2014年11月

2014年11月28日

あっと言う間に年末です。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。次週から12月入りです。正月が開けたと思ったら、あっと言う間に年末です。そろそろ、仕事を減らして、ゆっくりしたいと思うものの、なかなかそうはなりません。幸せな事に、仕事が好きなのかも知れません。思いどうりには行かないのが相場や人生であって、紆余曲折があるから楽しい。今週は予想とは少々異なる展開ですが、次週に期待です。

 日経225先物は、17450円(+200) 寄り前発表の10月鉱工業生産が、0.2%上昇(前月比)と事前予想を上回った事や、118円に復活の円安進行を好感して買い先行後は安値切り上げる堅調な推移で引けました。 ペナント型保合を上抜けすると、一気にチャネル上限〜過熱乖離値ゾーン(☓☓☓円圏円)へ駆け上がる可能性も浮上する反面、下抜けすると、一気に◎◎◎円ゾーンへの待ったなし崩落も・・・? 衆議院選挙通過までは、方向性は限定的と思われます。

 東京ガソリンは、先限 68860(-2530) -2800〜-2530円 OPEC総会の結果を受けて暴落の欧米石油市場に、東京はも追随安です。 日足遅行スパンを抜けて、線形は待ったなしの崩落モード入りですが、既に一代安値を更新しております。展開が早過ぎるだけに、警戒が必要ですが、米国市場の出方を見て・・・。



landsky at 16:51|この記事のURL

2014年11月27日

歴史は繰り返す

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。人間とは欲深い。目標に到達すると、もっと、もっとと思ってしまうもの。足るを知るのは難しいものです。総理への返り咲きを果たした安倍総理 延命政権を狙って今の内に解散へと打って出たのですが・・・。果たして270議席を取れるか?注目されます。今週、日経400先物の取引が開始されました。 デリバティブを駆使して、大暴落を演出して大儲けを狙う極悪ヘッジファンド連中ですが、新たな株価指数の取引開始は、長期的な大天井へのカウントダウンが始まったと見てとれます。歴史は繰り返すと言うように・・・。

 日経225先物は、17250円(-130) 117円台の円高進行などに、安寄り後は、堅調な企業業績や、GPIFや日銀のい買い期待などに、買われる場面もあったものの、軟調推移 後場からは先物への仕掛け的な売りに押されて今日の安値圏で引けました。今晩の米国市場が休場もあって、買い向かう向きも限定的だったようです。

 東京ガソリンは、先限 72170円(-2170) -2370〜-2170円 減産観測の後退に下落した海外市場に、東京も下落です。湾岸4カ国が現状維持で合意したとの報道も手伝い夜間の急落でした。東京ガソリンの線形は、綺麗な逆行からの反落ですが、◎◎◎の水準を割れうと、大相場崩落モード入りと考えねばならず・・・。

 某銘柄は、ペナント保合を形成中であり、基準線の急降下の日柄入りり=重要変化期間入りです。 火柱大陽線がついても、可笑しくない日柄に入っているので、要警戒です。



landsky at 16:59|この記事のURL

2014年11月26日

人面張り

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。「お化けと、相場は淋しい方に出る」と、相場格言で言われます。 また、「大衆は常に間違っている」との言い方もあります。 新規売買比とか、売買ローテーションとか、いろいろな呼び方があり、株式市場では、信用空売り比率が、その人気傾向を表します。私は若い時から、この相場の人気を数値化するなど、独自に研究し続けて30年、多くの相場を経験して悟った事があります・・・。 さて、以下のグラフは、FX投資家の円安予想DIですが、円売り人気が大勢を占めている事が示されています。  ターゲットとする人の手口を見て、その逆を張る事を、人面張りと言いますが、昔の相場用語であって、今では死語かも知れません。 しかし、その人面張りこそが、年末相場の勝機になるかもです。



 日経225先物は、17380円(-50) 円安の一服感や、17500円節目取れずに失速した事など、終日軟調な推移で引けました。個別の中小型株への買いは入っても、大型株への買いは続かず、衆議院選挙への票読みも加わって、海外勢は動きずらいようです。 12/14日の投開票日に向けて、保合が続きそうです。 

 東京ガソリンは、先限 73540円(-) -1200〜-830円 OPECの減産観測の後退を受けて下落した欧米石油市場に東京ガソリンは反落 夜間高値から大幅下落しています。東京市場の海外勢の売買比率は60%以上であり、OPEC総会前の下落は、彼らの手口が大きく影響しているとも想定されるところです。我々が描くシナリオどうり運べばチャンス到来です。



landsky at 17:37|この記事のURL

2014年11月25日

今年最後の仕掛けチャンス

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、17430円(+50) 引け 連休中の米株高や、中国の利下げ・ECBの追加緩和期待に、東京市場は買い先行のスタート後は、戻り売りを浴び、上値を伸ばし切れず小幅高で引けました。衆議院選挙の不透明感が残る環境では、海外勢の本腰を入れた買いは限定的のようです。 

