2011年12月

2011年12月29日

終わり良ければ、すべて良し

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 我々の業界では、仕事納めを大納会と言い、仕事始めを、大発会と言います。 年末の納会だから、大納会と言うのですが、この納会と言う言葉は、今では一般化され、辞書などでは、「一年の最後やある事を終えた締めくくりとして行う会合の事」とされますが、本来の意味は、米相場時代の納会=「ひとつの限月の最終の立ち会いのこと」なのです。 明日30日が、証券市場 商品市場ともに、大納会で、全ての銀行や、証券会社などは、今年の営業を終了します。 当社の投資助言業務につきましては、本日の夜で、年内の情報更新を終了と致します。 

 日経225先物市場は、大引け  8390円-30円 米株安やユーロ安に売りに押されたものの、後場からアジア株の一部が上昇に転じた事などに、先物は、安値圏から買い戻されて引けました。ユーロ相場は、今日のイタリアの長期国債の入札が懸念されて、対円・対ドル双方ともに、年初来安値更新の流れとなりましたが、リスク回避の動きが強まる環境の中、下げ渋る環境でした。 我々のショートトレードは、8000円チャレンジの展開を期待したものの、迫力の欠ける展開に失望です。 年内の片バリトレードは、今日で撤退の上、来年に向けて、エネルギー充填します。

 今日の石油市場は、東京ガソリン-880円〜-750円安推移 夜間原油 WTI 2月限は 99.99ドル 北海原油 2月限は、107.73ドル 昨晩のNY原油市場は、イランの原油出停止の懸念後退発言やドル高に下落したもの 東京市場は海外安を受け売り先行となりましたが、NY原油・北海原油の線型は、押し目買いの域を出ず、崩れの断定には、程遠い印象です。リスク回避の流れに、敏感に反応するNY金に対して、イラン情勢に、投機筋の買い居座りが顕著な原油市場は、同じ国際商品でありながら、大きく異なる展開です。今週参戦の売り玉は、本来なら、大きく利を伸ばすべきところ、年末要因により、今日で撤退です。

 我々の全ての片張りポジションは、今日で上手く、利食い終了する事が出来ました。 本日で、利食い撤退済 若しくは予定のポジションは、225先物売り 東京ガソリン売り 東京ゴム売り 東京金売り NY金売り ユーロ円売り です。 利食いの多寡はあっても、”終わり良ければ、すべて良し” と、1年の終わりが、利食い終了出来た事を素直に喜び、来年に向けた大飛躍を期待したいところです。

 3・11大震災では、ひまわり証券が廃業に追いやられ、また、弊社の、業務提携先、トレーダーズ証券が事業譲渡となるそうで、デリバティブの業界にも、多大な影響を及ぼした震災でした。トレードの世界では、激動の年でしたが、震災の傷も癒え、来年は良い年でありますように、願っています。 今年 1年 有り難う御座いました。

 会員向け情報配信は、1月4日 昼号からスタートします。
  



2011年12月28日

掉尾の一振

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 年末が近づき、大阪中心部は、段々、人通りや車の通行量が減って来ました。年内トレードは、クリスマス休暇明けの暴落で、利食い完了している予定でしたが、期待どうりの、下落には足りず、明日以降に期待するしかありません。株式市場独自の格言では、筆を最後にはらう独特の形を形容して、掉尾の一振と言うようです。

 日経225先物市場は、14:40分現在  8420円-30円 米株の小幅な動きに、東京市場は方向感なく、様子見モードが拡がる環境でしたが、後場からは、上海株の軟調に、東京市場も安値を試す環境でした。28日〜30日まで3日連続で、日本株関連の投資信託の設定があり、市場は、「掉尾の一振」を期待する事も聞かれているようです。日銀のETF買いの2日分相当(300億)程度が、設定される見込ですが、どれ程の影響があるでしょうか?

 今日の石油市場は、東京ガソリン+300円〜+430円高推移 夜間原油 WTI 2月限は 101.2ドル 北海原油 2月限は、109.1ドル 米消費者信頼感指数の上昇や、イランからの輸出停止の可能性などにNY原油市場は上昇した事で、東京市場も堅調な流れですが、戻り高値更新した割に、東京市場は弱いようです。 カナダドルには、下向きのトレンドが出ているのですが、しつこい、イラン情勢が相場をわかりずらくしています。

 4000円割れから、売り参戦した東京金は、少々利が乗ったものの、撤退ポイントを思案中です。今日会った、某社ディーリングの知人も売っていると聞いたので、早めに手仕舞いが必要かも知れません。人の裏を行くのが常道です。
  



