2010年11月

2010年11月30日

長期 ドル安神話を、疑うべき水域

  こんにちわ 竜之介です。 近年 ゴミの仕分けが厳しくて、持っていかずに、置いて行くから困ったものです。仕分けして、どれだけ、環境に良いのかわかりません。住民のマナーも悪いのでしょうが、マンションの共同受託では、オーナーや管理会社は、ゴミの仕分け問題は、頭痛の種です。 ゴミ袋を開封して、犯人捜しをするのは、いい気分でありませんが、注意をしても、効果は長くはないですが、地道にモグラ叩きをするしかないようです。

 日経225先物市場は、9950円▼170円 堅調な前場に対して、後場からの下落は、中国の年来利上げ予測による中国株の下落や、欧州不安によるユーロ安・円高進行によるもの 今日は、高寄りを期待したものの、12日移動線を試す10000円割れの再反落でした。好調な米クリスマス商戦に対して、伏兵 欧州金融と、中国利上げが一気に、出て来た感じ。しかし、スペインまで広がると、ECBが資金ショートするとの懸念は、ギリシャ問題の昔より言われていたところ 紆余曲折するのは、相場の常 月末月初から、変化する事も多いので、解約ルールの期末を明ける、明日から動き出すヘッジファンドに期待です。
 
 今日の石油市場は、海外高に上昇 東京ガソリンは、180円〜600円高推移 夜間原油は、1月限 85.50ドル▼0.23 ドル高進行の割には、NY原油が強い。製品の上昇が背景とされ、中間留分の在庫が減少傾向にあり、今後の気温動向によっては、供給不安に陥る可能性も? 既に、天然ガスも上昇気味 弱気の外的要因に反して上昇の理由が、今ひとつはっきりしない。しかし、東京市場の内部要因優先で考えたいところです。

 感謝祭休場により、順延発表となった、CFTC建ち玉報告では、ユーロドルの大口ファンドが、10週ぶりに、ドテン売り越しに変化しています。我々のユーロ買いポジションは、残念ながらロスカット敗退となり残念なところ ユーロドルは、2勝1敗となりましたが、様子を見て、再仕掛場模索です。長期 ドル安神話を、疑うべき水域に入っています。なぜなら、200日移動を割れようとしているからです。 




戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年11月29日

畳と女房

こんにちわ 竜之介です。 休日中は、海老蔵が、お騒がせで、芸能ニュースネタとなっていたようです。 あの、可愛い麻央ちゃんも、我が家の嫁のように、何れ、鬼になるのかなぁ〜? と、考えていました。 あの頃が懐かしい。 結婚して23年も経つと、本当に思います。”畳と、女房は新しい方が良い” 

 日経225先物市場は、10120円△60円 休日中のアイルランド支援策合意を好感して、買い先行後は、米ヘッジファンドのスキャンダルや、中国の金融引き締めが警戒されて、波乱の動きでした。 引け値ベースでの、最高値は、11/22日の10120円で、その価格と、面合わせ(つらあわせ)して引けており、明日の高寄りは、決定的な買い線となる公算で、窓を空けても、埋めない事も想定せねばと思います。
 
 今日の石油市場は、海外休場の中 東京ガソリンは、20円安〜510円高推移 夜間原油は、1月限 84.31ドル△0.55  この1ヶ月で、3戦3勝の、東京ガソリンのトレード戦績ですが、ノミキン利益なので、誇れる事ではありません。しかし、今回の弊社の思惑が当たるなら、正月の餅代程度にはなろうかと思います。 さて現在、爆列のカウントダウン中です。数日内には、火柱が立つでしょう。 今日は、株式市場と、商品市場の一部に、今晩の欧米市場を先取りするような、不穏な手口が入っている様子です。