 東京ガソリンは、先限 74130円(-170) +210〜-170円 OPEC総会前の思惑に反発スタートの東京ガソリンでしたが、夜間軟調に売られて期先な軟調で引けました。現状維持が優勢だった前週から、減産支持派が増加しています。 今年最後の仕掛けチャンスの到来と期待したいところです。



landsky at 17:12|この記事のURL

2014年11月21日

潮目変化の可能性

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。青酸化合物で、6人の夫を殺害疑惑の、京都向日市の夫殺人事件、相続資産は10億円越えで、先物取引や、FXの損失で全てを飛ばし、今は借金状態だとか・・・。 2006年に死別した夫に教えられてから、トレードの世界にはまったようです。 相場の損で自殺する人はいても、人を殺す例は聞いた事がありません。しかも6人の殺人疑惑とか・・・。 皮肉なものです。

 日経225先物は、17380円(+60) 引け 円安や米株高などの外部環境が良好の中、日経平均は軟調スタート、麻生大臣発言に円高に触れ、17100円まで売られる場面があったものの、後場からのヘッジファンドの仕掛け的な買いに押し上げられ、プラス圏に復活して引けました。  

 東京ガソリンは、先限 74260円(+820) +350〜+820円 米経済指標を好感して、4日ぶりに反発した欧米石油市場に東京ガソリンも続伸ですが、トレンド線を超えた東京ガソリンと、NY原油では、下げ拗れ反発の、6日移動を超えた事から、潮目が変化した可能性も? NY原油は、OPEC生産量維持なら、60ドル説まで出てくるようでは、・・・。 



landsky at 16:29|この記事のURL

2014年11月20日

勢いは衰えず

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、17320円(-50) 引け 118円台の円安進行に、東京市場は小幅高スタートしたものの 中国PMIの悪化に売られて軟調で引けました。昨日の信用空売り比率は、数ヶ月ぶりの過熱値であり、人気面での過熱警戒水準です。118円台の円安進行でも上げ切れない相場ですが、不透明感を嫌う海外ヘッジファンドだけに、選挙の大勢が判明するまでは、動きずらいのでは? と見ています。 

 東京ガソリンは、先限 73450円(+270) +240〜+270円 OPEC減産の可能性に反発後、FOMC議事録要旨発表に下落と、方向感見えない欧米石油市場に、東京市場は円安進行が評価されて、安値から切り返し小幅続伸で引けました。 OPECの生産枠の現状維持を予想する人が、55%と大勢を占めている事から、逆に減産に変化する事も考えられ、警戒されます。

 ドル円は、118円に乗せても、勢いは衰えず驚きです。流動性マネーの暗躍で、円売り・日本株買いのトレードが盛んのようです。日足は、計算方法によっては、以下チャートのように、127円も試算されますが、・・・・。



landsky at 17:30|この記事のURL

2014年11月19日

悩ましい季節

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 ウィキペディアによると、「日本の伝統的ボトムスであり、下着としても使われた」とあります。子供の頃、親父がラクダの股引(ももひき)を履いているのを見て、なんと格好悪い姿か? と思っていました。 その親父の年齢を迎えて思う事は、もも引きの時期がやって来ました。 免疫力を高めて、風邪を引かない為には、もも引きと、腹巻きが一番です。 しかし、デートする時には、如何なものか? 悩ましい季節です。

 日経225先物は、17370円(+10) 引け 前夜の安倍首相の会見を受けて、小幅高で寄り付いたものの、日銀政策決定会合の、現状維持発表も伴い、材料の出尽くし間感に、後場は伸び悩んで引けました。明日未明の、FOMC議事録要旨の発表が注目されます。117.40円まで進行した割には迫力欠ける展開でした。

