2014年02月

2014年02月28日

安倍政権への報復

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 14860円▼100円(引け) 前日の米株がイエレンFRB議長の金融緩和継続発言に上昇したものの、東京市場では、ウクライナ情勢不安による円高に、軟調なスタート後は、買い戻されたものの、後場からはアジア株安や円高を材料に、ヘッジファンドの売り攻勢があったようでした。激動の3月相場 TPP交渉も妥協するそぶりが見えず、いらだつ米国は、安倍政権への報復を、株安爆弾となって現れるかも? 

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、79220円(-720) -520〜-720円推移 ウクライナ不安を受けた警戒感に下落の欧米石油市場に、東京も続落 水星の順行入りから新波動発生期待です。

 東京ゴムは、225.2円 +6.7〜+7.3円高 と久々の反発 異様な取り組み増加は、悪い輩の手が入っている事が理由のようです。内外の在庫過剰感の中、タイ・マレーシア政府による市況対策を期待した買いポジションが積み重なっているのか? 早耳インサイダーか? それとも、ガセネタか? 

 



2014年02月27日

3月相場は大クラッシュ

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 14960円▼40円(引け) ウクライナ情勢の地政学リスクを材料に、寄り付きは売り先行のスタート後は、14840円まで売り込まれたものの、上海・香港株の上昇に買い戻され下げ巾を削る展開でした。連日で、高値更新出来ず薄商いの中、相場疲労が出てきそうです。3月相場は大クラッシュが待ち構えています。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、79950円(-90) -20〜-90円推移 クッシング在庫の減少を受けて反発のNY原油に、東京時間では、夜間安や反応の薄かったブレント原油を背景、後場軟調な展開で引けました。8月限と、新甫9月限の異例な大逆鞘は、投機筋の姿勢の現れと推定されるところです。流れに追随するだけです。

 ユーロドル相場は、ウクライナ情勢の地政学リスクを背景として、1.365ドルまでユーロが急落しています。以下日足チャートは、昨夕の急落前の段階で会員向け解説チャートでしたが、日足の団子保合からの下抜けは、12月中旬の団子保合相場と同じです。ユーロの短期上昇サイクルは終了し、下降サイクルに入ったと見ています。 ユーロ安=ドル高波動であり、3月のクラッシュ見通しと合致します。

 



2014年02月26日

団子天井からの決定的な崩れ入り

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 15000円△0円(引け) 米景況感の悪化に反落した米株に、東京市場は安寄りスタート後は、前日と同じように急速に買い戻されれ引けました。売買代金・出来高とも低調でしたが、今日の出来高が多かったオプション取引は、Call 16000円 Put13500円でした。激動の3月相場が近づいて来ています。 

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、80050円(新甫) -970〜-1240円 APIの米原油在庫増加発表や、中国景気の減速懸念に下落した欧米石油に東京も下落です。昨晩のブレント原油下落は団子天井からの決定的な崩れ入りと見られます。期待どうりの下落です。

 



2014年02月25日

春夏相場入り?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 15000円△160円(引け) ウクライナ債務に対して、国際金融支援を受けるとの観測に大幅上昇した米株や、ドル円相場の落ち着きに、東京市場は朝から巾拾い銘柄に買いが入り上昇 約3週間ぶりに、心理的な節目の1万5000円台乗せて引けています。欧米株が年初来高値更新したものの、日本株の年初来高値のチャレンジは、時期尚早と思われ、消費税増税後の景気の落ち込みを確認する必要がありそうです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、82040円(△400) +280〜+400円 クッシング在庫の減少や、米株上昇を好感した欧米石油市場高に、東京ガソリンも上昇 春夏相場入りとの声も聞かれるものの、当面 年初の窓埋め否かが先決問題です。

2014年02月24日

慢心的な買いが噴出するまで

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 14840円△10円(引け) 週末の大幅高や、欧米市場の軟調に、東京市場は売り優勢のスタートしたものの、売り一巡後には断続的な先物買いに上昇 一時、14980円まであったものの前日引け値近辺まで、押し戻されて引けました。エサ巻き相場は、慢心的な買いが噴出するまで続きそうです。 