 商品先物市場は、流動性が低いので、昔と違い、思い切ったコメントが出来ません。 しかし、良く動きますので、刺激的で、面白く、根強いファンも多いです。 流動性の低下と言う、市場の変化に、我々も変化しなければ、生き残れません。 主戦場を変えるか? 売買手法を変えるか?   『この世に生き残る生物は、最も強いものではなく、最も知性の高いものでもなく、最も変化に対応できるものである』  

     


    ★「成り行き売り参戦の理由〜の巻」★




  「現在時間の成り行き売り方針」、11/5日会員号では、以下 1枚目の8時間足チャートを示し、

     上記のように会員向けに仕掛け提示しました。






  それから3週間が経過して

  「1.350ドル〜1.330ドル圏期待」(50〜75日移動) とした目標価格も、ピッタリ示現、しました。 




 

  弊社の会員向け提示での、成り行き参戦は、珍しい事ですが、この参戦理由は


    本日 →PM 16:30配信のメルマガで・・。




        クリックで拡大します。↓
 
 


戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!


2010年11月26日

一夜成金 一夜乞食

  こんにちわ 竜之介です。 「一夜成金 一夜乞食」との、相場格言があります。 当時(30年前) 岡地中道会長の、仕手戦で、場立ちとして、大手を振った先輩が、後年、よく私に、言っていました。 「数億円儲けて、出金する人を、幾度も見て来たけど、今では、羨ましいとは思わない」 数十年立って、その理由がわかります。 大儲けするような、ポジションの張り方をする人は、必ず、一夜で大損します。 また、儲けたとしても、儲けを残す事の方が、儲けるより、何倍も難しいものです。 ※(岡地中道元会長は、卑劣な、インサイダー人面張りを得意とし、決して相場師ではない) 

 日経225先物市場は、10060円▼20円 感謝祭休場の中 週末要因の手仕舞い売りに小幅安推移 世界市場は、米国のクリスマス商戦の行方に集まっているよう。 そろそろ、決算期要因の、ヘッジファンドも、買い直しを急ぎ出すので、次週末には、居所を変えているはず。

 今日の石油市場は、海外休場の中 東京ガソリンは、60円〜120円高推移 夜間原油は、1月限 83.61ドル▼0.25 昨日の納会で、当業者系の売り玉が、大きく減少しておりました。納会した12月限は、商社・元売りの売り玉に対して、実需系の買い玉の構図だったようで、自己玉が大きく変化してました。 不需要期にも係わらず、受け腰の強さが意味するものは、過去の常識を逸脱した相場展開になる懸念です。

     損失を限定して利益を追求するのが、オプション取引の醍醐味です。

    時には、リスクを制御しながら、最大限の利益を追求する、高度なポジションもあり

    また、一度、仕掛けたら、SQ納会落ちを待つだけの、納会勝負(メンテナンスフリー)もあり、

    一攫千金型のポジションと、様々なポジションがあります。

     自分にあったポジションが、オーダーメードのように、組成できます。

    今回 弊社 お勧めの、強気ポジションを、特別に紹介します。




    本日 →PM 21:00配信のメルマガで・・。



戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年11月25日

坂本龍馬は相場師

こんにちわ 竜之介です。 日本発の、株式会社は、坂本龍馬が1865年に長崎につくった「亀山社中」と言われます。その後、土佐藩の支配下に入り、海援隊として改編しました。その海援隊の、定款・目的は、「運輸・射利・開拓・投機・本藩の応援」とあります。 海援隊は、米相場で、投機を行っていたのですが、相場師は、坂本龍馬のように、非業の死を遂げるのが、世の常です。 畳の上では死ねないとも・・・。 酒・女・博打と、楽しい物は、程々にしないと、身を滅ぼすもとです。 大きく相場が動く季節がやって来ますが、血眼になって、利益を狙うよりも、何事も、程々がちょうど良いです。

 日経225先物市場は、10080円△40円 海外株の上昇や、為替相場の落ち着きに、輸出関連い買いが広がり上昇 今晩の米国市場が、感謝祭で休場の為、後場からは動意薄の展開でした。しかし、ディファニーの、業績見通しが上方修正され、クリスマス商戦は、好調な展開が期待されています。 クリスマス商戦の売れ行きの第一報が、入るのが、月曜日ですが、その頃には、居所を大きく変えているかも知れません。

