2007年09月

2007年09月28日

一発触発

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続伸した。ガソリン 灯油  原油  で引けた。15:30分現在の夜間原油 11月限は、81.18ドル△0.88 昨晩のNY原油市場は、暴風雨のメキシコ湾への進行が生産障害を連想させての上昇 東京市場は、全面高の展開ながら、ストップ高までも至っておらず、相場つきは、昔とは違うようだ。26日の朝寄りの突っ込みの買いは、旧限月で、2000円以上 新甫4月限では、3500円程度の利が乗っている勘定だが、利幅が 5000円を超えなければ、なかなか高所恐怖症は拭えない。

 もろこし君は、岡地の売り玉は、8000枚程度まで膨らんでおり、対する三菱Fは、本日の買い増しで、16000枚程度まで買い越している。曲がり屋の売り上がりと、当たり屋の買い上がりは、どちらに陣営につくべきか? 当たり屋は、いつまでも当たり屋と限らず、不透明要因さえ、払拭すれば、打って出るべきだろうが、ファンドポジションの恒例行事の乗り換え行うまでは・・・。

 9/26日号コメントで、投機筋による日本株高は、手口が共通する事から、東京ゴム・東京金・東京白金で、続伸する事が多いとのコメントしたが、ゴムだけが、小幅な上昇にしかなってないのは、期近と期先の制空権を握る陣営が異なるところによるもので、売り方・買い方双方が、がっぷり四つに組んだ様子は、一発触発の様相とも言える。期近に援軍が来れば、一気に敗走するはず。

2007年09月27日

大相場指標

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

※ 年末大相場も征するには・・・。 週報会員募集 本日申込分で締め切り 
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外高に上昇した。ガソリン 910円〜610円高 灯油 330円高〜900円高 原油 10円高〜410円高で引けた。15: 30分現在の夜間原油 11月限は、81.18ドル△0.88 昨晩のNY原油市場は、在庫統計発表での減少予想が背景 東京市場は海外高・夜間高に上昇した。昨日の自己玉はガソリンが、買い越に転じており、天井したと、早とちりした売り人気が強かった事が伺える。政策は全てに優先すると、かねてからコメントのように、この相場を舐めたらあかん。盆にかけての暴落で、儲け損ねた方々のリベンジ売りが、東京市場では、将来爆発する懸念

 穀物の期近の騰勢が、大豆の当月の反落を発端に緩んでいる。一過性の単なる揺さぶりか? それとも 転機が訪れたか??

 昨報では、株式市場の変化から、日本株の上ぶれを予想したが、想定以上に、寄りから外人買いが炸裂し大陽線で引けている。本日の利食いで、225先物は、4連勝の 2200円以上の利幅が得られている。先物1枚で、220万円の利益だが、恐怖を耐え抜いた代償と考えれば、決して大きな利益とまでは言えない。しかし 投機筋の手口は、為替・株式・商品と共通しているので、流に乗る事が大事と思う。

 大相場を予見する指標について、.謄ニカル ⊆茲蠢箸漾平裕ぁ法´材料等 などの指標を判断している。今回の相場の線形は、‖臍蠑譽皀妊襪帽臙廚靴神形、⊆茲蠢箸澆眩加 弱気材料に逆行・商社曲がり・ファンド当たり等 などの三拍子揃った銘柄が多数であった。よって 全ての銘柄を強気に準じる作戦で展開中であるが、上手く、乗れた銘柄と、乗れなかった銘柄で、明暗分けるところだが、突発事項に保険するヘッジ売りに適する銘柄が見あたらないのが困ったものだ。 相場は如何なる時も過信は禁物 全ての銘柄にポジションを持って、強気すると言う愚行は避けたいところ

 大相場予告も的中 週報会員(商品)本日申込み分で締め切り〜  →詳細はこちらから

2007年09月26日

神の領域

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

※ 年末大相場も征するには・・・。 週報会員募集 締め切り迫る 
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外安に小反落した。ガソリン 80円〜260円安 灯油 250円安〜150円安 原油 110円安〜720円安で引けた。15: 30分現在の夜間原油 11月限は、79.94ドル△0.41 昨晩のNY原油市場は、生産障害の解消によるもの 東京市場では、海外安を受けて安寄り後 概ね下げ幅削る展開だったが、上げ幅の大きかったのは、ガソリンの先限が、1300円程度の陽線となり、売り人気の強さは昨日の自己玉変化にも表れている。寄り付きで買えた人は、おめでとう??

