2007年07月

2007年07月31日

自然の摂理

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外軟調に下落した。 ガソリン 2490円安〜660円安 灯油 710円安〜370円安 原油 40円〜350円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、9月限▼0.18 昨晩のNY原油市場は、ガソリン在庫の増加予測に下落したもの 東京市場では、ガソリンの期近の暴落が全体的なセンチメントの低下に繋がったようで、大逆鞘だった鞘修正に動いている。不自然な逆鞘は、奴等の協定期限が過ぎた事から、全面安になっているが、 8/25日納会後に、会員サイトもコメントしていたが、9月限の自己玉は、1483枚売り/257枚買いであり、この数字を見れば、9月限の騰勢が何時までも続かない事は、経験を積んだ人には、自明の理と言えるもの しかし 期近の下落はストップ幅を超えての下落となっているが、まだ納会まで多く日柄を残すのだから、急いで下げなくても良い。あまり早いと楽しめる日が少なくなる。

 白金君は、日産が新触媒を開発したとの、前日のショック安から、立ち直ったように見えるところだが、今時、白金触媒を使っている、時代遅れの自動車メーカーがあるのか? 安価なパラジュームが主流だと思うが・・・。20年程前の、フォードショックとは、似ても似つかぬ・・・。

 フォードショックとは、アメリカ・フォードが、初めて、プラチナを使わない触媒を開発し、プラチナが暴落したもの。それ以降トヨタが追随し世界の他のメーカーも追随しましたが、その時開発された触媒が、安価な、パラジュウムを使う、触媒でした。 単位グラムあたりの排ガス浄化効率は、パラは、プラチナの半分しかなく、2001年のパラジュウムが 3700円/gへの大相場は、それらが発端となった。あの頃が懐かしい・・。

 東国原知事が、宮崎マンゴーを宣伝して、売れ行きが良かったから、台湾マンゴーが1/10の価格で大量に輸入されて、宮崎マンゴーへの価格低下も将来予想される。左に振れた振り子は、自然に右に振れるのと同じように、世の中の事象には自然の摂理が存在ある。春先まで、コーンの価格が上がるから、農家が作付け面積が急増させ、史上最高の生産量となる。エタノールを生産する穀物が高いから、穀物以外の物でエタノールを作る技術が生まれる。相場格言の ”足りぬは余る・余るは足りぬ”も、自然の摂理である。目先の乱高下に踊らされず、自然のリズムを感じれば、大衆不在の商品市場にも勝機が生まれる。

2007年07月27日

大波・小波

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集は次週締め切り予定です
募集詳細


 今日の石油市場は、海外安に反落した。ガソリン880円〜1780円安 灯油 1370円〜1800円安 原油 220円〜1660円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、75.39ドル△0.44 昨晩のNY原油市場は、高寄り後 サブプライム問題再燃からの株安に下落 高値から2ドル以上の陰線で引けた。東京市場では、海外安・円高に前日までの強気のセンチメントが急低下 前日の反騰を帳消しにする反落で引けている。相場本来の下落と言うよりも 米株安と言う伏兵での下落であって、喜んでいいやら、悲しんでいいやら?

 貴金属の全面安には驚いた。120円台からの円の急騰であって、円キャリーの巻き戻しで、世界の投機資金が萎縮した3月の暴落が思い出される。米国株が発端である事から、世界同時株安への波及までは至らぬか? 3月の暴落では、直前の高値で綺麗に売り抜け出来たのに、今回の下落には捕まってしまった。う〜ん 残念!

 穀物三兄弟の、シカゴ小麦は、43万枚の取り組み シカゴ大豆は、52万枚 シカゴコーンは、122万枚と、コーンが圧倒的なボリュームである。この取り組み比は、収穫量・流通量の比と考えるなら、コーンの農家売りは、まだまだ低調と考えるべきか?

 日経225の70%以上を占める価格変動モデルで、月間 30%〜50%の収益を稼ぎ出す、オプションの仕掛モデルを構築した。名付けて”変動カレンダー” 今日のような株価の暴落でも、リスク管理が容易に出来るのが特徴。 明日 28日開催の、225先物/OPセミナーで、説明する予定です。 席の余裕が少々残ってますので、会員・旧会員の参加申込みは、ryu@trend-line.co.jp 詳細は、7/17日コラム参照下さい。 

