2008年05月

2008年05月30日

いぶし銀

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

  今日の石油市場は、海外安に反落 15:10分現在 ガソリン1560円〜2390円安 灯油3430円〜2700円安 原油140円〜1960円安 で推移 15:30分現在の夜間原油は、7月限 126.30▼0.32 昨晩のNY原油安は、ドル高進行や各国政府の石油製品の抑制策の広がりを警戒したファンド勢の手仕舞い売りが背景 商品ファンド勢が株式市場への資金移動が、マネーの潮目変化を示唆していたものと思われる。株式市場との逆行は何時まで続くか?

 ゴム太郎は、前日比15.8円と大幅安の様相 火曜日の高値から、30円幅の暴落である。昨日から買い方本尊が投げ出した事が影響か? 恐いところを仕掛しないと相場は儲からないと言われるが、予測どおり 新高値3手目(ザラ場)の火曜日が高値となったの下落だが、それにしても、あのポイントは、一晩明けたらどうなるか? 非常に恐いところだった。

 貴金属・穀物ファンの方々には申し訳なく思う。急所日柄だとわかっていながら、今回の高値圏で、タイムリーな仕掛提示が出来なかった。多くの戦線を維持する、精神的負担を、恐れてのもの 相場観が、爺さんになった証拠で、意気地なしと反省する反面 儲け損なう程度がちょうど良いとも言えなくもない?

 日経225先物市場は、14340円△210円の続伸 円安進行や、投資信託の設定買いが影響してとも言われるが、先物には積極的な買いが断続的に流入しており、一段のドル高を予想しているような勢いだった。 やはり急伸したが、ドテン買っていたら? と後悔はしない。それよりも、売り玉が小幅でも利食い撤退出来た事の方が幸いと考えている。条件が揃えば、また仕掛けすれば良い。会員の方から、”進退提示のポイントは、いぶし銀のよう”と、お褒めの言葉も頂いたが、225先物市場は、ボリュームが極めて厚いので、相場が素直に動くだけ。12戦11勝の以下戦績は、ポジションに意固地にならず、チャートを読み解く力があれば、誰でも簡単だと思う。

仕掛 仕切 仕掛値 仕切値 損益
1 1/7 1/10 14600円売り 14500 +100
2 1/15 1/16 14250円売り 13600 +650
3 1/22 1/23 12700円売り 13030 +330
4 1/25 1/28 13320円売り 13150 +170
5 2/4 2/6 13850円売り 13150 +700
6 2/8 2/27 13130円買い 14100 +970
7 3/13 3/14 12590円買い 12080 -510
8 4/7 4/9 13370円売り 13000 +370
9 4/10 4/21 13000円買い 13790 +790
10 5/2 5/12 14050円売り 13800 +250
11 5/13 5/21 13810円買い 14000 +190
12 5/21 5/29 13950円売り 13900 +50
年初来総合計           +4060円

メルマガ登録・解除
 


2008年05月29日

確実に目減り

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反騰 ガソリン1780円〜1210円高 灯油550円高〜310円高 原油450円高〜1750円で推移 夜間  15:15分現在 130.42ドル▼0.61 昨晩のNY原油市場は、ドル高進行に、125.98ドルまで売り込まれたが、モルガンの強気レポートや、ガソリンの史上最高値更新した事に触発され、急反騰した。東京市場では、海外高を受け反発したが、高寄り後は、迫力欠ける展開が続いている。昨日のように、17:00頃から、夜間が動くのか? 日本のようなローカル市場を騙す為に、NY原油の夜間を動かす事は、考えにくい。石油3品で、180万枚の取り組みを有するNY市場に対して、7万枚の日本市場では、比較にならんが・・・。

 ゴム相場が不穏である。取り組みの25%を占有する三菱Fの去就が注目されるとの同時に、O社の中国系の売り玉が狙われているとの噂もあるが・・・。 発信元がO社だけに信用ならんところ

 国内勢が香港経由で注目を出して、中国系ファンドと、身内をも騙す情報操作も過去多く、話半分と考えた方が良い。O社経営陣は直系のオーナー一族だけに、代々一子相伝の裏技引き継ぎ、陣頭指揮をとっていないとも限らない。先代の教えは、”相場は人を騙して儲けるものと・・” 証券会社・商品会社が、一等地に所有する自社ビルの殆どは、騙して客から巻き上げた土地である事を、知る人は段々少なくなった。