 大相場になる事が多いのは、ファンド当たりと、商社曲がりである。 特に注目されるのは、金の商社売りが減少し、年初来の最低水準を記録している。加えて、曲がり屋大衆の筆頭である、第一商品の買い越しは、減少の一途を辿っており、年初来の最低水準で、14000枚程度まで減少している。世界同時株安の時でも、3万枚程度までしか減少しなかった事と比較するなら、殆どの人が、値頃による手仕舞い売りを進めている。”買えない相場は、強い”との、相場格言どおりである。 ここからは、高所恐怖症で、新規に追随買いするのが難しい、”神の領域” しかし セオリーどおり、安値買いを温存して、大相場作戦継続中の人にとっては、売る人が、阿呆に見えるから、相場とは不思議なものだ。

 やっと、中小型株が反発始めた。これで、明日の日本株式は、NY ダウとともに、全面高の上ぶれ懸念 日本株高は、東京ゴム・東京金・東京白金で、続伸する事が多く、投機筋の手は共通している。

 120屬曚匹了務所だが、8月度の電気代が、15万円とバカ高い金額が請求されていた。暑い夏は終わり、朝晩涼しくなって来たが、日当たりが良いせいで、昼頃からは、冷房が必要となる。資本主義経済の原動力=原油の高騰は、様々なところへ波及する。高騰する燃料代に、電気代もさらなる値上げが予想される。米国では、長期間凍結されていた、原発建設が再開されようとしており、今後10年間で39機が建設される見込 米国の原発メーカーの買収に成功した東芝だが 原発関連・製油所関連で、(1983)東芝プラントシステムが、将来有望と思う。

2007年09月25日

最終章の幕開け

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

※ 年末大相場も征するには・・・。 週報会員募集 締め切り迫る 
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外安に反落した。ガソリン280円安〜40円安 灯油 60円安〜250円安 原油 200円安〜220円高で引けた。15:30 分現在の夜間原油は、11月限 80.49ドル▼0.46 連休中のNY市場は、暴風雨からの生産障害が解消された事からの下落 東京市場では、平穏な納会を越えて、概ね玉整理進展の軟調な展開だった。

 金・白金はやっと下落した。連休前は、押したら買おうと思っていた押し目待ちの人々も、下げたら下げたで、買いにくくなるのが相場の常 しかし仮想が現実になると、気持ちが揺らぐのは、理論に裏付けられた信念がない証拠かと思う。安値から買い仕込みの上 追加買いしようとする人 これから新規参戦しようと思う人 それぞれ、戦術は異なって、当然だが、重要なのはリスク戦略

 米国のFF金利の引き下げについて、批判が相次いでいる。有名なジム・ロジャース君も、自分のドル建て資産が目減りするから、ご立腹の様子 で、穀物高の他、原油相場は、150ドルとブチ上げていた。言うのはタダだが、ジム爺さん そこまで不安心理を煽る事もあるまい。日銀の金利据え置きに対しても、インフレが加速すると批判的な意見も出ている様子 やっと ドル安の影響が活字になり出した。

 ミャンマーでの大規模なデモは、燃料の公定価格引き上げに端を発したもので、公営の運賃も、一晩で5倍に跳ね上がったそうだ。アジアの端っこの小さな事象だが、現地の金持ち連中は、既に、米などの生活必需品の、買い貯めに走っているそうだ。これが人間の心理であり、制御不能シナリオの、一端にしか過ぎないが、これらは、大インフレシナリオ・最終章の幕開けを意味する。 日本は、今は大丈夫と思っても・・・・。

