2010年10月

2010年10月29日

三菱商事 お前もか?

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 三菱商事Fが、遂に商品先物の、法人の受託を停止し、ネット取引などの、オンライン事業は、ドットコモに譲渡するようです。バブル期頃より、相次いで参入始めた商社系の全てが、撤退する事となります。三井物産 日商岩井 トーメン 伊藤忠 丸紅と、事業撤退しております。 目の敵にした、極悪商社連ですが、いなくなり、寂しい時代になったものです。

 日経225先物市場は、9190円▼180円 景気の先行き不透明感の中 円高に進行した事や、先物で大口売りが出て下落 9/15日以来の1ヶ月半ぶりの安値に下落、 ちょど、日銀のサプライズ介入前の価格まで下押しした事となります。昨日の日銀金融政策会合後に、債券が大きく買われた事など、過剰流動性資金の復活を期待が消滅し、行って来いの水準まで、逆戻りしました。 長期移動平均線(75)を割れて、トレンド消滅水準 尚 ジャスダック平均では、年初来安値を更新しており、具合が悪そうな雰囲気です。米国の金融緩和に対する前評判 期待が高過ぎたようです。しかし、来月 4日・5日に前倒した日銀も、投機筋に舐められたものです。

 今日の石油市場は、円高や、NY原油の軟調に下落  東京ガソリンは、230円〜890円安推移 夜間原油は、12月限 81.57ドル▼0.61  東京ガソリンは、10/5日が高値 NY原油は、10/7日が高値でしたが、新甫発会から、4日経過しているものの、投機筋の参入を伺えるような、取り組みの増加が見えません。理不尽な展開が続きそうです。


実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年10月28日

破綻目前の無政府状態

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 最近 物忘れが酷く、作業途中の内容など、中断すると、思い出すまで時間がかかる事が多いです。また、物や人の名前が出て来ず、「あの〜 あれ〜」が多くなりました。お爺になってきた証拠です。その内に、自分の仕掛けしたポジションまで、忘れるのでないかと、心配です。

 日経225先物市場は、9370円▼40円 海外安に安寄りスタート後は、午後からの日銀金融政策決定会合を受けて、プラス圏に浮上する場面があったものの、長続きせず、行って来いの失速 日銀の資産買い入れ策の内容発表では、反応は乏しく、むしろ、次回の政策決定会合を、10日ほど 前倒しした事が、一時的な思惑人気になったようです。前倒しした日銀決定会合は、FOMCの翌日 11/4〜11/5日との事 米中間選挙と、FOMC大イベントが控えてます。

 今日の石油市場は、堅調な夜間原油に、高寄りスタート後は、後場からの夜間原油の軟調や、円高進行を嫌気して軟調  東京ガソリンは、280円〜340円安推移 夜間原油は、12月限 82.12ドル△0.18 順張りトレーダー、苦難の日が続いてます。

 以下のチャートは、東京小豆です。二枚目の95年同時のドル円相場と、移動平均線の形状が似通っていませんか? 私の好きな線形なので、タイミングは別として、ある水準からなら、買い参戦したいところですが、東京穀物取引所も、破綻目前で、無政府状態です。流動性も少ないので、止めておきます。 


戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!


創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年10月27日

ニュース・報道に騙されますよ!

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 弊社に、10月19日〜10月25日まで、証券等監視委員会の臨店検査が入りました。平成19年4月の臨店検査に続き2回目です。半ば強制的に、守秘義務に関する承諾書を書かされたので、具体的な事や、検査内容等は、掲載出来ませんが、典型的な、お上による検査でした。 はっきり言って、仕事の邪魔をしに来たようなものです。 今後 公表 改善報告書の提出など、いろいろ面倒か事が残りそうです。 監視官がこのブログを毎日見ているようなので、悪口などは、書けません。 

 日経225先物市場は、9410円△50円 保合解消売りと思われる、銀行株の下落を受けて、3日連続安で、銀行セクターの年初来安値更新する銘柄が、三菱東京UFJは、一時 368円と上場来安値更新でした。 銀行株が上昇しないと、日本株の本格的な底放れは、難しそうです。 でも、なぜ、銀行株はここまで安いのでしょうか?? 信用倍率が高い事もあって、需給関係が悪いようです。 来週のFOMCに向けて、金融緩和で、一時的な世界株高への反応が期待されます。

