2009年02月

2009年02月27日

シンプルにテクニカル

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続騰 15:27分現在 ガソリン 1200円高〜1420円高 灯油 950円〜680円高 原油 30円安〜1050円高 で推移 夜間原油は、44.87ドル▼0.35 昨晩のNY原油市場、引き続き、SWF(ファンド)が資源価格防衛へ本格的に乗り出すとの観測を背景に続伸したもの。 NYMEXで見る限り、出来高・取り組みとも、そういうそぶりも見られないが、市場外取引が多い昨今、NYMEXの内部要因だけでは、疑念も感じるが、為替市場も含め、見えざるところで、何等かの大きな動きがあるのは事実で、株安に逆行高に転じた事に表れている。わからない事にいろいろ頭を捻るより、不穏な時こそ、シンプルにテクニカル優先で判断するべき 価格が全てを表している。

 日経225先物市場は、7560円△130と、米株安を受けた安寄り後、反発の流れは、公的年金の200億円の買い観測の他 大和証券のファンド設定 500億円も影響している模様 投機筋が国際商品・為替市場で活発化している昨今 資源高が継続するなら、新興国の財務改善に繋がるので、金融不安も後退するか? それとも、鬼のような暴落か?

 週末号 2/28日(土)各会員レポートは、3/1(日)に延刻更新の予定です。

2009年02月26日

先回り買い

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続伸 15:22分現在 ガソリン 2200円高〜2500円高 灯油 1900円高〜2330円高 原油 80円高〜1720円高推移 夜間原油は、42.69ドル△0.19 昨晩のNY原油高は、ガソリン在庫の急減や、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)が資源価格防衛へ本格的に乗り出すとの観測が市場で高まっている事が背景 東京市場では、円安・海外高を背景に大幅高 大きな窓を空け、今週最大の上げ巾を記録しているが、逆張りナンピンの人にとっては、心地よいプレッシャーだろうが、順張り型の人にとっては、許容水準を超える大きな動きだと思われる。  日経225先物市場は、7430円▼50円安と、円安や政府の株価対策期待に、前場は堅調推移だったものの、米GMの四半期決算発表が警戒され、売り戻される展開で引けた。26日の野村證券が、2500億円の日本株ファンドを設定する事や、明日は、大和証券が環境ビジネスファンドを、500億円設定する事の先回り買いとも、言われるところ それにしても、麻生首相の訪米を契機にした、円安は、裏取引でもあったのだろうか?

先物片バリ実績        2008年度 22勝13敗 勝率 62.8% +3267.71円
 
225オプション実績     2008年度 67戦51勝 勝率 76.1%
 +563.21円

 安定運用を目指す 225先物&オプション会員3月生は、
締め切り迫る!
 詳細は→こちらから



2009年02月25日

盗人に追銭

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反騰 15:46分現在 ガソリン 960円高〜1230円高 灯油 930円高〜1810円高 原油 330円高〜1330円高で推移 夜間原油は、39.62ドル▼0.34 昨晩のNY原油の反発や、バナーキン発言による米株高に買い戻しが先行してのもの 東京市場では、円安も加わり上げ幅も拡大傾向だが、今日の上昇は内外ともに、6日線を越える上昇なので、大きな戻りとなる可能性も?

 日経225先物市場は、7480円△190円高と、米株高や、円安を受けての上昇となった。過去要人発言や、株価対策だけで、底入れした例はなく、大底判断は時期尚早 戻りのタイミングと、単に戻りが大きいか、小さいかだけの違いだと思う。

 97円台への円安には驚いた。日本市場でのサムライ債発行を、米政府が保証をつける等の噂も出ている様子だが、世界中の国々で、お金を貸してくれそうなところは、日本と、中国ぐらいで、中国側には、米国債の継続購入を依頼している。今月のヒラリーの日本訪問は、その根回しだったようにも思えるところ。通貨の信認は、その政府の経済状態よりも、軍事力を背景にするようだが、サムライ債は、日本の民間が買いやすくする為に、米国の政府保証をつけると言うもの しかしさらなるサムライ債の購入は、盗人に追銭のようなものだと思う。多少の金利が良くても、日本の投資家で応募する人は少ないと思うが、結局、台所が火の車であるメガバンク等々が、霞ヶ関の官僚に、圧力をかけられて、無理矢理に買わされる事となるのだろうが、将来このサムライ債構想が、現実化するならば、米国の手先となる日本の官僚は、まさに売国奴と言う他ないのだが・・・。

 米国から毎年送られる、年次要望書は、自国の国益を優先し、理不尽な内容が多い。それを、忠実に履行する事を約して、日本のメディアの大応援団を味方にし、大勝した小泉政権だった。 麻生政権は、国内メディアからの酷評で、政権の維持が危うくなっているが、ユダヤ資本が牛耳る米国メディアと同じように、日本のメディアにも彼らの楔が深く打ち込まれている。国内メディアと蜜月関係の霞ヶ関も、またユダヤ資本に牛耳られている言っても過言ではない。 週間新潮に掲載された、朝日新聞襲撃事件犯人の手記と・・・。PM21:00配信 メルマガに続く

20090225

2009年02月24日

暴落懸念?

