2015年05月

2015年05月29日

反転上昇

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物は、20560円(-10) 米株軟調や円安一服に、東京市場は利食い売り先行のスタート後は、プラス圏に復活する場面もありましたが、小幅安で引けましした。27年ぶりの11連騰と大きく騒いだ事からの警戒感も広がっていたようですが、月末節目通過による変化が警戒されます。 

 東京ガソリンは、先限 61220円(+380) 480〜+380円 米原油在庫の減少に上昇した東京市場でしたが、欧米石油市場は、50日移動試しからの上昇だけに、反転上昇が想定されるところです。その値幅は小さいか? 大きいかが問題です。



landsky at 17:34|この記事のURL

2015年05月28日

無念

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 俳優 今井雅之さんの訃報が流れて来ました。舞台の降板を発表した、4月末の会見では、悔しさがひしひしと伝わっていました。無念だった事でしょう。同じ年齢だけに考えるところがあります。

 日経225先物は、20570円(+90) 欧米株の反発を受け、東京市場は反発スタート 円安が加速した事で、輸出関連の他、金融セクターなど上昇したものの、上海株安に呼応した投機筋の売りに上げ巾を縮小して引けました。 今日の124円台の円安と海外株高で、買い人気は高まっているはず。明日が楽しみです。

 東京ガソリンは、先限 60830円(-1090) -690〜-1090円 利上げ観測のドル高に下落した欧米石油市場に、東京ガソリンも下落です。 ブレント原油や、NYガソリンは、50日移動に接近しており、下げ止まりは近いような・・・。



landsky at 17:25|この記事のURL

2015年05月27日

人気が足りない

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 遠のいたと思われた米利上げが、再び近づいて来たとの見方から、ドル高・円安進行となっています。業界の最大の関心事は、米国の利上げ時期であり、様々な市場がピークアウトする可能性が高まります。当面、夏天井に向けた石油市場と、中期天井に向けた日経平均ですが、最大の山場をこれから迎えようとしています。

 日経225先物は、20480円(+10) ドル高進行に急落の米ダウでしたが、東京市場では安寄りスタート後は、買い戻されプラス圏で引けまいた。123円台の円安進行で、物色の矛先は輸出関連にシフトしており、大相場上昇波動で多い、循環物色です。 しかし、今のところは、疑心暗鬼買いの人気であり、慢心買いまでは至ってない事は、信用空売り比率に表れているようです。昨年10月安値(14370円)から、現在、32週目の上昇波動であり、日柄は充分ながら、人気が今ひとつ足りないところです。

 東京ガソリンは、先限 61940円(-690) -720〜-690円 ドル高に下落した欧米石油市場ですが、円安支援も限定的なようです。米経済指標の改善で個人消費の伸びがガソリン需要に繋がるとの見られているものの、ドル高の方が影響したようです。ドライブシーズンの需要増加期待が失望に転じるのは、そう遠い事ではないでしょう。

 昨日の東京ゴムの急騰には驚いた。せっかくの売り玉は、ロスカットにヒットし敗退となっています。 -5.0円の損失と早めの撤退は、まだ良かったものの、ドテン買いする勇気まではありません。取り組みが5000枚急増した割には、当業者自己に変化がないのは、一般の売り方が慌てて、両建てに動いたか? 新たな資金流入とも噂されます。



landsky at 16:18|この記事のURL

2015年05月26日

次は21000円です

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 行こうと思ってもなかなか行けなかった、胸部CTと、大腸CT検査の予約をしました。俳優の今井雅之さんの末期がんの症例もあって、体調の異変を感じてからでは遅いようです。内視鏡検査は辛いので、CT検査なら楽かも知れません。

 日経225先物は、20470円(+40) 欧米休場の中、円安進行に東京市場は堅調な推移 後場からはアジア株高に反応して、上値を追う動きでした。20500円に片手がかかれば、次は21000円です。

 東京ガソリンは、先限 62710円(+400) +410〜+400円  夜間の堅調に、小幅高スタート後は、円安進行に上げ幅を拡大して引けました。今年のガソリン需要ピークの見定め時期が天井時期と合致するはずですが、インドの熱波が、北米にも波及襲来するなら、ガソリン需要も増加するはず。



landsky at 17:56|この記事のURL

2015年05月25日

○月天井シナリオに向けた作戦で

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 買うべし、売るべし、休むべしと言います。 難しいのは、因果玉を保持する事より、利が乗った玉を保持する事です。 しかし、一番難しいのは、ノーポジションを持続する事=欲望を制御する事が一番むずかしい。

