2014年04月

2014年04月30日

戻り一杯となるテクニカル指標が出現

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 今日は、月末と、五十日が重なり、三井住友銀行の御堂筋支店は、恐ろしい程に込んでいました。うっかり、今日まで固定資産税の支払いを忘れていましたが、大阪市のように、納付期限が4月末の市町村と他に、5月末期限の市町村があり、面倒な事に二度手間です。消費税もやがて、10%に増税し、固定資産税も、建築費や地価の上昇により増税が予想されます。一旦、浪費癖のついた人は、収入が増えてもその分、浪費するのですから、根本的な解決にはなりません。破綻するまで、浪費が止まないのが普通です。霞ヶ関の官僚達に、染みついた浪費癖は直るのでしょうか? 
 
 日経225先物市場は、6月限  14220円-90円(引け) 週末の米雇用統計を控え、連騰した欧米株高に、東京市場は、14440円と高寄り買い先行スタートしたものの、個人・海外勢ともに買いが続かず、失速 後場からは、日銀金融政策決定会合の現状維持を受け、失望売りで安値更新の流れでした。

 東京ガソリン 先限 78100円(-780) -770〜-820円 リビアの混乱や、ウクライナ情勢に反応して昨晩は反発したものの、前日の下落巾を取り戻す事が出来ず、祭日明けの東京ガソリンは、続落の流れでした。 昨晩の欧米石油市場の反発が、戻り一杯となるテクニカル指標が出現している事が懸念されます。春相場は終わったのでしょうか? 悩ましいところです。

 ユーロドル相場は、1.3800ドルまで反落中 CFTCでは、膠着状態ですが、再度、ユーロを買い直すべきか? 今週のイベントで大振るいを警戒して、様子見に徹した方が良いか? 急所の日柄ですが・・。

 



2014年04月28日

サプライズの追加緩和も?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、6月限  14310円-150円(引け) 週末の欧米株安や、円高進行に東京市場は、売り先行のスタート 消費税増税を背景として、控えめな減益予想を発表した、ホンダ・デンソーなどから、自動車関連株の下落巾が大きいようです。休日の谷間の中、国内機関投資家の動きも低調であり、現物株市場では、売買高代金も2兆円割れが継続しています。GW入りでの個人投資家の買い意欲も低調な現れかと・・・。 休日明けの明後日は、日銀政策決定会合の発表ですが、市場の期待は薄いようですが、案外サプライズの追加緩和も?  

 東京ガソリン 先限 78900円(-) -480〜-580円 ウクライナ情勢に反応して上昇したNY金にタイして、欧米石油市場は、折り込み済みからの利食い売りに下落と、銘柄によって、相反する反応となっています。 ロシアが報復措置として、天然ガスの欧州向け輸送を止める危険性が高まっており、関連の発言をするだけでも、石油市場は、蜂の巣をつついたような影響をするかも知れません。逆鞘巾を前月より縮小して発会した、11月新甫を見ると、投機筋の売り圧力は弱まっているようにも見えます。



2014年04月25日

小遣い稼ぎ程度

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。オバマ来日で期待した寿司外交は、TPPでも進展なく、双方ともに失敗の印象です。具体的な進呈はないと予想されただけに、可もなく不可もなく・・。おまかせ1人、3万円の寿司接待ですが、回る寿司でも充分楽しめます。

 日経225先物市場は、6月限  14460円+40円(引け) TPPの日米協議が大筋合意が見送られた事から、寄り付きは売りが先行したものの、売り一巡後は、日米共同声明の発表が見直され、先物への買いに大幅上昇する展開でしたが、後場週末要因の手じまい売りに押されれ、小巾高で引けました。次週は、4/30日の日銀発表に向けた展開が想定されます。

 東京ガソリン 先限 80030円(+490) ウクライナ情勢に反応して上昇した欧米石油市場に、東京ガソリンも上昇 ウクライナ情勢は、投機筋が買い上げる為の、言い訳のようなものです。逆鞘で、期近から急騰の春相場は、買いで乗っかる他なく、さらなる上昇を期待します。GW休暇に向けての、小遣い稼ぎ程度は出来そうかと・・。

 

 

2014年04月24日

本日はお休みです。

所用により、相場コラムは、お休みです。

2014年04月23日

14350円で止まった事に意味

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、6月限  14550円+200円(引け) 前日米株高に買い先行のスタート 中国PMIに上げ巾縮小する場面があったものの、大引けには買い戻され、反発して引けました。オバマ訪日でTPP進展期待や、西武HDの再上場が人気化した事もあって、前日の下げ幅を帳消しする反騰でしたが、14350円で止まった事に意味がありそうです。

 東京ガソリン 先限 79540円(-70)在庫増加予想に反落したNY原油に東京市場は軟調な展開でした。再開期待だったリビア石油について、一部の限定的であって、輸出正常化には程遠いようです。100紡罎廼儿佞靴討い訌蠑貮佞を見る限り、上値余地が相応に残りそうです。

