2011年05月

2011年05月31日

FXの上位10社

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 4月のユーロ円の取引量が、34%増えたとの記事がありました。また、円高・ユーロ予想を予想する人が、5月中旬では多数派だったようですが、今日のユーロ高は驚異的な動きですが、ミセス・ワタナベは、踏まされた事となります。 若者が、気軽にパチンコのように、FX取引をしているようですが、貯蓄型から、投機性が高いのが好まれる傾向があるようです。

  日経225先物市場は、9690円+170円 英米市場が休場の中 安寄り後、EUのギリシャ支援検討報道により、ユーロが買い戻され、対円での円安が進行した事や、月末のドレッシング買いに、後場から全面高となりました。 日本国債の格下げによる円安や、自動車生産の回復期待される事から、自動車セクターの上昇巾が大きくない事から、この上昇には、疑問が持たれているようです。 本当の上昇相場なら、自動車セクターが、核にならねばなりません。月末節目を越える事で、数日内にはっきりするでしょう。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +150円〜+720円高推移 夜間原油 WTI 7月限は 101.22ドル推移 寄り前の、ギリシャ支援検討報道が、ユーロの買い戻し・ドル安進行に繋がり、アジア時間から上昇したものです。しかし、アジア時間での大変動は、騙しとなる事が多いのも事実です。さて、投機マネーは、どっちに出るでしょう。

 中国では、長江流域で、干ばつ被害が拡大して、最大級との報道がされています。新聞だけでなく、テレビ報道もされているので、多くの人達が目にしている事でしょう。私自身、小豆・大豆・コーンと、過去多くの天候相場を体験して来ました。 メディア(報道)は、必要以上に騒ぎ立てて、注目を集めてなんぼの世界です。 報道合戦は、エスカレートするもので、隣の畑が、すくすくと育っていても、テレビカメラは、作柄の悪い局所の映像を使うのです。 著名な商社の穀物担当が、若い頃の大失敗と、テレビ報道を信じ過ぎた事を、後悔した手記を読みましたが、米農務省や、穀物メジャーと、結託した報道と疑う事も多いです。 天候相場は報道に踊らされず、「相場は、相場に聞け!」 を貫く必要があります。 



実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月30日

政治リスクが意識

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 スマートフォンに買い替えようか、悩んでいます。 しかし、面倒くさがりの人にとっては、使いこなす事が出来ず、宝の持ち腐れだと思います。それに、老眼鏡をかけて、スマートフォンも、如何なものか? 小さい文字が見にくくなりました。

  日経225先物市場は、9520円-10円 週末の米株は続伸の中、東京市場は、売り先行後、買い戻される展開でした。 前場の安値は、9450円と、円高警戒に売り先行後は、今晩の英米市場が休場な事から売買高も低迷し、小動きで引けました。 政治リスクが意識されており、外人勢が一番嫌うパターンです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -210円〜-510円安推移 夜間原油 WTI 7月限は 99.79ドル推移  週末のNY原油市場は、復習の米経済指標の悪化を背景に上値圧迫されたものの、ドル安や米株の上昇を背景に、堅調な推移でした。しかし、今週のユーロドルは、6・12週がデットクロスします。 大きく投機マネーが変化する事を示唆しています。 投機資金は、リスク銘柄に回帰か?逃避か? 


実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月27日

勝率75%でした。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 多かった顧客からの相談電話がめっきり少なくなりました。会社の電話番号は、電話転送するようになっており、昔は、早朝から、深夜まで、ひっきりなしにあったのですが、今は、一日に数本程度です。 少々、寂しさを感じますが、お客さんが、自己解決能力が高まって、相場が上手くなった(悟った)と考えれば、納得です。

  日経225先物市場は、9530円-20円 前日の上昇や、円高進行に売り先行でスタートしたものの、後場からは、BIS規制に関する報道を受けて銀行株が上昇した事で、一時 9600円まで買われたものの、英米市場の3連休を目前に、失速して引けました。今日の引け方で、今後 2週間の展開が予想つきます。ずばり、9750円〜9250円の展開でしょう。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -580円〜-410円安推移 夜間原油 WTI 7月限は 100.81ドル推移  足元の米指標の弱さが確認される中 依然 ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念などがくすぶっています。ゴールドマンレポートで、強気を唱える人が増えており、来月のOPEC総会も、生産量の維持で、強気の内容となる事が予想される中、弱気を唱える人は、肩身の狭い少数派のようです。 投機マネーはどちらに動く?