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、81610円(460) -290〜-460円 週末の欧米石油市場の軟調に、東京ガソリンは軟調な展開でした。今週はブレント原油は三角持ち合いの上限を試し、且つ週足も上値抵抗を受ける時間対です。抜けるなら、大相場発展ですが、今週は水星逆行が終了する日柄に入る事もあって、新波動発生のタイミングにもなりやすい事にも注目しています。 石油だけでなく、多くの銘柄でも、決算の週となりそうです。

 ドル円相場は、週末では期待してドル買い円売り先行したものの、G20が過ぎた事や日経平均が乱高下した事から、円は買い戻される展開でした。週末の売り指し値が、上手くヒットしており、今週は幸先の良いスタートとなりました。重要変化日に向けた展開を期待します。

 



2014年02月21日

静かなる急騰劇

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 14830円△410円(引け) 2月の米PMIを受け反発した米株に、102円台半ばへ戻した円安進行も手伝い、東京市場も反発 前日の大幅安の反動高の他、海外勢の先物買いが上昇の主力になったようです。特段材料のない中での、出来高も伴わない静かなる急騰劇でした。まるで、相場操縦されているような上げ方でした。 エサまき相場のように感じます。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、82110円(+830) +650〜+830円 中国経済指標の悪化を受けた昨日の夜間原油安を引き継ぎ軟調な欧米石油市場でしたが、102円台半ばへの円安進行に東京ガソリンは反発 後場からの株高・円安も支援要因になったようです。昨日から自己玉がドテン買い越し変化している事に意味があったようです。 大踏み上げ相場に発展否か? 次週が決戦の週となりそうです。

2014年02月20日

評価が下された!

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 14420円▼350円(引け) 住宅関連指標の悪化による欧米株安や、10:30過ぎの中国PMI悪化報道にリスク回避売りが広がり、円高進行と連動で売られる展開でした。一昨日の日銀発表後に大幅高した銀行株は、大幅安で引けており、日銀の疑似緩和策の評価が早くも下されたようです。ジョージソロスの日本株売りも話題に上っているようです。消費税増税後の、景気見通しに焦点が移っています。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、81330円(-900) -990〜-900円 暖房油在庫の減少観測に上昇の米国市場でしたが、東京市場は、円高や、中国PMIの悪化などで下落 後場からは、日本株安による円高加速に、ガソリンも下げ巾拡大でした。

2014年02月19日

強気材料が出尽くせば

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 14770円▼70円(引け) 円安一服感や、前日の大幅高の反動からの利食い売り優勢の展開に、小反落して引けました。寄り後には、14660円まで突っ込んだものの、買い戻されて、14750円前後の保合に終始しました。強気材料が出尽くせば、次は売り仕掛けるだけです。 

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、82210円(+320) +270〜+400円 需要拡大や寒波を背景に上昇した欧米石油市場に東京ガソリンも追随高です。想定どうりの上昇ですが・・・・。

2014年02月18日

重要は急所ポイントに到達

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 

 日経225先物市場は、3月限 14840円△430円(引け) 前日のトルコ株が大幅高し新興国懸念の後退や、日銀の追加緩和への思惑に、日経平均は高寄り後、午後からの日銀発表を受けて、金融株中心に買い戻され大幅高で引けました。 成長基盤融資の拡充が決まった事が背景のようでしたが、国内の資金需要の伸びが限られるなかで、成長基盤強化の支援資金供給の規模を2倍としても効果は少ないとの見方もあり、円安進行に継続性があるかどうか確認したいところです。

 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、81830円(+1090) +790〜+1090円 米国市場休場の中、堅調な欧州石油市場や、夜間原油高を見て、東京ガソリンも、堅調スタート 後場からは、円安進行に上げ巾を拡大する動きでした。

 ドル円相場は、後場からの日銀発表を受けて、円安加速 今日の動きで、日足の25日移動と、基準線にタッチしており、重要は急所ポイントに到達しています。次の1手を仕掛けるポイントが到来です。

 



2014年02月17日

上昇のバイアス

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、3月限 14410円△80円(引け) 10〜12月期国内GDPの悪化発表や、円高進行を嫌気して、安寄り後、14180円まで突っこみ後は、急速に回復してプラス圏で引けました。明日の日銀政策決定会合の発表や、19日のFOMC議事録要旨が注目されるところです。
 
 今日の石油市場は、東京ガソリン 先限は、80760円(+300) +110〜+300円 ブレント高を受けて東京ガソリンは上昇ですが、投機マネーに変化の兆しが見えますが、今週は上昇のバイアスがかかりそうです。