2013年11月

2013年11月29日

お約束のパターン

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 

 日経225先物市場は、12月限 15740円+40円(引け) 前日の米株式市場が感謝祭で休場の中、東京市場は、小幅安で寄り付いた後は、円安加速を受けて、15750円まで上昇したものの、米年末商戦の始まりである、ブラックフライデーの結果を見極めたいとした手仕舞い売りが拡大し、一時は、15500円水準まで売られたものの、急速に買い戻されプラス圏復活で引けました。出入りの大きな相場ですが、これが、恒例の振るい落としです。16000円目前に、餅つき相場となっていますが、正月が近い証拠です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、80940円(+460) +730〜+460円(引け) NY原油休場の中、前日の在庫増加を受けて、ブレント原油も軟調だったものの、東京ガソリンは円安進行に、81000越えの上昇となったものの、大引けでは81000円は維持出来ず押し戻されて引けました。 ガソリン・ドル円・日経平均ともに、年初来高値に、王手がかかっており、年末特有の相場展開が想定されます。

  東京ゴム +9.7〜+11.7円高引け 産地相場の硬化や、円安進行を背景とした、売り方の買い戻しが、今日も継続し、堅調な前場から、後場は、久々の大幅上昇とまりました。予想kどうり、一旦、敵に背を向けた売り方勢は、円安加速による踏み上げするしか、打つ手はなかったようです。以下チャートの三角保合を今日の上昇で、50・75日移動&先行スパン上限を上抜けしました。この型譜からの先行きは、お約束のパターンになりそうです。 買い玉保有の人は、おめでとう御座います。 明日の会員号で、解説します。



2013年11月28日

3ヶ月保合の上放れ中

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 

 日経225先物市場は、12月限 15700円+220円(引け) 前日の米株が、5日連続で過去最高値を更新した事や、円安進行に東京市場は、朝から買い先行の流れでした。後場からは、今晩の米国市場が、感謝祭休場だった事から、売買高は閑散でしたが、戻り高値更新中で、新高値の16000円に王手がかかりました。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、80500円(+1050) +1470〜+1050円(引け) 在庫急増のNY原油安に対して、上昇のブレント原油に、東京市場は大幅高で、やはり、以下チャートのように、3ヶ月保合の上放れ波動が継続しています。年末ラリーは、どこまで続く??  



2013年11月27日

予測変動率が低下

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 先ほど、帰って来ましたが、相場コラムの更新が遅れました。

 日経225先物市場は、12月限 15480円-40円(引け) 101円台前半の円高や、海外小動きの手掛かり難に、東京市場は、前日に続き調整ムードを強める動きで終始しました。 ここに来て、IV値は、18.5pと前週の21.9pからは連日の低下しており、しています。過熱感の解消には、丁度良い保合と想定されます。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、79460円(+70) +270〜+70円(引け) 感謝祭前に動意薄となった欧米石油市場を反映して、東京市場も 小動き推移です。金に連動安しない所が、好感されます。3ヶ月ぶりの高値圏に押し上げられた、東京ガソリンですが、年末ラリーを期待します。

 東京金は、良好な米住宅指標に、金融緩和縮小見通しに反落したNY金を映して、大幅下落スタートでしたが、円の緩みに会わせて、買い戻される展開でした。材料的には、陰の極と考えています。

2013年11月26日

陰の極

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 

 日経225先物市場は、12月限 15520円-90円(引け) 欧米株がマチマチの中、対円でドルが軟化した事もあって、利食い売り優勢の展開 安値は、15460円までありあmしたが、概ね 15500円圏を挟んだ保合に終始しました。 目標がはっきりイメージ出来ない人にとっては、高所恐怖症でしょうが、行き先への信念がある人にとっては、今日の下落は喜ばしいところです。大きく利が乗って、成層圏に入った以上、流に身を任せるばかりです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、79320円(-) +1290〜+1010円(引け) イラン合意を受けて下落後、買い戻された欧米石油市場に、東京ガソリンは安心感に変われる展開でした。弱気材料に売り一巡後の上昇だけに、材料的には、陰の極と見るべきで、イラン核合意でも崩れなかった事を評価したいところです。

