2009年10月

2009年10月30日

GDP発表

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反騰 東京市場は、350円〜1810円高 夜間原油は、79.92ドル△0.05 昨晩のNY原油市場は、予想を上回る米GDP発表による急激なドル安にリスク選考が強まった事が背景 東京市場では、大幅な高寄り後は、ガソリンの期先限が大きく上げ巾を削る展開だった。昨日の手口は、隠密行動だったNEJが久々に上位10社に浮上し、905売り/1119枚の買い越し手口となっていたが、NEJの買い越し手口は、日経225 先物も同じ買い越しで、連動傾向にあるよう。 GDP発表が昨晩の急騰の背景だが、この材料は次週のFOMCで、出口戦略に対する何等かの発言の可能性が強まるので、逆にドル高材料になるのでは?

 日経225先物市場は、10010円△130円高と、米株高・円安を受け買い先行の流れだったが、高寄り後は、積極的に買い進む向きも見られず、上下 40円の小さなレンジの保合で引けた。第3コーナー終了し、次週SQ納会に向けて、好位置とは言い難い終わり方だった。今晩の市場で、リスク資金がどう動くか?

2009年10月29日

チャンス到来と見れば

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に続落 東京市場は、200円安〜2160円安と、ガソリンの上げ巾が大きかった。夜間原油は、77.24ドル▼0.22 昨晩のNY原油市場は、在庫の増加や米株・ドル高進展によるもの 東京市場では、大量の買い玉を保有すると推察される、NEJは、上位10社手口も顔を出さず、変わりに、三菱Fが、1037枚売り/682枚買いの手口となっている。流動性低い市場では、市場に大きな影響を与える手口は、他機関店での、反対売買や、他市場でのヘッジ 及び、手口が表に出ないように、細分化して注文発注するのが通例で、隠密作戦遂行中

 日経 225先物市場は、9880円▼200円安と、米株安や円高進行に大幅続落で、3週間ぶりの1万円割れで引けた。競馬で例えると、第3コーナーの出口に差し掛かり、ゴール(SQ)に向け概ねの展開が見えて来る日柄であり、積極的な仕掛が好ましい。

 商品市場の「実需なき活況」は、ドル離れによる投機マネーの仕業だった。米金利先高感にあわせて、日本の長期金利も急騰している事が、この数日の円高進行の理由ともなっている。次週 3日・4日のFOMCまで、連発ドル高(対ユーロ)の可能性がある。同時に円高進行ならば、リーマンショックと同じく、リスク資金が急速に債券市場へ大移動している事を示唆するもので、各市場連鎖パニックになりやすい。この場合 少なくとも、この1ヶ月の上昇幅全てを失う、罫線的な崩落パターンも考えおくべき。

 昨晩 NY原油の、デイトレ〜スイング売買を繰り返していたら、寝るに寝れず、米国の〜大引け(日本時間AM3:30)まで、繰り返してしまった。日中の東京市場と合わせると、20時間近く、モニターを見ているのは疲れるもの。 しかし、チャンス到来と見れば、たまには良いのでは?

2009年10月28日

隠密作戦か?

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、夜間安に軟調 東京市場は、120円安〜810円安 夜間原油は、79.42ドル▼0.13 昨晩のNY原油市場は、ドル高や、10 月の米消費者信頼感指数の悪化に押される場面もあったが、テクニカル的な買い戻しに小幅上昇となった。東京市場では、アジア時間での夜間原油安や、円高進行にガソリンの期先限を中心に下落した。昨日のガソリン手口では、買い方の手仕舞いは見られず、NEJは、上位10社に見られなかったが、ニューエッジジャパン証券は、欧米系ファンドの機関店であり、225先物市場でも、本日の売り方筆頭の手口で、暴れまくっている。流動性の低い東京市場では、隠密作戦か? どう出て来るか?注目される。

 日経225先物市場は、10080円▼170円安と、アジア株安や円高に下落した。25日移動線割れは、2週間ぶりでり、基調変化の可能性 相場感と手口は、合理的な理由があれば、朝令暮改が良い。

    
10月14日号より、2週連続で、超長期買い推奨の、キリンHD (2503)は、

    予測どうりの急伸 この2週間で、1392円→1542円(直近高値)は年初来高値更新と

    なっています。

    この間 21日には、ゴロツキ格付け会社の、ムーディーズが、同社が、過去数年間に

    渡って、借り入れでの企業買収を繰り返し財務レバレッジが増大したとの

    理由により、長期債務格付けを、A2に格下げしています。

    しかし、その2日後 23日には、極悪証券のモルガンスタンレーが・・・。

          つづきは、21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・。



2009年10月27日

ドル回帰の流れ

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に軟調 東京市場は、20円高〜500円安推移 夜間原油は、78.77ドル△0.08 昨晩のNY原油市場は、次週のFOMCで、低金利政策の出口戦略に対するコメントされそうな事が警戒されて、ドルが買い戻された事が下落の背景で、投機資金のドル回帰が進展した。東京市場では、NYガソリン・NY灯油の製品が、NY原油に比較して下落巾が少なかった事や、買い方は投機筋が大半である事で、目立った投げ物も薄く下落巾は限定的だった。当月ならいざ知らず、期先限を先導役として、異常な上昇は、「実需なき上昇」であり、投機マネーが逃避すれば、急落リスクが残るだけに、投機マネーの性格を洞察する事が必要かと思う。居座り型の性格か、逃げ足早い性格か