 日経225先物は、20430円(+150)  121円台の円安進行や、堅調なシカゴ日経の地合いを引き継ぎ、東京市場は高寄り後上昇 終わり値は、20430円と大引け新値で引けました。直近の下落巾(20280円〜19040円)の2.0倍上げ=21520円が試算されますが、大天井になりやすいのは、フィボナッチ級数での試算値となりやすく、・・・・・。 

 東京ガソリンは、先限 62290円(-240) +120〜-240円  週末の海外安に円安サポートで、東京ガソリンの下げ幅は限定的でした。夏天井に向けて、買い参戦するべきか、じっくり待って売り参戦するか?  ○月天井シナリオに向けた作戦で臨みたい。



landsky at 17:13|この記事のURL

2015年05月22日

悪徳詐欺業者への警告書

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 今月は、当社の決算期末で、第15期決算を迎える事となります。 毎年事業報告書を、財務局に提出しており、金融商品取引業者として、証券監視委員会の臨検は過去3回受けております。我々投資助言の検査で、特に見られるのは、^稻,砲金を運用していないか 運用実績公表は虚偽がないか 書面等を法令に添った保管しているかです。 ´△蓮当然の事、問題がないのですが、の書面等については、保管漏れや、変更漏れ等があって、検査で指摘を受ける事も多くあります。 我々のように真っ当な投資顧問に、行政処分をチラつかせながら、些細な改善を求める労力があれば、その労力を、当局も違うところに使った方が良いと思うのですが・・・。  例えば、ファンド出資と称して、49人以下で客からお金を集め実際は運用しない投資詐欺が横行していますが、財務局のHPには、彼ら悪徳詐欺業者への警告書を出したと告知しただけで済ませるのは如何なものか? 警告だけで済ますなら、被害者が可哀想です。

 日経225先物は、20280円(+100) 円高進行や、日銀金融政策決定会合を控えて利食い売りに押す場面もありましたが、後場の現状維持が伝わると、大口の先物売りに突っ込み後は買い戻され、20280円と今日の高値圏で引けました。 年金資金と言われる長期資金の流入観測も支援要因となったようですが、追加緩和期待はされていなかった分だけ、発表後の失望売りは限定的となったようです。日経平均は、昨年10月の安値から31週が経過しており、イエレン議長講演での発言が警戒されるところです。

 東京ガソリンは、先限 62560円(+400) +340〜+400円 地政学リスクや、需給改善期待に上昇の欧米石油に東京も上昇 東京原油とも、取り組み減少傾向にありますが、納会接近に対する自然減と考えられるところです。さて、最大のガソリン需要を迎える米国のドライブシーズンは、概ね、5月最終月曜日のメモリアルデー(戦没者追悼記念日)から、9月第一月曜日のレイバーデー(労働者の日)までとされ、その中でもピーク(最大需要)するのは、7月4日の独立記念日に絡む連休です。 近年の傾向では、夏需要のピークから石油天井は早まる傾向にありますが、今年も早まるか?注目されています。しかし、米国の好景気で、省燃費の新型車に入れ替わっているのは事実であり、需要期待は失望に繋がりやすいのではと考えています。



landsky at 18:03|この記事のURL

2015年05月21日

追加緩和期待後退

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物は、20180円(-40) 121円台への円安進行で、東京市場は高寄りスタート後は連日で年初来高値を更新する動きでしたが、日銀が景気判断を引き上げ検討との報道で、追加緩和期待後退が、後場からの利食い売りに繋がったようです。 年初来高値更新後の今日の下落は、早急に復活高せねば、ダブル天井警戒が浮上するところで、明日の日銀金融政策決定会合後の、動きに注目しています。 

 東京ガソリンは、先限 62110円(+640) +670〜+640円 在庫統計の減少に上昇した欧米石油市場や円安進行に、東京ガソリンは上昇です。 ひとまず、今のポジションを堅持 今のポジションは、○○です。



landsky at 17:25|この記事のURL

2015年05月20日

次のチャンスを狙います。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 サラリーマンの生涯賃金が、2〜3億円と言われる中、高級官僚は、退官後の天下り→渡りで、8〜10億円の生涯賃金を稼ぐと言われます。 さて、悠々自適な老後を過ごす為には、どれほどのお金が必要でしょうか? 

