2009年01月

2009年01月30日

Chenge

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安にマチマチな展開 ガソリン80円〜440円安 灯油 410円安〜290円高 原油 30円安〜520円高で推移 夜間原油は、41.63ドル△0.19 昨晩のNY原油市場は、米株安や経済指標の悪化に下落したもの 東京市場では、薄商いの中 マチマチな展開となっており、難しいところ

 日経225先物市場は、7940円▼260円安と、米株安や企業業績の予想以上の下方修正が相次ぎ下落しているが、次週の連続性があるかないか? 為替市場次第

 東京穀物商品取引所での、明日のセミナーは、生憎の雨のようです。セミナー講師の多くは、”見てきたような嘘をつく”と言われる講釈師型が、大半です。当たるも八卦 当たらぬも八卦の、無責任な相場観を発言する人も多く、所詮 人の金と考えているからでしょうか? 明日のセミナーでは、過去 我々が征して来た”大相場の型譜”について、実体験に基づいた、解説しますので、理解出来るなら、相場への取り組み方が劇的に変わるかも? 今 重要なのは、Chenge 市場変化に対応する事・・・。 参加の方は、お楽しみに・・・。

2009年01月29日

市場変化への対応

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に小反発 15:41分現在 ガソリン 930円高〜260円高 灯油 1610円高〜440円安 原油 20円高〜260円高推移 夜間原油は、41.64ドル▼0.52 昨晩のNY原油市場は、原油在庫の増加に対して、米株高に上昇 東京市場では、高寄り後 概ね堅調推移だったものの、方向感ない保合圏の動きが続いている。 ポジション持って、儲かったとしても、労多く、益少ない相場展開だろうか? 

 日経 225先物市場は、8200円△90円高 米株高や円安を好感して上昇スタートしたが、国内企業決算本格化を前に、警戒感も根強く、買い上がる向きも少ないよう。

 NY金は昨晩の米国市場で納会して、先物取り組みも、オプション取り組みも減少しており、市場エネルギーは低下中であるものの、今後も、内部要因の監視が必要と思う。

 元首相 小泉君の国会答弁で、「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」と、ダーウィンの進化論を引用している。まさしく、金融の世界は、過去の常識が通用せず、どんどん 新種の取引が開発されている。 1929年の大恐慌当時には、存在しなかった、先物指数、 それに 1990年の日本のバブル崩壊には、なかった、オプション取引や、新種の取引が、未曾有の暴落の理由と言って過言でない。1/31(土)のセミナーでは、商品先物トレーダーも、NY原油や、NY金等 米国市場を分析する上で、避けては通れない、オプションの概要について、解説の予定 市場変化への対応がキーワードです。 参加者の方は、お楽しみに! その他、節税対策についても、会場にて、質問あれば、お答え致します。

2009年01月28日

確定申告の時期

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に全面安 15:24分現在 ガソリン 970円安〜1750円安 灯油 540円〜1320円安 原油 350円〜2030 円安推移 夜間原油は、42.20ドル△0.62 昨晩のNY原油市場は、在庫統計での原油増加を折り込んだもの 東京市場では、海外安を受け 石油三品は全面安の展開だが、やはり 水星逆行中の相場は、一筋縄では行かないようだ。

 日経225先物市場は、8110円△30円高 景気対策費用の750億砲寮僂濮し計画報道や、バットバンク構想への期待による米株高に上昇したもの 小幅ながら2連騰の東京市場では、12日移動平均線を越え、次ぎは25日線チャレンジがなるかどうか? まだSQ納会まで、2週以上残る事から、予断も許せぬところ

 さて、毎年恒例の確定申告の時期がやって来ましたが、現物株の10%に対して、先物などのデリバティブは、20%と税金が高額な為、会員向けには、いろいろな節税の 提案をしております。

 一番簡単なのが、利益先送り方式です。わかりやすく説明する為に、

 問題です 「毎年 2000万円づつ、5年間続けて儲けた投資家=1億円儲けた投資家が、6年目に、初めて、7000万円の損をしました。 さて、その投資家は、7000万円の損の後 手元にはいくら残っているでしょう。」 答えは、PM21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・。

2009年01月27日

思案中

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、夜間高に上昇 15:17分現在 ガソリン1010円〜1240円高 灯油 770円安〜650円高 原油 170円〜930円高推移 夜間原油 46.31ドル△0.58 昨晩のNY原油市場は、今週の統計発表で、原油在庫増加予想してのもの 東京市場では、米中古住宅販売戸数の伸びを好感した円安・株高に上昇 米経済に一筋の光が見えた事で、商品市況も景色が変わりつつあるか?