 日経225先物市場は、10250円▼110円安 投機資金のドル回帰の流れに、売り先行の流れ、アジア株も軒並み下落した事で、下値切り下げたものの、10200円台が固く、下げ巾削って引けた。なかなか中断保合を抜け切れないが、明日には白黒はっきりしそうに思う。

 昨年取得した、一棟収益マンションが、水詰まりを起こし、業者に修繕を依頼したところ、排水傾斜不良による、下水マスの破損との事で、大規模なマス交換工事を余儀なくされた。地中の4つの集合マスと、配水管の交換で、見積もり代金は60万円と高額である。 しかし、隠れた瑕疵は、2年間に限り売り主に賠償を求める事が出来る。これを瑕疵担保責任と言うが、性格の悪い売り主なら、賠償責任を認めない事も多く、訴訟するのも厄介である。どう出て来るか? 恐る恐る、売り主に経緯を説明したところ、工事代金の1/2を負担するとの了解を得た。性格が良い売り主だった事が幸いしたが、運が良かったのか悪かったのか? 不動産売買は、高額なだけに、詐欺まがいの極悪人が多く、信頼出来る仲介業者と、売り主が必須条件と思う。物件の惚れすぎず、相手を見る目を養わねば・・・。

2009年10月26日

買い屋の毛色

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に軟調 東京市場は、170円〜750円安推移 夜間原油は、79.89ドル▼0.61 週末のNY原油市場は、米株安やドル高に利益確定の売りが膨らみ下落したもの 東京市場では、ガソリンの新甫5月限は、上鞘発会となり、投機筋の強気姿勢は継続の様子 今後 4月限中心の買い方が、5月限にロールオーバーを進めるかどうかが注目され、投機筋が米系ならば、積極的に乗換えるはずで、逆に国内系ならば、4月限の買い玉は、維持したまま、先限に売り繋ぎながらの、シーソー的な陽動作戦を、長期に繰り返すはず。今後の手口で、金髪か黒髪か、買い屋の毛色がわかると思う?

 日経225先もお市場は、10360円△70円高と、一時 10410円と過去1週間の高値を更新したものの、維持出来ず しかし、遅効スパンは、 9/10日ぶりの陽転を果たしており、明日からの騰勢に含みを残す終わり方となっている。前場は、JAL問題の解決も近いと見て、一旦買い戻しも入ったが、後場から、上げ巾削る展開だった。過去1週間の同値圏保合は、先物トレーダーには、ヤキモキする動きだが、オプショントレーダーには、理想的な動きである。SQまで、残存3週間だが、高納会(SQ)には、今週末には、10500円以上で引ける事が条件となろう。

2009年10月23日

夜放れ恐怖

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、円安に続伸 東京市場は、20円高〜630円高推移 夜間原油は、81.44ドル△0.25 昨晩のNY原油市場は、高値警戒感による売り買い交錯により小幅安 東京市場では、92円に迫る円安に上げ巾拡大している。投機筋は、国内の期先限の売り玉に丸向かいの様子で、理不尽は、4月限の大順鞘相場は、取り組みが解れるそぶり見られず、既に11276枚と、増加が続いている。石油ファンの多くは、腹立たしく思っているに違いない。

 日経225先物市場は、10290円△20円高と、米株高や次週の企業決算期待に高寄り後、後場からは、JALの再建計画を巡っての、思惑に上値が重くなった模様 銀行団の一部が、支援に当たって、減資を要求している事が嫌気されている。日柄をかけて保合しながらの動きは、片バリポジションにとっては、すっきりしないものの、オプションにとっては、好都合

 以下は、会員向け 10/21日掲載の、NY原油の買い提示チャートだった。ピッタリ、ボリンジャーバンド下限を試す、77.61?が安値となっての上昇となっており、どんな高値を買っても、ストップロスが殆ど機能する、24時間取引は、全く恐くない。夜放れ恐怖の東京市場とは大違い。

チャンス・3倍トレード CFDと国内商品・FXチャンス ネット会員 11月生は、次週締め切り →詳細はこちらから

sekiyuh1021b


2009年10月22日

綺麗に機能

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反騰 東京市場は、840円高〜1850円高 夜間原油は、80.84ドル▼0.53 昨晩のNY原油市場は、在庫統計の発表やドル安に急伸したもの 東京市場では、海外高を受け反騰し、年初来高値を更新して引けた。50週移動平均線が、そろそろ急上昇始める事から、内外ともに青天井化しやすいと思うが・・・。

