2012年01月

2012年01月31日

押し目買い一貫

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 この業界は景気が良いのか? 新聞には、リフォーム関連の広告がとても多いです。 INAXや、トステムなどを傘下に納める、 住生活グループ (5938) LIXIL 1576円+6 復興関連株としても、期待が出来る銘柄で、押し目買い一貫で臨みたいところです、

 日経225先物市場は、大引け 8810円+10円  ギリシャ債務問題の難航を嫌気した欧米株の軟調に、東京市場は売り先行スタートしたものの、投機筋の1000枚規模の先物買いが断続的に入り、硬化する場面もあったものの、ドル円相場が、76.20円と3ヶ月ぶりの安値を更新した事から失速 後場からは、前日引け値を挟んで一進一退の動きとなりました。売買代金は1兆円を回復して、なんとか4日ぶりの反発でした。 明日から、2月度入りで、2/10日SQが意識されそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -150円〜-320円安推移 夜間原油 WTI 3月限は 99.39ドル推移 北海原油 3月限は、111.31ドル推移 ギリシャ問題によるリスク回避の売りが広がった昨日の欧米石油市場でしたが、東京市場では、投機筋のリスク選考の動きに上昇したNY原油夜間でしたが、円高進行が嫌気されて、下げ幅拡大する動きでした。 東京ガソリンの取り組みは、29952枚と、昨日は3万枚の大台を割れたものの、概ね 取り組みの増加傾向が確認されるところです。万年売り方の当業者勢と、強気に傾けている外資系投機筋が組みあっている様子ですが、勝率低い、ファンド系が当たれば大相場です。

 NY金は、以下チャートのように、遅効スパンが26週前の上昇圧力を受けた事も、この急騰相場のテクニカル的な理由でもあります。底値は、ダブル底&逆行で下値を叩いているので、応分な上昇があって然るべき目標値は、1800ドル越え〜1900ドル越えと想定するのが一般的です。 そう考えるなら、積極的な当たり増しも視野に入ります。



2012年01月30日

投機筋の動きに疑念あり

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8800円-30円  円安一服感や、上海株の軟調を背景として、米株夜間の軟調を映し、東京市場は3日続落 金融株が買われた反面 輸出株などに売りが広がりました。後場安値は、8760円でしたが、上昇中の転換線・12日移動線が下値をサポートし ユーロ高・ドル安が続く以上、基本路線に変化はなさそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -30円〜-340円安推移 夜間原油 WTI 3月限は 98.80ドル推移 北海原油 3月限は、110.98ドル推移 東京ガソリンの8月限は、66480円と高寄りスタート後、夜間原油安に押されて反落 ユーロの軟化も慎重ムードに転じた理由のようです。 欧州市場は、調整色強める展開で始まりそうですが、アジア市場での動きは騙しとなる事が多いだけに、米国市場の後場の動きが重要です。

 CFTCでの大口ファンドのポジションは、ユーロの買い戻しが確認されると思っていたら、下チャートのように、28日の発表では、24日現在のポジションは、さらに売り越しの拡大が確認されています。とても不思議な現象です。投機筋の動きに疑念がありますが、騙そうと思っているのは確かです。 理由は、‥稿取引の拡大でファンドポジションが表に出ない。▲プション取引などデリバティブで、先行させてポジションの変化を済ませている。



2012年01月27日

封印を解く必要が

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8830円-20円  前日の米株の軟調や円高進行に売り優勢の展開でした。上昇波動後は、初めての6日移動チャレンジとなりましたので、早ければ、今日の小反落押しで下値完了の可能性です。商社株や、資源関連株の上昇が次週の転換を予見しているようです。 波動が始まっている以上、押しても短命であり、自信を持って、安値は買い拾うべし!

