2009年05月

2009年05月29日

じれったい

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に上昇 ガソリン 1300円〜1550円高 灯油 1030円〜1590円高 原油 90円高〜1800円高で引けた。夜間原油は、65.51ドル△0.43 昨晩のNY原油市場は、インフレ観測による投機資金が流入した事によるもの 東京市場では、新高値更新の全面高となったが、疫病神日柄の、水星逆行は、順行に変化しつつあり、そろそろ、全面作戦に打って出るか?

 日経225先物市場は、9510円△60円高と、海外ファンド系のドレッシング買いに年初来高値を更新の上昇ながら、迫力に欠けるところで、本当にじれったい相場 次週は、ラリー相場か? 線香花火型か?

2009年05月28日

7ヶ月306%利益

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に上昇 ガソリン 210円〜550円高 灯油 460円〜740円高 原油 30円安〜740円高 夜間原油は、7月限  32.85ドル▼0.6 昨晩のNY原油高は、前日までの地合を引き継ぎ上昇したもので、米株安の局面では売買交錯して影響も限定的となった。東京市場では、ドル高の動きによる夜間安よりも、円安進行を好感して、概ね堅調に推移しているが、新高値追いの米国市場に反して、愚図な動きが続いている。

 ホワイトハウスは、来週にオバマ大統領がサウジアラビア国王と原油価格の動向を巡り協議すると発表しているが、原油価格の上昇を懸念しているとの事だろうが、原油価格の上昇は、ドル安が主因であって、「自国の事を棚に上げて・・。」 と思う。就任から、半年が過ぎようとしているが、オバマ大統領と、小泉の親父と、なぜか同じ匂いを感じる。メディアの大応援団で、就任した事も共通しているが、二人とも一流の役者であって、単なる操り人形かも知れない。 誰かが作ったシナリオ=大きな陰謀に沿って、動いているのでなかろうか? オバマ大統領の評価は、まだこれからとしても、小泉親父の、功罪は、先進国比較での、株価下落率を見れば、一目瞭然 善人のふりした悪人が、一番、始末が悪い。

 日経225先物市場は、9450円△20円高と、米株を受けて安寄り後、円安進行を背景とした海外勢の買いに上昇したが、9500円近辺では、国内機関投資家の、売りに押され、伸び悩んだ。こんな調子なら、9500円を抜ける時には、大きく窓を開けそうな雰囲気

 申告分離課税対象の、トレードは、法人口座で行うよりも、個人口座の方が、絶対有利であり、法人口座を利用するメリットはない。その上、金融商品取引業の弊社は、財務局への報告義務も発生するので、面倒な事ばかり。 システム(自動売買)のリアルテストの用に、やむを得ず 開いた口座で、100万円の証拠金を入金したのが、昨年の10月下旬だった。お金を、寝かせるにも、もったいないと思い、空いた証拠金で、オプションポジションを仕掛け初めてから、約 7ヶ月間(10/21〜5/12)で、306%の利益(306 万円利益)となった。今月末が会社の決算なので、トレードは、5/12日で、口座をクローズ(終了)させている。このままのペースなら、1年で800%の利益になる計算である。 財務局提出用の、収益結果では、月間ベースの、損益のバラツキが多いように見えるものの、SQ納会ベースでは、安定的な収益だったと思う。 証拠金とリスクを制御さえ、マスターすれば、年間 300%〜600%の収益を得る事は、難しくないと思う。 →法人口座トレード7ヶ月実績詳細(by トレーダーズ証券)

225先物&オプション会員 6月生は、29日締め切り !   →入会案内  →過去実績

2009年05月27日

ドル暴落説&デフォルトの噂

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に上昇 ガソリン530円〜1250円高 灯油 1180円〜1350円高 原油 260円〜1220円高  で引けた。夜間原油は、7月限 62.73ドル△0.15 昨晩のNY原油市場は、米株高に上昇したもの 東京市場では、円安や夜間高を受け上昇だが、この騰勢は何時まで続くか? 最近の国内市場は、暗闇の中で、相場を張っているに等しいと言う人もいるが・・・。

 日経225先物市場は、9430円△90円高と、海外高や円安を受け続伸したが、9500円近辺では、機関投資家の売りも散見されるものの、ハイテク中心の投信設定買いに、明日以降 大きく踏み上げやすいとの観測もあり、月末・週末日柄にかけて、10000円台乗せチャレンジするかも?