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に軟調推移 15:30分現在 ガソリン 440円〜700円安 灯油 190円高〜380円安 原油 90円高〜680円安推移 夜間原油は38.08ドル▼0.36 昨晩のNY原油市場は、12年ぶりの安値更新した米株の影響に下落したもの 東京市場では、95円台の円安にサポートされて、大崩れまでは至らず NY原油は、40ドル前後が底値との見方を、著名アナリストがブルムバーグで、予想していたが、さて、どうなるか??

 日経225先物市場は、7290円▼90円安と、米株安を受けて売り先行後、円安や、与謝野財務相の株価対策検討発言に、下げ巾削る展開 円安に輸出関連がサポートされたようだが、セリングクライマックスには、程遠いと思う。次回 円高進行した時に、どうなるか??

 TOPIXが、バブル後安値を更新しており、この期末に向けた資金繰りにより、中小型株の、倒産の可能性を示唆するもの。 メガバンクの株価も、昨年来安値を更新し、社債発行で資本強化を図っているが、貸し手の銀行側が、この状態では、連鎖倒産を危惧する他ないようだ。期末決算に向けて、まだまだ上場企業の破綻が続く 次ぎの山場は、月末決済不履行で、3/2日の破綻報道か、3/10日決済不履行で、3/11日の破綻報道か? この日柄で、日本株は、暴落懸念?



2009年02月23日

セミナーDVD

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外小動きにマチマチな展開 15:25分現在 ガソリン310円安〜20円高 灯油 520円高〜740円高 原油 50 円〜230円高 で推移 夜間原油は、40.49ドル△0.46 週末のNY原油市場は、米株安による景気悪化懸念に下落したもの 東京市場では、ガソリンのみ軟調に対して、灯油・原油は堅調な展開だが、NY原油は、繋ぎ足でチャートを見ると騙されると思う。

 日経225先物市場は、8380円±0円と、米株安や、SFCGの破綻による売り一巡後は、米政府のシティー株保有報道で、買い戻される展開 SFGCの負債額は、3380億円は今年最大との事 権利落ち日の買い戻しは一過性となる事が多いが、メジャーSQならではの、劇的なドラマを期待したいところ

 嘘八百の商材や、インチキセミナーも多い中、投資顧問会社(金融商品取引業)のセミナーが少ない理由 それは、実績には保存の義務が、あり虚偽記載は行政処分の対象となるからです。信頼と実績の投資顧問のセミナーDVD 今まで、会員だけにしか、明かす事のなかった、常勝軍団の大相場の型譜とその特徴をお伝えします。詳細は→こちらから

 【1部】 21世紀はオプションの時代
 この10年の市場変革はめざましいものがある。過去の経験則では、計り知れない激動を、リーマンショック以降、トレーダーの人は皆 商品・FX・証券市場に於いて、経験した人が多いと思う。1990年の日本のバブル崩壊でも、1929年の大恐慌でも、これほどの破壊力はなかった。崩壊相場の原因は、急速に拡大した火薬庫=オプション市場であると私は確信するものです。その、ロジックを解明し、今後のトレードに役立てるべき

 【2部】 大相場の型譜とその特徴
 商品相場に於いて、過去、多くの大相場を征し、2008年では、巨額の利益を計上しました。今まで、会員だけにしか、明かす事のなかった、常勝軍団の大相場の型譜とその特徴をお伝えします。

2009年02月20日

ここだけの話

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反発 15:34分現在 ガソリン 0〜280円高 灯油 1040円高〜640円高 原油 210円〜700円高で推移 夜間原油は、38.55ドル▼0.05 昨晩のNY原油市場は、事前予想に反して増加した原油在庫に上昇したもの 東京市場では、円安や海外高に反発したものの、迫力に欠ける展開で、原油在庫の減少は、輸入急減による影響が大きく、需要回復に伴うものではないとされ、需給よりも、米株の動向に影響されそうに思う。

 日経225先物市場は、7380円▼180と、米株の軟調を受け、11/21日の安値を更新する下落だが、下値では、年金買いが継続している模様で、下値支え要因となっているが、そろそろ年金買いの手も止まるのでないか?