 今日の石油市場は、海外高に上昇 東京ガソリンは、790円〜1030円高推移  夜間原油は、1月限 83.74ドル▼0.12  昨晩のNY原油市場は、在庫統計の発表に上昇したものですが、市場は、北朝鮮情勢よりも、米国のクリスマス商戦の方を注目しているようです。

 以下チャートのように、ポンド円・カナダ円に、中長期の強気指標が点灯したので、強気買い参戦の提示を、週末より、会員向けに行いました。既に、カナダ円は、82.70円と月内の高値更新中です。市場規模を見る限り、商品相場のように、我々のポジションが狙われる心配がないので、手口公開しても、安心です。 どこまで、利が伸びるか?? 楽しみです。 



戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年11月24日

さすが、お役所です

こんにちわ 竜之介です。 韓国砲撃の報道を聞き、すぐさま、自宅のPCで、日経225のCFDチャートと開くと、下放れの暴落してました。日本は休日中だったので、冷静に判断する時間があった事が幸いしたようです。 場が立っている時の、砲撃だったら、不安心理で、どこまで売られたかわかりません。 防衛関連銘柄も、堅調だったようですが、小機関銃 機雷を作る会社から、イージス艦を作る会社も上昇したようです。ピンチは、チャンスと言うように、我々にとって、ひとまず、チャンス到来でもありました。

 日経225先物市場は、10040円▼80円 朝鮮半島情勢や、欧州金融不安に巾広い銘柄に売られたものの、売り先行後は、買い戻される展開でした。今日の安値 9900円は、保合上限価格からの上昇であるのと同時に、200日移動線節目でもありました。韓国の株価指数 KOSPIの安寄り後の上昇の仕方を見ると、終息を予見しているようです。事前にアジアの株価指数を大量に空売りしておき、その後、砲撃をするように、かの国は 貧乏テロ国家なので、ビンラディン方式の、沈金術に使ったのかも知れません。 200日移動が上昇に変化すると、年末ラリーが始まるでしょう。

 今日の石油市場は、海外安に下落  東京ガソリンは、850円安〜770円安推移  夜間原油は、1月限 81.87ドル△0.62 北朝鮮情勢の緊迫化や、対ユーロでのドル高を背景に売り先行の下落となり、寄り後の安値は、先限で、54180円まで売り込まれたものの、下げ巾削って引けました。 1.340ドルを割れてきた、ユーロドルの動きによって、もう一段の下値を残す可能性も??

 東京工業品取引所へ、カテゴリー別売買高の発表遅延について、原因・改善策等について、問いただしたところ 以下のように、メールで返答を受けました。 「当事象につきましては、早期に改善する方針で検討中でございます。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。」  さすが、お役所です。 更迭された、柳田法務大臣と、言い回しが似ています。

首相官邸を出る柳田法相=22日午前8時25分

戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年11月22日

11月  22日  ロケットスタート?

こんにちわ 竜之介です。 「イラクの通貨を買いませんか?」 「復興が始まっているので、どんどん価値があがります」 お客さんから、 このような、新たな詐欺の手口情報が寄せられました。 騙す方と、騙される方は、騙す方が、常に有利です。 詐欺をする人は、誰も考えつかないような、突飛な事を言い出すのですね。 詐欺を考える智慧があるなら、違う方向に、使った方がいいのでは? 

 日経225先物市場は、10120円△70円 対ユーロでの円安を好感して輸出株中心に買い戻し継続し、4日続伸して引けた。銀行の保合解消売りが継続しており、これを海外勢が買う構図は、昔と同じ。しかし、アイルランド問題は、金融支援で、ひとまず決着したのでしょうが、根は深いと思います。今週末からの、米国のクリスマス商戦で、ロケットスタート??

