2008年10月

2008年10月31日

全ての市場を監視

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 15:20分現在 ガソリン3260円安〜3600円安 灯油 2930円安〜3480円安 原油 230 円〜3180円安で推移 夜間原油は、64.24ドル▼1.72 昨晩のNY原油市場は、ドルの急伸に下落したもの 東京市場では、海外安を受け 終日軟調推移 最近の相場は、為替市場に沿った動きとなっているようだが、脈絡のない、”開けてびっくり玉手箱”のような相場が続く。

 日経225先物市場は、8450円▼580円安と、急反落した。日銀の利下げは、0.20%と、事前予想を0.05%下回った事や、為替相場の円高進行に下落した。大事な月末基準日を、前日までのような、買い上げ上昇には至らなかった。政府の明確な買い上げ姿勢があったなら、引け方も変わったはず。各証券筋が、まことしやかに、「年金が先物を買っている」との、コメントを昨日までの2日間していたが、やはり デマだったようだ。年金が、現物買いならまだしも、デリバティブの先物で、買い仕掛するとの話は聞いた事がない。本当に、いい加減な世界である。

 明日からの、日本は、4連休だが、今晩と、週明けの海外市場はどうなるか? 為替市場・株式市場・商品市場と、大きな動きになるに違いない。各々の市場は、微妙に、タイムラグを開けて、関連して動くから、全ての市場を監視する必要があるので、気が休まる暇がない。

2008年10月30日

うそ〜だ

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高にストップ高推移 ガソリン 4160円〜3600円高 灯油 3970円高〜3600円高 原油 350円高〜3600円高で推移 夜間原油 70.35ドル△2.85ドル 昨晩のNY原油市場は、ドル安や利下げ観測に上昇したもの 東京市場では、海外高を受け高寄り後のストップ高 提唱した風見鶏戦術なら、全銘柄の弱気ポジションは、昨日で手仕舞い約定となっているはずで、撤退後のストップ高は、なぜか嬉しくなってしまう。 さ〜て この相場 どう 料理してくれようか? 年内に、あと2万円巾程度、利益の積み増しを、当たり増し戦略で狙いたいところ ワクワクして来た〜♪

 日経225先物市場は、9030円△730円高と、日米の協調利下げ観測や、政府の株価押し上げPKO作戦に、続けての急騰となっている。 麻生君か、与謝野君か、中川君か、官僚の言いなりで、事の重大さを認識するのが遅すぎる。 財務省・金融庁の幹部は、なにを考えていたのか? 意図的に放置していたのか? 敵国のスパイなのか? 疑問は尽きない。金融業界の破綻回避出来る水準まで、あと1日で、押し上げする事が出来るだろうか?

 もろこし君は、昨日は、米農務省が異例に、需給報告の下方修正を行い、収穫面積の下方修正を行っていた。”時期外れの意図的で、想定以上の戻り警戒” とコメントしたが、やっぱり・・・。昔から、米農務省の事は、別名 うそ〜だ (USDA)と言われる。

2008年10月29日

政府のPKO作戦

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、夜間高・円安に反発 16:11分現在 ガソリン 1590円〜620円高 灯油 1360円高〜600円高 原油 270円高〜1570円で推移 夜間原油 64.86ドル△2.13 昨晩のNY原油市場は、株式市場の下落に軟調継続したが、引け間際の株高には、追随出来ずに引けていた。東京市場では、大幅な円安・株高を受けて、高寄り後 マイナス圏に下げる場面もあったが、再び堅調に推移中だが、狂った相場と、つき合うのは、程々にする必要がある。大きく動くのが当たり前だが、大きく動く事は、儲かるチャンスでなく、大きく損をする機会にも、成りかねない。 2万枚を割れた、ガソリンの取り組み高を見て、なにを感じるか?

 日経225先物市場は、8300円△570円高と、14:00過ぎからの動きは、化け物のような急騰の仕方で、危機感を持った政府のPKO作戦が効いているような雰囲気で、我々の年金資金も総動員して、買い上げしているように見える。我々の老後の年金が、投機筋のカモにされなければ良いが・・・?