 今週から次週にかけて、ドル円相場は、強含む展開が予想され、次週にかけ、104〜106円圏を試す公算が大です。



2014年04月22日

憂鬱な季節が

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 建築費の上昇に伴い固定資産税が上がるとの報道がありました。木造新築なら、年間5000円程度との上昇との事です。これから新築住宅を購入しようとする人は、一見 残念だと思うかも知れませんが、デフレからの脱却により資産価値が上昇する期待もあります。しかし、不動産投資家にとって、固定資産税の納税通知書が来る憂鬱な季節がやって来ました。

 日経225先物市場は、6月限  14350円-180円(引け) 連休明けの欧米市場が上昇した事から、投資家心理が改善、東京市場は、高寄りスタート後、14620円まで買われる場面があったものの、後場からの円高に押されて急落する展開でした。次週の日銀金融政策決定会合に向けて、今から15000円超えには日柄が早すぎる事から、今日の急落は、単なる投機筋のふるい落としであり、上昇トレンド初期にはつきものと見ています。しかしながら、今日の引け値、14350円〜14250円で止まらねば、深押しが・・・。

 東京ガソリン 先限 79560円(+320)精油所閉鎖に反応した欧米石油市場に、東京ガソリンも上昇です。以下チャートのように、徐々に投機資金も流入しつつあり、夏相場に向けた成長相場の継続が期待される反面、調子に乗るとハシゴを外される危険性も? 

 



2014年04月21日

春相場の仕上げ

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、6月限  14530円+10円(引け) 寄り前発表の3月の貿易収支の発表により、円安に振れた事や、前週の地合を引き継ぎ、東京市場は高寄り後上昇したものの、今年2番目の薄商いの中、買いが続かず、後場から大量の売りに押されマイナス圏に沈む場面があったものの、やや買い戻されて引けました。売りを消化しながら上昇して行くパターンですが、月末の日銀政策決定会合までは、円安傾向が継続するはず。

 東京ガソリン 先限 79290円(+200) 円安気味の動きを好感して、東京市場は堅調な推移でした。来月からのドライブシーズン入りですが、ドライブシーズン入りから上昇したパターンは、過去10年では、3回しかなく、夏相場に発展しないのが近年のパターンでもあります。 今年もサウジが減産する可能性があると伝えられ、米国との密約の中、春相場の仕上げを狙っている節があるようです。   



2014年04月18日

15000円チャレンジを期待

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、6月限  14520円+140円(引け) 102円台の円安進行や、閣議後の記者会見で、麻生大臣が、年金資金の運用について発言し、思惑買いが広がり、14500円台回復の上昇で引けました。次週は円安加速と連動して、15000円チャレンジを期待したいとこです。

 東京ガソリン 先限 79050円(-270) 米経済指標を好感して上昇のNY原油でしたが、東京ガソリンは、高寄り後の円高進行に軟調推移でした。今晩の欧米休場の中、積極的な売買は国内市場でも見送られたようです。



2014年04月17日

動きは出ない

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、6月限  14380円-40円(引け) 前日の米株続伸や円安を受け、寄り後は14510円まで急伸したものの、利食い売りを浴びて失速 101.80円まで突っ込んだ円相場も影響しており、為替相場を睨みながら神経質な動きが続きました。短期売買が中心で動きは出ないようです。

 東京ガソリン 先限 79110円(-270) ウクライナ情勢でのブレント反発に対して、在庫増加のNY原油でしたが、先限は、昨夜間で、79900円まで上昇後は、一代高値更新で、目標達成感が広がったようです。振り出しに戻った後は、次週からのドル円相場の行方が問題です。

 週初の窓明け急落後は、反発モード入りしているユーロドル相場ですが、窓埋めポイントを試すなら、1.3880ドル程度までユーロ高進行するはず・・・。

 



2014年04月16日

短期急騰は短命に終わる事が多い

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物市場は、6月限  14420円+390円(引け) 前日の米株が上昇した事や、102円台復活の円安進行に、東京市場は、寄り付きから窓を空けての大幅高スタート その後、午前の財務金融委員会で、麻生財務大臣の「GPIF(年金)の動きが6月以降出てくる」との報道をきっかけに終日上値追い継続の動きでした。 期待どうりの反発ですが、少々急過ぎます。短期急騰は短命に終わる事が多く、年金資金が国内株式の運用比率を上げた事による、買い付けが期待されていますが、そんな他力本願の上昇は長続きしそうにないのも事実  

 東京ガソリン 先限 79370円(+360) 円安や夜間原油高に上昇の東京ガソリンでしたが、NYガソリンの取り組みは増加中であり、5月下旬からのドライブシーズンに向けて、在庫の積み増しが必要な米国市場では、堅調な推移を続ける事が予想されます。シェールガス革命で崩落するとの大方の見方は裏切られそうです。

 あと数日で条件に合致すると、参戦タイミングを計っていたNY金は、昨晩暴落 取り組み増加のない上昇は、戻りで終わる事が多く、日足基準線が急降下する急所日柄まで、カウントダウンでしたが、残念でした。