 今日の石油市場は、NY原油が小動きの中 大幅な円安を背景に上昇 東京ガソリンは、270円〜110円高推移 夜間原油は、12月限 81.98ドル▼0.57 でした。 東京ガソリンの出来高は、前日17:00〜4:00分で、961枚でした。 9:00〜15:30分の出来高は、1387枚です。 日中取引に比較して、夜間での出来高が増加しており、市場のパターンが変化して来てます。 でも、何時の間にやら、花形銘柄だった、ガソリンの取り組みは、20674枚とは、寂し過ぎます。 市場の変化に合わせて、自身の、トレードスタイルも変化させなければ、市場のカモにされます。 線と自身を信じるだけです。

 歴史的なドル円の大転換(1995年)の当時の詳細を、知りたくありませんか? 例えば、79.8円からの、ドル円が、大転換した前後数ヶ月の市場は、どうだったのか? 知りたくありませんか?  ? 日本政府の円安介入が始まってから、円相場は、何時まで、円高が止まらなかったのか?   ? FRB議長や、米財務長官は、どんな発言を繰り返したのか?  ?日米の協調介入が行われて、円高が反転したのか?   ? G7共同声明からの、為替レートの動きは?   FXのトレーダーなら、当時の歴史的な大イベントを、詳細に、知っておくべきと思います。 傾向を、知って、インプットしておかないと、これからの、ニュース・報道に騙されますよ! 

 21:00配信 マネーの潮流(メルマガ)で・・
 

戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年10月26日

ドル高/円安反転のXデーを探る!

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 小さな商業ビルの、テナント事務所が、1年以上埋まりません。 やむを得ず、自社で入居する事にしました。3F建ての、ぼろビルですが、貸金の代物弁済で所有する事となった物件です。代物弁済しても、まだ1000万円以上の貸金が残ってますが、相手は、宅建業者なので、保証協会と、業者を相手どって、貸金返還訴訟中です。 曰わく付の物件ですが、年末の引っ越しで、4室全てが満室となります。 めでたし、めでたし!

 日経225先物市場は、9360円▼70円 金融緩和観測を前提とした欧米株高に対して、日本市場では、円高が重石となって、軟調推移。短期筋が中心の売買で、実需筋の商いが乏しいようで、国内投資家も、日本株離れが続いています。刺激のない動きが続いて、じれて来ました。

 今日の石油市場は、新甫5月限発会による乗換に、軟調な推移で、期先の下げ巾が大きく  東京ガソリンは、70円〜280円安推移  夜間原油は、12月限 82.16ドル▼0.36 来週のFOMCによる金融緩和を控えて、下がりにくい環境で、徐々に下値が固まりつつあるか? 

 1995年は、とても思い出深い年です。 当時35歳のサラリーマンだった私は、大阪に転勤となり、すぐに、阪神大震災を経験した年です。3月の地下鉄サリン事件を経て、日米当局の協調介入など、興味深い事象が多かったです。さて、1995年の、ドル円相場の、大底パターンを、テクニカル面と、材料面の双方から、分析レポートを執筆中です。 日本政府は、何時ごろから、単独介入を始めたのか? 協調介入は何時からか? 当時のFRB議長や、クリントン大統領の発言など含め、様々な観点から、95年大底を検証しました。  「ドル高/円安反転のXデーを探る!」  きっと、大底判定には、役に立つはず・・・。 明日配信のメルマガに掲載予定です。
 


創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年10月25日

ジジババストリート

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 中央区南久宝寺町3丁目で、心斎橋筋のアーケード街に面した今の事務所は、地下鉄本町駅から、雨に濡れない事ぐらいが取り得です。 歩いている人は、年配の人が多く、私は、爺婆(ジジババ)ストリートと読んでおり、華やかな、オフィース街とは、少し異なります。 この数年で、海外からの旅行者に大きな変化が見え見えます。数年前までは、ウオン高を背景とした韓国人旅行者と、中国人旅行者の比率は、半分程度だったと思いますが、今では、殆どが中国人旅行者で、時間帯によっては、通行量の半分を彼ら旅行者が占める時があります。 中国パワー恐るべしです。 そんな、環境の事務所でしたが、年末には、引っ越ししようと計画しています。 良く言えば自社ビルへの引っ越しとなりますが・・・。 詳細は、後日・・・。