 生保のお金の運用は、株式や債券ですが、その保有資産に含み損となり、一定水準の自己資本比率を下回ると、破綻の危険性が生じます。 金融庁への報告義務の、月末基準の株価が重要ですが、9/30日の株価は、 225先物で、11320円でした。それが、今日の終わり値では、8300円で、約27%ダウンなのです。月末の株価の値位置によって、生保破綻は・・・・。(メルマガに続く)  国家破綻に備えるメルマガ「マネーの潮流!」は、本日 PM21:00配信 

 テクニカルを基礎から学ぼう ネット会員は 29日(水)締め切り  詳細はこちらから

メルマガ登録・解除
 


2008年10月28日

無能な日本政府

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に軟調な局面もあったが、後場から反発 15:22分現在 ガソリン 1280円高〜2120円高 灯油 460円高〜1750円高 原油 240円〜2440円高で推移 夜間原油は、64.02△0.8 昨晩のNY原油市場は、需要減退懸念の継続に軟調に推移 東京市場では、夜間安を背景にマイナス圏まで下落する場面もあったものの、後場からの円の巻き戻しに上昇した。

 日経225先物市場は、7730円△570円高と、空売り規制などの、本日からの前倒し発表や、後場からの円安を好感して上昇したもの 特に円相場の巻き戻しは、日本単独介入?を連想させるような強烈な動きだった。やっと、無能な日本政府も、事の重要さに気づき、対応始めたようだが、金融庁の官僚が、危機的状況を上に上げなかっただけだと思う。 昨日の7160円の株価だったら、月明けは、生損保や、銀行などの、自己資本規制の低下による破綻必至の連鎖倒産が確実な状況だったが、果たして、長続きするのかどうか? それにしても、政府の対応は遅すぎる。

 他国は、1〜2ヶ月前からやっている空売り規制を、今までやらなかった、日本の政府が異常である。空売り規制とは、我々が行う、信用売りの事ではなく、外資系証券や、ファンド勢が得意とする手法で、現物の背景なしに、相場を売り崩す為に空売りするもの。 今は、このネーキット・ショート・セリングをしている筋は、殆どいないとの観測だったものの、今日の証券市場を見る限り、知らないだけで、悪意を持って、売り崩し価格操作をしようと、していた筋が、慌てて買い戻したようにも見受けられる。

2008年10月27日

皆が不幸になる方向

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 15:17分現在 ガソリン630円安〜2010円安 灯油 840円安〜1450円安 原油 360円〜2310円安で推移 夜間原油は、63.82ドル▼0.33 週末のNY原油市場は、OPEC減産巾は、150万バレルの想定範囲内となり、株式市場の下落に追随したもの 東京市場では、安寄り後、夜間原油の反発や、円高一服感に反発する場面も見られたが、軟調推移となっている。この相場は、5年〜10年程度の相場経験では、理解出来ないようだが、100年に一度の大相場では、あまり儲けないようにせねば・・・。

 日経225先物市場は、7160円▼460円と続落した。皆が不幸になる方向性に、ポジションを持つのは、気が進まぬが、相場を糧として、生き残る必要のある者としては、やむを得ない。儲かっても複雑な心境ではある。

 絶好のポイントと提示しようとも、頭で理解出来ないと、高値覚えの恐怖感で参戦出来ないものです。やはり 答えだけを求めて入会された方は、弊社の売買提示に、自分の相場観や値頃が勝って、実行しないケースが目立ちます。以下は、弊社会員サイト 8/27日号掲載ですが、線形は理想的なポイントで、これ以上 条件が揃うポイントないはずですが、根っこの部分=テクニカルの基礎を知らぬ人は、線形の意味するものを理解出来ないから、”本当に売り仕掛けて大丈夫か?” と、ピントのずれた質問をされる。私も自信があっても、意地悪だから、「明日の相場は誰にもわからない」と、とぼけた返答をする。 誰かが背中を押してくれないと、決断つかぬ人は、相場の世界では生きていけないと思う。相場は、四面楚歌の中でこそ、真価が問われ、「人の往く裏に道あり花の山」である。四面楚歌の7月天井を、信頼して ついて来てくれた皆様 有り難う御座いました。 第2ステージは、おまけトレードのつもりで、追随下さい。

 会員の方々のスキルアップを図る為、11月より、課題提出方式による相場塾を再開する事と致しました。既存会員もご参加下さい。課題全問終了者には、”罫線の法則” 書籍プレゼント予定です。

 テクニカルを基礎から学ぼう ネット会員は29日(水)締め切り  →詳細はこちらから

20081027

2008年10月24日

阿呆

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に高寄り後の下落 15:24分現在 ガソリン 1790円〜3430円安 灯油 2170円安〜3260円安 原油  4000円安〜2130円安で推移 夜間原油 67.17ドル▼0.67 昨晩のNY原油市場は、ドルの一服感や株高に反発したもの 東京市場では、海外高や高納会を受けて、高寄り後の下落は、ガソリン先限で、寄りからの4000円安である。3日前の高値で新規に売り仕掛けた人なら、既に9000円の利益である。恐ろしや〜 また 高納会に逆行安する銘柄が、9月納会のゴムのように、その後 恐ろしい相場になる事が多いと言う、アノマリーが存在する。