 相場の波は、大波・小波いろいろあるが、決して犯してならない相場の掟は、リスク許容を越える事や、因果玉を戦略なしに放置する事で、これらは、損したくない、大きく儲けたいと言う人間の本能だから、教えられなくとも、損する実践は誰でも出来る。しかし 小玉スタートで、歩が悪ければ勇気を持って撤退する。利が乗って行けば、追加仕掛して行くと、人間心理と逆の行動が出来るなら、常に利が乗ったポジションだけを保持出来るようになる。小さく仕掛 大きく育てる。子育てと同じように、初めは、苦しみが多くても、それ以上の楽しみが待っている。

 >大波を乗り切る ネット会員は、次週 締め切り予定です。募集詳細

2007年07月26日

自民大敗

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集中
募集詳細


 今日の石油市場は、海外高に反騰した。ガソリン800円高〜530円高 灯油 590円高〜390円高 原油 250円高〜1230円高 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、9月限 76.10ドル△0.22 昨晩のNY原油市場は、事前予想どおりの在庫統計だったが、NYガソリンが安値警戒感から反騰した事が上昇の背景で、特段の材料はないとされる。東京市場では、自己玉が買い越に変化した原油は、寄り後の上昇幅を維持したが、ガソリン 灯油では上げ幅削る展開だった。昨日までの下落は、OPECの増産を示唆するコメントが背景だったが、今日の地合を引き継ぎどこまで上値伸ばすかが、焦点であり、連発高とならねば、失速する懸念 何れにしろ 確実に日柄が経過する。日柄の重みは、どんな相場も避けては通れない。

 一時 ストップ高まで買い進まれた東京ゴムは、また 売り屋ファンドの買い戻しか? 

 アジア株は史上最高値更新途上の環境の中 日経平均株価だけは、過去20日間の安値を更新する底割れ状況 商品相場とちぐはぐな動きをしているが、投機資金は連動性があるはずだが、大きな意図を持った投機軍団が画策しているよう。参議院選挙の自民大敗を材料に、売り叩くつもりでいるのか? 

2007年07月25日

天神底

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集中
募集詳細


今日の石油市場は、海外安に続落した。ガソリン 210円高〜560円安 灯油 1670円安〜1200円安 原油 240円安〜1200円安で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、73.35ドル▼0.21 昨晩のNY原油安は、OPECの増産懸念に下落したもの 東京市場では、海外安・円高を嫌気して大幅安から始まったが、ガソリンの9月限がプラス圏へ反発した事から、ガソリンは下げ幅削って引けている。8月限納会は前日比の高納会で引けており、取り組みの解れが見られなかった事から、予想どおり納会節まで堅調で引けている。二番限の9月限まで触手を伸ばすように 見える買い屋だが 9月限巡る、奴等の魂胆は、きっと・・・・。

 海外安や円高を反応して下落した日本株であるが、アジア株は概ね堅調推移であり、今回の下落は一過性と見られるところだが、天神底とコメントするアナリストも多い事から、魔坂も想定せねばならぬところ

 日本三大祭りは、 祇園祭り(京都) 神田祭(東京) 天神祭(大阪) と言われるが、この時期の天神祭は、菅原道真の命日にちなんだものらしい。若い頃は、人が多く集まるところには、楽しい事があるかと、祭りと聞けば必ず出かけたものだが、あんなクソ暑い中に出かけて、人混みの中を歩くだけでも、うんざりする。 出不精となった私も そろそろ オヤジを過ぎて、お爺いに近づいている気がするが、天神祭に友人と出かけると言っていた、娘の事が少し心配・・・。

2007年07月24日

今しばらくの辛抱

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集中
募集詳細


 今日の石油市場は、海外軟調に下落した。ガソリン250円安〜430円安 灯油 280円安〜510円安 原油 80円安〜490円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、74.61ドル▼0.28 昨晩のNY原油市場は。OPEC議長の増産を示唆する発言に下落したもの 東京市場では、海外安を反応して続落となったが、曲がり屋ファンドのドテン売りが警戒されて、下げ渋る展開となっている。 東京ガソリンは明日の納会が注目されるが、納会をきっかけとして、相場は動き出すか??

 最近の円高は、8月の利上げを織り込む為のものと推定されるところだが、お盆頃は、為替相場が激動する事が過去多い。為替相場に反応する銘柄が多いと言うよりも、為替相場の動向で、動くファンド資金が多いと言う事 この過剰流動性資金は、膨れ上がり 行き場を失っているが、何等かのきっかっけで、買い進んでくるし、一度 売り戻したら、しばらく戻ってこない事も多いが、東証発表の外国人の売買動向では、前月より外人買い越しが増えてきた。

 利の乗った玉と、引かされた建ち玉では、人間心理として、引かされた建ち玉を維持する方が心理的には楽である。だから、皆 利食いは早く 損切りは遅くとなってしまう。しかし 中途半端な利も、ある水準を超えたら、逆に 持続する事が苦でなくなってくる。コーンなら、3000円〜5000円幅程度利がのれば、気持ちも楽になるはず。弱気のポジション持っている人は、苦しいのも今しばらく あと少しで楽になるはずで、今しばらくの辛抱か? 