2013年11月25日

おっさんは、見苦しい!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 

 日経225先物市場は、12月限 15610円+180円(引け) 週末の米株が連日の高値を更新更新した事や、円安が加速した事から、輸出関連株中心に上昇し、日経平均先物に波及する流となりました。予測どうりの円安加速でしたが、嬉しい悲鳴です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、77850円(-350) -140〜-350円(引け) 休日中のイラン核合意の報道に下落した夜間原油に、東京ガソリンは、大幅な円安進行でも、相殺安となっています。しかし、NY原油は無視するとして、今晩の欧米市場で、ブレント原油がどの程度下落するかが問題ですが、以下チャート(11/23日号掲載分)のように、チャネル&遅効スパンをブレイクした相場故、限定的となるかも? なぜなら、オバマ政権は、今回の合意を受けても、一部のイラン制裁を緩和するだけで、原油輸出解禁は見送るとの事です。 オバマ民主党も、石油産業から巨額の政治資金を受け入れている事からなのでしょう。都知事の猪瀬のおっさんのように・・・。 それにしても、固執するおっさんは、見苦しい!



2013年11月21日

日柄が多く残るのも困ったものです。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 明日は、午後から名古屋に出張です。大事な人に、10年ぶりに会って来ます。福井で業界入社して、初めての転勤の地が名古屋でしたが、ダイワ(後のひまわり証券)から、10年程、居住しましたが、とても住みやすいところです。当時の経験や人脈など、今日の財産となっています。私を育ててくれた思い出深く好きな土地であり楽しみです。明日の、相場コラムはお休みです。

 日経225先物市場は、12月限 15420円+320円(引け) 日経平均は半年ぶりの水準に続伸 FOMC議事録要旨発表後の、円安に高寄りスタート後、投機筋の大量先物買いに大幅高となり、後場日銀の現状維持発表後は、失望売りに値を消す場面があったものの、大引けには逆襲高で引けました。今週の初動押しは、15380円〜15020円への、2.35%の押しでしたが、以下チャートは、昨年の衆議院解散からの上昇パターンですが、昨年も同じ、6日移動への、2.3%押しでした。 今回の上昇波動は、教科書どうりの、基本的な波動です。先物の買いポジションにとっては、早い上昇も良いのですが、オプションのポジションについては、早過ぎる上昇も困ったものです。2週間で、1500円近く上昇した相場なので、後3週間、同じペースで上昇するなら、12/13日のSQは、17500円との試算ともなり、オーバーシュートにもなりかねません。 日柄が多く残るのも困ったものです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、77110円(+400) +250〜+400円(引け) 在庫統計を受けて上昇後は、議事録要旨を受けて下落の欧米石油市場でしたが、東京ガソリンは、円安パワーで上昇の展開でした。 貴金属の急落は、ドル高進行もあって、投機マネーが商品市場から流出の兆しとも見て取れるだけに、難しいところです。



2013年11月20日

因果玉の期限切れ減少

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、12月限 15100円-50円(引け) 日経平均は続落し、100円割れの円高進行等に、利食い売り優勢の展開でした。 明日未明の、FOMC議事録や、昼の日銀金融政策決定会合など、イベントを控えており、FOMC議事録要旨で、売られて、日銀の金融緩和発表で、急激に買われると言うパターンが理想です。ETFの資産購入残高が少なくなっている事から、増加期待があるようですが、期待以上の金融緩和となるなら、一気に、15500円に乗せてくる事も考えられます。以下グラフは、信用取引の買い残高(15日時点)であり、4〜5月の上昇局面で買いついた因果玉が、期限切れから減少している事が伺えます。6ヶ月期限過ぎれば、値は軽くなるのが、通常の考え方です。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、76730円(-90) -470〜-90円(引け) イラン核協議進展が見込まれる事から下落したブレント原油に、東京市場は軟調なスタート後は、徐々に買い戻される展開でした。イラン問題の進展で、突っ込んだところは、逆張りの仕込みが必要か? それとも、底割れ判断なら、売り追随でしょうか? 