 投機マネーの動きと相関性のある、ユーロドル相場は、以下のように、過去2年間で、4回目のデットクロスの点灯間近です。このアノマリー 勝率は、3/4=75%でした。さて、今回は、どんなパターンでしょう? この動きは、商品市場・株式市場の方向性に合致するはずで、要注目です。



実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月26日

期待と恐怖です。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 

  日経225先物市場は、9550円+140円 米株高に買い先行後は、太陽電池関連の上昇や、 米系ファンドの買い戻し観測に、終日堅調で引けました。今日は、逆行高からの二手高です。あと、何手上昇するか? 期待と恐怖です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +2280円〜+1980円高推移 夜間原油 WTI 7月限は 101.49ドル推移  昨晩の欧米石油市場高を好感して、全面高の流れで、買い戻しも手伝い、上げ巾を拡大の動きでした。昨日までの、取り組み増加は、確認されませんでしたが、今日の、12月限の新甫発会からの展開が、注目されます。なぜなら、12月限は、ガソリンの不需要期だからです。 



実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月25日

米株夜間急落中

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 大引け前に、急遽打ち合わせで、西天満まで、出かける事となりました。 管理物件の向かいの老朽化したマンションが、鳩の巣を放置しており、なかなか撤去してくれません。 物件の管理意欲が低下しているのでしょうが、 鳩の糞の被害について、相手側の大家が真剣に対応してくれないので、顧問弁護士から内容証明を送付して貰う事としました。困ったものです。

  日経225先物市場は、9410円-70円(14:46) 資源株高や、自動車生産の前倒しに、買い先行後は、不穏な米株夜間安に、売られる展開です。自動車関連が買われた反面 低位の復興関連株への見切り売りも出ている様子です。逆行高からの一手押しは、押し目の範ちゅうですが、今晩の米株の行方が問題です。 

 今日の石油市場は、東京ガソリン +970円〜+680円高推移 夜間原油 WTI 7月限は 98.06ドル推移  ゴールドマンの強気レポートや、ドル安に買われる展開でしたが、アジア株や、米株安に夜間原油は軟調な展開です。 いろいろ思惑が入り乱れますが、先行指標の国際石油の株価は、以下のとうり、25・50・75日の中長期の移動平均線は、数日〜1週間前後の範囲で、重要変化日を迎える事を示唆しています。 過去のアノマリーでは、○○○です。



実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月24日

何事も、程々が良いです

 実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 今月は会社の11期目の決算です。 昔のように、大儲けしているわけではありませんが、決算がマイナスでも困るし、プラスが大き過ぎても困ります。何事も、程々が良いです。 

  日経225先物市場は、9480円+20円 欧米株安を受けて、売り先行後、今日の東京市場では、逆行高の展開でした。少々流れが変わったようで、短期的な下落波動は、転換の兆しでもあります。なぜなら、NYダウ・独ダックスが、大きな窓を空けているからで・・・。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +160円〜+340円高推移 夜間原油 WTI 7月限は 98.73ドル推移  欧州金融不安は、前日の中国株安から下落したNY原油に反面、今日の東京市場では、戻りだした夜間原油に、意外に強い展開でした。欧米株安と、リスク回避の動きですが、以下中国株を含め、今日の東京市場の動きを見ると、ポジション変化が必要な あるシナリオが生まれて来ます。今晩の会員号で、お伝えします。 



2011年05月23日

中国関連株の全面安

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。  

  日経225先物市場は、9460円-160円 週末の米株安を受け、朝から全面安の展開で、心理的な節目とされた9500円を1ヶ月ぶりに割れる展開でした。後場からは、中国関連株の全面安に、日銀のETF買い期待も乏しく、安値圏で引ける展開でした。週末号で、指摘したとうり、小松製作所(6301)が連発安しています。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -200円〜310円安推移 夜間原油 WTI 7月限は 97.7ドル推移  アジア株の軟調に、NY原油や米株夜間が下げる展開だった事で、前場の堅調の反面 後場からマイナス圏の動きでしたが、やはり 新しいステージが、始まっているのでしょうか?

 中国関連株の下落は、東京ゴムの先安感に繋がります。小逆行が点灯していたので、今後の展開が着目されます。



実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月20日

三代先までは、食うに困らぬはず

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 ユニコムHDが、経営陣による買収(MB0)により、上場廃止となりました。MBO価格は、1株=300円でした。 決算内容を悪くして、株価を下げて、経営陣が買い上げる。 やりたい放題です。 安い簿価の都内の本社ビルなどの、不動産を多く所有していたと思います。 「みんなの会社 社員の幸せの為 綺麗な事を並べたて、馬車馬のように、働かせ、」 数十年後の結果、最終的には、私利私欲の為だったのです。 これで、日本ユニコム・日産センチュリー証券と 馬鹿息子を、上手く、後継者にした事で、二家帝国も 三代先までは、食うに困らぬはずです。 

  日経225先物市場は、9620円-10円 米経済統計の悪化が影響して上値重たい展開の中、日銀の追加金融緩和策が期待された前場でしたが、後場からの、日銀金融政策決定会合の結果、金融政策は現状維持 特段 目新しい資産買い入れ等の追加緩和策が発表されなかった事で、今日の安値圏で引けました。 破竹の勢いで上昇していた、小松製作所(6301)が急落しています。 米キャタピラーの株価が冴えない事や、中国の建築需要の減少懸念が影響しているようです。 小松の建機には、GPSが搭載され、稼働状況が全地球規模でわかる事から、世界景気に先行性のある銘柄とされてます。小松株の線型は、某銘柄に瓜二つです。先行指標として注目

