2009年09月

2009年09月30日

欧米か?

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、夜間堅調に上昇 東京市場は、0〜600円高推移 夜間原油は、67.12ドル△0.41 昨晩のNY原油市場は、ドル高進行や、弱気の経済指標を嫌気して上値抑えられる展開だった。東京市場は、三空窓空け後の戻り試しの動きで、製品・限月によっては、直近の窓埋めさえも、埋め切れず、上値重たい展開が続いている。90円割れの円高に、市場のセンチメントが悪化している様子

 日経225先物市場は、10110円△10円高と、閑散な商いの中 終盤に200億円規模のドレッシング買いで、商いを膨らませたものの、89円台の円高推移に、上値も重く小幅な動きで引けた。この3日間止まった動きだが、月末・月初の急所日柄から、再度動き出す期待

 CFD取引で、海外相場を、分足で監視していると、気づかされる事があり、一定のリズムで、 トレンド殺しの逆行が、連発すると言う事 そう言えば、近年の東京市場にも、トレンド殺しの動きが多発する傾向にある。 漫才師の”タカ&トシ”のネタのように、国内商品市場は、”欧米か?” している。

2009年09月29日

場末の鉄火場

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反発 東京市場は、600円〜900円高推移 夜間原油は、66.82ドル▼0.02 昨晩のNY原油市場は、米株高やイラン情勢の緊迫化に上昇したもの 東京市場では、円安気味の動きに終日買い戻された。週末の雇用統計も注目材料ながら、それよりも、10/1の対イラン安保理事会の内容如何では、さらに緊迫する懸念も? オバマ大統領の武力攻撃も辞さないとのコメントは、今までとは、トーンが異なり、三空後の東京市場では、戻り賛成ムードに、直近の窓を埋めようとしている。

 日経225先物市場は、10100円△70円高と、米株高や円安に買い先行後、過去2ヶ月の保合下限を試す、横ばいの動きだったが、昨晩のNYダウは、120ドルを越える戻りの大きさには、びっくり。しかし 連騰するなら、絶好の仕掛場到来だろう。

 早大OBらの、相場操縦事件が、社会面にこの数日報道されている。一斉にウソ注文を出し、取り消して、売り抜ける手法などを多用したようだ。数千銘柄の証券銘柄中、明らかに、仕手筋の手が入っている銘柄は、数多くある。全部 一網打尽にすれば良いのだろうが、結局、摘発されるのは、小物ばかりで、トカゲの尻尾切りのようなもの。しかし、商品市場でも、同様の法律は存在するが、商品相場は、市場とは見てくれていないようで、場末の鉄火場  縦割り行政に問題がある。

2009年09月28日

大輪の花

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、円高に下落 東京市場は、概ね1000円〜1500円安 夜間原油は、65.52ドル▼0.50 週末のNY原油市場は、米耐久財の悪化に下落したもの 東京市場では、アジア時間入り 一時 88.23円まで急速に円が買われ事で、売り先行となり 終日 重たい展開だったが、本日で、 3連続窓空けであり、買い玉因果持つ人は、目先、投げにくく、弱気の人は、追撃売りもしにくい線形かと思うが、買い方にとっては、毎日が底値と連想するような、泥沼戦線入りと考えられるが、大局を見ると・・・。

 日経 225先物市場は、10030円▼280円安と、急激な円高や、外部環境の悪化に下落 日足は三尊型・ヘッド&ショルダーの完成と、2ヶ月ぶりの 75日移動線割れの展開で、風雲急を告げる状況 予想どうり、激動トレンドの芽は、すくすく育ち、大輪の花を咲かせるか?

 某著名トレーダーは、「やっていて、気分が良い事は、間違っている場合が多い」と、言っている。射幸心を満足させる、趣味のトレードなら、、ドテン・ドテンとお金を失うまで、続ければ良い。お金を残そうとするなら、忍耐が必要かと思う。仕掛するのも、投機だが、仕掛しないのも、ノーポジションと言う、立派なポジションである。

2009年09月25日

重要変化の日柄帯

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に続落 東京市場は、概ね 1200円〜1500円の下落 夜間原油は、65.91ドル△0.02 昨晩のNY原油市場は、米中古住宅販売の弱気の経済指標やドル高を嫌気して下落したもの 東京市場では、7/23日ぶりの安値となっており、逆バリトレーダーは、困惑の様子だが、今週〜次週の水星逆行終了にかけ、重要変化の日柄帯である事を勘案すると、どんな動きになっても、不思議でなく、泥沼戦線だけは、避けたいところ

2009年09月24日

激動トレンドの芽

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 東京市場は、期近を除き、概ね1500円〜2000円安 夜間原油は、68.7ドル▼0.27 昨晩のNY原油市場は、在庫統計の発表に下落したが、株高・ドル安反応薄い様子 東京市場では、連休中のNY原油の下落に、大幅安からのスタートとなったが、売り先行後は、徐々に買い戻される展開だった。連休中のドル安進行に、逆行安のNY原油は、悪材料の内包か?