 逃避先と考えられていた、ドルからのリスク資産の巻き戻しは、ドル相場が、1年ぶりの
 安値を更新し、行き過ぎた事で、逆に ドル暴落説&デフォルトの噂が浮上している。

  ドル大暴落を、メリマンサイクル論を引用し、今年の夏と言う人もいれば、
 来年と言う人もいる。

  デフォルト宣言に至らないまでも、借金棒引きに等しい、何等かの政策を、米国は、
 必ず断行するに違いない。

  恐らく、パールハーバー(真珠湾)級の、巧妙な大絡繰りを仕掛けて、国際世論を、
 味方にする事も彼らは忘れないだろう。

 続きは、PM21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・。


2009年05月26日

懸念材料が増加

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外休場の中 夜間安に軟調で引けた。ガソリン 400円〜130円安 灯油 190円〜360円安 原油 60円〜430円安 夜間原油は、7月限 60.57ドル▼1.1ドル 今晩の米国市場では、国債の大量入札や、北朝鮮問題を、市場がどう評価するか注目されるところだが、北朝鮮問題に限っては、投機筋が萎縮する材料には違いなく、一両日に発射とされる短距離ミサイル発射が済むまでは、市場膠着が続くか?

 日経225先物市場は、9340円±0と、高寄り後、北朝鮮のミサイル発射準備中との報道に、100円程度 値を消したものの、9250円以下では積極的に売り進む向きも少なく、膠着状態の中 買い戻されて引けた。GM問題・米国債入札・北朝鮮ミサイルと、懸念材料が増加したものの、消化した時の市場の反応が見物と思う。

2009年05月25日

米国債入札

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、週末の海外高に堅調で引けた。ガソリン80円安〜220円高 灯油 450円高〜10円安 原油50円安〜310円高 夜間原油は、 61.37ドル▼0.3  週末のNY原油市場は、堅調な米株高や、ドル安に上昇したもの 東京市場では、今晩の米英市場が、メモリアルで、休場である事から、動意薄い展開が続いている。今週の米国債入札前後で、ドル相場は目先の、ピークアウトを迎える可能性ある事が注目されるが、東京市場が海外高に追随しないのは、国内需給要因の他、内部要因も大きく影響している可能性あり、商社・元売りの談合相場のようなものと思う。

 日経225先物市場では、9340円△110円高と、短期筋の大量買いに堅調推移 北朝鮮の核実験や、短距離ミサイル発射実験の相次ぐ報道に、値を消す場面もあったが、逆に円安に振れた事を理由に、買い戻され、北朝鮮問題の影響も限定的だった。どんな弱い材料が出現しても、結局はプラスに反応する姿は、市場はさらなる上値を欲している様子 明晩の米国債入札が無事通過すれば、GM問題も吹き飛ばし一気に上値を追う可能性・・・。

2009年05月22日

ドル相場の行方を暗示

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、AM10:00現在 小動き軟調 NY原油はこの数日窓空け連騰した事から、昨晩のような反落も想定の範囲と思われます。むしろ 年初来安値更新した、ドル安進行が注目され、数ヶ月前より、我々が想定していた事げ、実現しておりますが、トレードとしては、銘柄によって、明暗分かれるところで、振るい落とされたのは、商品市場に集中している。米国市場や、為替市場が予想どおりだけに、納得いかない気持ちで、国内商品市場のトレードは、常にジレンマを抱える。何れにしろ、ドル相場を基本に考えると、石油市場・穀物市場等のクライマックスとは、考えにくく、在庫高水準・OPEC減産見送りの悪材料の中、上昇を続けるNY原油の動きが、今後のドル相場の行方を暗示しているように思う。

 某社首脳に会う為、急遽 上京する事となり、このコラムも、AM10:00頃の執筆となっている。時代の変化への対応を加速させる為、業務提携についてだが、英語で自己紹介をする必要があり、「Verry Little」 な、中学生レベルの私の、英語力では、コミニュケーションがとれるか、一抹の不安があるものの、実現すれば、会員の方々には、より多くの選択肢と、サポートを提供する事が出来る。こうご期待!



2009年05月20日

渡り鳥

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外小動きに軟調 ガソリン 70円高〜130円安 灯油 430円安〜160円安 原油 50円〜350円安で引けた。夜間原油  7月限 60.34ドル△0.24 昨晩のNY原油市場は、ドル安に上昇したもの 東京市場では、前日夜間の上昇からは反落だった事から、軟調に推移 昨晩の住宅着工件数の低調な発表にも、米株の反応が鈍く、市場は弱気材料に鈍感 強気材料に敏感な反応を示している。モルガンが、70ドルまでの上昇するとのレポートを出したようだが・・・。

 日経225先物市場は、9330円△30円高と、米住宅着工や、国内GDPの低調な発表の影響も限定的となり、前日比 プラス圏で堅調に引けた。21日は、新規失業保険申請件数(8:30) 市場予想62.5万、前回発表値63.7万の発表を控えて、直近の高値更新の可能性も充分残る。

