2013年02月

2013年02月28日

大相場を暗示する指標

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 自分の個人信用情報って、知っていますか? 借金をする予定のない人にとっては、知る必要もないでしょうが、いざ、事業用資金の調達や、住宅ローン等の低利融資を受ける場合、自分の信用情報を、事前に知っておく事は、とても大事な事です。なぜなら、同姓同名の他人の信用情報が誤って、入力されていたり、完済したはずのローンが、支払中となっていたり、結構、間違いがあるようです。 それを、ローンを申し込んだ銀行は 教えてくれず、否決とだけ回答されるので、資金調達を失敗してからでは、遅いのです。 1000円程度の費用と、1週間程度の時間はかかりますが、予め、自分の信用情報を開示請求して、間違いがないか確認しておく事をお勧めします。

 日経225先物市場は、11500円+240円  FRB議長の議会証言や、イタリア国債の堅調入札を好感して上昇した米株の、東京市場も追随高 外部環境の好転や、アジア株の堅調や、円安も支援要因となったようです。月末節目を迎えて、投機マネーの動きに注目したいところです。次週末のSQまでに、12000円は難しそう?

 今日の石油市場は、東京ガソリン -1820〜-1910円安推移 NYガソリンの急落で、欧州の製油所の操業低下懸念に、1ヶ月ぶりの安値圏まで下落したブレント原油安に、東京ガソリンは、円安が下値サポートとなって堅調な前場スタートだったものの、13:00頃の追加証拠金期限を過ぎた頃から、徐々に値を下げパニック売りに拡大する展開でした。 下チャートのように、昨日の異様な大出来高と、取り組み減少は、今日の暴落を暗示した指標だったようです。 我々の年初から長期ポジションは、危機一髪 昨日の内に、利益確定でなによりでした。 決断を即してくれた三重県の会員さんに感謝です。

 私が、大相場を暗示する指標として注目してしている事の一つに、満月指標があります。26日満月暴落でも、止まらなかった銘柄は恐いと考えねばなりません。

 



2013年02月27日

破綻するまで

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 

 日経225先物市場は、11260円-150円  バーナンキ議会証言で反発した米株に安心感が拡がり、反発スタートしたものの、イタリア選挙結果が、今後の格下げ懸念との報道に、リスク回避の動きとなって、日経平均は、安値引けで引けました。他市場は、リスク回避モードだったのに、異常に強い日本株ですが、日銀の金融緩和が評価されているようです。 将来強いのは、解っていても、どこまで、叩き込まれるか? メジャーSQだけに恐いところです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -910〜-980円安推移 ブレント原油安や、円高に下落した東京ガソリン市場でしたが、多すぎる出来高の意味するものは?? さて、重要判断が必要なところです。詳細は夜の会員号で・・・。

 4月4日の金融政策決定会合で、日銀が大規模な金融緩和を発表するとの期待感が広まっているものの、ドル円相場は、調整局面の下値波乱が続いているのも事実です。ここに来て、昨年の11月から、馬鹿の一つ覚えのように、ドル買いを勧めて来た某ファンドが狙われており、今週のドル安局面でも、買い続けているようです。ドルを買いさえすれば、簡単に儲かった、今までの相場と同じと思っているのか? 破綻するまで、ドルを買い続ける姿勢との事 大きなドラマ、フラッシュクラッシュが、待っているかも? 



2013年02月26日

棺桶トレード

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 過去10年、私の顔見知りで、崩れ落ちたトレーダーを多く見て来ました。 自己破産した人 行方不明になった人 自ら命を絶った人等 十指に余ります。皆、共通して、魔坂、ここまで相場が下がるとは? 上がるとは?  いつもだったら、出来る方向転換が出来ず、魔が指した結果だったのですが・・・。 勝って奢らず、損をして熱くならず、無我の境地で、相場に向かい続ければ、勝機がやって来るのが相場でもあります。 

 日経225先物市場は、11410円-240円  イタリア総選挙結果を受けての、欧米株安や、リスク回避の円買いに、東京市場は大幅安寄りで、全面安の展開 90円台の円高に、シカゴ日経も、11100円まで突っ込み、どんな寄り付かと心配されたものの、主力株中心に下げ渋りって引けました。昨日の保合放れからの高値引けは、騙しとなって急反落でした。寄り後の窓は、11530円までの窓埋め戻り完了から、再び下値波乱を模索しそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -1590〜-1690円安推移 欧米株安や、円高進行に、東京市場は大幅安 欧米石油市場の下落巾は限定的だったものの、円高進行が買い方の投げを加速させたようです。 ドル高反転した相場だけに、円安頼みの強気一辺倒も、曲がり角に来ているかも?