 今日の石油市場は、東京ガソリン -310円〜-500円安推移 夜間原油 WTI 3月限は 99.70ドル推移 北海原油 3月限は、110.75ドル推移 世界的金融緩和傾向に小幅上昇のNY原油に反して、東京市場では、米株の軟調や円高進行に、連日の高値更新から、一転して、終日売られる展開でしたが、次週の展開が期待されるところです。

 しばらく、買い増し作戦を封印していましたが、久しぶりの大相場なら、封印を解く必要があろうかと思います。 以下 東京ガソリンも、オージドルも、米株も連動して、週足は先行スパンの雲を抜け陽転しております。この型譜の目標値は・・・・。

 CFD/CXの大相場を狙うなら、 戦略レポート会員は締め切り迫る  1日2回 戦略提示配信中です。 →詳細はこちらから  →再入会はこちらから



2012年01月26日

NY金、1715砲紡臟発〜♪

こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8850円-20円  低金利政策を継続するとのFRBの発表に上昇した米株高を受け 東京市場は堅調なスタート後、円高進行を嫌気した売りに押されて、3日ぶりに反落して引けました。 今晩のイタリア国債の入札が注目されています。不調なら、対ユーロで円高&再反落ですが、好調なら続伸パターンでしょうが、何れにしろ、押しても短命で、押し目買いの流れは、今しばらく続きそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +200円〜+480円高推移 夜間原油 WTI 3月限は 99.92ドル推移 北海原油 3月限は、110.45ドル推移  ガソリンの需給ひっ迫懸念や、FOMCの低金利政策継続に上昇したNY原油でしたが、東京市場は円高に上げ巾削る展開でした。8月限新甫は下鞘発会した事から、投機筋の売りを浴びているようで、どこまで下値を試すか? 楽しみです。

 以下チャートのように、昨日、1655砲杷磴ぅ劵奪箸靴拭■裡拔發六迭櫃姥紂∩枋螢螢好10法6倍の大利益の乗る、1715砲泙任梁臟発でした。このポジションは、○○○○砲泙如大きく利を伸ばす長期戦略で、保持する予定です。やはり、大相場モデル作戦に、ピッタリ仕掛けが出来ました。 その他の銘柄も楽しみです。

 CFD/CXの大相場を狙うなら、 戦略レポート会員の募集中  1日2回 戦略提示配信中です。 →詳細はこちらから  →再入会はこちらから



2012年01月25日

あの2×××年も、巨額の利益が出ました。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 へんなおっさんが、東京からやって来ました。 IFA業務の内部監査によるものです。 IFAとは、金融仲介とも言いますが、特定の金融機関に縛られず、独立・中立の立場で投資家の資産形成・管理・防衛等のサポートをする金融のプロフェッショナルことで、 Independent Financial Advisorの頭文字を取りIFAといいます。 今回は、所属証券会社、による内部監査なので、金融庁の監査よりは楽です。 しかし、財務局のライセンスを維持するには、労力が必要です。

 日経225先物市場は、大引け 8870円+80円 ギリシャ債務難航でリスク回避で売られた欧米株に反して、東京市場では、対ドル・対円での円安進行を好感して上昇 ジャスダック市場は、5ヶ月ぶりに200日移動線を更新 日経225では、9090円程度に位置しております。予想どうり、強気の展開が続いていますが、どこまで、利を伸ばすかが問題です。  

 今日の石油市場は、東京ガソリン +150円〜+650円高推移 夜間原油 WTI 3月限は 99.07ドル推移 北海原油 3月限は、110.41ドル推移  ギリシャ債務問題の難航や、需要減少予想が嫌気されて下落した海外石油市場でしたが、東京市場では、円安進行に逆行高でした。 この線型や傾向を見る限り、石油市場も、2×××年型の大相場モデルの作戦が必要です。 

 白金やゴムの理不尽な上昇の理由がわかりますか?  ‘鍛覆陵由がないので、踏み終われば、真っ逆さまに暴落するので、積極的に売り上がれば、巨額の利益が期待出来る。 ◆〆猯舛覆靴望紊る相場は大相場になる事が多いので、買いで巨額の利益を得る さて、貴方はどちらを選びますか? 指標とモデルパターンがイメージ出来れば、参戦も簡単です。

 CFD/CXの大相場で利益を得たいなら、 CFD/CX会員は募集中  1日2回 戦略提示配信中です。 →詳細はこちらから  →再入会はこちらから



2012年01月24日

同じ穴の狢(むじな)