 日経225先物市場は、10460円△120円高と、堅調な海外高を受け、買い先行後、先物への大量買いに急伸し、10530円まで上昇したものの、後場からの円高進行を嫌気して上げ巾を削る展開 今日までは、中間期末配当権利最終日による買い戻し圧力は、明日からは、売り戻しに繋がる公算

 昨晩の米国時間では、FOMC 声明文の発表直後は、MBS と政府機関債の購入期限延長や、出口政策に対する言及がなかったことを材料に、 ドル売り進行となったものの、前日のドルの安値更新後は、材料折り込み後、ドルは急伸し方向感ない荒っぽい動きが継続している。株式市場と、商品市場・為替市場のちぐはぐな動きで、連動性は低下 どの動きが本当か? 重要変化日接近で、激動トレンドの芽が育ちつつある。

2009年09月18日

河童

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外小動きに軟調 東京市場は、0〜300円安推移 夜間原油は、72.13ドル▼0.34 昨晩のNY原油市場は、株安、ドル安で売買材料が交錯し小幅安となったもの 東京市場では、連休リスクを警戒した売りに終日軟調だった。今日が終われば、次ぎ市場が開くのは、木曜日と言う、長期連休であり、開けてビックリになるかも??

 日経225先物市場は、10340円▼40円と、長期連休を前にした短気筋の手仕舞い売りに、概ね軟調な推移 亀井大臣の「モトリアム発言」に金融株が引き続き売られたものの、財務相の発言により不安後退で買い戻された。

 昨年の夏天井 今年の3月底と、過去多くの大天井・大底と、ピンポイントで的中させて来たが、最近のような、保合相場では、我々順張り型発想の、トレーダーは、”丘に上がった河童”と同じ。保合波動で体力・気力を消耗し、肝心な大波動まで、トレンド追随が続かなくなる。 儲け損なう事は、わかっていても、安全に、小すくいトレードで、茶を濁す方法が無難だろうか? しかし、アストロ分析による重要変化日が、接近中であり、その日柄に向けて、条件が揃うなら、討って出る心構えで、各市場を監視中 秋相場に期待?

 ※商品会員(ネット・週報) 225先物/オプション会員の、週末更新は、連休最終日 9/23更新へ変更となります。※

2009年09月17日

ピンポイントヒット

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続伸 東京市場は、700円〜1500円高推移 夜間原油は、72.41ドル▼0.1 昨晩のNY原油市場は、ドル安・米株高の他 強気の在庫統計の発表に上昇したもの 東京市場では、海外高を受けての上昇ながら、投機マネーが世界市場で、活発に動きだし、暗躍の様子が伺える。米CTA資金が国内市場に、広く流入し、悪巧みを画策している様子で、ガソリンの取り組み増加や、国際石油開発(1605)株の連騰にも、表れており、サプライズな展開が予想される。

 日経225先物市場は、10380円△170円高と、三尊天井型完成のTOPIXに反した上昇は、連日の米株高や、円高一服感によるもの 中間期末配当落ちを迎える、連休明けまでは、現物市場からの買い戻し圧力が勝る予想

 昨晩、会員向けに提示した、NY原油 10月限の、70.50?以下の買い提示は、綺麗にピンポイントヒットし、既に2?以上の利益が乗っている。東京石油市場との、大きな違いは、24時間取引可能な事で、絶対的な安心感がある事。ストップロス発注も、東京市場のように、夜放れしないので、リスク管理が簡単である事 東京市場のように、取組の薄い市場では、極悪投機筋が、投げ・踏みさせないように、大きく夜放れさせる事があるから、困ったものだ。投げ・踏みさせたい価格で、逃げれる絶対的な安心感がある反面 高額所得者にとっては、税制面では、不利な勝負でもある。