 商品相場で、なかなか上手くいかない方々へ朗報 簡単な方法がある。自分が損した逆の事を実行すれば良い。 貴方は、小さく儲けて、大きく損をする事をしてませんか? 損小利大を、実戦するなら、勝機も見えて来る。 曲がり玉のナンピンや、放置をせず、当たり玉には、追加買いを実行し長期保有すれば、必然的に損小利大が実現する。

 損小利大を実現する 週報会員(商品)締め切り迫る〜  →詳細はこちらから

2007年09月21日

逆鞘相場

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

※ 年末大相場も征するには・・・。 週報会員募集は次週締め切り 
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外高にマチマチな展開で引けた。ガソリン1160円高〜20円高 灯油 200円安〜470円安 原油 10円安〜220円安高で引けた。15:30分現在の夜間原油は、11月限 80.46ドル▼0.18 昨晩のNY原油は、暴風の通過による生産障害懸念や、ドル安による上昇 東京市場は、ガソリンは踏み上げが続いている反面 灯油は3連休前の手仕舞い売りに軟調推移となっている。ガソリンの売り方が、灯油・原油へのヘッジ買いを進めた事が逆に相場を重くしているとも考えられる。

 逆鞘進展していた、もろこし君は 中国が、年内のコーン輸出をしない見込らしい。だから 東京の逆鞘 シカゴ無視しての独歩高が続いていたのだろう。大豆に至っては、輸入を促進する為に、関税を引き下げ(3%→1%)措置となっており、今日の期近のストップ高はこれが影響している。先人は、”逆鞘相場 売るべからず”と言っていた。

 今まで、需給的に弱かった銘柄も、内部要因的に弱かった銘柄も 全ての商品市場が、全面高となっているのは、言わずと知れたドル安によるものだ。個別要因を無視して、今までの地相場が大きく、押し上げられる事となるから、私は、13日号コラムでも、地殻変動と言っている。地殻変動は、地表に亀裂が走り、岩盤(地相場)も隆起する。

 皆が一番知りたい事は、この相場 どこまで上がるか? 何時まで上がるか? という事に尽きる。 しかし 当てずっぽに言うのは簡単だが、神様でない限り、所詮 寝言に過ぎない。現在 波動が始まっているのは、疑う余地もないが、重要なのは、どういう指標が出たら、買いポジションを手仕舞いするのか? 買い増しするのか? 小さな利益で降りるぐらいなら、わざわざ、乗る必要もなし。

2007年09月20日

耳かき

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

※ 年末大相場も征するには・・・。 週報会員(商品)募集中 今なら2週分お得 ※
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外高にマチマチな展開で引けた。ガソリン950円高〜20円安 灯油 140円高〜350円安 原油 60円安〜290円安で引けた。15:30分現在の夜間原油は、10月限 81.90ドル▼0.03 昨晩のNY原油高は、原油在庫の大幅減少に上昇したものだが、潤沢な在庫に材料視する向きは少なかった。東京市場は、前日夜間原油との比較から、軟調にスタートしたが、期近の騰勢に徐々に引き締まる展開だった。常識的な波動理論を逸脱するパターンでの上昇は、某銘柄の過去のモデルパターンに合致している事から、常識破りの展開を想定せねばならないところ 既に、石油系の戦略イメージは固まっている。

 貴金属は、やっと小幅安の陰線で引けているが、普通の人ならば、チャートを見た値頃から、高所恐怖症で、飛び乗るのも恐いところだろうが、大相場戦略の波動理論を知る人ならば、恐怖心は半減し、積極対応も可能だろうと思う。ブルムバーグで、どこかの会社のアナリストと称する、姉ちゃんが出演して能書きを並べていた。宝飾品需要の年末需要が云々と、もっともらしい材料を並び立てているようなアナリストは、私から言わせれば、三流アナリストとしか言えないが、彼女は、NY金を、700〜750ドル圏の保合と予想していた。

 もろこし君の逆鞘が続いている事が不穏に思ったが、やはり中国材料が隠されていたのか? 市場最高の生産高発表後、逆行高する相場は、弱いとは言えないところ 再び 中国相場が再来するか? それとも・・・? 