2013年11月19日

サプライズな金融緩和が実行?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、12月限 15150円-30円(引け) 円高進行に押されて、15020円まで押す場面がありましたが、後場買い戻されて、小幅安で引けました。6日〜12日移動押しは、適正な調整押しの範囲内です。行き先は決まっているので、慌てる必要はありません。過去半年間の溜め込んだエネルギーは、放出する次期に入っていますが、今週の水・木の日銀金融政策決定会合で、サプライズな金融緩和が実行される事を、事前に察知したヘッジファンドが、予め大量に買い仕込みしているとの噂も・・・・。 だって、インターネット回線や、電話も盗聴出来るのだから、日銀がどんな行動を取ろうとしているのか? NSA(米国家安全保障局)なら、知っているはず。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、76840円(+0) -330〜-0円(引け) 小動きの欧米石油市場でしたが、東京市場では、円高進行に朝から売られ、後場から期先中心に買い戻される展開でした。日足のチャネルに到達して、上げ拗れている様子から、どうしても、ブレント原油は、反落調整の日柄だと思うのですが・・・。押しても、限定的かも?



2013年11月18日

上手く立ち回ろうとすると、後手に回る。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、12月限 15180円+10円(引け) 週末の米株高に、高寄り後、利食い売り優勢で短時間に、15110円まで急落後、買い戻される展開でした。円安一服感に終日、上値は重たい展開でしたが、トレンド初動から日柄が浅く、安値は、すかさず買われるようです。売買代金も2兆円越えで、好調が続いています。ゴール地点(SQ)まで、あと4週と日柄を多く残す事から、過去1週間のこのままのペースが続くならなら、19000円まで上がってしまいます。 18000円とまでは、言わないものの、行き先は決まっていますが、問題は、行き方だけです。 どんな寄り道をするのか? 上手く立ち回ろうとすると、後手に回るので、腹をくくって・・・・。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、76860円(-430) -320〜-430円(引け) イラン核協議の進展期待に下落後、リビア混乱に買い戻された欧米石油市場に、東京市場も小反発スタートしたものの、円安一服に、利食い売り優勢で小反落で引けました。腰の座った投機筋が不在の中、取り組みは盛り上がらず、当業者系の買い戻しだけで、ここまで上昇した相場です。円相場の行方次第です。


2013年11月15日

盆と正月が一度に訪れた

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 予想どうり、始まった年末ラリーですが、今週の上昇で、1つの225先物、4つのオプション 4つのコモデティー、1つのFXポジションと、10個、全てのポジションが大きく利が乗って来ました。盆と正月が一度に訪れたような展開ですが、苦しい、ちゃぶつきが、長く続いたので、こんな時があっても当然です。今までの恨みを晴らすべく、魚の頭から、尻尾まで食べるつもりで、利を伸ばすつもりです。骨が刺さらねば良いのですが・・。

 日経225先物市場は、12月限 15170円+350円(引け) 連日の高値更新の米株や、100円台乗せした円安に、東京市場は、終日リスクマネーの流入継続で、大幅続伸して引けました。過去6ヶ月以上の保合で溜まったエネルギ−が放出する展開となりました。一方、高水準な信用空売り比率も継続しており、大きな陰謀がありそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、77270円(+1080) +240〜+700円高(引け) 在庫増加で軟調のNY原油に対して、リビア混乱に連騰のブレント原油と、地域によって価格が異なっています。今では、誰も使わなくなった古典的な、相場用語では、”ところ相場”と言いますが、連動するべき相場が、場所の違いで、価格が大きく違う様子を言います。 年末相場の特徴は、年末と言う呪縛で、踏み遅れやすく、押しらしい、押しがなく、連騰する傾向があると言う事です。過去の年末相場が、走馬燈のように、思い出されます。