2010年01月

2010年01月29日

50週移動平均線

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外小動きに軟調推移 東京市場は、150円高〜470円推移 昨晩のNY原油安は、ドル高や米株安に下落したもの 東京市場では、直近の安値を下回らず、下げ拗れたように見えるとこだが、ユーロドル相場が、一向に下げ止まらずリスク資金の逃避は、全市場で継続中と考えねばならない。また、50週移動平均線を割れている事に、警戒するべきで、明日入電のCFTCでも、大口ファンドのユーロ売りが大規模に増加するなら、期待した逆行は振り出しに戻る。 今晩の米国市場の入電が注目  日経225先物市場は、10160円▼260円安と、ギリシャの財政問題や、インドの預金準備率の切り上げを嫌気したリスク資金の逃避に下落したもの トヨタ自動車のリコール問題も中国へ波及しており、外人勢の主力株買いの下支えがなくなり、悩める週末になりそう。

 明日の商品先物セミナーは、遠方からご参加される方も多いようで、衰退した商品市場にあっても、向上心を持って、取り組もうとされる表れかと思います。変化に対応するトレード それが、衰退した市場で生き残る術 参加者の方は、明日のセミナーをお楽しみに!

「国内・海外のダブル戦略で、2010年相場も勝ち抜こう!」

 開催日 1月30日(土)
 開場   14:00分  開演   14:30分 終了は16:30頃予定
  
  会場 大阪市中央区南久宝寺町3-4-14号 三興ビル7F 
    ランドスカイ(株) セミナールーム
    06-6251-2850(代)

  地下鉄御堂筋線 本町駅12番出口から、南へ300m(徒歩3分) 本町から道順地図
  地下鉄御堂筋線 心斎橋北1番出口から、北へ450m(徒歩5分) 心斎橋から道順地図


2010年01月28日

目標価格に到達

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に反発 東京市場は、250円安〜330円高 夜間原油3月限は、73.97ドル△0.3 昨晩のNY原油市場は、在庫統計で製品在庫の増加や、ドル高に下落したもの 東京市場では、夜間高や、円安進行に後場から買い戻されたが、2/3押しを越えて下落したNY原油の線形の、気持ち悪さが残る。

 日経225先物市場は、10420円△150円高 FOMC声明や、一般教書演説に売り材料が見られなかった事から、国内金融機関が積極的な買いを入れたとの観測されたものの、根強い金融規制警戒に、ヘッジファンドの売りが続き、上値が伸びなかった模様

 日経225や、国際商品・国内商品の殆どの銘柄が、50日移動を割れたか、近似しており、本日の価格で、金を除く全ての銘柄が、弱気見通しだった目標価格域に到達した。今後の上昇を戻りと見るか、新上昇波動と見るか? 予測どうりなら・・・。

 大阪証券取引所も、米ナスダックOMXシステムを採用し、既に稼働中の東京工業品取引所と、システム連携を目指すと昨日の新聞に掲載されていた。年内の法改正で、証券取引所と、商品取引所の統合が可能となる為、合併して傘下におさめる為の布石だと思う。米ナスダックのシステムを、採用した時から、東京工業品取引所の運命は決まっていた。世界最大のCMEグループの傘下に入った以上は、奴等の金融植民地となったわけで、何れ、相場操縦で揺さぶられ、根こそぎ、大損させられるに違いない。 逃れるには、客観的な指標をしっかり持って、トレードに臨む他なし!

 今年も大相場を狙います! ネット会員  2月生 29日締め切り〜 → 詳細はこちらから

2010年01月27日

50日移動に接近

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安にマチマチ 東京市場は、350円安〜110円高 夜間原油 3月限は74.72△0.01 昨晩のNY原油市場は、中国の金融引き締め観測に下落したもの 東京市場では、夜間の堅調に、原油高・製品軟調の展開で推移 今晩のオバマ大統領の一般教書演説での、過激な発言を金融界は警戒している模様で、リスク資金の逃避傾向が続いている。平穏な内容で通過するか否か? 