 日経225先物市場は、10270円▼60円安と、材料出尽くし観測からの売り先行後、円安進行をきっかけに、主力輸出株に買い戻しの流で、安値から切り返して引けた。10月度最終週を次週に控え、明日週末の引け方が重要かと思う。

 ドル円・ユーロ円ともに、円安進行中で、ドル円は、数分前に91.57円 ユーロ円は、137.08円が示現しており、イメージどうりの展開だが、東京コーンの続伸には、追随出来ず困惑している。焦って高値掴みするよりも、明確な仕掛戦術(ストップロス)が立てれるまで、待った方が良い。NY原油の納会押しから、劇的な急騰は、30分足では、7連騰の上昇だった。チャートが綺麗に機能する市場は気持ち良い。

 昨晩の78ドルで、NY原油12月限(CFD)を、10枚買い仕掛け(22万円証拠金)  81ドルで手仕舞いしていれば、半日で、3000ドル(約 27万円)の利益の計算である。ストップロスリスクが限定出来るから、仕掛やすい。提示ゾーンで仕掛出来た人は、おめでとう♪

CFDと国内商品・FXと、三面待ちで、チャンスは3倍 ネット会員 11月生募集中 →詳細はこちらから

2009年10月21日

心臓バクバク

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に軟調推移 東京市場は、概ね 600円〜100円安 夜間原油は、12月限 78.74ドル▼0.35 昨晩のNY原油市場は、米住宅着工件数の低下に下落したもの 東京市場では、過熱感の強かったガソリン中心に下げ巾を拡大する動きだった。NY原油納会を節目とした、反落は、深いか浅いか? 短命と考えた方が無難だろう。

 日経225先物市場は、10330円±0と、米国の住宅着工件数を嫌気して売り先行後、短気筋によるリバランスの売買が中心で、動意薄の展開 JAL再建問題・返済猶予法案・郵政改革の、銀行セクターにとっては、悪材料のトリプルで重なった環境だった。11月納会までは、まだ3週半残り、ゴールに向けてどういう動きをしても、驚かない。

    今朝、市場オープンする9時の時報とともに、来社を告げるコールがあった。

   また、保険かなにかの、セールスかと思ったら、対応に出た社員が、私を呼びに来て、

   国税が来ていると言う。

   私は、”うん? 去年 税務調査が来て、修正申告したはずだが?”と思いながら、

   受付まで出て見ると、ダークスーツに身を包み、重そうな書類鞄を持った男女3名が、

   立っており、免許証のような物を見せられた。彼らは、国税局の査察部だと言う。 

   これが、映画で見たマル査か?・・・。つづきは、21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・。


2009年10月20日

何時爆発しても

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高にマチマチ 東京市場は260円安〜380円高推移 夜間原油は、79.8ドル△0.13 昨晩のNY原油市場は、企業決算発表で上昇した米株やドル安に上昇したもの 東京市場では、過熱感のあったガソリン中心に、高値警戒感による反落だが 売り方にとっては、”やっと天井の兆し”だろうし、買い方によっては、”待ち遠しい初押しの兆し” 人によっては、見方が異なるところ 今晩のWTI原油納会落ち後、どう出るか注目

 日経225先物市場は、10330円△80円高は、米株高に追随したもの しかし 円高進行に伴って、上値は伸ばしきらない環境となっている。世界株の年初来高値更新に反して、上げ幅も限定的だが、何時爆発しても、可笑しくない。

 ゴム太郎は一気に、年初来の高値更新となった。やっぱり鞘変化に伴っての上昇は、舐めたら恐い。奴等、期近の制空権を握って、大逆鞘まで引っ張るつもりだろうか? 先限では、半値戻り急所に接近し、出方が注目される。

 ドル円相場は、週末の91.31円から、今日は、90.07円までの円高進行中 ドルのロングポジションは、今週の早い段階で、手仕舞いした事が功を奏し、次ぎの仕掛を模索中 チャートどうり動くから、気持ちよい相場である。連勝街道まっしぐらと、期待したいところ

2009年10月19日

窓を埋めざる相場は強し

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に続伸 東京市場は、210円安〜730円高推移と、製品によってマチマチ 夜間原油は、78.51ドル▼0.02 週末の NY原油市場は、ガソリン市場の上昇に追随高したもの 東京市場では、製品によってマチマチながら、ガソリン期先限は、窓空け連続の6連騰だが、旧限月の取り組み急減に対して、4月限では高水準の取り組みが維持されており、週末現在 3月限は、3411枚と最大取り組みから、▼35%減少に対して、4月限は、7078枚と、最大取り組みから、▼5%の減少に留まっている。先限の取り組みは、全く解れておらず、売り方の踏みに対して、新手の売り手が表れている。4200円まで拡大した、3月・4月限の鞘は、まだまだ拡大する懸念あり

 日経225先物市場は、10250円▼20円安と、週末に米株高に売り先行後、急速に買い戻される展開だった。今日の安値は、10130円 10/15日の窓埋め10120円には、10円届かず、”窓を埋めざる相場は強し”と言うが、次の節目越えると、爆発するか??