2011年12月27日

欧米市場の先行指標?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 なかなか、ポジションが手仕舞い出来ずに、年内トレードを終了出来ないでいます。 トレードを生業とす者にとって、年越しは、綺麗にポジションをフラットにして、越年したいものです。儲かったポジションならば、年間の損益に応じて、年内の利益出しか? 両建てで、利益のロールオーバーをするべきか? 店頭取引のFXなどは、申告分離課税の適用となる来年まで、利益を越年するのが得策です。

 日経225先物市場は、引け 8450円+0円 海外休場の手掛かり難の中、日経平均は、軟調なスタートで、午後から、金正恩氏の死亡説による韓国株の下落が意識されたものの、日経平均の追随下落は限定的となり、12月末の配当権利最終日だった事で、買い戻されて引けました。 225先物は、8年ぶりの売買高低水準 アジア株は、総じて軟調な展開ですが、欧米株の下落スタートが想定されますが・・・。 

 今日の石油市場は、東京ガソリン -470円〜-620円安推移 夜間原油 WTI 2月限は 99.55ドル 北海原油 2月限は、108.05ドル 休場明けの、夜間原油市場が軟調に推移した事から、寄り付からの下落スタートとなりました。高値からの1000円規模のこの下落は、欧米市場の先行指標と考えてよさそうです。



2011年12月26日

異例なマイナス金利が発生中

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 今年のクリスマスは、皆さん、如何お過ごしでしょうか? 七面鳥を食べるはずの、クリスマスが、何も食べれない、クルシミマス(苦しみます) 変化したりするのが、相場の世界です。今月は、ガソリン・ゴム・NY金・NY原油と、連勝に浮かれていたのが、曲がり始めたかも知れません。進退は、意地にならず、冷静な判断が必要です。今年も、あと少し、頑張りましょう。

 日経225先物市場は、引け 8450円+80円 良好な米経済指標を好感して上昇した欧米株高を反映して、東京市場も、買い先行のスタートとなったものの、外人勢不在の薄商いの中 買い戻し一巡後は上値を抑えられる展開で陰線で引けました。欧州金融不安と、米景気に対する期待感と相反する環境ですが、米株が戻り高値を更新しての独歩高の理由は、他の先進国の株価が追随しきれないところに、危うさがあります。今日の東京市場の動きから、欧米の休日明けの市場は、下落スタートしそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +430円〜+770円高推移 夜間原油 WTI 2月限は 休場  北海原油 2月限は、休場  週末の海外石油高を反映して東京市場は、週日 堅調な動きとなりました。しかし、以下チャートのNY原油と、NYダウの米国銘柄に対して、ユーロドルは、異様な動きと見えませんか?    ドル高進行しながら、リスク銘柄の上昇は、極めて異例です。  米国では、短期の財務省証券など、独自の展開にマイナス金利が発生しています。 ”金利を払って、預金してもらう”との環境です。 米国銘柄の上昇は、行き場を失ったドル資金によるものです。 年末が過ぎれば、強烈な巻き戻しが起きると考えるべきでしょう。

 ドル建ての短期金融市場は、マイナス金利となっている事を、上記でお伝えしましたが、その異例な動きは、金市場にも波及しており、東京金は、当月が、4013円に対して、先限は、4005円と、逆鞘となっています。 ドルが行き場を失い、金の現物を買って、先限に売り繋ぐとのトレードが流行っているのです。 なんの為に 損をするのがわかっているそ取引をするのか? 不思議に思う人も多いでしょう。 解説すると、トラック数百杯分の巨額のドルの現金は、銀行に預けるか? 債権を買うか? 物を買うか? この3種類しか、保管の方法は存在しないのです。 どんな健全な銀行でも、破綻の懸念があり預ける事自体が心配な世界的風潮です。 よって、米財務省証券等の、短期金融市場は、既にマイナス金利ですし、行き場を失ったドルは、金の現物を買って、値下がりの為のヘッジ売りをするとの構図なのです。 それが金の逆鞘の原因です。巻き戻しの予兆をみのがさず・・・。  



2011年12月22日

百姓一揆でもするか?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

  こんにちわ 竜之介です。 FXや、CFDなどの店頭取引が、225先物や、商品先物等の、取引所のデリバティブ銘柄と同じ税制に優遇され、申告分離課税になる事をお伝えしましたが、その反面 個人の所得税の最高税率を現行の40%から45%に引き上げる案を、政府税調が了承したとの報道がありました。株式売買の税金は、まだ10%で優遇されている事などとは、正反対の政策です。 額に汗して稼ぐ給与には、重税を課し、博打での所得は、10%〜20%と優遇するとの意味なのです。 日本政府は、1億総”博打打ち”にしようと企てています。  1800万円以上の所得の人は、所得税が45%になり、住民税の13%も加わり、その上に、消費税が10%となれば、68%となります。 恐ろしい時代になったものです。 百姓一揆でもするか? 巨悪に負けない政治家 橋下徹を首相にするしか、救われる道はありません。

