2012年05月

2012年05月31日

悪魔のような5月相場が終わりました

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 やっと、悪魔のような5月相場が終わりました。ウォール街の格言では、「5月に売って、どこかに行け そして、9月に戻ってこい」とありますが、底なし沼は、まだまだ続くと考えねばなりません。

 日経225先物市場は、大引け 8530円-80円  スペインやイタリアの国債利回りの上昇に、リスク回避売りが拡がった欧米市場の流れれを引き継ぎ、東京市場も売り先行で、前週の安値更新の流れとなったものの、日銀のETF買いが影響して、買い戻される展開で引けました。 ギリシャが、ユーロ離脱と予想する投資家は、1/3程度と、大勢はユーロ残留を予想しているようで、なかなか底入れしない理由ともなっているようです。 さて、明日晩の、雇用統計後に、どっちに動くか? 注目されるところです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -1780円〜-1920円安推移 夜間原油 WTI 6月限は 87.78ドル推移 北海原油 7月限は、103.37ドル推移 ユーロ安や欧米株安に下落した海外石油市場を反映して、東京市場も大幅安の展開 対ドルでの円高進行も、下落に拍車を掛ける展開でした。 米大統領選挙年は、積極的な景気対策による株高と、インフレ対策によるガソリン安と、同時進行する年が過去多いですが、今年は、3月天井からの下落波動が始まったばかりであり、月足の陰線が、2本経過しただけとなっています。39ヶ月の上昇波動だっただけに、少なくとも、6ヶ月以上の下落波動が欲しいところです。

 ユーロドルは、34本(±20%)のサイクル波動が、多くの局面で観測されますが、現在時間(16:00)では、22本が経過しており、後、15時間〜95時間の範囲で、短期的な底入れとなる公算です。 よって、今晩の戻りは、安心して売り参戦で良いかと思うところです。ユーロドルのCFTC建ち玉報告では、大口ファンドの、ポジションは史上最高の売り越しとなっている事から、彼らが買い戻した時の反発力の強さを警戒する人もいますが、総取組高(Open Interest)が、史上最高を更新している事から、ドル高の流れが、ファンド系の買い戻しで、急ブレーキが掛かる事は、考えにくく、この相場 ユーロの買い方が、投げるまで、下がり続けると見た方が良さそうです。総取組高が減少確認されるなら、初めて、戻り警戒と考えます。
 



2012年05月30日

売りたい強気でしたが・・・。

戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8610円-40円  前日のアジア株高は、一転し、中国の景気悪化懸念が強まった事や、ユーロ安進行によるリスク回避売りに、東京市場は前場の売り先行したものの、後場からは、日銀のETF買い観測に下げしぶる展開でした。 昨晩の米株は上昇したものの、その他のリスク銘柄は、ドル高進行に、NY金や石油市場など全面安の展開でした。米国の3連休明けが、下落に転じた事は、考えにくい事ですが、週末の雇用統計の発表を待たずに、底抜けするのかも知れません。 近々の底抜け警戒指標が点灯中です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -1120円〜-640円高推移 夜間原油 WTI 6月限は 90.08ドル推移 北海原油 7月限は、106.08ドル推移 昨晩のNY原油市場は、米住宅市場の改善や欧米株式相場の上昇で反発したものの、ユーロ不安のドル高進行に反落した流れを引き継ぎ、東京市場も急反落 2008年のリーマンショックでは、東京ガソリンは、高値から、28%までの暴落波動となりました。今回は、 まだ、78%までしか下落しておらず、下げ余地は大きく残る可能性を考えます。昨日までは、売りたい強気でしたが、戻り待ちに戻りはないようで、・・・。



2012年05月29日

騰勢を強めそう

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8650円+50円  スペインの銀行不安に朝方は、ヘッジファンド系の売りが多く、8510円まで突っ込む場面があったものの、後場から、中国の景気刺激策期待で上昇したアジア株に支援され、堅調な展開で引けました。前場に売り崩そうとした筋が、買い戻しを余儀なくされ、後場の上げ幅拡大に繋がったようです。 ギリシャ国内では、緊縮支持派の勢力が盛り返しつつある事も、期待感に繋がっています。 週末の米雇用統計の発表まで、戻り足を早める事を期待です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +420円〜+210円高推移 夜間原油 WTI 6月限は 91.41ドル推移 北海原油 7月限は、107.59ドル推移 前日のアジア時間からの上昇分は、帳消しとなり、反落スタートでしたが、後場からのアジア株高に触発されて、夜間も上昇 今晩の米国3連休空けに受けて、騰勢を強めそうな展開です。4時間足も、遅効スパンが陽転し、今朝、押した分だけ、今晩以降の騰勢が強まる事が想定されます。 



