伴っての安定運用です。

Q: リスクと想定利益は?

A: 想定損益は、初心者用 習熟トレードで、損切りリスク=10%/月 期待利益=10〜15%/月 勝率は70%程度と予想されますが、過去5ヶ月間 9回の売買提示では、全勝です。 現在進行中の10回目提示では、15%の値洗いプラスなので、今月は15〜20%の収益が見込まれておりますが、習熟する事で、15〜20%/月 運用も可能です。

Q: 資金はどれぐらい必要?

A: 最低証拠金は50万円です。この資金の中で、仕掛け&有効なリスクヘッジを行います。初心者は、注文間違い・勘違いなどのリスクがありますので、最低証拠金で慣らしトレードを行って下さい。習熟度合いに応じて、自信がついたら、積極的に増額して下さい。習熟する事で、投機ではなく、資産運用との認識に変わるはずです。

2007年02月21日

利上げ確定

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

225/OP会員、募集開始しました
    →詳細は、こちらまで

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン1920円安〜1280円安 灯油 740円安〜1250円安 原油260円安〜620円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、4月限 58.39ドル▼0.46 米北東部の気温の緩みで下落したもの 東京市場では、三菱Fの売り直しの手口が昨日から継続していての流れかと推察されるところで、東京の内部要因優先で勘案すると 週末に迫った 3月限の納会待ちだろうか?

 日銀金融政策決定会合で、0.25→0.50%へ利上げが決定された。円相場は、13:00前のNHKニュースでの利上げを示唆する先見発表で、一旦 円が急騰したが、その後 確定発表後は、再び120円台の円安に動いている。次ぎの利上げは相当先になる事が予想される事から、後顧の憂いなしに、大円安に突き進む事になろうか? それとも・・・。 円キャリーの巻き戻し懸念が根強かったが、この程度の利上げで、他の通貨と比較して 絶対的な低金利には変化ない。円キャリーの巻き戻しも、ファンドの売り過ぎ懸念も、現状の円相場動向を見る限り・・・。

 既存会員の傾向を見る限り 商品先物から、225・オプション市場に参入の方は、どうしてもハラハラ・ドキドキの刺激を求める傾向にあるようで、オプションだけでなく、225先物を、積極的に併用している方も少なくない。純粋に相場が当たれば儲かる225先物と、相場を当てなくても儲かるオプション市場では、仕掛けパターン時期が異なるが、のべつまくなしに、ポジション持たねば気が済まないような、”相場病”の人には、オプションが最適かと思う。常にポジションを持つ事で、時間価値と言う金利が日々もらえる。相場動向が不透明な時こそ、オプション優位性があるが、225先物の片張り提示も絶好調であり、たった2ヶ月で資金倍増させている人もおられるようだ。やはり 日経225は、市場が大きいだけに、ツボ(法則)さえおさえれば、相場予測も簡単である。

 独自の強弱判定法により 225先物 片張りも絶好調 日経225&OP 会員3月生は、募集中詳細はこちらから

2007年02月20日

夢幻

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

225/OP会員、募集開始しました
    →詳細は、こちらまで

 今日の石油市場は、海外休場中 夜間安に下落した。ガソリン440円安〜100円安 灯油 210円高〜130円安 原油50円安〜190円安 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、58.72ドル▼0.67 昨日の東京市場では、三菱Fの大量の買い戻しが見られた事で、踏みエネルギーの大半は消滅したかと思われたが、夜間安に反して今日の底固い様子は、モルガか三菱Fが買いに動いているのだろうか??

 不需要期最後の限月として、ガソリンの3月限の納会が注目されているが、3月限と4月限の値鞘は、5000円近くで推移している。1ヶ月の保管料が 300円〜500円/kl と言う事を考えると、馬鹿に安過ぎる。住友君が3月限で144枚買い 4月限で177枚の売りのポジションで鞘取りを狙っているのか? 見せかけの餌まきなのか? 大衆を騙す為の餌まきでなければ、現受けするのが当然だが・・・・。そうとは限らない。 取り組みは、3月限の 4020枚に対して、4月限は、3553枚であり、あと数日後に迫った納会なのに、当月の玉整理が進展していない事が伺える。一代のチャートを見ると、3 月限は、昨年の8/28日に 67000円で生まれた高値発会限月である事から、一般大衆の買い因果玉が非常に多く残っている。これらの状況を見る限り、納会で4月限に鞘寄せの急騰を祈る因果玉コレクターの希望は、夢幻で終わる可能性が強い。安ければ、買いが集まると思うのは大きな間違い。石油元売り・商社の談合相場だから仕方がない。こんな不自然な大順鞘を許す取引所行政に、大きな問題があるし、自浄能力のない業界だから、天下りが横行する。ひとまずガソリン3月限の納会を注目だが、頭がなくなれば相場は・・・。

2007年02月19日

棺桶に片足

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

225/OP会員、募集開始しました
    →詳細は、こちらまで

 今日の石油市場は、海外高に上昇した。ガソリン660円〜1350円高 灯油 470円高〜1510円高 原油 600円高〜1150円高 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、3月限 59.13ドル▼0.26 週末のNY原油市場は、 3連休前の買い戻しや、地政学リスクの高まりに上昇したもの 東京市場は、弱気ファンドが買い戻した事から高寄り後の上昇で引けている。トレンドの初期の段階では、疑心暗鬼にさせる大揺さぶりはつきもの・・・。

 コーンは海外高に週末のストップ安が嘘のように、寄りからの急騰している。内外とも基準線の急上昇に沿った爆上げ発展か否か? 