 日経225先物市場は、14130円△400円の大幅高で引けた。円安や債券安による先物買いに、売り方の踏み上げ上昇となったもの 最近の市場は、市場の垣根を越えて、米系の商品ファンド系の資金が日本株へ流入しており、CTAの買い観測がされている。過去 天井圏で高値掴みする事も多い筋だけに、予断は許さぬところ 商品バブルに世界中のお金が集まり、株式市場の1/10とされる商品市場から、お金が溢れ出しており、台風の目になりそうだ。先物スイングの戦績は、年初来 12戦11勝となり、4060円+50円と、僅かな利益が積み増しされたが、ぬか喜びの後だけに、不本意な成績だ。骨折り損のくたびれ儲けのよう・・。しかし 節目理論は、225先物市場に綺麗に機能している。

 円相場は、105円台へ突入は予想に反する意外な展開だ。今週はドル安進行を予想していたが、単なる調整なら、今晩から再びドル安進行するだろうが? 不気味な展開でもある。

 2000年夏頃 ドル円の105円の当時より、私が大円安時代の到来を予言し、馴染みの薄かった、FX取引の全面推奨をしたのは、相場コラムの読者なら、知ってのとおり。(2000年7〜8月のバックナンバーに記載がある。) 結果 ドル円では、2002年2月の135円まで吹き上げ、大利を得られた人も多い。現在 ドル円ベースでは、104円前後と、当時と行って来いの同値となっているが、その他通過との、2000年8月比較は以下のとおり カナダ /円=150% ユーロ/円=152% オージ/円=159% キューイ/円=180% ドル/円にばかり気をとられている人にはわからないが、確実に日本売りは進行しているのだ。 円資産は確実に目減りしている。(メルマガ マネーの潮流 一部抜粋)

 225会員6月生へ、多くの応募有り難う御座いました。次回は8月が募集月となります。

2008年05月28日

麻雀と同じ

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に反落 15:20分現在 ガソリン2170円〜2360円 灯油2320円〜2620円安 原油400円〜2700円安 夜間15:15分現在 128.91ドル△0.06 ロシアの石油関連企業への減税法案や、ドル高反転によりストップロスを巻き込んでの下落 東京市場では、寄りでのストップ安は剥がれて戻り試す場面もあったが、戻りも限定的に推移しており、ストップ安引けの射程圏での推移となっている。出来る事なら、楽しみは後に残しておく為、今日は陽線で引けて欲しいものだ。相場は、麻雀と同じ 上がってみるまでわからない。

 日経225先物市場は、13730円▼200円と、寄り後の急反落は、高値から、一時360円規模の大幅安まで、ほぼストレート安だった。6日間団子が形成された事から、明日も大きく動く公算

 モニター画面を、穴が空くほど睨みつけ、一喜一憂で楽しみたい人なら、225先物のデイトレ〜スイング

 小さい利益でも安定的に積み重ねたい人なら、225オプションのクレジット戦略

 仕掛たら最後 放置するだけで、第2金曜日に結果がわかる225オプション納会勝負型

 多忙な人も、そうでない人も、刺激と利益を求める人も、安定を求める人も、

 自分好みのポジション組成が出来るのが、オプショントレードの醍醐味、225先物から始めると解りやすい。

 225先物&オプション会員は、本日申込み分で締め切りです。詳細はこちらから
 お勧めの証券会社 トレーダーズ証券の→詳細はこちらから(金融仲介)

 子々孫々の繁栄を望むならユダヤ民族の智慧を身につけよ! マネーの潮流 Vol.002 ★ 国家破綻の歴史 第一章 ★、本日 PM9:00送信予定です。以下から登録下さい。携帯では受信出来ません。

メルマガ登録・解除
 


2008年05月27日

ドル安進行

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外休場の中 夜間高を背景に灯油中心の上昇 15:00分現在 ガソリン270円安〜120円高 灯油1200円高〜1530円高 原油100円高〜390円高で推移 夜間15:00現在 133.25ドル△1.06 夜間高を背景に 灯油の独歩高の中 ガソリン・原油は小動き推移 2万円のガソリン・灯油先限値鞘を誰が予想しただろうか? これも談合相場だから仕方がない。灯油独歩高の中 4日間止まった原油・ガソリンは明日から動き出す公算 武者震いがする。