CFDの利点は、1.仕掛枚数を細分化出来る事 2.納会期限がない(自動ロールオーバー)事 3.ほぼ24時間取引(ストップリスク軽減) 例えば、NY原油は、 東京原油1枚の、約1/10枚数程度が、最小単位である。日経225については、1/1000枚数の単位なので、ミニの1/100単位からなので、買い増し・ポジション縮小などの、細かい対応が可能な事 CFDを始める事で、トレードの巾が広がり、投機マネーの動きも見えて来るはず。  →CFD証券の比較

sekiyuh0917k


2009年09月16日

鳩ぽっぽ内閣

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に小幅高 東京市場は、200円〜700円高推移 夜間原油は、70.87ドル▼0.06 昨晩のNY原油市場は、株高・ドル安の他 予想を上回る経済指標を好感し上昇したもの 東京市場では、製品安が影響して、NY原油の上げへの感応度は少ないよう。

 日経225先物市場は、10210円と△20円高 連日の新高値追いの米株高に呼応して、上昇していたが、午後からの円高進行に大きく上げ巾削って引けた。中間期末配当の権利落ち、9/24日までは、現物市場からの買い戻し圧力は継続の可能性だが、5連休明けが恐いところ

 安値低迷していた、コーンが急騰しており、次週の霜懸念にシカゴが急伸した事が背景です。 しかし 材料を伴っての上昇は、恐くありません。知ったらしまいとなるのが通例ですが、国内は5連休を控えて、次週明けた時には、降霜があったかどうか、結果が出ています。応分な過熱ポイントがあれば・・・。

 鳩山内閣の組閣人事が固まったようで、一部不満な人事もあるものの、概ね合格点と考えます。明治以降 脈々と受け継がれた、官僚支配の構図を壊せるかどうか? 敵は霞ヶ関だけでなく、外にもいるから、用心してかからねば、ロッキード事件の田中元首相のように、外敵に足下をすくわれる。私利私欲に走る叩き上げの首相より、大金持ちと言われる鳩山首相の方が、余程、安心出来ると言うもの。宇宙人とも評される、鳩ぽっぽ内閣の手腕に期待したい。

2009年09月15日

ヘッド&ショルダー

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外小動きに反発 東京市場は、灯油の当月を除き、堅調な推移で引けた。夜間原油は、68.77ドル▼0.09 昨晩のNY原油市場は、世界的な株安で前週末からの弱気が継続し小幅安したもの 東京市場では、反発スタートしたものの、買い一巡後は、上げ巾削る保合で引けた。5連休を控えて、仕掛にくい動きが続く。

 日経225 先物市場は、10190円△10円高と、米株高に高寄りスタート後、軟調な米株夜間市場に、売られる展開だった。特に金融株の軟調が目立つ展開だったが、売買高は低調継続だった。ヘッド&ショルダーの三尊型天井型が完成した、TOPIXに対して、225先物も、あと少々の下落で、完成間近だが、線形が完成しても、騙しがあるから、下落相場と決まったわけでない。

 ゴム相場は、前日夕場の安値から、大きく戻しており、先限では約8円高している。昨日の20円の大暴落の反動高となっているが、定期的にこういうイベントをしないと、投機筋も儲からないのだろう。下値の窓埋め試しの後は、今度は上値の窓埋め試しか?

2009年09月14日

ドル円のボトムは近し?

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に大幅安 東京市場は、概ね1600円〜2000円内外の下落 夜間原油は、68.26ドル▼1.03 週末のNY原油市場は、株価の失速やドル安も頭打ちとなった事からの売り先行の流れ 東京市場では、アジア時間からの、ドル高進行や、夜間原油安 内外株安を受け安寄り後 下げ巾拡大する動きとなったが、ほんの少し、ドル高に振れただけで、投機資金は、一気に萎縮するようだ。

 日経225先物市場は、10180円▼220円安と、90円台に突入した円高恐怖や、時間外でのドル高による米株安に、寄り後 売り先行の急落となったが、現物株の商いは低調で、今日も先物主導の下落となっている。オプションの取り組みは、昨年の2倍に膨らみ、デリバティブ手動の裁定取引が多い事が伺える。SQ前後の急落は、一過性で終わる事が多いが・・・?

 CFTC建ち玉報告での、ドル円は、大口ファンドは、41459枚の円の買い越しとなっており、近年の最高水準 50000枚に迫る水準まで、拡大している。しかし 現在の日柄から、どこまで円高進行余地が残るのか? なかなか90円の大台を割れようとしない様子を見る限り、ドル円のボトムは近し?