  小さく儲けて、大きく損切りする事を例えると、”耳かきで、お金を集めて、スコップで吐き出す”ようなものだが、大抵の人は、人間の習性どおりこのパターンを踏襲する。明確な根拠・指標がないのに、小さなな利益で手仕舞いするのは、利益が剥がれる恐怖感から早く逃れたいと言う、心理的なもので、因果玉を持続するよりも、忍耐を必要とするものだ。 ストップロス注文を出して、相場を見なくするのも、一つの方法かと思うが、証拠金の3〜5倍程度の利が乗れば、精神的に楽になるはず。

2007年09月19日

貧者の踏み

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

※ 年末大相場も征するには・・・。 週報会員(商品)募集中 今なら2週分お得 ※
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外高に続騰した。ガソリン1170円〜1440円高 灯油 890円〜1150円高 原油 470円〜960円高  で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、10月限 82.19ドル△0.68 昨晩のNY原油高は、米FF金利の0.5%引き下げによる景気浮揚期待による上昇で、NYダウも急騰している。東京市場は、海外高を受け続騰となった。”買えない相場は高い”と言う格言どおりの展開だが、今日のガソリンの大きな上げ幅は、やっと踏みが出て来た様子  9/10日号コラムで、「自分の考えが正しいと、逆向かいするのは、貧者の勇気」 とコメントしたが、今日の踏みは、資金ショートで買い戻しを余儀なくされた、まさしく貧者の踏み

 証券関連・商品関連ともに、朝から、会員の方々からの電話が多かったが、商品の方で印象的だったのは、利食い場についての相談で、お盆の暴落でも儲けた上に、今月の連騰でも儲けている人だった。よく話を聞いて見ると、ガソリンの下げ相場は、40枚で1万円以上の値幅を得て、今回の上昇は、30枚程度まで、買い増ししていたそうだ。「滅多にないV字型相場を、往復の大枚数で利益を得ると、バチが当たる。」と、ポジションの縮小をお勧めした。儲け過ぎるのは良くない。例え、今は儲かっても、後に厄をもたらす手口がある。

 経験則と言う過去の常識を打ち破る相場 それが今 到来している。誰も経験のない事だから、季節習性などアノマリーは通用しない。機能するのは、大相場対応戦略のみ この戦術なら、動いた値幅の半分以上は、得られるはず。 「こんな相場に発展する事を、誰が事前に予想したか?」と、世間では言うかも知れないが、少なくとも、私は、8/17日の米公定歩合の緊急利下げより、ドル暴落を視野に入れてたシナリオを持っていた。政策・国策が全てに優先すると言うのが、私の持論である。 以下 8/18日号での、東京白金コメント 抜粋

8/18日号 週報 白金コメント
 昨晩の米国の緊急利下げは、ドル暴落=インフレの種となる懸念の重要は政策である。移動平均乖離も応分な乖離を示しており、数ヶ月に渡る中長期弱気のポジションは、全撤退方針。 50・75日移動線がクロス近い事も、大戻りを予感させる指標でもある。


2007年09月18日

アリ地獄相場

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

週報会員、募集中
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外高に続騰となった。ガソリン320〜650円高 灯油660〜470円高 原油 220円〜790円高 で引けた。昨晩のNY原油市場は、今晩のFOMCで予想されている金利の引き下げが、米景気の下支え要因と期待される事からの需要増加期待で、上昇したもの 東京市場は連休中の海外高を受け続伸しており、買いたい人にとっては、押し目待ちに押し目なしの展開となっている。売り玉保有する人にとっては、”毎日 戻り天井を期待するアリ地獄相場”で、心理的に踏めない相場=買えない相場なので、低水準の自己売越しが継続している模様

