2016年02月

2016年02月29日

急所日柄接近

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、15930円▼330円 G20の結果や円安進行に投資家心理が改善し寄り後は買い優勢の展開が続いたものの、中国株安を嫌気した戻り売りに押され反落して引けました。月末・月初の急所日柄ですが・・・。

 東京ガソリンは、先限 37830円(-290) -530円〜-290円 週末の欧米株安を受け、東京ガソリンは反落で引けました。



landsky at 18:24|この記事のURL

2016年02月26日

祗園精舎

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 世界の亀山ブランドでもてはやされたシャープですが、たった10年程で経営は傾き、紆余曲折の結果、鴻海の傘下入りを決めたようです。平家物語の冒頭には、「盛者必衰の理をあらはす 驕れる者久しからず」 とあります。2009年に稼働開始した堺工場が追い打ちをかけたようですが、今回、3500億円の財務リスクが明らかになった事から、鴻海の買収が実現しない可能性が浮上しています。社員や役員に優しい買収相手でしょうが、国益に反します。6600億円規模の出資に対して、3500億円の隠れ債務は大き過ぎます。さて、どうなる事か?

 日経225先物は、16260円△130円  原油続伸や日欧株高を好感した米株は1ヶ月半ぶりの高値まで上昇 日経平均は窓を空けての高寄り後は、16470円まで上昇したものの、失速、陰線で引けました。16340円以上での陽線引けなら保合圏(16340円〜15520円圏)に対して、上放れの強気指標となるはずでしたが、情けない引け方で次週の展開を示唆しているようです。 

 東京ガソリンは、先限 38110円(新甫) +60円〜+320円 サウジアラビアやロシアなどが、増産凍結に対する会合を3月中旬に開くとの情報に、東京ガソリンも上昇ですが、迫力に欠ける展開でした。何れにしろ、面白くなって来ました。



landsky at 16:30|この記事のURL

2016年02月25日

一寸先は闇

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 もう時効だから言っても良いでしょう。2011年 東日本大震災後の大波乱 福島原発爆発で、日経225先物が大暴落した時は、オプション市場も破壊的なボラティリティとなって、ひまわり証券が場勘定の支払いが出来ずに、監督官庁に泣きついた。 場勘とは、取引所と毎日、受払する値洗い差金の事であり、当時、相場の動きが急過ぎて80億円を取引所に納めないと、違約=破綻となってしまうが、ひまわり証券にそのお金がない。 福島原発の爆発もあり、金融不安を静めたい財務省は、当時、システム障害を起こしていたみずほ銀行に、100億円の緊急融資を命じた。「システム障害の処分では手心を加える条件での、緊急融資」との密約があったそうだ。結局、ひまわり証券は場勘を融資で賄って、破綻は回避したものの、後日廃業に至った。 この会社だけでなく、当時は、多くの上場企業や、学校法人など、日経225や、FXを使った仕組債で巨額の損失を計上し新聞を賑わした。今また、取引先の大手メガバンクが、利回り5%回る商品として、仕組債を積極的に勧めており、結構人気商品との事だ。 たった5年しか経ってないのに、そんな恐ろしい商品を買おうと言う人が多いのに驚いた。仕組債を買っている人は、無知なのか? 学習能力がないのか? 相場の世界は一寸先は闇です。

 日経225先物は、16130円△270円  原油相場の反発を受け上昇した米株に、東京市場では投資家心理が改善 16000円を復活して引けました。 16340円〜15520円圏の往来相場の継続ですが、重要変化日が迫っており、次週は、レンジ相場を抜ける事が期待されます。 

 東京ガソリンは、先限 37900円(+1110) +720円〜+1110円 英スコットランドでの出荷トラブルに反発した欧米石油に、東京ガソリンは反発して引けました。三角保合の継続中のブレント原油ですが、春相場への日柄不足は歪めず条件は揃いません。簡単な判定方法・型譜は、移動平均5線の形状で見てとれます。



landsky at 16:49|この記事のURL

2016年02月24日

破綻が必要

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、15860円▼150円 原油安を嫌気して反落した欧米石油市場や、年初来安値更新しているユーロ安を背景に、日経平均は反落して引けました。 配当権利落ちを1ヶ月後に控えて、配当権利取りを意識した押し目買いも見られるようですが、15600円〜16340円レンジの保合が継続しており、放れを待つしかありません。

 東京ガソリンは、先限 36880円(-1040) -1120円〜-1040円 サウジのヌアイミ石油相が減産の可能性を否定したことから反落の欧米石油市場ですが、東京ガソリンでは円高も加わり下げ巾拡大しています。今、OPECに求められるのは、中途半端な減産でなく、シェールガス陣営を完膚なきまでに、叩きのめす事です。その為に増産を続ける事 もっと、エネルギー企業の破綻が必要と考えます。

9

landsky at 16:47|この記事のURL

2016年02月23日

日本株は板挟み

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。日銀の3月緩和説がくすぶっているようですが、安倍政権も衆議院の選挙制度改革で定数の10議席削減に本腰を入れるようです。否定はしているものの、そうなれば、衆参同日選挙の障害がなくなります。 何を焦点とするのか? 消費税増税の再延期を掲げないと勝つ事が出来ないのでは?