 週末発表の2/13日現在のCFTCでは、円相場が急激な円高に見舞われる前の数値だけに、直近でどう変化しているか予断許さぬところだが、殆どの銘柄で、強気継続のファンドの姿勢が確認されている。個別の需給より、ファンドの姿勢に着目している。

 外資の機嫌取りの為だろうが、日本古来の板寄せが、市場から消えつつある。板寄せ最後の大型銘柄のコーンの東京穀物もザラ場導入の予定らしい。ザラ場システムの運用技術は、長年の蓄積により外資が絶対有利であり、価格操作がやりたい放題となる。国内投資家を無視した取引所の運営には、絶対 納得できぬところだが、ブルムバーグTVで、東京穀物の理事長のインタビューを見たら、呆れて空いた口がふさがらない。理事長は、東大法学部卒業の頭脳明晰とは言え、棺桶に片足突っ込んだような、天下り爺さんに、期待する方が無理だと思う。この爺さん、四捨五入すると80歳 東穀取 3役プロフィールを見れば、年齢も逆算出来る。

 オプションサイトの売買提示は、昨年9月からの9回で、51.76%(5ヶ月間)のパフォーマンスとなっているが、あくまでもリスク限定の初心者用習熟トレードの結果であり、上級者応用コースなら、月間20%運用もそう難しくないと思う。個々で習熟スピードに違いはあれど、先物の経験さえあれば、努力が必ず報われる市場には違いない。オプション会員3月生は、本日から募集中
詳細はこちらから

2007年02月16日

亀型トレード

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン970円安〜1330円安 灯油 940円〜1540円安 原油690円安〜1200円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、58.06ドル△0.06 昨晩のNY原油市場は、在庫統計の弱気発表に下落したもの 東京市場では、腰の入った買い方投機筋不在の中 弱気筋の売り継続に終日軟調で引けた。

 今日の石油市場は、海外小動きの中 円高に下落した。ガソリン650円高〜880円安 灯油 390円安〜1150円安 原油230円安〜700円安 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、57.79ドル▼0.20 昨晩のNY原油市場は、米北東部の雪嵐が収まった事から、朝から売られたものの大幅安後の上昇で下髭陰線で引けているが、テクニカル的な要因と伝えられる。東京市場は、サプライズな円高に売り先行の流れとなったが、期近は次週の納会を控えて買い戻し先行の流れで、売り方も市場人気が弱気に傾いている時でなければ、買い戻しもしにくいようで、先限安の期近高は、需要期入り目前にした極悪談合連の動きが影響している。

 120円を割れての円高が国内商品市場全般的に冷水を浴びせかけているが、各銘柄の売り方は、国内商社・現物屋関連であり、積年の恨みを晴らすが如く売り叩いている。しかし彼らが元気なのも 20〜21日の日銀政策決定会合までだろう。

 少々相場が曲がっても儲かると言う、オプションの優位性については、言葉で言われても実感が沸かない人が殆どだと思うが、チャートで比較対象すれば伝わりやすいと思う。下のチャートは 225先物の原市場と オプション価値(プレミアム)チャート (3月限 Call 18500円)である。

 例えば  1/11日安値 16770円 1月の最安値(株価)の時に、弱気の相場観を前提に、18500円で買う権利(Call)オプションを、1枚新規に売り仕掛けしたら、40円の約定となる。その後株価がポジションに逆行上昇して、本日では17870円で引けているが、オプションの引け値は、40 円であり、どん底での売り仕掛けした時(1/11)価格と変わらないのである。もし先物の1枚を売り仕掛けたなら110万円の値洗い損をしているにも係わらず、オプションでは時間価値が減少して、相場の曲がり(1ヶ月で1000円上昇)を帳消しにしてくれている。

 以下の比較で現物チャートが上昇トレンドでも、オプションのチャートは右下がりだと言う事が確認出来る。これが時間を味方につけるオプションの優位性であり、安定運用が見込める理由でもある。亀型トレードで、コツコツ積み重ねる オプション会員3月生は、本日から募集開始です。詳細はこちらから

oopp

2007年02月15日

7営業日ぶりの下落

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン970円安〜1330円安 灯油 940円〜1540円安 原油690円安〜1200円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、58.06ドル△0.06 昨晩のNY原油市場は、在庫統計の弱気発表に下落したもの 東京市場では、腰の入った買い方投機筋不在の中 弱気筋の売り継続に終日軟調で引けた。

 東京金は、海外高に反して 円高進行に7営業日ぶりの下落 昨日までの6連続陽線は、7本目にしてやっと下げてくれたと言う印象である。この円高が基調変化に繋がる円高なのかどうか? そこが重要な問題 ひとまず 今日の円高は、国内GDPが市場予想を大きく上回った事が早期利上げ観測に繋がり円高に振れたようだが、これが投機筋の姿勢変化に繋がるかどうか? よ〜く考えれば、概ねの予想はつくはず。重要なのは、世界中で一番安い金利のお金を借りて、運用するヘッジファンドが多いと言う事で、この手法が、円キャリートレードと言われ、円キャリーの解消は、円高となって反応し、即ち 投機筋の姿勢変化を示唆するもので 昨年の5月が、円高&世界同時株安&国際商品安に連鎖的に影響した。

 客も営業も一攫千金を夢見る人の集まりが、商品先物市場でもあるが、大きく稼ぐのと、地道にコツコツ型と最終的には、どちらが正解か? 私の身の回りの営業マンを見る限り、コツコツ型が正解のように思う。宝くじを当たっ人の殆どが、不幸せな晩年を迎える事を聞き及ぶが、お金は麻薬と同じで、浪費癖が直らず禁断症状は、借金癖になって人をむしばむ。やはり儲け過ぎは良くないし、人生もトレードもコツコツ型が一番とこの歳になって悟るところ さしずめ コツコツ儲けるパターンは、オプションの儲けパターンに似ている。 絶好調の225先物・オプション会員3月生は、明日から募集予定