 日経225先物市場は、13930円△240円高と反騰して引けた。欧州株や、円相場の落ち着きに買い戻しが終日続いたよう。 今晩の米国市場では住宅関連の指標が発表され注目される。週末のCFTCでは、ドル/円 ユーロ/ドルともに、今週のドル安進行を示唆していたが・・・。

  ◆信じられないけど事実◆ イラク戦争で、ドルを刷り散らかしている米国でさえ、GDPの2倍の負債なのに、戦争もしていない日本の借金が、米国と同じGDP比2倍とは、到底信じられない。私は断言する。消費税の引き上げしても、単なる延命措置にしかならない。「国家の滅亡は、官僚の腐敗から始まる」 1998年8月17日 ロシアは、対外債務を90日間支払い停止すると発表(デフォルト)した。今のロシアの隆盛は、当時の荒療治があったからこそ出来た事。日本も・・・・。

メルマガ登録・解除
 


2008年05月26日

歴史は繰り返す

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に軟調推移 15:25分現在 ガソリン240円安〜30円安 灯油730円安〜420円安 原油 50円安〜570円安で推移 夜間15:15分現在 132.79ドル△0.60  週末のNY原油安は、ドル安やOPECが増産の意向がない発言によるもの 東京市場では、売り一巡の安寄り後は、下げ幅削る展開で推移で、このまま引けるなら 陽線引けで引けそうな雰囲気 今晩の米国子女言うが戦没者記念日で休場だけに、鬼のいぬ間になにをしでかすか? 嵐の前の静けさのよう どんだけぇ〜?

 日経225先物市場は、13690円▼360と、週末から大幅安で引けている。米株安や、円高を受け、朝から全面安の展開で、米金融機関の収益不安が再び強まっている事で、金融・保険中心に売られている。世界の証券市場の規模は、金額ベースで、商品市場の約10倍 証券・債券市場から逃げ出した資金の、受け入れ先がない。せっかく安全だった債券市場は、高リスク債券と、安全な債券が複雑に組み合わされている事から、資金の受け入れ先とならず、必然的に商品市場が逃避先となっている。一定水準以上、株式市場が下落するなら、商品市場からも資金引き上げの動きとなるだろうが、さて?

 今週 水曜日発行予定  マネーの潮流 vol2 「国家破綻の歴史」 と連載シリーズを予定している。 第1章 は、身近なところから、「戦後日本の破綻」 から、学ぶ物は大きいと思う。冒頭は、” ある日の日曜日、日本中に激震が走った。昭和21年2月16日、金融緊急措置令が発令された・・・・。” 用意周到準備され、日曜日だったのが、味噌だと思う。歴史は繰り返す。   配信希望は、以下のフォームから願います。

メルマガ登録・解除
 


2008年05月23日

お勧めの証券会社

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に反落  15:25分現在 ガソリン1170円安〜1750円安 灯油 1610円高〜2300円高 原油 700円安〜1350円安で推移 夜間 15:15分現在 7月限 131.34ドル△0.53  昨晩のNY原油市場は、ドル堅調や、夜間で135ドル更新した事からの達成感に下落したもので、特段の材料はない。東京市場では、安寄り後、灯油の上昇に下げ巾削る展開で推移 メモリアルデーから、本格的なドライブシーズン入りする米国の製品相場が焦点になろうか?

 日経225先物市場は、14050円△60円 円安に振れた事を好感し、先物主導の上昇だったが、後場からは、手仕舞い売りに上げ巾削る展開だった。 やり直しの上値攻防戦は、本日で終わったか否か? メジャーSQだけに予断は許さない。 225先物の片バリ提示は、11戦10勝と積み重ねたが、今週の積み増しされた利益に不満が残るところ やっと年初来+4010円となっている。

 巨大な現物市場を、直接売買で動かすのは、大きな資金量があっても、至難の業である。しかし 小さなな資金で、シカゴの日経平均先物を、動かせば巨艦の現物市場や、国内の225先物を動かすのは、至極簡単 ザラ場電子取引も、オプションも、彼らが開発者であり、近年の相場は、表の顔では慈善事業するような、悪い輩の談合相場である。その談合相場の鍵は、チャートと内部要因に隠されている。

 メルマガ ”マネーの潮流”は、配信ミスにて、再送致します。

 225先物・225オプションで、お勧めの証券会社 トレーダーズ証券(H8704) 金融仲介により、弊社ランドスカイが申込みの取り次ぎを行います。→詳細はこちらから 弊社経由の口座開設者には、様々な情報提供・サポートを予定しております。