2007年07月23日

果実を求める

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集中
募集詳細


 今日の石油市場は、海外軟調に下落した。ガソリン500円安〜1190円安 灯油 860円安〜1210円安 原油 50円安〜640円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、75.52ドル▼0.27 週末のNY原油市場は、製油所稼働率の上昇によるガソリン供給不安の後退した事が背景 東京市場は、円高進行や、日米株安によるセンチメントの低下で、全面安の展開だが、大口プレーヤーの手口が大きく反映しているか? 

 円高進行に貴金属は値を保つ展開で引けている。円高波動で、下落する時 上昇する時 様々であり 円相場の波動よりも、投機資金の動きが重要だが、彼らの投資傾向も一貫性がないから、困りものだ。 ドル安でも、売り進んだり ドル高でも買い進んだりと・・・。

 毎日上げたり、下げたりと、目まぐるしい穀物市況だが、目先のストップ高安を無視し、短期売買の世界から一線を画したポジションを持つと、この波乱も心地よい。季節を味方にすれば、長期ポジションを持って、待つのも苦ではなくなるものだ。目先に捕らわれる事が、いかに馬鹿らしものか? ネット取引を自分の意志で行うから出来る事だが、手数料回転率を上げる使命のある営業の方々には、出来ぬ事 対面の営業マン慣れした委託者には、我々の目先を論じない姿勢は、物足りなく感じるだろうが、派手な短期売買が、最終的な利益に繋がらない事は、証拠金が底をつく頃わかり出す。わかった時には、後の祭り・・。 楽しいだけの相場なら、対面営業でやれば良い。果実を求める相場なら・・・・。

 参議院選挙まで、あと1週間 次週の月曜日には、大勢が決した中で、相場は動く 今日の日本株は円高進行を嫌気して全面安だが さしずめ選挙後の 円相場と日本株の動向が注目されるが、外人勢は、参議院選挙事は話題にも上らない。しかし 世界株高から取り残された東京市場は、最近になって外人買いが増加しつつある。参議院選挙後のサマーラリー発展否か?

2007年07月20日

裏の顔

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集中
募集詳細


 今日の石油市場は、海外高に続伸した。ガソリン650円安〜350円高 灯油 270円高〜510円高 原油 20円〜680円高 で引けた。15: 30分現在の夜間原油は、75.88ドル▼0.04 昨晩のNY原油市場は、中国経済の成長や、アンゴラ原油の供給障害に上昇したもの 東京市場では、ガソリンの期近の軟調が、高値警戒感に繋がって、上昇はしているものの、伸び悩み状況となっている。さて ガソリン当月は、7/19日現在で、3474枚の取り組み残であるが、前月納会4営業日前の6/19日・2792枚の取り組み残と比較すれば、取り組みは凝ったままであり、どんな恐ろしい納会に発展するか予測困難 今度の納会は、以前のように、1000枚の成り行き注文を出し、煽っておいて 不足枚数(ハナ)を自分で取ると言う違法な乱手(らんて)が行われるかも知れない。外人に弱いのが、日本の役所・取引所の特徴でもあり、黙って見過ごすファンドの注文も、表の顔はファンドでも、裏の顔は国内の悪徳商社だったりして・・・。そうでなければ、納会節に大量の注文を出すはずがない。奴等は村上ファンドの100倍汚い手を使うと考えて間違いない。ガソリン納会から目が離せない。

 サブプライム問題が表面化して既に1ヶ月以上経過するが、その間に一時的に下落しても、結局は米国ダウは、新高値更新している。中国株も、金利引き上げなど金融引き締めしながら、堅調に推移している。材料に逆行する相場は強いと言うが、来週中〜再来週初めにかけ、驚くような動きがあるに違いない。きっと 商品市場にも多大な影響を受けると思う。既に それを示唆するテクニカル指標が、某国内銘柄に散見される。