 少々、円安信奉し過ぎた感があり、反省していますが、トレーダーにとって、ロスカット設定だけが、命の綱です。 とても便利で、快適な自動車であっても、ブレーキ等、安全装置がなければ、走る棺桶です。貴方は、ロスカット設定を、忘れて、棺桶トレードしていませんか? 以下のチャートは、週末の買い参戦からの、ロスカット提示の、解説チャートです。 損切りして、偉そうな事を言うと思う人もいるでしょうが、なによりも一番大事な事が、ロスカット設定であり、唯一、自分を守る術なのです。



2013年02月25日

逆張り派VS順張り派

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。

 日経225先物市場は、11650円+240円  休日中に報道された、次期日銀人事や、日米首脳会談を受けたTPPへの参加方針を好感して、94円台への円安進行に、東京市場は、高寄り後大幅高で引けました。線型は、過去13日間の保合に対する上放れであり、今日の窓明け陽線は、下値の保合に対する、縁切り線と呼ばれるチャートです。最近の逆張りで、儲けた人にとっては、絶好の売り場です。 しかし、トレンドファロー型のトレーダーにとっては、良い買い場です。貴方は、逆張り派? それとも、順張り派ですか? 双方ともに、今日は、絶好の仕掛け場です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +450〜+1050円高推移 週末の欧米石油市場の堅調や、東京市場での円安進行を背景に、5日ぶりに反発して引けました。春相場だけに、・・・。

 ギガビジョン匿名組合の方々に、お知らせメールを、送信しています。不着の方は、問い合わせフォームより、お知らせ下さい。



2013年02月22日

母質(カカシチ)相場って、知っていますか?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 母質(カカシチ)相場って、知っていますか? 母質相場とは、「母さんを、質に入れてでも、張りたい相場」との意味で、所謂、とても自信がある相場と言う事です。 私も、数多く、そういう相場に巡り合って来ました。 顧客と一緒に相乗りした事もあったり、いろいろ、美味しい思いをした反面  良いところで、止める事が出来ず、最後は持って行かれる事も多く経験しました。 過去3ヶ月間の、この相場 56年ぶりと言っていますが、10年・20年と経験のあるプロの投資家が、売り上がって、破綻した相場でもありました。 舐めたらあかん、この相場 

 日経225先物市場は、11410円+100円  米経済指標の不振に下落した欧米株や、円高進行に東京市場は下落スタート後、11:00過ぎからの日銀総裁人事による思惑で、93円台に回復した円相場を交換して、後場プラス圏へ浮上して引けました。 日経225は、25日移動にも届かず、がっかりです。SQ前2週間ですが、どの水準で納会するか? 着地点の思惑が、手口になって交錯しています。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +140〜-100円安 サウジの供給増加や、需要減退等に下落した、欧米石油市場を背景に東京も続落スタートしたものの、93円台に復活した円安を好感して、下げ巾を縮める展開でした。以下チャートのように、ユーロは、対ドルで遅効スパン陰転する水準まで、急落しており、早急な復活なければ、深刻な問題となりそうです。しかし、東京ガソリンは、海外石油より、円安相場であり、不自然な取り組み急増は、両建て売りした一般投資家に対して、ヘッジファンドが買い向かった結果と考えるべきでしょうか? 

 ギガビジョン匿名組合の方々に、お知らせメールを、送信しています。不着の方は、問い合わせフォームより、お知らせ下さい。



2013年02月21日

資金ショートの換金売り

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。  

 日経225先物市場は、11310円-120円  FOMC議事録で、量的緩和の縮小停止時期が話題に上った事で、欧米株が急落した事や、大手ヘッジファンドが、資金ショートの換金売りの噂などが影響して、東京市場は反落でした。昨夜間で、11560円まで高値更新しながら、今日の下落は、決定的な印象です。 さて・・・。 

 今日の石油市場は、東京ガソリン -1320〜-1740円安 欧米株安や、大手ヘッジファンドの投げ売りに、商品市場全般の下落となりました。冷水を浴びせられたような下落ですが、単なる突発要因なら、売り一巡後は、買い戻されるはず。 馬鹿なヘッジファンドなら、損を嫌って、投げ切らずに、小出し売りするので、まだまだ下がる可能性があるものの、投げ切ったなら、下値は浅い。ヘッジファンドの経営危機が波及するか否か? 見極めが重要です。



2013年02月20日

春の息吹が近づいて・・。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 

 日経225先物市場は、11440円+70円  独ZEW(景況感)の好調を背景にした欧米株高や、1月の貿易赤字が過去最大だった事での円安進行に、日経平均の現物では、昨年来高値更新したものの、11500円節目抜けして、引ける事は出来ませんでした。やはり、円相場の支援なければ、保合放れは難しいようです。 さて、ドル円の95円抜けるタイミングが、何時になるか問題ですが、24〜25日のイタリア総選挙を通過せねば、リスク選考姿勢になりきれず、難しいように思います。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +120〜-210円安 欧米株高に触発されて上昇したNY原油市場に、東京市場は上昇スタートしたものの、押し戻されて小反落ですが、雪解けから、春の息吹が近づいていますが、3月からの春相場に向けて、相場は休憩中のようです。