 もろこし君が逆鞘のまま上昇している。小麦からの飼料用・代替え需要が見込まれた事が背景だが、連れ高の域を出ず、15日発表のCFTCでは、ファンドの買い参戦の様子は見られない。市場最高の生産高見通しの中 果たして、前予想どおり、エタノール需要があるかどうか? 9月の需給統計発表後の上昇は昨年と同じパターンになっており、今後 中国材料がまた蒸し返される懸念

 英住宅金融の大手 ノーザン・ロックの取り付け騒ぎで、サブプライム問題の余波が続いている。ポンドは急落しているが、内外の証券・金融市場も底割れ懸念も浮上している。戦々恐々 円高や世界同時株安に繋がっても、8月の暴落パターンとは、商品市場は異なる展開が予想される。当時のように、一蓮托生で、全ての銘柄が暴落する事はないと思う。 強い銘柄・弱い銘柄で明暗分けるはずなので、鞘取りが、安心有利と思う。

2007年09月14日

年末大相場も征する

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

週報会員、本日より募集開始
詳細はこちらから


 今日の石油市場は、海外高に続伸した。ガソリン 90円高〜330円安 灯油 120円高〜290円安 原油 60円安〜70円高 で引けた。15: 30分現在の夜間原油は、10月限 79.62ドル▼0.47 昨晩のNY原油市場は、2年ぶりのハリケーンの襲来による供給懸念に、連日の史上最高値を更新したもの 東京は海外高を受け高寄り後、軟調な夜間原油を背景に期先中心に軟調で引けた。東京市場にとって、指標性の乏しい米国市場であっても、史上最高値まで続伸した事から、東京市場は買い戻し先行の今週の上昇だったが 売り込んだ反動は、何時まで続くか?

 225先物は、ドル暴落懸念の中 戦々恐々だった、9月限が、無事にSQ納会した。3連勝で1700円幅の利幅が得られた225先物の他 225オプションも絶好調 初級オプションでは、12%の月利が確定し、8/27スタートの中級オプションでは、50%の月利も確定している。

 前回 6月の週報会員は、”夏相場・夏天井を征するなら”とのキャッチフレーズで募集した。この3ヶ月の結果 石油の7月天井 穀物鞘取り・貴金属鞘取り等、充分過ぎるパフォーマンスを得て頂けたに違いない。また 現在、大相場全面作戦を展開している某銘柄も、シナリオどおり絶好調〜♪ 大きく育つ事が期待される。

 年末大相場も征するには・・・。 週報会員(商品)募集開始  →詳細はこちらから 今なら2週分お得です。

2007年09月13日

地殻変動

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続伸した。ガソリン 1050円高〜1310円高 灯油 1600円高〜1700円高 原油 540円高〜1020円高 で引けた。15:30分現在の夜間原油は、10月限 79.73ドル▼0.18 昨晩のNY原油市場は、在庫統計で原油在庫が大幅減少した事によるもの 東京市場では海外高を背景に続伸した。今回の上昇を、過去の経験則に照らし合わせて考えてはいけない。誰も経験ない事が主因となるのだから・・。

 ドル安と言っても、普通の人は、ドル/円だけを見ているから、ピンと来ない人も多いかと思うが、ユーロ/ドル(10年間) ポンド/ドル(25年間)の月足を見ると、地殻変動と言っている、私が言う本当の恐ろしさが見えてくると思う。商品市場の地殻変動が起きているのだから、季節習性などの常識は根底から崩れる。株式市場への影響も、円相場への影響も、安易には考えるべきではない。相場を見間違わない為に、常に 市場の声に耳を傾け、刻々と変化する市場を分析・検証をして行けば、自ずと方向性が見えてくる。 明日は、225先物 225オプションが納会するSQである。SQ納会後の日本株の展開も、おぼろげながら、見えて来たか・・・?