 日経225先物市場は、7620円の大暴落 バブル後安値を更新している。左脳で相場を考える人には、解らないだろうが、我々 商品相場を長く経験した人間は、相場を捕らえる脳みそは、右脳に存在する。味や匂いが、昔の記憶を呼び覚ますのと同じように・・・。昨日電話で意見交換し予測が合致した方向に、相場が動いている。後に控える大恐慌を考えると、この予測だけは、当たっても複雑な気持ちである。

 リオのカーニバルと並ぶ世界三大祭りの一つとされる、徳島の阿波踊りだが、10年以上の営業マン時代に、夏期休暇を利用して、二泊三日で、バイクのツーリングに行った時がある。行程があまりにも長くて、四国一周の予定が、半周で終わったのだが、帰りに寄った徳島の阿波踊りは、感動的だった記憶がある。今の相場は全て、阿波踊り相場に思えてきた。

 ”踊る阿呆に、見る阿呆 同じ 阿呆なら、踊りゃにゃ損・損 ♪” 

 こんな常軌を逸した相場に参戦している人も阿呆だが、参戦しようと、タイミングを計っている人も阿呆である。同じ阿呆なら、参戦せねば損だと思った。損切り出来る自信と、腹づもりさえあれば、どんな値段からでも参戦が可能!

2008年10月23日

ピッタリヒット

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 15:41分現在 ガソリン 830円〜1370円安 灯油 1940円安〜2510円安 原油 1050円安〜2250円安 で推移 夜間原油 67.51ドル△0.76 昨晩のNY原油市場は、資源新興国のデフォルト懸念による資金流出による下落 東京市場では、株安・原油安・円高を受けての全面安の展開だが、円相場の戻りに合わせて、後場から少々戻す展開となった。石油相場が、陽線引けで底入れする事はないが、原油・ガソリンの自己玉の大幅買いで、新規に売って行くのは、正気の沙汰とは思えない。しかし 馬鹿にならねば、儲からないのも事実 素人ならいざ知らず、今まで、儲けを積み重ねた堅実な投資家程、売れないはず。 売って儲ける人は、今まで大損した人ばかりで、少々儲けても、焼け石に水 相場はいつも、儲け損なう程度がちょうど良い。

 日経225先物市場は、8450円▼210円 一時 現物市場での年初来安値更新は、円高による業績悪化懸念に下落したもので、後場からは米株夜間の堅調に合わせ買い戻された。

 今日 大相場の予見に長けた、某相場師と、電話で意見交換をした。10/14日の証券会社店頭は、素人の現物買いが殺到し証券口座の開設が多かった。 ∧涜臈領の経済対策の動向 8什澆了埔譴瞭阿等を、総合判断した結論は、同じような認識をしていた。信じ難い事だが、今の指標は全て、それを示唆している。 今は、目先の相場の事よりも、資産保全に注力せねば・・・。過去の多くの大相場を見て来たからこそ、わかる事 恐ろしや〜

 ”会員サイトの有料情報を公開するな”と、会員の人達は苦情を言うが、商品先物と違いFXは、市場が大きいので、影響度は極めて少ない。それに賞味期限もそろそろ切れるので、ご容赦頂きたい。下のチャートは、11/11日号会員サイト掲載のチャートだが、戻り高値は、10/14日の ドル円で、103.06円 ユーロ円で、141.71円だった。下のチャートの売り仕掛けポイントに、ピッタリヒットしての、今週の暴落である。ユーロ円は、既に12%下落の16円巾を下げている。ギリギリの証拠金だけの入金ならば、ストップロスを発注しなくても、強制手仕舞いしてくれるFXの方が、今の時代、安全で魅力かと思う。ユーロを仕掛け出来た人はおめでとう! 