 日経225先物市場は、10270円▼70 世界株軟調な中 ヘッジファンドの売りに4日連続の続落 今晩のオバマ大統領の一般教書演説の内容待ちで、後場からは様子見ムードが強まった。25日移動を割れて、50日移動に接近する下落となったが、現物市場では、12/15日以来、新安値銘柄数が、新高値銘柄を上回り、陰の極も近いのだろうか??

 ユーロ円の週足では、恐ろしい線形になっており、過去9ヶ月間の、突っこみ買い神話の

 終焉となりそうな雰囲気です。

 幸い 我々は、年末からの突っこみ買いは、2回転の利益確定させ、運良く、

 戦線離脱して、現在は静観中です。

 強気だった市場を、なぜ、我々は慎重対応に変化したのか? 

つづきは、21:00配信の21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・。


2010年01月26日

融資抑制措置

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、夜間安に下落 東京市場は、130円〜540円安推移 夜間原油は、74.43$▼0.83 昨晩のNY原油市場は、バーナンキFRB議長の再任を好感した米株の反発に反発したもの 東京市場では、中国がさらなる融資抑制措置を講ずる懸念に、ドル高・円高進行・株安進行が、夜間安に繋がったもので、中国株の下落が大きく影響している模様 東京ガソリンは、12月安値からの上昇幅に対して、2/3水準を既に割れており、全値下げ若しくは、下げ止まらぬなら、底なし沼も想定が必要かも?? 

 日経225先物市場は、10340円▼170円安と、外人勢の主力株買い継続に、堅調なスタートだったものの、後場からの中国株安・ドル高進行に、不安心理が世界的に広がり急反落して引けた。中国が明日あたり、融資抑制措置を講ずるとの懸念によるもので 中国工商銀行は、既に月内融資を打ち切っているとも伝えられ引き締め不安が増幅している。

 週末 1/30(土)開催セミナーの、資料づくりのラストスパートで、奮闘中 今回は、CFDスイングと、サイクル理論を中心としたセミナーの予定であり、参加される方々は、きっと喜んで頂けるに違いない。 予測どうりなら、商品市場ファンの人にとっては、24時間取引のCFDも参戦可能なので、楽しい年になると思う。歴史は繰り返すと言うが、今年は大勝の予感がする。

2010年01月25日

12/22日の窓埋到達

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に続落 東京市場は、420円〜1630円安推移 夜間原油 74.68ドル△1.14 週末のNY原油市場は、オバマ金融規制法案の余波に続落した米株安に下落したもの 東京市場では、売り一巡後は買い戻される展開で、今日の安値 先限 51070円は、上昇途上の窓埋め (12/22 51020円)や、25週移動平均(51450円)を試す重要ポイントを、ヒットしており、今後の展開が注目される。

 日経225先物市場は、10510円▼80円安 週末の海外安や、円高に売り先行後、買い戻される展開で、依然 値がさハイテク株に外人買いが継続しており、意外に底固い展開だった。12/22日の窓埋め値 10380円直前からの反発だったものの、陽線引けでは、投げ出尽くしとも言い難いところ 月末がどの水準で通過するかが問題と思う。週末 商品市場と、225先物市場で、大量に売り越したCSJの手口は、今日はどうなっているか??

2010年01月22日

忍耐強いられる

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に大幅下落 東京市場は、960円〜1850円安 夜間原油 2月限は76.04ドル▼0.04 昨晩のNY原油市場は、在庫統計のガソリン増加発表や、米金融規制案による米株安によるもの 東京市場では、商品市場全面安の流れに売り一巡後は、後場からの円安や株の戻りを見て、下げ巾縮小させた。各市場ともに、大きく出来高が膨らんでおり、投げ一巡となるかどうか? さて、日柄ともに、教科書どうりの展開だったが、ここからが難しい。

 日経225先物市場は、10590円▼250と、米金融規制案を嫌気した米株安を背景に、一時300円を越える下げ巾拡大させたものの、後場からは、下げ巾縮小して引けた。今日は、25日移動線や基準線を試し、先行スパン捻れで、重要変化日のところ 出来高も急増で、今日の内部要因変化に注目したい。この2週間は、利が乗ってもすぐ剥げるとパターンで、忍耐強いられる日柄が続いた。次週の展開に期待したい。