 東京ガソリンは、先限 73190円(+460) +350〜+460円 欧米石油市場は、ドル安進行の中、サウジの9月生産量が増加した事で下落、東京ガソリンは円安相殺で上昇であり 円安パワーの方が勝っているようです。反発モード入りした貴金属とは異なった動きとなっています。 流れに身を任せ、相場は相場に聞くしかありません。  



landsky at 16:32|この記事のURL

2014年11月18日

策に溺れる?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。  さて、増税反対派の財務省を捻じ伏せる為なのか? 党首討論で民主党に憤慨した為なのか? 衆議院解散に打って出る安倍首相ですが、 今晩の会見が予定されているようです。 対して、我らの橋下大阪市長は、公明党に対抗する為、大阪府知事と一緒に、衆議院選挙に打って出るとか? 大阪府知事と、大阪市長選 それに、衆議院選挙とトリプル選挙となると面白い。途中で投げ出すとの非難の声も上がる中、牽制球を投げるだけで、今回は不利と自制するのか? それとも、「公明党への恨みを晴らす事が、ライフワーク」と言うだけあって、トリプル選に、打って出るのか ”策士、策に溺れる”との諺がありますが、面白い選挙を望みます。

 日経225先物は、17360円(+320)引け 116円台の円安進行や、前日の大巾安に対する反動高に買い戻しが進み、反発スタート後は、安倍首相が今晩、消費増税先送りと、衆議院解散会見の控えて、買い戻しが継続して引けました。大引けは、17360円と、前日の下げ幅の8割を戻した事となります。 空中戦を制する事が出来るか、今晩の安倍首相会見からの動きに注目ですが、我々は予定どうりの作戦で臨むだけです。

 東京ガソリンは、先限 72750円(+570) +510〜+570円 海外軟調の中、円安進行に上昇です。 東京がガソリンの反発に反して、注目の海外市場では、節目日柄超えから、ドル高に振れ、欧米石油市場は軟調に振れています。決算期末に向けた利益確定後の反落と評価するべきか、もう少し見たいところです。



landsky at 16:59|この記事のURL

2014年11月17日

核弾頭よりも重要な武器

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、17040円(-410)引け 7〜9月期のGDP速報値を受け小幅安寄り後、急激な円高進行や投機筋の売りに急落 一時、16890円(▼560)まで突っ込んだものの、17040円と買い戻されて引けました。 事前予想平均+0.5%が、発表は、-0.4%(年率-1.6%)とのGDP速報値は、今晩の欧米市場でどう評価されるか注目されます。

 東京ガソリンは、先限 72150円(+490) +270〜+490円 ドル安や欧米石油市場高に、東京市場は買い先行のスタートしたものの、117円台から115円台へ押し戻された円相場を背景に、上げ巾を大きく削って引けました。 石油は、新冷戦下では、核弾頭よりも重要な武器です。貴金属とは、異なる展開も想定されます。ヘッジファンドの解約節目を通過する展開によって、方針の再考も? 

 弱気参戦のNY金売りポジションは、ロスカットにヒットした事から、前週末で撤退となりました。利益が剥げたのは残念ですが、潮目変化の気配が・・・。 



landsky at 16:46|この記事のURL

2014年11月14日

追加緩和しなかったのに・・。と恨み節を

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 かなり早い段階(夏頃)から、信頼おける筋からの情報で、増税先送りを我々が察知していた事は、会員の方々は、周知のとうりでした。 それに合わせたシナリオを描いて作戦を進行中でしたが、今回の日銀の追加緩和と、衆議院解散とは、想定外でした。この3週間の展開は、狐に摘まれたようです。225先物・オプショントレードでは、前月の大利食いの大半を吐き出しました。 本当に腹立たしい限りです。大義ない選挙に突入する、傲慢な自民党政権ですが、議席をある程度減らすはずであり、このタイミングで、不安感を嫌う外人勢は、大振るい落としに売り仕掛けで、攻めてくる可能性もあります。 過去の小泉解散の再来を狙っているようですが、安倍相場の終焉に成りかねず、日銀の黒田総裁も、「増税すると解っていたら、追加緩和しなかったのに・・・」と恨み節を言ってるようです。天罰が落ちるのでは? 

 日経225先物は、17510円(+60)引け 米株堅調や前日の地合いを引き継ぎ、17500円台の高寄り後、過熱警戒や利食い売りに押される場面もあったものの大引けは、17510円と、7年ぶりの高値圏で引けています。次週の増税先送りと、衆議院解散 どんな空中戦となるのか? 

 東京ガソリンは、先限 71370円(-2360) -2150〜-2270円 供給過剰感に下落した欧米石油市場に、東京も下落です。 我々にとって、期待どうりの下落です。円安逆風の中、虎の子の売り玉を大事に保持して来ましたが、この数週間の戻りは比較的、楽に保持する事が出来ました。大きく利が乗ったポジションは楽です。しかし、以下チャートのように、2008年10月相場の32000円巾の崩落パターンの再来を我々は想定していましたが、この円安がなければ、今頃、2万円程度利益が乗っていたところであり、NY原油の下落の仕方は想定どうりです。  さて、この相場の終着点は・・・。




landsky at 17:50|この記事のURL