メルマガ登録・解除
 


2008年05月22日

マネーの潮流

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続騰  15:15分現在 ガソリン1230円高〜2700円高 灯油 3160円高〜2700円高 原油 1380円高〜2700円高で推移 夜間 15:15分現在 7月限 134.53ドル△1.36  昨晩のNY原油市場は、ドル安や在庫統計の強気発表に続伸したもの 東京市場では、青天井のNY原油高を反映し、ストップ高を含む連騰となった。 たった2日間で、5400円も動く相場は、過去3回の利食いで、 23800円値幅の大利食いしたと、喜んではいられない。1回損切りすると、5000〜7000円の覚悟が必要であり、戦々恐々 資金量によっては、 1/5倍率の中部市場参戦の必要もあろうかと思う。中部市場なら、分割売買がしやすくなる。

 日経225先物市場は、13990円△70円と安寄り後の急騰は、安値から一時 360円高があった。 円相場が円安に振れた事や、投資信託の設定による実需買いが入ったと言われるが、後講釈にしか過ぎない。 今日の流れは、極めて不穏な動き 中途半端な日柄で、今回が反落しただけに、もう一度 やり直しの上値攻防戦入りせぬとも限らぬところ・・・。内部要因等を確認した上で、明日の戦略の再考が必要か?

 流動性が低下した市場は危険と、口を酸っぱくして言っているが、なかなか理解されない方が多いので、市場の原理を、解りやすく例える事とする。博打場で、初めは多人数が参加して、賭けていても、段々人数が減って来ると、レートが上がり、それでも張り子が儲け続けると、帰ると言っても、胴元は、張り子が負けるまで帰してくれないようなもの レートが上がるのは、相場の値幅が大きくなる事と同じで、賭場から帰れないのは、ストップ連チャンで手仕舞い出来ないのと同じである。 市場に集まるお金が少なくなっているのだから、枚数を多く仕掛けする事の出来ない胴元は、どうしても、値幅取りに動く。これが市場の原理である。出来高も取り組みも、ある程度あると思って、実体のない見せ玉・見せ取り組みだったりする。国内商品市場は、外資に牛耳られた治外法権の市場である。世界の商品市場が活況の中 悲しい限り

 来る国家破綻・ハイパーインフレ・大恐慌に備える為の金融総合情報として、無料メルマガを刊行した。2001年に刊行していた、「どらごん・は〜と」をリニューアルしてのもので、”マネーの潮流”へ題名変更して、本日21:00から配信です。 登録・解除は以下フォームよりお願いします。

メルマガ登録・解除
 


2008年05月21日

10倍簡単

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続伸  15:分現在 ガソリン890円高〜2100円高 灯油 1940円高〜2700円高 原油 860円高〜1990 円高で推移 夜間 15:45現在 6月限 129.43ドル△0.15  昨晩のNY原油市場は、サウジ増産の影響軽微など強気アナリスト発言などに上昇したもの 東京市場では、海外高に上昇したが 出来高薄で、迫力に乏しい展開 米国は、26日(月)の戦没者記念日を控え 週末に向け 商い閑散が予想されるところ 納会過ぎた事から攻める向きは、少ないだろうが、130ドル直前で勢いが続くか否か?

 日経225先物市場は、13920円▼280円と大幅続落 米国株安や、円高進行が重なって、団子放れの窓空け陰線引けとなった。この日柄で下落したと言う事は、迫力のない展開になるに違いない。また 商品と証券は、経済の両輪であり、インフレ懸念材料だけでは、大崩れ発展には至らない。為替変動をを伴った金融不安でなければ・・・。

 商品先物やっている人から、「日中の時間的余裕がないけれど、225先物の参戦は、それでも大丈夫か?」と質問があった。商品トレーダーにとって、 225先物は、株式市場と言う 全く、畑違いの世界なので、素朴な疑問だと思うが、例えると、「F1レーサーが、市内で車を運転するのが、難しいか?」と聞いているようなもの 注文方法も、逆指し・指し値・19:00までの 夜間取引などあり、商品先物の10倍簡単と考えていいと思う。225先物の、素直な日足チャートを見れば、わかるとおり