 今日の石油市場は、海外高に上昇  東京ガソリンは、220円高〜290円高推移  夜間原油は、12月限 82.67ドル△1.16 NY原油納会を今晩に控えて、アイルランド債務問題は決着し、在庫過剰感は、需要期を前に、徐々に薄らぎつつあります。 過去最高水準まで、CFTCの大口ファンドの買い越は増加しており、エネルギーは充填しつつある印象です。週末のCFTCでは、シカゴコーンの大幅減少分が、NY原油に乗換流入して来た印象です。さて・・・。


戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年11月19日

漫才詐欺にご用心!

こんにちわ 竜之介です。 本町の地下街を歩いていると、顔見知りの外務員に偶然会い、立ち話を少し・・・。 今は、どこで働いているかと、彼に尋ねると、「近くで・・・」と、言葉を濁していました。それ以上 深くは聞きませんでしたが、きっと、悪徳会社でも、勤めているのだろうと、察しがつきました。 背に腹は替えられないと、悪行に手を染めて行くのです。 海外先物取引や、未公開株か、オレオレ詐欺か? なにかは、わかりませんが、悪魔に魂を売り渡し、人に言えない職業である事に違いはありません。 後記のような例があります。元営業マンから、勧誘されたりしたら要注意です。

 日経225先物市場は、10050円△70円 外部環境の好転に。大幅な買い先行で始まったものの、アジア株の軟調や円安一服感に、利益確定売りに押され、上げ巾削って引けた。注目の中国の利上げ発表は、なかったものの、ここで、利上げが実現しても、年内に、続けて利上げするだろうと言う警戒感も残っているよう。 新興国通貨や、商品市場など、大きな調整安を強いられたものの、日経225は、外資系ファンドの買いが継続している模様で、他のリスク資産とは、逆行始めただけに、下値は浅いと見る他ないか?次週末から始まるクリスマス商戦頃から、年末ラリーが始まる??

 今日の石油市場は、海外高に上昇  東京ガソリンは、470円高〜130円高推移  夜間原油は、12月限 81.78ドル▼0.07 アイルランド債務問題への懸念後退や、ドル安進行にNY原油は上昇したものの 根強い、中国の利上げ観測に、上昇は短命との見方も多い様子  年末ラリーに向け、どこで、玉を仕込むかです。

 以下のような、事例の相談を多く受けます。 漫才詐欺に注意  詳しくは、→政府公報お役立ち記事

事例1:複数の業者が登場する

・A社から電話があり「C社の株を持っていれば高値で買い取る」と言われたが、持っていなかったので断った。その後、B社から「C社の未公開株を1株100万円で買わないか」と電話があった。そこで、A社に相談したところ、「ぜひ買ってほしい。300万円で買い取る」と言われたので、B社に連絡し、値切って90万円で購入した。買い取りをしてもらおうとA社に電話しているが、連絡が取れなくなっていた。


戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年11月18日

午後から欧州系資金流入

  こんにちわ 竜之介です。 今日は、午後から来客が2件あって、更新が遅れました。1件は、某R証券から、業務提携のお誘い。もう1件は、保険会社の知人でした。 また、お知らせ致します。

 日経225先物市場は、9980円△150円 アジア株や為替市場の落ち着きを背景に、東京市場では出遅れ人気にり巾広い銘柄が買われた。国内機関投資家の、大口バズケット売りが、欧州系のバスケット買いに、消化され断続的な買いに、後場から上げ巾拡大して引けた。4ヶ月ぶりの10000円台の回復ですが、明日の中国の利上げ発表で、どう動くか注目 

 今日の石油市場は、夜間堅調に小幅高 東京ガソリンは、70円〜10円高推移  夜間原油は、12月限 81.51ドル△1.07  80ドル割れを試す、NY原油安に、軟調スタートでしたが、夜間原油の堅調や、後場からの、欧州系からの資金流入が好感されて堅調な展開でした。 明日の、中国利上げ発表によっては、急激な円高反転もあるかも? と考えてますが、NY原油納会前だけに、一方的な動きにはならないかと考えます。


戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!