2010年01月21日

相関関係が薄れて来た

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落 東京市場売り先行後、灯油中心に買い戻される展開 東京市場は、90円安〜260円高推移 昨晩のNY原油市場は、ドル高や米株安に下落したもの 東京市場は売り先行後、夜間高に合わせて、800円程度買い戻される展開だった。ドル相場との相関関係が薄れて来た様子を見る限り・・・・。

 日経225先物市場は、10840円△130円高と、米株高を受け売り先行後は、急速に買い戻される展開だった。中国経済の拡大継続が確認される経済指標だった事や、主力株への外人買いが継続している事によるもの 今日の異常な出来高急増は、不穏な動きとも見てとれるところで、下落波動のタイムリミットが近づいているように感じれる。

 面倒な確定申告の季節がやって来る。商品先物や、225先物&デリバティブ系は、必要経費を控除して、申告するのが本道です。 税金は、”その収入を得る為に支出した経費は控除される”が基本ですが、税務署窓口に出向いて、相談しながら申告をすると、殆どの担当署員は、必要経費参入に、文句をつける。税務署で不毛な議論を繰り広げても、頭の固い署員相手では、拉致があかず、結局は必要経費の算入を減額されたり、諦めたりする人も多いのでは? 今は、電子申告と言う手もあるし、郵送もOKなので、極力、税務署に出向かずに済ませたいものだ。申告さえすれば、多少 必要経費が、他の人よりも多かろうと、文句を言われる事は少ない。希に、貧乏税務署管区でなら、後日 調査を受けるケースもあるが、セミナー参加や、他の投資家との情報交換・交流等を行っている投資家ならば、交通費・通信費・書籍費・交際費(情報収集の為)・投資顧問料等で、年間 数百万円程度までなら、控除出来ると思う。

 また、税務申告には、領収書添付の必要はなく、また、交通費などは、支出を裏付けるメモ書き等の記録があれば、後日の税務調査でも心配はいらない。 会員の方で、2009年度分の、投資顧問料の支払証明が必要な方は、→問い合わせフォーム  ?会員種別&会員番号 ?お名前 ?住所 を記入の上、ご請求下さい。

2010年01月20日

バブル再来の予兆

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反騰後、ガソリンは上げ巾の全てを失う下落 東京市場は、280円安〜200円高推移 夜間原油 2月限は、78.2ドル ▼0.82 昨晩のNY原油市場は、米株高に上昇したもの 東京市場では、今日の戻り高値は、ガソリン先限では、55180円 原油先限 45510円と、最大戻り予測値に、+120円〜-90円ゾーンの急所からの反落でした。ドル高や、中国株の下落が、投機筋の売り拡大に繋がった様子

 日経225先物市場は、10710円▼50円安と、米株高を受けて高寄り後、米マサチューセッツ州補選で、民主党候補が落選した事や、中国一部銀行への、預金準備率引き上げ要請が、アジア株安に波及したもの 刻々とタイムリミットが近づいている印象

 ”JALを買いたい” と言う相談が今年になって、とても多かった。短期の値幅取りで買うなら別だが、”紙切れになるべき株を買う理由はなにもない” とお答えしていた。 万人弱気に向かうと言う、発想は悪くないが、物事の本質を知る=経験・洞察力が、足りないのだと思う。 債務超過した仕手株なら、数円から、数百倍の暴騰劇を演じる事も珍しくないが、JALは、規模が大き過ぎ、国の規制もあるので、仕手化する事はない。