 日経225先物市場は、8080円△490円高と、円安や米株高を反映して主力株に買い戻しの流れで、下げ拗れに対する、強烈な上昇となっている。やはり、昨日の恐いところは、美味しい買い場だったよう。

 商品会員向けに開発中の、システム(自動)売買だが、板が薄くすぎて、困ったものだ。シュミレーションでは、良い収益となるのだが、スリップリスクの算定の仕方によって、大きくパフォーマンスが変わるので、同じパラメーターで、多数の人が運用するのは、不可能であり、現在思案中

2009年01月26日

人気の反動

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に上昇 15:32分現在 ガソリン 1680円高〜1580円高 灯油 1260円安〜1420円高 原油 450円高〜1970円高で推移 夜間原油は、45.56ドル▼4.1ドル 週末のNY原油高は、OPEC減産の遵守率を好感しての上昇 東京市場では、高寄り後の高値保合の推移 石油市場は、株式市場や、ドル相場との相関関係が薄れてきたように思われ むしろ金融不安を背景にした投機資金の流入?も疑われるところ

 日経225先物市場は、7590円▼140円安と、円高気味の動きを見た先物売りに下落 内外の決算発表の大幅減益を予想して買い気が乏しく、軟調に推移 今週中旬以降のFOMCが注目されている。オバマ政権の人気の反動は、何時まで続くか?

2009年01月23日

恐怖感薄い?

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、軟調推移 16:46分現在 ガソリン400円〜210円安 灯油 1740円〜590円安 原油 20円〜300円安で推移 夜間原油は、42.69ドル▼0.98 昨晩のNY原油市場は、在庫統計で売られる場面もあったが、ドル安に小反発 東京市場では、内外の株式市場の底割れを懸念に軟調推移 納会落ちした事で、新たな波動??

 日経225先物市場は、7730円▼300円安と反落 ソニーの3月期決算の大幅下方修正で、次週から本格化する業績不安が強まっている。ユーロ円・ドル円も、底割れ(円高)の流れとなっているものの、10月のような暴落までには、至らず 迫力欠ける展開だが、今晩の米国株の動向によっては・・・。

 1/14日号コラムでは、「ドル円・ユーロ円が底割れ懸念の水準であり、恐怖シナリオの分岐点が近い」とコメントしたが、あれから、あっさり抜けており、ドル・ユーロともに、対円で、昨年来の安値を割れて、底割れ波動となっている。オバマ人気が高かった分だけ、反動安が株式市場でも懸念されるが、負のスパイラル暴落となれば、悪材料出尽くしとなるのだが、恐怖感の薄い軟調パターンが、一番悪い。

2009年01月22日

談合相場

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に上昇 15:25分現在 ガソリン1200円高〜720円高 灯油 1080円高〜300円高 原油 420円高〜810円高で推移 夜間原油 43.60ドル△1.25 昨晩のNY原油高は、米株高を背景に上昇したもの 東京市場では円高一服感もあり、上げ巾も限定的だが、期近の堅調は、元売りの減産で、需給を反映したものか?それとも談合相場か? 

 日経225先物市場は、8030円△160円高と反発 米株高や、円高一服感による反発ながら、円高懸念が強く残り、戻りも警戒されている様子

 商品先物の当月納会は、納会日のたった1日で、価格が倍に跳ね上がる暴騰納会も、過去あったし、75%下落する暴落納会もあった。トドのつまり 納会は力関係であり、悪意があれば、たった1枚の買いハナ(売りが多い)でも、暴落するし、1枚の売りハナ(買いが多い)でも、天まで吹き上げる。要は、悪意があるかどうかだが、一般の受け渡しが難しい銘柄は、特定の当業者が、集まって談合すれば、価格操作は、いとも簡単。 特に、自由化されて歴史の浅い石油業界も・・・。