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 先進国で最低水準の消費税だから、他国並に、消費税の引き上げは当然との主張で、消費税関連法案の会期内成立を目指している、ドジョウ内閣です。 しかし、政府の大嘘に騙されてはいけません。消費税だけを比較したら、他国よりも低いのですが、他国よりも、高過ぎる、法人税・相続税・固定資産税・高速道路通行料・ガソリン税・公共料金等、いろいろな税金が高くて、多過ぎるのです。年金を人質にして、消費税の引き上げを迫るやり方は、卑怯千万、姑息な財務官僚が考えた筋書きに乗る、馬鹿なドジョウが、衆議院解散するのを楽しみにに待ちます。

 日経225先物市場は、大引け 8790円+20円 ギリシャ債務協議の期待感にユーロ高進行を好感して、東京市場は8800円を一時回復したものの、国内勢の売りに伸び悩み、小幅高で引けました。 今晩の米アップルの決算発表が注目されており、好決算の発表か、ギリシャ債務の進展報道か、何れかで続騰も期待されるところです。 月末頃までは、安定的な上昇が期待されるところです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +210円〜+300円高推移 夜間原油 WTI 3月限は 99.75ドル推移 北海原油 3月限は、110.77ドル推移 欧州連合(EU)外相がイラン産原油輸入禁止で合意したことに海外石油は上昇 東京市場では、海外高を背景に堅調な展開でした。 重要事項が決定して、完全実施まで、半年も先なので、当面は緊張は緩和されそうです。NY原油は、1/4日の103.9ドルから、11営業日が経過しているものの、下げ巾は限定的なようです。 週足で、東京ガソリンと、米株(S&P500)を比較検証してみました。 地政学リスクの影響で、独自の展開が際だっている印象があったものの、チャート比較すると、結局 同じ穴の狢(むじな)です。 極悪ファンド連合が、牛耳る相場ですが、新しいステージに向けて、次なる波動が待ち望まれます。

 東京白金は、2×××年型の大相場モデルと、昨日コメントしたら、早速、大幅続騰です。現実化しつつあり、作戦を再度練り直した方が良さそうです。



2012年01月23日

リーマン後の高値チャレンジ中

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8770円+20円 対ドル・対ユーロ双方での円高進行に、朝方は売りが先行したものの、金融セクターなどへの出遅れ人気の買いが拡がり、堅調で引けました。ギリシャ債務の民間交渉も合意に近づき、過度な不安感が後退して、楽観ムードが拡がりつつある。 一方 リーマン後の高値チャレンジ中の、米株に、過熱感もある事から、主力株の上値追いにも警戒感もある様子です。米株は以下チャートのように、11月下旬の安値から、36営業日が経過しており、ハシゴを外されそうな月末日柄が接近中です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -580円〜-730円安推移 夜間原油 WTI 3月限は 97.64ドル推移 北海原油 3月限は、109.74ドル推移 週末のNY原油市場は、ドル高進行や、需要減退観測に急落 イラン情勢も、目新しさに欠けて進展がない事や、米空母がホムルズ海峡を通過して、ペルシャ湾に入った事も、イランの強硬姿勢の軟化と受け止められています。 他銘柄に先行して上昇した相場だっただけに、失速も早いようです。

 東京白金の波動は、天の邪鬼銘柄なので、単独ではわかりにくいものの、他の銘柄と連動させると、見えない者が見えてきます。 底値圏からの好転指標の点灯が一番早かったです。2×××年型の大相場モデルをイメージしています。



2012年01月20日

爆発 来たぁ〜!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 S&Pのミラノ事務所に、イタリヤ警察が家宅捜索に入ったとの報道ですが、虚偽の情報による価格操縦の疑いによるものです。経産省の官僚もインサイダーで逮捕されるし、結局 世の中は情報に振り回されており、マスコミを操る者が世界を牛耳るのです。世の中、悪い輩ばかりですが、どんなに罰則を強めても、贈収賄や、インサイダーで不正利益を得る者はなくなりません。 誰か、私にもインサイダー情報を下さい。御願いします。