2012年05月28日

アルマゲドン!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8600円+20円  欧州金融不安が残る中、東京市場は売り一巡感や値頃が意識され、底固い展開となって、3日の小幅続伸。 今晩の米国市場が休場の中、積極的に買い上がる向きもなく、ヘッジファンド勢が動かなければ、無風相場です。しかし、地球滅亡の危機との意味で、「欧州アルマゲドン」とも形容され、オプション市場も、それに身構えています。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +860円〜+460円高推移 夜間原油 WTI 6月限は 91.76ドル推移 北海原油 7月限は、107.46ドル推移 今晩の米国がメモリアル休場の中 金スポット高に連動して、夜間原油も小幅上昇 4時間足では、91.5ドルの抵抗ゾーンを抜けて、上昇中です。通常ならば、デイトレ〜短期で買い参戦するべきところ、米国休場の中で、一方的な上昇は考えにくく、騙しになりかねません。 戻り限度を見計らって、アルマゲドンに向けて、売り参戦した方が良さそうです。



2012年05月25日

138年の歴史に幕

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8580円+20円  欧米株高を好感して反発スタートしたものの、様子見ムードが強く、上値も限定的でした。4時間足では、遅効スパンの陽転を失敗しており、225先物は、再び下値追いの様相を強めています。一方、国内証券の講釈師連中は、”底値到達感・値頃”言う言葉を、盛んに出して、相場観を見繕っています。 常軌を逸する事が起きるのが、相場の世界であり、また、それを狙って仕掛けて来るのが、奴等 ヘッジファンドの手法です。”底値到達感・値頃”のような意見が多い以上、7800円の震災時安値を、取りに行かないと、終わりそうにありません。 恐怖のSQまで、残すところ、2週間です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +850円〜+360円高推移 夜間原油 WTI 6月限は 90.59ドル推移 北海原油 7月限は、106.49ドル推移 イランとの6ヵ国協議は、本格的な交渉がスタートしたものの、双方の溝は埋まらず、次回協議を6月18、19両日にロシアの首都モスクワで開催との結果で終わり、早期妥結しなかった事が、海外石油市場の小反発に繋がりました。イラン側は、濃縮度20%のウラン製造停止に応じる可能性を示唆しつつも、その見返りとして経済制裁の大幅緩和を主張しており、単なる時間稼ぎとの見方もされるところです。 依然 ブレント原油の16ドル上鞘が続いており、イランプレミアムは、剥がれるそぶりがありません。東京ガソリンの週足は、11週連続陰線と、前人未踏の相場展開です。 相場とは、買い方・売り方、一方が勝者とは決まっていません。双方とも敗者となる事だってあるわけで、大きく上下に揺さぶり、売り方・買い方双方のロスカット価格にヒットする展開は、親の総取り相場となります。 勝敗の確率は、1/2と考えたら、大間違いです。 途中参戦する人は、そこのところに、充分注意する必要があります。  

 今日の新聞報道でもあるように、東京穀物商品取引所は、明治7年(1874)からの、138年の歴史に幕を下ろす事が決まり、来年2月を目処に清算する見通しとなりました。天下り先維持の為、再建資金も失い、結局、農水官僚達に、骨までしゃぶり尽くされたわけです。米相場は、徳川吉宗が信頼していた名奉行・大岡越前守忠助が作り上げた優れた制度で、世界初の先物取引所だったのに、歴代の理事長など役員連中は、経営責任を取るべきです。 35億円で取引所ビルも売却して、綺麗に食いつぶしたのは、見事と言う他ありません。パートを含む、従業員30名の平均給与は、718万円ですが、空いた口が塞がりません。今まで払って来た手数料を返せ〜♪→有価証券報告書