2009年01月21日

オバマ効果一巡

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落  15:31分現在 ガソリン 220円安〜780円安 灯油 170円高〜960円安 原油 170円高〜370円安推移 夜間原油 3月限 40.63ドル▼0.21 昨晩のNY原油市場は、納会事情により当月のみ上昇 2番限以降の下落 欧州向けの天然ガス再開や、ドル高進行が影響してのもの 東京市場では海外安を受け続落 底割れの兆候は為替市場を中心に表れ、株式市場にも波及中

 日経225先物市場は、7870円▼180円安と、12/5日以来の水準まで下落 欧米の金融不安の再燃よるもので、オバマ効果一巡からの、このまま下落は、面白みに欠ける。大統領就任当日の、大幅下落は、112年ぶりと言われるが・・・。

 世界で8000社、運用額で2兆ドル(約180兆円)とされるヘッジファンド業界だが、 12月末の四半期決算には、解約停止条項により、解約停止したファンドが多数あって、解約売りが先送りされた事で、年末・年初高に繋がったとの見方もある。しかし、この解約は、収益悪化理由による解約よりも、民主党政権に移行した事による、マネーロンダリング強化や、ヘッジファンド規制強化を予測しての、解約が多いとも噂されている。PM21:00配信予定 メルマガに続く・・。

2009年01月20日

真珠湾攻撃

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、夜間安に反落 15:44分現在 ガソリン440円安〜1400円安 灯油 240円安〜1220円安 原油 690円安〜1750 円安推移 夜間原油は、33.90ドル▼2.61 米国市場は休場の中 欧州銀行の巨額損失による金融不安による株安や、対ユーロでのドル高進行が影響しての下落だが、夜間原油の大幅安の割りには、東京市場の下げ巾も限定的の様子  やはり、水星逆行中

 日経225先物市場は、8050円▼200円安と、欧州金融セクターへの不安感に反落したものの、8000円割れでは、一服感に買い戻される展開 オバマ就任後の動きが警戒されている模様

 著名投資家 バフェット氏は、今回の金融危機を、「真珠湾攻撃」と表しているが、忘れてはならないのは、1929年の世界大恐慌後の低迷期を、米国は、この戦争により脱したと言う事である。当初、開戦に反対だった世論を、開戦に導く為に、事前に攻撃を知っていた米政府は、国民をも、騙したとの陰謀説は、知ってのとおりだ。 イラク攻撃の発端とされる「9・11同時テロ」も、ブッシュの自作自演とも言われる。今回の経済危機を、真珠湾攻撃と言い放った、バフェットの言い方は、被害者面して、加害者意識に欠如する、米国そのものであり、腹立たしい。 経済戦争の中 リーマンショック以降の金融危機は、米国の自作自演と信じて疑わない。

2009年01月19日

目から鱗

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、軟調推移 15:39分現在 ガソリン 20円〜200円安 灯油 300円安〜70円高 原油 50円安〜530円安推移 夜間原油は、36.22ドル▼0.29 週末のNY原油市場は、ドル安や金融不安の後退に上昇したもの 東京市場では、先行上昇した分 様子見姿勢が強まり軟調な展開 今晩の米国市場の休場も影響している模様 オバマ新政権での景気回復期待は、どこで失望に転ずるか? 内外とも厚い先行スパンの中に、75日移動線が走っており、一つの目処となるのだが・・・。

 日経225先物市場は、8250円△10円 週末の米株高を受け買い戻しスタートしたものの、米国市場の休場に後場からは、様子見気分が強まる展開で、閑散商いは、売買高は今年最低水準との事 オバマのご祝儀相場が、何時まで続くか??

 昨年は、100年に一度の未曾有の暴落とも言われたが、過日の日経新聞によれば、日経平均株価が、1日で、5%変動するのは、1万分の1の確率で、昨年 10月の11.4%は、224京年に1回の割合という天文学的数値との事だ。 同様の天文学的な確率数値は、為替市場でも、商品市場でも、きっと出現してた事と思う。地球の年齢が45億年とも言われる中、224京年という数値が意味するものは・・・。 確率など論じても、全く 役に立たないと言う事 では、なぜ、確率論を無視するような、大暴落があったのか? そのロジックについて、私なりに解明して見た。 1/31日(土)のセミナーで、その解説しようと思う。 商品先物のトレーダーも、論理的な解説に”目から鱗が落ちる”に違いない。 参加者はお楽しみに・・・。