 日経225先物市場は、大引け 8750円+100円 円安や米株高をに買い先行し4日続伸で引けました。地合は好転し、1週間前とは大違いで、4日連騰となりました。やはり、三兵行進の威力です。 酒田足の強きの型譜でしたが、戻りの大きさは、円相場次第ですが、市場エネルギーが回復して雪解けは近いです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +460円〜+720円高推移 夜間原油 WTI 3月限は 100.82ドル推移 北海原油 3月限は、111.95ドル 海外石油市場は小動きの展開でしたが、東京市場では、株式市場の踏み上げオンパレードで、投資家心理が好転した事に、対ユーロでの円安進行も好感され先限では、戻り高値更新のようです。

 東京ゴムは以下のチャートのように、75日移動越え&先行スパン越えの、16ヶ月ぶりの強気指標が点灯しました。チャネルも越えており、魔坂の青天井コース入りのようです。何かが始まった事は、取り組みの増加の仕方や、当業者系が、大きく踏まされ、右往左往している様子に見てとれます。 大相場の初動は、誰にも買わせないような動きをするもので、今回も・・・。



2012年01月19日

目の覚めるような爆発

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。

 日経225先物市場は、大引け 8650円+100円 前日の米株高を受け、東京市場は、買い先行し3日続伸して引けました。やっと、1ヶ月ぶりの高値更新でしたが、外人勢の買い戻しが確認され、今日も踏み上げの流れでした。久しぶりの連騰です。逆張り往来相場が、1ヶ月以上続いた事で、ぬか喜びしないように、疑心暗鬼でついて行くしかありません。やはり、出来高を伴っての上昇は、侮ってはならないようで、今日もNEJが、3000枚以上の買い手口でした。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -130円〜+140円高推移 夜間原油 WTI 3月限は 101.38ドル推移 北海原油 3月限は、111.38ドル 昨晩のNY原油市場は、ドル安や、イラン情勢の緊張の他カナダからのパイプライン計画を却下するとの報道に上昇したものの、北海原油の上げ幅が限定的であり、東京ガソリンが追随難になっている理由でした。NY原油の納会前だけに、動きずらい環境のようです。目の覚めるような爆発は何時になったらあるのでしょう。



2012年01月18日

底入れ条件に合致する閑散市場

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 読者の方からもコメントを頂きましたが、市場が冷え込んでいます。 FX・オプション・CFDと、投資対象が多様化した事もありますが、なんと言っても、株価と賃金の下落が続いている事で、投資マインドが萎縮している事も要因です。今年こそは、大きく動いて欲しいもので、私は、太公望を真似て、「何時来るかわからぬ、大魚を狙って、糸を垂れる日々」です。

 日経225先物市場は、大引け 8550円+80円 高値圏から大きく値を削った米株の地合を引き継ぎ、東京は反落スタート後、金融緩和期待に中国関連株が上昇し上げを牽引 後場からは、先物の8500円越えから、ヘッジファンドのロスカット買いが断続的に出た事から、30分程度で、8600円まで急騰したものの、その後は手仕舞い売りに上げ巾を削って引けました。5分足では、久しぶりに見た、火柱高でしたが、出来高伴っての今日の急騰は、トレンドの始まりと期待したいところです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -600円〜+140円高推移 夜間原油 WTI 3月限は 101.38ドル推移 北海原油 3月限は、111.94ドル 中国の金融緩和期待や、フランスがイラン産の原油輸入禁輸措置の早期実施を求めた事からの緊張に昨晩のNY原油は急伸したものの、米株安を追随し小幅高で引けました。 225先物は、外人勢ファンドが大量に買い戻したのですから、東京ガソリンも、NEJの踏みが出やすくなりました。

 以下グラフは、2000年以降の、信用取引残高ですが、低水準の残高は、株価が動かない=妙味薄いと考えている人が多い証拠です。底入れ条件に合致する閑散市場には違いなく、少しずつでも、長期の種玉玉を仕込んで行くべきと考えます。