 今月のトレードは、積年の恨みを晴らす為、外人勢の得意技を狙った布陣で臨んでおり、次週の相場が楽しみである。特に 2/24〜2/25の日柄が警戒されるところ ここだけの話 94円台まで、円安進行となったが、日柄を勘案すると、上値余地は、大きくない。



2009年02月19日

四尊底

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に小康状態 15:21分現在 ガソリン 200円高〜110円安 灯油70円安〜310円安 原油70円〜150円安推移 夜間原油は、34.66ドル△0.04 昨晩のNY原油市場は、米株軟調に下落したもの 東京市場では、円安に売り先行後は、やや買い戻される展開 東京原油では、年初来安値を更新している動きが象徴的

 日経225先物市場は、7570円▼10 円安を好感したした買い先行後は、売り戻される展開で、東欧のデフォルト懸念による外人売りが継続しており、銀行株が特に安い。オバマの演説にも、皆、飽きて来たようで、米自動車業界の、少なくとも1社以上は、破綻しないと、反発も難しいのでは? 

 三度目の正直と言う、言葉はあるが、四度目の正直とは言わないし、三尊底とは、言っても、四尊底とも言わない。年初来安値更新中の、以下チャートは、メガバンクの三菱UFJGの株価だが、商品相場も、貴金属以外は、同様の線形の銘柄も多いと思う。風前の灯火である、買い方陣営への留めの一撃材料は、GM破綻か?アイルランドの破綻か?ECBの利下げによる円高か?  何れにしろ、商品・証券・225/OP市場では、大チャンスの到来と見たいところ。

20090219

2009年02月18日

空から魔王

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に続落 15:29分現在 ガソリン1650円〜2170円安 灯油 1650円〜2170円安 原油 570円〜1710円安で推移 夜間原油は、34.48ドル▼0.45 昨晩のNY原油市場は、米国株安による下落で、景気対策法案へオバマ大統領の署名&演説でも、株価は下落しており、オバマ政権の期待期から、既に失望・絶望期に入りつつある。東京市場では、全面安の流れであり、新政権のご祝儀相場の終焉を意味するもので、円相場の支えがなくなれば、空から魔王が降りて来る。為替相場の読みが重要か?

 日経225先物市場は、7580円▼60円と、米株安に安寄り後、公的年金買い観測に、下げ渋り、大引けには、買い戻されて引けているが、ドル円では、 92円台 ユーロ円では、116円台と、円安含みに動いている事が、支えとなっている。このまま、すんなりとは、思わぬが、支えがなくなった時には、恐ろしい。

 中川財務大臣が、迷走の末の辞任となったが、与謝野爺さんが、3大臣を兼任するようだ。結局、官僚組織の御輿に乗った各大臣も、官僚の天下りと、似たようなもの 各利権で、私腹を肥やす為の政治家のポストであって、大臣が誰であろうと、関係ない。財務大臣が不在・兼任でも、日本国経済は、動いて行く。それだけ、霞ヶ関の官僚組織が巨大であると言う事 日本のChangeが待ち遠しい。

2009年02月17日

デフォルトリスク

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外休場のの中 軟調な動き 15:23分現在 ガソリン 430円〜660円安 灯油 10円安〜620円安 原油 10円高〜330円安推移 夜間原油は、36.73ドル▼0.78 連休明けの今晩の米国市場が、WTI原油のオプション納会であり注目されるが、他市場からのサプライズがなければ良いが?

 日経225先物市場は、7640円▼80円安 GLOBEX安で、休場明けの米株に対する警戒感によるもので、GMの再建計画提出が、期限内に出来ない可能性が強まっている事に対するもので、破産申請なら、一気に下放れする可能性

 東京金が上昇中であり、円安の他、アイルランド国債のデフォルトリスクが伝えられており、ユーロ安も影響か? 1000ドルは時間の問題だろうが、1000ドルになれば、1500ドルと言う輩が出て来るものだが、お金の流れに注目必要

2009年02月16日

大戦を臨み

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外反発に東京な軟調 15:19分現在 ガソリン300円〜620円安 灯油 170円〜520円安 原油 60円〜650円安で推移 夜間原油は、37.64ドル△0.17 週末のNY原油市場は、米景気法案の上下院可決を好感して、反発したものの 明日オプション納会を迎える当月のみで、2番限以降は、鞘滑りの下落で、東京市場では、概ね軟調推移。今後の 戦略(strategy)は決まったが、後は、細かい戦術(tactics)の問題だけ。きっと、OPEC総会の3/15日頃には、既に波動は生まれていると思う。

 日経225先物市場は、7720円▼50と、国内GDP下振れを嫌気して売り先行後は、下げ渋る展開 年金買いが下値をサポートしているが、年金買いは、効果も長続きせず、疫病神のように思う。

 例年この寒い時期は、肩こりに悩まされていたが、運動の為、電車通勤に変えてからは、すこぶる体の調子が良い。次なる大戦を臨み、気力も充実して、大勝をおさめそうな予感がする。徳川家康も、関ヶ原の合戦を前に、こんな心境だったのだろうか?