2008年05月20日

不成立リスク

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、週末の海外高に概ね堅調  15:15分現在 ガソリン660円高〜910円高 灯油 280円安〜20円安 原油 510円高〜1250円高で推移 夜間 15:00現在 6月限 127.20ドル△0.15  昨晩のNY原油市場は、特段の材料のない中 今晩の納会を控えた売買交錯の小動きとなった。サウジ石油相は、10日から日量30万bの増産しているとコメントしているが、市場は無反応だった。 東京市場は、迫力の欠ける展開で、売買高も薄い様子は、投資家から、三行半をつきつけられ、見放された市場には違いない。取引所が外資・商社の言いなりで、投資家保護を優先しなかったからの結果であり、一般が売らないから相場が上がらない。買わないから下がらない。相場とはそういうものだ。ハイパーインフレで、原油は下がらぬと言う人気は、既に神話となって信じられている。

 日経225先物市場は、14200円▼80円と、反落した。手掛かり材料難の中 円高気味の動きや、銀行株中心に手仕舞い売りが先行した事が嫌気されてのもの 日足は3日連続の陰線となっているが。4日前の窓は埋めた格好であり、線形は弱くもあり、強くもある。見方によって異なるところで 決定的な線形ではない。 弱気の人は、崩れ出したと判断して、売り始め・売り乗せするところだろうが、さて、勝利の女神は、買い方・売り方どちらに微笑むか? 明日は、大陰線・大陽線何れかの大きな線が出現する公算

 ○○円の値洗い損となったら、損切りしようと計画して、始めたトレードでも、時々の理由に、損切り実行できず、後日 大損切りとなった事がありませんか? この原因は、意志の弱さや、値幅制限による不成立など・・。 皆が知っているように、商品先物市場は、不成立リスク(ストップ連チャン)が日を増す毎に高まっている。市場は海外勢に覇権委譲の時であり、米国では独立戦争 日本では戊辰戦争であったように 覇権委譲にはたくさんの血が流れると決まっている。

 225先物ラージ1枚の証拠金は、約80万円程度だが、強気の人は、オプションで Call145×1枚(@175円)を買えば良い。17.5万円の証拠金で、先物1枚と同じ利益が狙える。万一 天変地異に見舞われようとも、17.5万円以上の損がない。勝率はやや低くても、破綻・追証リスクが0である。

 納会までに、大きく動かないと思えば、C150×1枚(@55円)や、P130×1枚売り(@55円)を売れば良い。 50〜100万円と証拠金は変動しても、勝率が高いのだから、5%〜10%小利益でも、利益を積み重ねて行けば良い。しかし、損切り出来ない人には、破綻・追証リスクがつきまとう。

 損切り出来ぬ人・多忙な人ならば、オプションの買い戦略が絶対有利 時間の余裕があり、自己管理に自信あれば、売り戦略が有利 さて 貴方はどちらの戦略?

2008年05月19日

売国奴

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、週末の海外高に上昇  15:46分現在 ガソリン1050円高〜1630円高 灯油 710円高〜1050円高 原油 670円高〜1370円高で推移 夜間 15:45現在 6月限 126.61ドル△0.32  週末のNY原油市場は、ブッシュ要請で、サウジアラビアの増産表明に反し 需要増加見通しに上昇 G・S証券が2008年後半の価格予想を、141ドルに切り上げした事も要因とされる。東京市場では、概ね 堅調な展開 灯油は初めての10万円乗せとなっているが、某社のインターネット取引では、システム設計がケチった理由で、発注できない事態となっているようだ。

 日経225先物市場は、14280円△20円と、団子保合を形成中 過去20日間の高値更新したポイントで、団子を形成する時は、○○な時が多い。団子保合は3日目が過ぎたが、団子には団子の意味がある。Xデーに向けた、相場の鼓動が聞こえるようだ。

 ブッシュが大統領に就任して行った最大の事は、石油高騰による先進国から、中東への富の移譲と、サブプライムと言う不良資産を全世界にばらまいた事 一見関係ないこの二つの事だが、オイルマネー・ファンドにとって、二束三文で国際優良企業を、買い漁る事が出来て、彼ら中東勢は、一挙両得 濡れ手に粟と喜んでいるに違いない。 ブッシュの売国奴的な悪行は、未来の歴史が証明する事となる。

 225先物には、重要な日柄節目が存在する。ファンド・投資信託の成績評価基準日  解約締め切り日  配当権利落ち日 SQ権利落ち日 特に、先物納会日は、3ヶ月に一度であり、このゴールに向かって、外人勢は、現物や、オプション絡めた多面作戦が行われる。騙す者と騙される者 騙す者の立場で相場を見ると、わかりやすくなる。奴等の意図は、手口・内部要因等に表れる。