 日経225先物市場は、引け 8370円-70円 ECBの巨額資金供給で、上昇後に反落した欧米株に、東京市場は失望売りを浴びて、終日 売り先行の流れで、後場からはアジア株安を背景に下げ巾拡大の展開でした。さて、3連休明けの市場が楽しみです。 フラッシュクラッシュ=(瞬時の暴落)は、殆どの場合、下落方向での出現であり、連休前には、売りに傾ける方が期待値は高いようです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -70円〜+280円高推移 夜間原油 WTI 1月限は 99.02某箘棔 )務じ玉2月限は、107.65某箘椶任后J胴餮玉在庫の減少や、対イランへの強行姿勢に続伸の東京市場でしたが、欧米株は貴金属の反落・ユーロの反落など、外部環境は戻り天井を示唆するものの、石油系は、他銘柄に靡かず、独自の展開に強張っている事から、意外な展開も懸念されるところです。線型は、二段下げ完了からの、上昇波動の2日目から、それとも、三段下げの戻り試しに過ぎないのか? 悩ましい線型です。

 東京金は、4036円▼33円と反落してますが、昨報では、 ”4100円台が戻りの急所になりそう 0.382戻り=4106円とコメントしましたが、その後の高値は、4105円からの下落でしたが、弱い相場ならば、半値までは、戻らずに下落する事が多いです。 以下チャートは、ユーロドルとの比較してもわかるように、相関関係にある事は一目瞭然です。ユーロ資金供給と言う絶対的な強気材料を、跳ね返して下落する様子は、末恐ろしい相場です。 ETFの換金売りが、17トン観測されており、換金売りは、ドル資金手当の為、次週までは続きそうです。  



2011年12月21日

盆と正月が一緒に来た!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 本日のCFD/CX会員情報更新は、PM10:00頃へ遅延更新となる予定です。 

 日経225先物市場は、引け 8440円+110円 スペイン国債の好調な入札を好感して反発した欧米株に、東京市場も買い先行のスタートとなりました。しかし、12月SQ値に、上値を阻まれ、小動きで引けています。クリスマス休暇を前にして、ファンドマネージャーなど、誰も市場にいなくなるとの事でしたが、商い薄いところに、アルゴリズム取引が連鎖的に相場を押し上げるようです。長期休暇前は、動かないとの話は、昔の常識で、今は、勝手にコンピューターが反応して売買するようです。急反発の内外市場でしたが、明日木曜日が、今週の最終日です。連休明けの、下落に向けたポジション取りか、それとも、撤退かは、明日の相場次第です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +770円〜+1420円高推移 夜間原油 WTI 1月限は 97.88某箘棔 )務じ玉2月限は、106.99某箘椶任后 ドル安・欧米とイランの対立・原油在庫の減少見通し・欧米株高等の強気材料が揃って、上昇となりました。この急騰は、一過性か? それとも、押し目完了からの、暴騰相場の幕開けなのでしょうか?  テクニカル的には、下落途上の窓埋め試しとも見てとれるところですが、明日になれば、わかります。

 東京金は、6日移動を越える上昇ですが、12/5日高値(4422円)からの下落巾 511円波動に対する、1/3戻り=4081円 0.382戻り=4106円 0.5戻り=4166円と試算されるところです。4100円台が戻りの急所になりそうです。三段下げと見るか? 二段下げと見るか?  

本日のCFD/CX会員情報更新は、PM10:00頃へ遅延更新となる予定です。



2011年12月20日

江戸の敵は長崎で

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、引け 8330円+30円 前日の米株安に売り先行と思われたものの、前日の金正日総書記の死去報道に、売り先行となった事に対する反動に、東京市場では反発で引けました。クリスマス休暇を前にして海外勢の売りが細った事も背景のようです。週内に投機筋は、攻めてくる気配はないようですが、クリスマス休暇明けに、フランス国債が格下げに乗じた、ショック安を狙っているかも?  