2010年11月17日

19日(金)に、中国利上げ観測

こんにちわ 竜之介です。 大卒内定率が最低の57%と就職氷河期を下回ったとされます。大卒の就職率の低下は、景気低迷だけが理由でもないようで、バブル期の大卒就職者が、27万人に対して、昨年は33万人が就職しているのです。 猫も杓子も大学進学したので、就職率が低下したようです。 公務員試験では、高卒と偽って、大卒業者が合格し、問題になった事もありました。 これからの時代 中途半端な学歴は、逆に邪魔になるのかも知れません。がむしゃらに働いていれば、良かった昔とは異なり、難しい時代になったものです。

 日経225先物市場は、9830円△50円 米株安を嫌気して売り先行で始まったものの、円相場の落ち着きに買い戻される展開でした。昨晩の米株や、中国株など、窓空け下落だったので、過熱感のある下落だった事から、今晩当たりの、リバウンドを東京市場は、先取りしたのか? とも考えられます。また ゴールドマンが、日本株評価を上げた事から、長期資金が入って来て、買われている事が背景とも言われるところです。

 今日の石油市場は、下落 東京ガソリンは、550円安〜870円安推移 夜間原油は、12月限 82.15ドル▼0.19 ドル高や米株安に続落したNY原油安を背景に、東京市場は下落でした。注目の中国人民銀行の利上げは、中国証券報によると、11/19日に利上げ実施する可能性が報道されている模様  中国の利上げ発表が近づいている?

  以下チャートは、昨年末の、大変動相場を示したものです。この価格変動が、ヘッジファンドの解約ルールで説明がつきます。解約ルールを理解すると、トレードパフォーマンスアップに繋がるかも? 詳細解説は、21:00配信のメルマガ・マネーの潮流に掲載しています。(左メニューより登録下さい)


戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 


2010年11月16日

落ち目の三度笠

 こんにちわ 竜之介です。 週末の調査では、官内閣の支持率が27%程度急降下したそうです。 もう、終わっていますね。 大臣時代の勢いがありません。 日本の最高権力者になったのですから、もう上は望めないのです。彼が今考えている事は、どうやって、最高権力者の椅子を維持するかだけなのでしょう。 まったく、落ち目の三度笠です。(←死後)  野党時代の攻勢から、一点 与党での守勢に変化したわけで、守ろうとすると、弱くなるものです。攻撃は最大の防除なり 相場も同じです。

 日経225先物市場は、9780円▼40円 83円台への円安を好感して、5月ぶりの、9900円台を回復してスタートしたものの、過熱感に失速し反落して引けました。前週の高値を更新した後の反落は、引け方が悪く、明日以降、応分な突っ込みが期待されるところ 今日の寄り後の急落は、ヘッジファンドの300億円規模の売りが、原因とされ、ファンド決算を意識した季節的な売りが警戒されている模様。 解約ルールによる調整一巡までには、まだ少々日柄が残る・・・。

 今日の石油市場は、上昇 東京ガソリンは、130円高〜170円安推移 夜間原油は、12月限 84.20ドル▼0.66 円安や米株夜間高に、堅調スタートしたものの、失速軟調で引けました。昨晩の東京工業品取引所の、カテゴリー別取り組み高の発表は、通常時間から、2時間程度遅れての発表でした。外資から有形無形に、収賄を受ける取引所の事ですから、単なるトラブルによるものか? それとも、意図的なものなのか? 勘ぐっていまいます。 しかし、我々の買い玉は、昨晩の高値圏で、運良く、利食い離脱出来たので、後は、下がるのを待つのみ ”噂で買って、事実で売る”との、相場格言を実戦するなら、買いは、中国の利上げ発表までは、見送るべきでしょうか?


戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!