 日経225先物市場は、9430円△10円 G20通過後は、新規材料難で、方向感のない保合で推移した。対ドルで円高気味の動きで、80円台に突入しており、今晩は、80円台割れチャレンジしそう。対ドルでの円高は、米株高となるので、東京市場の下落も限定的と見られるところ 機関投資家は、利回り向上の為、Call オプション Put オプション双方ともに、売っている事が、IV値(予測変動率)の低下に繋がっている。ヘッジファンド等は、日経平均は、まだしばらく保合推移と見ているよう。

 今日の石油市場は、海外高に上昇 東京ガソリンは、60円高〜320円高推移  夜間原油は、12月限 82.79ドル△1.1 円高傾向に、失速する場面もあったものの、夜間原油高が勝り、堅調で引けました。注目の満月変化日を越えた事で、値固めからの波動を期待したい。次週は、米中間選挙に、FOMCが焦点


創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年10月22日

凪(なぎ)相場

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 香港の不動産価格が上昇しています。 650万香港ドルの、預金や株式投資・不動産などの資産を保有すると、永住権が貰えるそうです。ライブドア事件前後の、村上ファンドも、法人税の安いシンガポールに逃げて行きましたが、中国が関与する国は、恐いのも事実・・・。 

 日経225先物市場は、9420円△50円 米株高に反映して高寄り後は、明日のG20を控えて様子見ムードが強まった。後場からは、上下50円巾の凪相場で引けました。G20では、当たり障りのない内容で、材料にならないとのでは? と観測されている。

 今日の石油市場は、海外安に軟調 東京ガソリンは、290円安〜130円安推移 夜間原油は、12月限 80.82ドル△0.26 ドル高や、中国経済の鈍化を懸念した売りに下落したもの 石油製品に限らず、殆どの銘柄が、25日移動〜基準線まで調整しており、また、一目均衡表の変化日を来週に迎える。満月変化日も通過して、次週は新しいトレンドの再スタートを期待したいところです。


創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年10月21日

ガイトナー発言に大波乱!

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 10年近く、三井物産で、積み立てしていた金貯蓄は、3年前に売却しました。2800円/g程度だったと思います。97年〜2007年末頃までの、約10年間で、800円台も、ドルコスト平均法で、買っていたものなので、少々儲かったとは思います。 今では、3500円と、売却当時から、20%程度上昇してます。たった3年で、20%も上がったと考えるのか、20%しか上がっていないと考えるのか? 人によって、それぞれだと思いますが、私は、”たった20%としか”と思います。 そう言えば、金貨や、金の喜平ネックレスなど、今の内に、売却しようかと、家中を探しているのですが、どこに行ったか出て来ません。 ないと言う事は、もしかして、・・・・。 私は、恐くて聞く事も出来ません。 嫁は恐し・・!

 日経225先物市場は、9370円▼10円 米国株高を受けての高寄り後は、円相場の動きに合わせて乱高下 円安介入を思わせる円の急落は、ガイトナー発言によるもので、「対ユーロ・対円に対しては、これ以上のドル安が必要ない」との発言によるもの 結局 日本政府の介入ではないとの見方となり、急上昇した分は、押し戻されて引けている。以下IV値チャートのように、数値の低迷は、株価は大きく動かない事を示唆している模様

 今日の石油市場は、海外高に反騰 東京ガソリンは、260円〜350円高推移 夜間原油は、12月限 82.1ドル△0.33 海外市場の反発に高寄り後は、急激な円安に上値伸ばす場面もありましたが、軟調なNY原油や、円高に寄り値近辺までの反落しました。 ガイトナー発言は、通貨安戦争に、ブレーキをかけ、皆を油断させるつもりか? それとも、額面どうりに受け取るべきか? 過剰流動性資金の去就に大きく影響します。 


創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!