 以下は、先物取引の最中,1時間に1回ぐらい水を撒いて取引を中断させる 堂島米相場の様子
 



2012年05月24日

売り方の居城が落城

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8560円-10円  欧州の非公式首脳会談では、具体策がまとまらず、日経平均は、8500円を割れる場面があったものの、目標達成感から、買い戻されて引けました。夜間の安値は、8470円 日中安値は、8490円と、Put8500円の売り方の居城が落城した事から、戻り試しの動きになろうかと思われます。しかし、これで下値チャレンジが終わったと考えるのは、早計です。なぜなら、P8000円の出来高が、本日 最高を記録し、撤退したPutオプションの売り方が、P8000円まで、後退して体制を整え、反撃に転ずる作戦のようです。しかし、売り方にとって、P8000円は、後がない背水の陣であり、攻め込まれたら最後・・・。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -80円〜-680円安推移 夜間原油 WTI 6月限は 90.34ドル推移 北海原油 7月限は、105.75ドル推移 イランの核開発問題の緊張緩和やドル高進行に下落した海外市場を受け、東京市場も続落 WTI原油は、90ドル割れから、小反発したようですが、戻りが鈍い、ユーロドル相場を見る限り、さらなる下抜けを狙っているようです。

 金のETF残高が急減しており、リーマンショック時とは、異なる展開となっています。著名投資家の、ジムロジャースも、金のヘッジ売りを進め、高値から、35〜40%程度(1200ドル程度)への下落調整を予想しているようです。5/15日号では、4年ぶりの陰転指標の出現と、以下のチャートを掲載して、お伝えしましたが、どういうリスク戦略で乗って行くか? 参戦方法が難しいところ・・・。
 



2012年05月23日

日銀は、米国のポチです。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8570円-160円  ギリシャ前首相が、「ギリシャはユーロ離脱の準備に入っている」との発言報道に、リスク回避が強まり、東京市場は寄り付から、安寄りスタートし、先物主導でリスク回避売りが広がり、後場から、日銀の金融緩和見送り報道に、下げ巾拡大の展開でした。4ヶ月ぶりの安値で引けており、アジア市場では、東京市場が先行して売りを浴びたようです。 今晩の、ECB首脳会談で、何等かの方策が示されるはず・・・。
 日本は、対外純資産が、世界一であり、小金を貯めている国なので、世界の投機マネーから、日本の投資家は狙われています。株式市場は、急転直下の下落でしたが、日銀は、野田首相に頼まれ、嫌々の金融緩和だったのが、見え見えです。 ドル円は、78円を割れる水準まで、投機筋に攻め込まれるのも 時間の問題と考えています、通貨の番人のはずが、日銀は、米国のポチです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -250円〜-810円安推移 夜間原油 WTI 6月限は 91.13ドル推移 北海原油 7月限は、107.77ドル推移 イランが、IAEAと核査察を受け入れ合意した事や、ギリシャ不安の再燃に、アジア時間から売り先行 東京市場は、寄り付から下げ巾拡大の展開でした。しかし、夜間原油で、底割れのWTI原油に対して、ブレント原油の下げ巾が限定的であり、新安値までは至らず、値を保っているようですが、東京白金など、新安値入りの銘柄も散見され、予断は許さぬところ・・・。



2012年05月22日

幸せな死に方

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 私が、某証券会社で、顧客管理をしていた時の事です。ポジションと市場の動きに合わせて、必要に応じて、顧客に連絡して行くのですが、その顧客は、一度仕掛けしたら、良くても悪くても、納会まで、放置プレーを好む人でした。 いつもどうり、納会が接近したからと、連絡したら、家族の人が出て来て、「先日 亡くなった」 と伝えら、驚いた事があります。 好きな相場で、利の乗ったポジションを残したまま、逝くと言うのも、幸せな死に方かも知れません。 きっと、あの世でも、好きな相場を楽しんでいる事でしょう。 残った人に迷惑かける例もあり、ポジションの大きさには、注意を払う必要があります。 

 日経225先物市場は、大引け 8730円+110円  中国首相の景気対策発言を好感した欧米株高や、為替市場の落ち着きに、東京市場は続伸 明日のEU首脳会談や、日銀政策決定会合を控え、外部環境の好転期待も加わっている様子です。4/27日高値 9700円〜8580円までの下落巾に対して、応分な戻りを試す事が想定されます。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +1340円〜+750円高推移 夜間原油 WTI 6月限は 93.00ドル推移 北海原油 7月限は、108.97ドル推移 欧米株高や、ブレント高を好感して、石油市場は続伸の流れとなりました。ブレンド先行高の時は、息の長い波動に繋がる事も多いので、要注意です