 ある会員の方から、 「5ヶ月で、資金倍増した」と、画像添付で、喜びのメールを頂いた。

 3月初旬からの、押し目買い戦略の提示は、全ての会員種別に共通の提示でしたが、
 各市場の特性の違いから、収益には大きな差が生まれております。
 各グループ毎に、年初来の収益順位をつけるなら、

 1位 現株・信用グループ
 2位 225先物片バリ
 3位 オプション
 4位 商品先物

 追加証拠金になっても、金額が小さい事から、積極的な仕掛が容易だった
 現株・信用グループに、収益の軍配が上がったようです。

 現株・信用の、半年で資金倍増は、出来すぎであり、昨年 巨額の利益を得た、
 商品先物グループのようなもの 長期スパンの安定性では、225先物・オプションに軍配が
 上がると思う。

  特定部門に固執する事なく、我々トレーダーも、移動生活する渡り鳥のように、
 市場間を、行き来したら、安定が生まれるでしょうか?


 続きは、PM21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・。


 20090520


2009年05月19日

インド株

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反騰 ガソリン 1580円〜1710円高 灯油 990円高〜1670円高 原油 950円高〜2040円高で引けた。夜間原油は、60.38ドル△1.35 昨晩のNY原油市場は、株高・ドル売りの流れに上昇 東京市場では、円安反転や、海外高を背景に前日の下げ巾を跳ね返す反騰だが、ナイジェリア産油地帯のパイプライン爆破の報道もあるが、過去投機軍団と、ナイジェリアテロ勢力が結託して、原油上昇を煽っていた節もあるので、生産障害の広がりには要警戒 既にNY原油は、夜間市場で60ドルを越える新高値進行で、東京市場がどこまで、追随するか注目される。

 日経225先物市場は、9300円△220円高と、米株高を背景に上昇 円安や外部環境の好転を背景とした、海外勢のバスケット買いも散見される。重要節目から反発した株価指数は、インド株のような爆騰が望まれる。昨日は、以下のように、3月を安値とした、インド株価指数は、ストップ高

20090519

2009年05月18日

厳戒態勢

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 ガソリン1410円〜1540円安 灯油 1790円〜1500円安で引けた。 夜間原油は、56.87ドル △0.53 週末のNY原油安は、米株安や需要減退観測に下落したもの 東京市場では、円高進行を嫌気して、寄り後、売りが加速したが、NY原油の需要減少見通しは、既に、金曜日の時点で知れ渡っており、下落の後付材料に等しい。OPEC総会での減産見送りが確実視されているが、強気材料の一巡と考えるには、日柄が足りない印象

 日経225先物市場は、9080円▼190円安と、円高や国内インフルエンザの感染拡大に薄商いの中、幅広いセクターに売りが広がり急反落は、5/1日以来の、一時 9000円割れを示現後、下げ幅を削って引けた。欧州年金筋や、海外勢からの売り注文が幅広く散見され、「ベアマーケットラリーの終焉との声も聞かれるものの、9000円を維持して引けている事は、強気に足がかりが残る。

 関西地区への、新型インフルエンザの感染拡大で、昨日から、マスクが売り切れ状態だったが、この暑いのに、心斎橋商店街を歩く、4人に1人は、マスク着用で、銀行員に於いては、全員がマスクを着用して、厳戒態勢となっている。どこまで、感染が広がるか? 治療薬のタミフルは、予防薬としても、効くらしく、接触者は、服用した方が良いらしい。会社の冷蔵庫にも、タミフルを備蓄しているが、ピークはこの数日で、気温の上昇とともに、終息に向かう事を期待したい。

2009年05月15日

弱気一色材料

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に上昇 ガソリン770円〜910円高 灯油720円〜650円高 原油320円〜610円高 で引けた。夜間原油  58.74ドル△0.12 昨晩のNY原油高は、ドル安・株高に買い戻されたもの 東京市場では、海外高・円安を受け上昇したが、世界市場では、 OPEC の減産遵守率は約75%へ低下した事 14 日発表のIEA月報では、09 年度の世界石油需要見通しを日量8,320 万バレルと前回発表から20 万バレル下方修正した事 サウジ石油相、最近の原油価格回復について、需要と無関係であるとの見解を示した事等、市場の材料は、過剰在庫を背景として弱気一色である事を踏まえるならば・・・・。

 日経225先物市場は、9270円△140円高と、米株高・円安に買い戻されて上昇だが、市場には、前日の売り込まれた反動との慎重姿勢もあるが、一過性戻りか、それとも押し目完了の上昇波動かは、次週 はっきりするだろう。

 FX等の、税金で頭を悩ませている方も多いだろう。儲けには所得と合算した税金が取られ、損益通算も出来ない。高所得の人程、雑書得の取引はする気がおきない。こんな悪法から、どうやって逃れるか?? 良い考えが浮かんで来た・・・。 関係先に最終確認をした上で、お知らせしたいと思う。