 実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年10月20日

1回目の規制は買い! です。

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 頭の中がテンバッテいます。 仕掛け提示中のポジションの処遇に加え、○○○への対応です。 その上に、任意売却の投資物件が持ち込まれ、私の処理能力を超えています。 心身ともに、万全の体制で、相場に対峙・分析しないと、大曲りのもととなります。

 日経225先物市場は、9380円▼150円 中国の利上げによる欧米株の下落に、幅広い銘柄に売りが広がり急反落しました。2年10ヶ月ぶりの中国の利上げですが、たった一度の利上げで、それまでの基調が転換するなら苦労はしませんし、中国当局もそれを臨んでいないのは、誰でもわかる事 それであるなら、一過性と考えるのが妥当

 今日の石油市場は、海外安に大幅安 東京ガソリンは、1500円〜1120円安推移 夜間原油は、80.01ドル△0.52 NY原油安を受けて、急落スタートとなりましたが、「一度目の規制は、買い」と、相場格言では、言われます。 規制とは、仕手相場なら、取引所規制 信用取引の規制 今回のような、インフレを抑制を目的とした、金利引き上げも、同じ規制です。 後場からの中国株の上昇を見ても、影響は一過性のようです。買い場を探しが順当


創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年10月19日

難儀な日々が続きそう!

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。  とても忙しい、寄り付きの時間に、ダークスーツの男女4人組がやって来ました。 彼らは、証券取引等監視委員会で、臨店検査です。 過去 2回目の検査なので、こっちの方は、慣れたものです。税務調査のように、お金を取って行くわけでないので、心配はいりませんが、重箱の隅をつつくような、検査にはうんざりです。 しかし こんな健全・良心的な、投資顧問会社の検査に入るより、もっと、悪どい会社が一杯あるのに・・・。 税金の無駄使いのように思います。 1週間ほど、難儀な日々が続きそうです。 結果は、後日 お知らせします。 

 日経225先物市場は、9530円△40円 欧米株高を受け、高寄りスタート後は、材料難に小動き推移でした。アップルと、IBMが時間外で売られた事で、東京市場の上値も重かったようです。 日足先行スパンは、月末月初に、捻れ(変化日)を迎えます。それまで、しばらくは、往来相場が続きそうです。

 今日の石油市場は、海外高に反騰 東京ガソリンは、520円〜960円高推移 夜間原油は、82.75ドル▼0.33 米株高や供給逼迫感を背景に上昇 しかし 最大需要期の冬場を目前として、天然ガスは以下のチャートのように、安値低迷中 原油に換算するなら、40ドル程度です。 需給を無視して、局地的なバブルが起きており、投機マネーが集まるところは、供給過多であっても、恐ろしく高い価格に位置しています。 天然ガスのように、蚊帳の外銘柄は、需給を反映した価格になっています。要は、過剰流動性資金の方向次第 投機マネーどの銘柄に集中するか?  



創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年10月18日

貧富の格差が拡大

押して〜 →今日は何位?(応援クリック) 有り難う!

 こんにちわ ”竜之介”です。 東証 1部上場企業 1538社(金融を除く)の、手元資金は過去最高の68兆円と伝えられます。 トヨタ自動車は、2兆円の日本国債を保有し、金融資産は4兆円を越えるとの事で、昔から、トヨタの運用部門の事を、トヨタ銀行と言います。 こんなに大企業は、儲け続けお金を貯め込んでいるのに、なぜ、不景気なのでしょうか? 体感景気は、戦後最低でしょう。 貧富の格差が拡大し、日本の貧困率は、世界第2位です。 大企業をさらに金持ちにする政策で、いいのでしょうか? 行く末が恐い。

 日経225先物市場は、9490円▼30円 堅調な欧米市場を背景に、高寄り後は、対ユーロでの、円高進行を嫌気した売りに押される展開 週末の満月日柄に向けて、逆張り相場が続く公算

 今日の石油市場は、海外安に下落 東京ガソリンは、1010円〜1390円安推移 夜間原油は、80.67ドル▼0.58 アジア時間で、ドル高進行した事が、夜間原油や、米株でのリスク回避の動きに繋がっている模様で、東京市場の軟調に繋がっている。しかし 11/2日の中間選挙 11/3日のFOMCが通過するまでは、本格的な基調転換には繋がらないだろう。 むしろ 今後の押し目・突っ込みは、買い場を探すべきと考えるが、週末には、満月日柄で、各市場での重要変化日となる公算



創業10周年は皆様のおかげです。 →こちら(応援クリック) 御願いします!