 戻り入り周期入りを予想して、100.90円の買方針とした、ユーロドル相場は、昨夜22:30分頃の安値は、100.92円と、僅差で買い指し値に届かず、悔しい展開です。黄金比率による戻りは、33〜38%戻りで、102.7〜103.1円程度と想定されるところです。 



2012年05月21日

イランへの軍事行動

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 朝早くから、五月蠅いなぁ〜と、、自宅のベランダから外を見ると、近所の小学生が金環日食を見て、騒いでいたようです。世紀の天体ショーと、親子で喜んでいる姿もありました。 私のように、ジジイになると、少々の事では、驚かず、感動も薄くなって来ます。 金環日食より、寄り付き具合の方に関心が強かったです。

 日経225先物市場は、大引け 8650円+20円  G8首脳会談からのユーロの小反発に、前週までの急落に対した修正高が、225先物市場では、先行する動きでしたが、TOPIXでの戻りは鈍く、個人投資家の資金ショート売りは継続しているようです。暴落に対しての追加証拠金は、翌営業日正午が、入金期限で多いパターンですが、損切りによる資金不足は、4営業日が入金期限となる事も多く、TOPIXが低迷している背景でもあります。 ギリシャのユーロ離脱の可能性は、75%と言われますが、ギリシャへ国債を多く持つ、フランスの銀行などは、どうなるのでしょう。 6/17日のギリシャ総選挙までは、目が離せません。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +790円〜+490円高推移 夜間原油 WTI 6月限は 92.01ドル推移 北海原油 7月限は、107.75ドル推移 欧州債務危機の深刻化懸念や、株安に下落した海外石油市場でしたが、東京市場の寄り付では、G8首脳会談による安心感に買い戻されて、小反発推移でした。 ロシアの諜報機関は、「西側諸国が、イランへの軍事行動を具体的に検討している段階である」との報道がありました。 天然ガスの技術やコスト面ので開発が進み、原油に対する需要減少が将来的に予想される中 イラン緊張が再び始まる可能性が浮上 NY金が数日前より、急騰始めた本当の理由は、こんなところにあるのかも? 昔とは異なり、近年の常識は、有事の金売り・ドル売り・原油売りです。

 換算では、軟調なスタートが予想されら東京ゴムでしたが、下げ巾は限定的であり、寄り後は、一転急騰しています。「タイのゴム輸出業者が東京市場で、現受けをして、タイに逆輸入」することが認められたことを背景に当月からの大幅高となりました。前週中から、積極的な当業者のドテン買い手口の真意は、ここにあったようです。 



2012年05月18日

恐慌型相場は逆張り禁物

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

 こんにちわ 竜之介です。 

 日経225先物市場は、大引け 8600円-250円  ギリシャ不安が、スペインの銀行に飛び火して、預金流出の取り付け騒ぎに発展の懸念が浮上 疑心暗鬼の換金売りの他、資金ショート売りも広がっており、アジア株の連鎖暴落に、日経平均の下げ巾は、今年最大を記録しました。ギリシャの再選挙の結果は、6/17日とされ、灰汁抜けは遠そうです。 3.11大震災時の安値が、目前に迫って来ました。ニューエッジは、800枚程度の買い越し手口で、ポジションを膨らませるつもりはないようです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -1880円〜-2090円安推移 夜間原油 WTI 6月限は 92.16ドル推移 北海原油 7月限は、106.70ドル推移 WTI原油は、堅調な推移であっても、ブレント・ドバイが大きく下落している事や、投機的な動きで、79円台への突入の円高進行も加わって、大幅安の展開 銀行の取り付け騒ぎは、世界恐慌の直結する事象であります。東京ガソリンの3月からの下げ幅は、16000円巾を越えており、リーマン級の一本調子暴落となっていますが、前人未踏の恐慌型相場です。逆張りは禁物

 5/11日の会員向けFXレポートで、以下月足チャートを掲載して、下値不安拡大中としたオージ/円は、日本の投資家が狙われているようで、デリバティブの世界では、良いカモにされています。三尊型の線型であり、下値は、60円程度まで深いと覚悟が必要です。 応分な戻りは、積極的に売りたいところです。 ゆったりFXスィング 会員案内は→こちらから