 不確実な時だからこそ・・。  ネット会員は募集中  詳細はこちらから  次週締め切り〜

20081023

2008年10月22日

デフォルト

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 15:28分現在 ガソリン 2390円〜3480円安 灯油 2990円安〜3530円安 原油 1240円安〜3270円安で推移 夜間原油 69.07ドル▼3.11 昨晩のNY原油市場は、ドル高や株安に下落したもの 東京市場では、海外安に続落 特にユーロの急落で、ドル高進行している事が、商品市場の全面安に繋がっている様子だが、万人弱気人気の相場は、戻りが小さく短命か、恐ろしく戻りが大きいか?何れかで、常識的な戻りはしないと思ったら、案の定・・・。

 日経225先物市場は、8660円▼580円安 後場から、急速に進行したユーロ安に、輸出企業中心に急落したもの 今日の下落までは、常識的な初押しの範ちゅうだが、さらに明日も安いなら、新安値更新の可能性が浮上する微妙なところ 普通の相場なら、積極的に買い拾うポイントだが、世界市場は、一晩明けると、なにが起きるかわからない。アルゼンチンの国債利回りが、23%まで急騰し、株式市場は暴落し、デフォルト・国家破綻の危機 その上にパキスタンも金融破綻の危機とされる。アルゼンチンなどは、国民の年金資金を使って、デフォルト回避の動きであるが、そうなれば、もう終わったと考えねばならない。新興国の資源バブルは崩壊中

 国家破綻に備えるメルマガ「マネーの潮流!」は、本日 PM21:00配信 戦後 64年前の、日本の預金封鎖の実例を、もう一度 おさらいしよう。

メルマガ登録・解除
 


2008年10月21日

う〜ん 困った!

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高にガソリンの期先を除き堅調 15:09分現在 ガソリン 680円高〜180円安 灯油 1690円〜860円高 原油  50円〜690円高で推移 夜間原油 74.57ドル△0.32 昨晩のNY原油市場は、株高やOPECの減産発言に上昇したもの 東京市場では、高寄り後上昇したものの、ガソリンでは、10:30分の高値から2000円安の下落は、夜間の緩みや円高進行を見た、売りに下落したものだろうが、株式市場の石油・資源関連は終日の上昇 高値引けであり、ガソリン市場の反落は、悪い輩が、誘っているような動きに見えるところ

 日経225先物市場は、9240円△150円高と、金融不安の後退や、米景気対策への期待に上昇したもの どの程度の日柄で、どこまで戻すか? 一晩明けると、なにが起きるか? 当面、矢継ぎ早の政策を好感した堅調が続くだろうが、米大統領選の大イベントを来月に控えているものの、、月を越える鬼門到来で、まだまだ市場は信用ならん。

 人の儲けた姿を見て、羨むのは、まだまだ経験が足りない証拠 5年〜10年のスパンでしか見ていないと、どうしても、そうなる。知人の会社の従業員が、株のデイトレで、年収分を儲けたので、専業になる為に退社したと聞いた事がある。相場を本業にしようと、転職する人の相談を過去多く受けたが、全て反対した。本業での収入があるのと、ないのとは、精神的な面で、天地の開きがあり、生活費を稼ぎ出すと言うプレッシャーの中、99%の人が失敗するものだ。相場は、メンタル部分の重要性が高い。

 全ての人が、株式市場も、商品市場も戻り売りを言う中 今回の戻りがどういうパターンになるのか? とても、恐ろしく感じる。皆が売りと言う時は、天の邪鬼になって、買ってみたい気もするが、やはり あんな暴落を見せられては、思っていても、行動に出ないし、それより 皆の支持も、得られないだろう。 損しても、皆が納得するポジションと、納得しないポジションが存在する。う〜ん 困った!

2008年10月20日

風見鶏戦略

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に上昇 16:15分現在 ガソリン 2500円〜1980円高 灯油 1880円〜2440円高 原油 440円〜2210円高 夜間原油は、73.27ドル△1.42 週末のNY原油市場は、納会を意識した買い戻しに上昇したもの 東京市場では、疑心暗鬼の高寄りスタート後、後場からの商品市場や、内外株式市場の全面高に上げ巾を拡大する展開で、国際金融市場の明るい兆しによるものだが、国内市場では、市場に残るのは皆 両建て組ばかりで、売り込んだ人もいないので、戻りの大きさは想定しにくいところ やはり あなた任せの相場だと思う。風見鶏戦略が妥当

 日経225先物市場は、9090円△320円高と続伸した。IMF融資実現の可能性によるもので、破綻間際のウクライナ・アイスランドへの無制限融資を好感したものか?

 最近のチャートを見て思う事 全てのチャートは崩壊チャートであり、仕手崩れの線形である。過去の仕手崩れと、同様と考えるならば、今後の戦略が見えてくる。 なかなか、仕手崩れ相場を体験した人は少ないだろうが、強制解け合いに発展した小豆相場や、生糸・繭糸の仕手戦など、記憶が蘇る。