 今日の石油市場は、東京ガソリン +260円〜+870円高推移 夜間原油 WTI 1月限は 94.46某箘棔 )務じ玉2月限は、104.17某箘椶任后 地政学リスクの高まりに上昇した海外石油市場を背景に上昇 しかし、金正日総書記の死亡報道の時には、下落に反応していましたが、戦争は、国際商品は買いと言う常識は、死滅しています。 イラク開戦での急騰が、一番最後でしたが、今は有事のドル安・国際商品安です。

 以下、表のようjに、来年から、FX・CFD・商品先物・日経225先物・オプション等の、デリバティブは、同じグループとして、損益通算されて、しかも、20%の申告分離課税となります。3年間の損益通算もあって、これで、来年から、税金の心配なしに、市場関係なしに、儲ける事が出来ます。 わざわざ、気配のスカスカな市場に注文を出さずとも、リスクの少ない市場に参戦すれば良いのです。 相性の合わない損をした銘柄に固執する必要はありません。 「江戸の敵は、長崎で」討てば良いのです。



2011年12月19日

大名行列相場です。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、引け 8300円-100円 欧州の国債格下げ懸念の広がりと、金正日総書記の死亡報道に、アジア株の下落に東京市場も追随し、一時 8260円へ下落後、下げ巾削って引けました。日経平均株価は、対ドルでの円安安定も、材料にはならず、大名行列のような、連日の安値更新の流れですが、クリスマス休暇を控えて、ファンド勢不在の中、仕掛て来る筋があるやなしや?

 今日の石油市場は、東京ガソリン -580円〜-1000円安推移 夜間原油 WTI 1月限は 93.01某箘棔 )務じ玉2月限は、102.66某箘椶任后 欧州の格下げ懸念に、売り先行スタートしたNY原油は、後場から、金総書記の死亡報道に午後から一段安した事に、東京市場も下げ巾拡大の動きでした。



2011年12月16日

他人にばらす馬鹿

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、引け 8400円+30円 スペイン国債の入札堅調に、欧州不安が緩み、日経225は4日ぶりの小反発で引けました。後場から、続落していた中国株が、反転し、中国元も対ドルで急騰した事も、中国関連銘柄の買い戻しに繋がっていたようです。 ユーロの戻りに合わせて、米株が戻っているようですが、次週から下旬に向けて、欧州各国の格下げが待っています。 日銀のETF買いが、昨日も178億円ありましたが、それが、終わるまでは・・・。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -330円〜-750円安推移 夜間原油 WTI 1月限は 94.27某箘棔 )務じ玉2月限は、104.16某箘椶任后 欧米株の小反発も、石油市場には、影響がなく、イラン問題で、買われた分だけ、底入れは遠いのかも知れません。 利益を温存して、年を越すか? 勢いい乗じて、さらなる利益の積み増しを計るか? 悩ましいところです。何れにしろ、来週末は、七面鳥です。

 貴金属を手掛ける一般投資家が多いのに反して、他銘柄はマニアック銘柄となっています。貴金属ネタを掲載すると、アクセス件数が伸びるようです。 崩落相場と会員向けに掲載した以下チャートは、今年と、2008年を比較したものですが、ボリンジャーバンドの+2Σ到達から、-2Σチャレンジは、2008年8月以来の指標が点灯しました。昨晩の市場では、ポールソンが金を売っているとの噂も出ていたようですが、古今東西 投機家が自分のポジションを話す時には、何等かの意図があっての事です。 小銭の投資家ならいざ知らず、なにも考えずに、自分のポジションを他人にばらす馬鹿はいません。ジムロジャースや、ジョージソロス、ポールソンなどの、著名投資家の言葉を信じて、金の買い玉を保有続ける人も多いでしょうが・・・。



2011年12月15日

七面鳥が食えそうです

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、引け 8370円-130円 イタリア国債の利回り上昇からのリスク回避の動きに、東京市場は売り先行のスタートとなりました。寄り前の外人動向では、1210万株の大量売り越しでした。下値では、公的年金や、日銀のETF買いが観測されるものの、強烈な売り圧力の前には、焼け石に水でしたが、唯一、対ドルでの円安だけが、買い方にとっての救いです。しかし、SQ値 8480円を下回った以上、8000円割れチャレンジの波動発生と考えるべきです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -1220円〜-1590円安推移 夜間原油 WTI 1月限は 95.12某箘棔 )務じ玉2月限は、104.96某箘椶任后昨晩の石油市場は、OPECの増産や、リスク回避売りに、前日の急騰は、倍返しの5ドル以上の暴落となりました。 幸い、我々のNY原油・東京ガソリンの買い玉は、昨日までに、利食い売り&NY原油はドテン売りとなっており、危機一髪で救われ、NY原油については、大きく利が乗る展開です。このまま利益温存なら、美味しい、七面鳥が食えそうです。

 以下チャートのように、ボリンジャーバンドの-2Σ水準を試す時は、保合圏の下限か、崩落相場の始まりかの、重要分岐点となりますが、昨日夜号の会員向けには、以下チャートの線型により、崩落相場の始まりを予見し、売り参戦提示しました。残念な事に、参戦価格には、少々届かず、この暴落を取り逃したのは、悔しいところです。 既に、東京金は、10月初旬の安値 3975円に到達しており、今からの追随売りは消極的な判断です。参戦するらば、○○○パターンを待つべきだと思います。