 今日の石油市場は、東京ガソリン 400円高〜80円高推移 夜間原油 WTI 7月限は 99.40ドル推移 昨晩のNY原油市場は、4月の米中古住宅販売が予想外の減少した事や、フィラデルフィア地区連銀業況指数が低下した事による需要減少観測に、軟調となったもの 東京市場では、マイナス圏まで、売られたものの、後場からやや買い戻されて、方向感なく引けました。過去2ヶ月間と同じパターンなら、月央の突っこみは、一気に、連騰コースとなるのですが、流石に今回は、投機マネーの様子が違うようです。 米国では、1ガロン 4ドルのガソリン価格とされ、1リットル換算では、87円程度です。しかし、この価格でも、需要にブレーキがかかると予想されてます。

 IFO作戦が、今週 唯一ヒットした、ドル円相場は、読みどうりの円安波動への展開でした。昨晩の急伸で、100pipsの利食い完了です。 今週も利食いで、終わる事が出来ました。FXサイトは、→こちらから
 



実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月19日

隠し子が欲しい!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 携帯電話の文字が見にくく、老眼が進行しています。 娘には、ジジ臭いと言われ、加齢臭も増加しています。衰えて行くだけの残りの人生を考えると寂しくなります。 それに比べて、14歳年上の、シュワちゃんは、隠し子まで作り、羨ましい限りです。隠し子騒動で、記憶にあるところでは、政治家では、ミッテラン大統領 石原慎太郎 芸能界では、市川海老蔵 ビートたけし 経済界では、堤康次郎 松下幸之助等々 この顔ぶれを見ると、一種のステイタスです。 私も、隠し子が欲しい。

  日経225先物市場は、9630円-40円 米株高や円安進行に、買い先行後、前場は、9730円まで上昇したものの、買い一巡後は失速して、3日ぶりの反落で引けました。この数日の上昇は買い戻しが多く、新規に買い上げる勢力は見当たらないとも指摘されています。再び、電力・銀行株が下落しています。 銀行株を強気推奨していましたが、震災後は、ドテン弱気転換です。メガバンク三行は、東電問題が片づき、債権放棄が折り込まれるまでは、上場来安値を試す、地を這うような相場となる事でしょう。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 120円高〜670円高推移 夜間原油 WTI 6月限は 99.99ドル推移 昨晩のNY原油市場は、クッシング在庫の減少に上昇したもの。 しかし、全米在庫は、変化なく納会接近に対する取り組み的な上昇のようです。ガソリンは、夏場の需要期に向けフル生産の時期となる事から、例年 原油在庫は減少し、ガソリン在庫は増加傾向が、過去のパターンで伺えます。今年の場合は・・。
 

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします



2011年05月18日

一巡すれば再び爆発?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします! 

  こんにちわ、竜之介です。 春に届いていた年金特別便にゆっくり目を通しました。 今のペースで、60歳まで社会保険の支払いを続けると、65歳から、夫婦合わせて、年額300万円程度、厚生年金&基金がもらえると記載がありました。しかし、15年後の事は、わかりません。岡地の、知人が加入していた、ナオリ厚生年金基金では、半分以上と、年金が、大幅に減額されたと聞いています。ナオリとは、名古屋織物協同組合から、生まれた年金ですが、斜陽産業の年金基金は、悲惨です。今、受給している人でさえ、どうなるかわからないのが、年金の世界です。自分の寿命が尽きるのが先か、年金が破綻するのが先か? そんな時代が近づいています。 

  日経225先物市場は、9670円+90円 ヘッジファンドのポジション整理売りが一巡し、外人買いの再燃が安心感に繋がり続伸して引けました。前日に大きく売られた、銀行株や、東電が買われた事も影響した様子 前日まで、7日間下げ続け、売り飽きムードの中、適正な戻り試しの動きと想定されます。 明日は、9750円を試す動きになりそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 500円安〜670円安推移 夜間原油 WTI 6月限は 97.76ドル推移  昨晩のNY原油市場は、4月の米鉱工業生産や、住宅着工件数が予想以下の発表となった事から、下落して、一時 95ドル割れまで下落したものの、その後のドル安進行等に、安値圏から戻して引けたもの 東京市場では、円相場が再び、円高へ進行した事から、前場の小幅高は、後場から、売り戻されて引けました。ガソリンの、夏場の最大需要期と、今後の円安傾向を前提にすると、インフレ超特急と期待する人が多いのも肯けます。NY原油は、4回に渡る証拠金の引き上げ規制でしたが、多数派は、一巡すれば再び爆発すると見られているようです。