 日経225先物は、20210円(+180) 寄り前発表の国内GDPが予想を上回った事や、121円に接近の円安進行を好感して、東京市場は上昇 後場からはドイツ証券の不動産向け貸出の加速とのレポートに、不動産セクターが上昇した事が追い風となったようです。昨日の信用空売り比率は、29.7%と買い過熱には程遠く、人気指標から見た上値余地は、まだまだ残りそうです。 この流れは、1980年台後半に経験した循環物色のようですが・・・。

 東京ガソリンは、先限 61480円(-1050) -460〜-1050円 ドル高継続や、需給緩和観測に下落 欧米石油市場は25日移動を割れ団子放れの下抜け型線形ですが、日柄が早過ぎる印象であり、ドル高一服なら反転高がイメージされます。さて、行き掛けの駄賃を取りに行くか? 思案中です。 

 利食い完了と喜んだ次の日には、さらに上昇しており、折角の利食いですが、気分が悪いところです。人間とは欲深いものです。次のチャンスを狙います。



landsky at 17:24|この記事のURL

2015年05月19日

一部の過熱指標が点灯

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。

 日経225先物は、20030円(+140) 欧米株高や120円越えの円安進行に東京市場は買い先行のスタートで、今日の高値20100円は、一部の過熱指標が点灯したものの、信用空売り比率の30%以上が9営業日と売り過熱感が長期に続いた事から、応分な踏み上げ上昇も警戒されます。ひとまず、水曜日(27:00)のFOMC議事録要旨や、金曜日の日銀政策決定会合のイベントを待ちたいところです。 

 東京ガソリンは、先限 62500円(-260) +490〜-260円 ドル高反転や、サウジ輸出増加報道に軟調な欧米石油市場に、東京ガソリンも追随する動きで引けました。東京原油連動型投信への資金流入で、取り組みが急増していますが、取り組みの去就が注目されます。



landsky at 17:05|この記事のURL

2015年05月18日

腹立たしく、寝付けない

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは 竜之介です。 オレオレ詐欺に騙されない反面、還付金詐欺には騙されるという、大阪人気質が、昨日の住民投票に如実に現れたようです。反対派が掲げた、「自分達の税金が大阪市外の人の為に使われる」との妄言を信じて、反対票を投じた人が多く、言うなれば、私利私欲(狡い・ケチな)な大阪人気質そのものです。年代別には、20歳台〜50歳台は、賛成多数 60歳台〜70歳台が反対多数であり、敬老パスの継続と、現状に満足する年金受給者が反対と言う、投票傾向だったようです。 投票結果を見て、昨晩はとても腹立たしく、なかなか寝付けませんでした。 地下鉄の延伸やインフラ整備も遅れる事でしょう。東京府東京市を上回る日本一の大都市だった、”大大阪”と言われた時代には、戻れなくなりました。大阪はこの選挙で惜しい人を失くしました。引退したら、あんな政治家は、もう100年出てこないでしょう。

 日経225先物は、19890円(+130) 米長期金利の低下を好感して、東京市場は小幅寄り後の上昇で堅調な企業業績による買い安心感や、円安推移も支援要因となり、後場からは金融セクターの一段高に上げ幅を拡大して引けました。異例な売り過熱感が続いた後の相場だけに、反動の上振れが恐いところです。  

 東京ガソリンは、先限 62870円(+0) +60〜+0円 週末の海外石油の小動きに東京市場も動意薄の展開でした。最近のドル安進行に敏感に反応したNY金に反して、石油市場の反応の鈍さは、あの時と同じような気がします。朧気ながら、シナリオが見えてきます。

 以下チャートのように、本来なら雲抜けブレイクであり、利を伸ばす戦略で臨みたいところ 損切り続きだったNY金は、今日の仕切提示で、久々の利食いとなりました。



landsky at 16:50|この記事のURL