2013年02月19日

なにが、嘘で、なにか真か?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 

 日経225先物市場は、11370円-30円 米国市場が休場の中、麻生大臣が、「外債を購入しない」との発言が、円の買い戻しに繋がり、日経平均の寄り付から、安寄り軟調な展開でしたが、根強い先高感に、押し目買い人気が強く、安値は買われる展開でした。不安定な線型を続ける中、ドル円のチャートを見る限り、あと48時間程度は、下値を試しそうな雰囲気です。下のドル円の4時間足チャートが、そう言っているようです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -320〜-520円安 電子取引での、夜間原油の軟調な、円高気味の推移に軟調が東京市場ですが、80000円の大台は、なんとか固めて来たようですが、21日のWTI原油納会を過ぎるまでは、買い方投機筋の攻勢は期待薄そうです・

 麻生大臣の、帽子が話題に上っていたようですが、G20から帰って来たら、口にチャックして、リップサービスしないようになりました。 他国から口先介入を非難されたのか? 今日は、「外債購入しない」と言っています。以下 ドル円の4時間足のように、政府要人の発言を受け、円が買われる展開です。本音と建て前を、使い分けて、揺さぶるのが相場の世界であり、お金の戦争です。 戦争時の嘘は、戦略と言って、お釈迦様の、方便と同じく、容認される嘘です。 なにが、嘘で、なにか真か? 心の目で見て、相場を見る事が重要です。 下の4時間足で、なにを感じますか? 



2013年02月18日

あと少しで成層圏に突入

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 

 日経225先物市場は、11410円+240円 G20を通過した事や、午前の参議院の予算委員会で、安倍晋三首相の外債購入発言を受け、94円台まで円安が進行を背景に、日経平均は、週末の下落巾を跳ね返す大幅高で引けました。ただ、春節明けの上海株の上値が重かった事や、米国市場が休場となる事で、11500円の節目越えまでには至りませんでした。

 今日の石油市場は、東京ガソリン +850〜+1220円高 円安進行に東京市場は反騰でした。 上昇するのに力がいらない、例えると、あと少しで、石油相場は、成層圏に突入します。そうなったら・・・。



闇紳士連中の、抗争事件

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちわ、竜之介です。 2月15日更新分は更新ミスで、以下、週末の執筆分です。 興味を持って見ていた、資産家殺人事件についての、続報が少なくなっています。 週刊誌によると、表の顔は、スイス在住のファンドマネージャーでしたが、裏の顔は、仕手筋の運用役だったようです。 仕手株と言うと、巨額マネーが入って、ただ、大きく動く株の事とだと思っている人が多いのですが、実体は、大きく異なります。 仕手株は、必ずと言って良い程 _饉劼虜睫馨況が悪い 経営者の資質が劣る若しくは、弱みを握られている。8媚興いファンドにお金を借りるか、大株主となっている。 等があります。 意のままに、新製品の発表や、第三者割り当て 合併などの、重要案件を操作する事が出来るので、株価操作をして儲ける事が簡単です。 当局からの操作を免れる為に、スイスに本拠地を置いていたのでしょう。 闇紳士連中の、抗争事件と思われます。 数百億円とも言われる資金の口封じで、殺害されたようですが、真相究明までは至らないようです。 命を落とした被害者に申し訳ないですが、仕手筋の運用役との報道が本当なら、ファンドマネージャーでなく、相場を利用した詐欺師です。悪魔に魂を売ると、良い死に方はしません。

 日経225先物市場は、11170円-160円 欧州のGDP速報値の減少発表から、欧州経済不安が拡がった事から、東京市場ではリスク回避売りが広がり反落して引けました。 11060円まで突っ込んだものの、押し目買い意欲が強いようで、下げしぶって引けました。現物の週足ベースでは、2週連続の引いており、上値は重くなっています。次週の展開が楽しみです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン -370〜-870円安 米雇用関連指標やガソリン相場の急伸を受け、NY原油は反発したものの、東京市場では、ブレント安や円高進行を影響して下落して引けました。

 為替市場では、欧州経済の不透明感によるリスク回避姿勢に加え、次期日銀総裁で、武藤敏郎・大和総研理事長を中心に絞り込みが進んでいるとの報道が、既定路線と受け取られて、円買いが進行した模様です。後講釈なら、何でもありなのがこの世界です。

 以下、チャート(一昨日前)のように、125.80円で売り参戦したユーロ円は、想定どうりの下落で、早くも利食い完了となりました。少々利食いが早かった感もありますが、+200pipsの利益確定でした。ユーロ円のトレードは、年初から3連勝で、+592pips(+162pips +232pips +200pips)でした。

楽々トレードは連勝中〜♪  ゆったりFX会員  当月無料キャンペーン中