 思惑と言う相場観と、テクニカルと言う客観的事象 どちらを優先するか? 自分の中でのルールをしっかり決めて、相場に望まねば、闇雲に損切り幅を広げてしまう。何時でも相場は信用できないと考えて、過剰な思惑は避けねばならないが、それをわかっていても、自分の決めたルールどおりに、売買実戦が出来ないのが人間の弱さと言うもの 相場の悟りの域に達すると、相場も信用できないが、相場以上に信用ならない物があると言う事に気がつく。それは、売買を実行する自分自身である。信用ならない相場に、信用ならない自分が取り組むのだから、自分を見失うような、危険な局面には、近づかないか、仕掛枚数を極端に抑え参加するべき。

 閉鎖的で、独立した商品市場は、グローバル化の波に押し流されている。 皆さんに知って欲しいのは、数年前の市場と全く違うと言う事 8/4(土)の商品セミナーは、以下のような内容で行いたい。会員の方は、お早めにお申し込み下さい。

  商品先物セミナー マクロ型トレードの勧め 主催 ランドスカイ(株)

    1 商品市場の大変革を知る。(ファンド占有比率・最先端アルゴリズム取引)
    2 ファンド主導の大騙しの過去傾向と対策
    3 株式市場との連動傾向の銘柄毎検証
    4 半年〜1年サイクルのマクロトレード実戦手法
    5 石油・穀物・貴金属 下半期展望
    6 質疑応答

  講師 ランドスカイ代表

  開催日 8月 4日(土)
  開場  14:00分 
  開演  14:30分 終了は16:30頃予定
  参加費 無料(ネット会員・週報会員)

  会場 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14号 三興ビル7F 
      ランドスカイ(株) セミナールーム
      06-6251-2850(代)

  地下鉄御堂筋線 本町駅12番出口から、南へ300m(徒歩3分) 本町から道順地図
  地下鉄御堂筋線 心斎橋北1番出口から、北へ450m(徒歩5分) 心斎橋から道順地図

     7/28(土)分のお申し込みは、ryu@trend-line.co.jp まで


毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集中
募集詳細


2007年07月19日

逆鞘で天井

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

夏相場も絶好調 最大のチャンス到来 ネット会員募集中
募集詳細


 今日の石油市場は、海外高に反発した。ガソリン270円〜430円高 灯油 380円〜610円高 原油 440円〜830円高 で引けた。15:30 分現在の夜間原油は、75.03ドル▼0.02 昨晩のNY原油市場は、在庫統計でガソリン在庫の減少で上昇したもの 東京市場では、海外高を見て 高寄りしたものの騰勢は続かず上げ幅削って引けた。混迷を深める市場だが・・・・。

 ゴムは順鞘相場に移行した。筋系の買い居座りが背景で、下げ拗れからの買い戻しが先行している様子だが、5月の高値は、逆鞘で天井打った相場であり、順鞘の変化は、押し目完了を意味するものか? それとも、さらなる下落相場の準備段階か?

 ドル安が、米国の輸出競争力を高め、米国株の上昇に繋がっている。同時にドル建て決済する原油等の資源関連商品の上昇に繋がっているわけだが、 ドル安とセットになった米国株高は、いつまで続くやら ドル安・株高が調整局面を迎えねば、せっかくの天井シーズン入りの季節銘柄も、上昇日柄が延長される懸念がある。3月の世界同時株安で、暴落した銘柄ほど、これら外的要因に影響されやすい。

2007年07月18日

水に落ちた犬

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

夏相場も絶好調 最大のチャンス到来 ネット会員募集中
募集詳細


 今日の石油市場は、マチマチな展開で引けた。ガソリン 830円高〜140円高 灯油 50円安〜210円高 原油 70円安〜300円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、74.25ドル△0.23 昨晩のNY原油市場は、OPECが原油需要の上方修正した事により、75ドル台へ続伸したものの NYガソリンの続落に値を沈めた。 東京市場では、ガソリンの当月が狂ったように、続伸続けているが、原油との22000円乖離は、精製コストを引いても、異常な価格差であり、元売り各社の談合相場と考えて間違いないが、彼らの合い言葉は、毛沢東語録と同じ ”水に落ちた犬をうて” 日本の言葉なら、”売り方の穴の毛まで抜く”に等しい。 当月限は、昔から八百長相場の温床であり、さらわぬ神に祟りなし この皺寄せは、何れやって来るだろう。