  本メルマガの題名 ”マネーの潮流”としていますが、投資の世界では、個別需給よりも、

 ”マネーの変化”が、最も重要である事は、読者の方々へ 再三、お伝えして来た事です。

  基軸通貨であるドル相場の退潮で、大枠のマネーの流れが予測する事が出来ます。

 毎週末 CFTC(全米先物取引委員会)による建玉状況の発表がされておりますが、

 大口投機家(ファンド系)の手口の推移を、注意深く見て行くと、価格変動との間に、

 相関関係が認められます。

  我々が、過去、多くの大相場初動を予測し、的中させて来た指標の一つが、

 このCFTC建ち玉報告の分析です。

 ユーロ売り越し(ドル買い越)は、過去5週間は、以下のような推移となってます。

 ▼14307→▼10419枚→▼30556→▼32524→▼15925枚

 つづきは、21:00配信の21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・。


sekiyui0114k


2010年01月19日

毒をもって

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外休場の中 夜間高にマガソリンのみ堅調 その他はマチマチ 東京市場は590円高〜130円安推移 夜間原油 2月限は、 78.40ドル 昨晩の米国市場は、キング牧師単調美で休場 東京市場では、堅調な夜間市場に、反発スタートしたものの、買い一巡後は、徐々に伸び悩み値を削る展開だが、25日移動線割れからの反発は、明日まで、残るかどうか??

 日経225先物市場は、10760円▼80円安と、米国休場で低調商いの中 シティー・IBMの決算発表待ちの見送りムードが強く、海外投資家の買い意欲も後退して来た様子で、軟調で引けた。6日移動線割れ、2日連続は、11/27日の安値以来、初めてのパターンとなり、今晩の米主要企業の決算内容によって、さらに調整色を強めそうな雰囲気で、明日の寄りから、大きく窓を空けて、安寄りするパターンもあるのでは??

 民主党の幹事長 小沢のおっさん、鬼瓦のような顔をして、検察権力と真っ向から戦う姿勢に、私は、エールを送りたい。4億円の資金には、建設会社からの収賄資金が、ある程度入っているには違いないものの、弁護士&都議会議員だった父の遺産を引き継ぎ、国会議員の高額所得で、14回の衆議院議員を当選したからには、4億円のタンス預金との言い訳は、一般庶民の感覚からは、信じれないだろうが、充分現実味もあるように思う。
 ”年間1000万円の貯蓄で、議員生活40年 タンス預金してなにが悪い”と、言われて、それを検察が崩す事が出来るかどうか? 逮捕と言う強権により、形式的な微罪でも大きく取り扱う検察側にこそ、必要以上の悪意を感じる。嫉妬とエリート意識が、彼ら検察のモチベーションを維持する理由だと思う。小沢のおっさんが、悪かろうが、 ”毒をもって、毒を制する” それしか、日本国再建の方法はなし。鬼瓦が、誰も清廉潔白とは思っていない。

2010年01月18日

確信犯的な行動パターン

人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に続落 東京市場は、290円〜1260円安 夜間原油 77.74ドル▼0.26 週末のNY原油市場は、ドル高・米株安や、寒波緩和による需要減退観測に下落したもの 東京市場では、1ヶ月ぶりに、25日移動線割れまで反落後、小戻す展開だった。一旦 戻すか? 止まるポイントと推定されるものの、本格的な波動反転を期待して、買うには、少々早いような・・・?

 日経225先物市場は、10840円▼130円安 米株安や円高基調を嫌気した売りに、下値を切り下げる展開だったものの、海外市場とは異なり、東京市場での金融株は比較的堅調で、外人買いが継続している事が、下値の安心感に繋がっている様子 週末金曜日の高値10980円は、31営業日目であり、一目均衡表のN計算値=10970円 週足の窓埋め値=10950円に到達しており、テクニカル的な急所ポイントでした。想像以上に強かったとの印象ですが、今週はどうなるか??

 年初から、取り組み急増中の銘柄は、NY金・NY原油・シカゴコーンなどが、観測されるところ 12月の相場では、価格が下落しながら、取り組みが増加した東京金が注目されました。同じ銘柄ですが、国別市場の違いで、手口が分かれる投資主体の確信犯的な行動パターンを見る限り、近い将来に大きく動き出す銘柄が、見えて来ます。 予想どうりなら、先導役は、○○○となるはず。

 歴史は繰り返すと言うが、今年の相場は、○○年モデルを照準にした戦略で攻める事で、大利が得られる公算 詳細シナリオは、月末セミナーで・・・。 1/30(土)セミナーは、定員に達し、締め切りました。