 日経225先物は、16100円△30円 昨晩の欧米株高や原油相場の上昇を好感して、 日経平均は上昇スタート後は、9:22分に、16340円と過去2週間の高値面合わせまで上昇したものの、失速上げ巾縮小して引けました。 欧米株は遅行スパン陽転など強気指標が点灯初めており、日本株は板挟みのようです。

 東京ガソリンは、先限 37800円(+410) +450円〜+410円 米シェール油生産量が減少するとの思惑や、欧米株高に上昇した海外石油に、東京市場は上昇スタートしたものの、上げ巾縮小して引けました。すっきりしない相場展開が続きます。



landsky at 17:17|この記事のURL

2016年02月22日

G20前に警戒感

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、16070円△90円 週末の欧米株安や原油安に安寄りしたものの、売り一巡後は上げに転じ16000円を復活して引けました。中国株が堅調に推移した他、週末のG20を前に極悪投機筋の売り仕掛けが出にくい事など影響したようです。

 東京ガソリンは、先限 37440円(-380) -330円〜-180円 週末の欧米石油安や円高進行に安寄り後は、下げ巾縮小して引けました。安値から大きく買い戻されていますが・・・。この下髭をどう評価するべきか? 悩ましいところです。



landsky at 17:06|この記事のURL

2016年02月19日

国境なき投機団

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 海外勢は年初から6週連続で日本株を売り越ししていますが、東京証券取引所が昨日発表したところの、売買代金占有率は、海外勢が75.3%と過去最高を記録しています。良いのか悪いのか? 奴等の論理で相場が動くのが・・・。 どう思います? 営利を追求する国境なき投機団

 日経225先物は、15980円▼260円  112円台への円高進行を嫌気して、終日軟調で引けました。 次週以降には、G20や中国の全国人民代表大会、ECB理事会が予定される中、南シナ海 パラセル諸島でのミサイル配備問題などが、株式市場への重石となりそうです。

 東京ガソリンは、先限 37630円(-1080) -450円〜-1080円 米石油在庫統計の増加を受け下落した欧米石油に東京市場も下落です。協調で増産に歯止めがかかろうとも、減産でないのだから、原油相場が上昇トレンドに復活する事はないと考えるのが普通です。チャートの画面を開いて、視界に高値が残る間は、上昇大相場はなしと考えるべきです。 



landsky at 17:06|この記事のURL

2016年02月18日

応分な反動高も

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 

 日経225先物は、16220円△480円 前日の欧米株高や、原油高に買い先行のスタート後は、16200円を挟んだ保合で引けました。昨日の信用空売り比率は、42.6%と連日で売り込まれた事は、応分な反動高も想定されますが・・・。 

 東京ガソリンは、先限 38590円(+1860) +940円〜+1860円 イランが増産凍結支持を表明した事から反発した欧米石油市場に、東京ガソリンも上昇です。 口先介入だけの上昇ですが、他国の同意や、制裁解除後のイランの生産枠など、不透明な条件が付されている事など、具体性・実効性に疑念が残ります。何れにしろ、自律的な反発には限度がありそうです。



landsky at 17:11|この記事のURL

2016年02月17日

95円予想に驚きました

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。大手金融機関が金融市場の見通しを大きく修正しています。万年強気の野村・大和証券の予想は参考にする価値はありませんが、ゴールドマン・サックスと、バークレイズの予想は注目に値します。それにしても、私の予想を上回るドル円95円予想には驚きました。

 日経225先物は、15740円▼300円 休場明けの米株は大幅高で引けた事から、様子無ムードで堅調な前場でしたが、中国元安に振れた事や、NY原油が時間外で下げ足を早めた事が嫌気され反落して引けました。5日移動に下値を支えられているようにも見えますが・・。 

 東京ガソリンは、先限 36820円(-2050) -2330円〜-2050円 欧米石油市場で、サウジ・ロシアなどが合意した生産量凍結は、他国の同意が条件との事で、失望売りを浴びた事を背景に、東京市場では一転反落スタートでしたが、夜間原油が下げ足を早めたのに連れて、下げ巾を拡大して引けました。 季節性周期を念頭にした準備段階の位置づけです。 



landsky at 17:25|この記事のURL

2016年02月16日

シーズナルトレード

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、16040円△100円 前日の大幅高の反動で、売り先行のスタート後は、本日からのマイナス金利導入で恩恵を受ける不動産株の他、懸念された銀行株が上昇に転じている事も安心感に繋がり続伸して引けました。ドル円連動での戻りの急所となるか? 注目されます。

 東京ガソリンは、先限 38910円(+930) +440円〜+930円 欧米株高や円安進行に東京ガソリンは上昇して引けました。相場が上がってくると買いたくなるし、下がってくると売りたくなるのは人情ですが、この時期は、シーズナルトレード(季節性周期)を念頭に考えて行きたいところです。



landsky at 17:38|この記事のURL