 金のミニ取引が始まったが、証券業界でも金のETF(投資信託)の上場が承認されたようで、個人金融資産を取り込もうと、熾烈な争いが始まる。金の先物と、ETFの裁定取引が可能となるが、素人が無闇に裁定取引に参入しようとすると、痛い目に遭いかねない。ETFは指数連動型の投資信託であるが、現物価格との乖離は取り組みの違いにより、大きく変化する時も多い。割安な先物を買って、割高なETFを売ったら、いつまで経っても、値鞘は拡大するばかり・・・。知らぬ間に、逆日歩が発生して、踏まされかねない。TOPIX先物と、TOPIXのETFの、値鞘が2%程度に拡大した時は、決まって、逆日歩となっており、日々金利支払いせねばならない。微々たる金額だと思っても、ボディーブローのように体力が失われる。どの世界でも、一般の思惑を逆手に取る輩が存在する。莫大な資金を背景にした悪徳商社の専売特許と考えて間違いない。

2007年07月17日

相場は序の口

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日更新型のネット会員は、現在募集中
 詳細はこちらまで


 今日の石油市場は、海外海外高に反して反落した。 ガソリン90円高〜1120円安 灯油 760円安〜1330円安 原油 170円安〜970円安 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、74.08ドル▼0.07 昨晩のNY市場は、OPECの増産否定による原油高に反して、停止中だった米製油所が再稼働が続いた事によるNYガソリン安となった。東京市場では、NYガソリンの動きを優先した売り先行の流れだったが・・・。まだまだ相場は序の口 こんなところでは、まだまだと言う他ない。何を意味しての発言か? わかる人にはわかるはず。

 穀物関連はストップ安 高温乾燥予報が変化したそうな 天候相場とは、こういうもの 数週前までは、営業マンの請け売りで、コーンの強気信者が多く、エタノール需要が云々と、私の相場観に異を唱える人も多かった。 せっかく弊社の会員レポートを見ながら、穀物で撃沈する事ほど、悲しい事はない。

 商品相場の動向と、世界景気は切って切り離せないものだ。 商品相場全体の長期予測は、株式市場を見ていれば、見えてくる。個別銘柄の需給を論じても、大きな景気変動には押し流される。そういう経験を積み重ね、様々な事象にアンテナを張り巡らす者だけが、大きな経済の転機を察知する事が出来る。弊社予測は、過去多くの大相場を予言的中させて来た実績がある。中長期のトレーダーは、マクロ経済に目を向けるべき。本物と偽物の違いは過去実績に表れる。 

 現在の、世界的なインフレ傾向は衆知の事だが、誰もインフレなどと、夢にも思わなかった今から 4年前 2003年6月当時 弊社が、インフレ大転換を予言したのは、米ダウのチャート分析によるものだった。以来 インフレ到来を、会員向けに一貫して発信し続けたのは言うまでもない。以下は、当時の相場コラムバックナンバー・抜粋

2003年6月 5日号 相場コラム(抜粋)

 チャート見て悩んだ時は、逆さに見るとわかりやすいとも言われる。チャートを手書きの時代は簡単に逆さに出来たのだが、今のPCでのチャートは、自分自身が逆立ちするか、画像の反転処理しなければならない。尚 当然の事ながら、陽線・陰線は逆となるが線形自体の全体的なイメージが変わって見えるものだ。長いデフレの時代はイラクの開戦とともに終わり、今後インフレの時代がやって来るのか? 商品相場は、全銘柄に影響するのが世界最大の市場でもある米国の景気動向であり、この大きな変革を読み間違えれば、相場は大きく間違う。さて以下の逆さチャートはなんの銘柄か?? 当てる事が出来た人に、ご褒美はないが、”あなたは、偉い!” この銘柄の今後の動向によっては、根本姿勢の改革を迫られるはず。

ssssss



225先物/オプション中級セミナー 主催 ランドスカイ(株)

   1 225先物の変動偏差を知る。
   2 外人(ファンド)の市場占有率を知る。
   3 節目理論による、簡単危機管理手法
   4 カレンダー 短期戦略〜長期戦略まで
   5 新理論 積極型運用 変動カレンダーの基本概要
   6 日本株 2007年下半期大胆予測

講師 ランドスカイ代表

開催日 7月28日(土)・9月 1日(土)
開場  14:00分 
開演  14:30分 終了は16:30頃予定
参加費 無料

会場 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14号 三興ビル7F 
    ランドスカイ(株) セミナールーム
    06-6251-2850(代)

 地下鉄御堂筋線 本町駅12番出口から、南へ300m(徒歩3分) 本町から道順地図
 地下鉄御堂筋線 心斎橋北1番出口から、北へ450m(徒歩5分) 心斎橋から道順地図
7/28(土)分のお申し込みは、ryu@trend-line.co.jp まで