2017年07月

2017年07月27日

烏合の衆の

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 都民ファーストが衆議院選挙の準備をする前に、解散するべきとの噂が流れる中、民主党の蓮舫が党代表を辞任したようです。批判する事しか能がない、烏合の衆の民主党 辞任の会見で抱負を述べたニ大政党制は、程遠いように思えます。

 日経225先物は、9月限 大引け 20050円△10円  FOMC声明後の円高進行に、日経平均は小幅安寄り後は、買い戻されて引けました。日経平均の夏枯れ相場は継続中ですが、個別株では、電線地中化銘柄の電線株の騰勢が続いています。まだまだ、値頃は低いように感じますが、(5815)沖電線  

 東京ガソリンは、先限  大引け 48500▼230円 -400円〜-230円 米原油在庫が市場の予想以上に減少した事や、ベネズエラの政情不安に上昇した海外石油でしたが、東京市場は円高進行に相殺され小幅安で引けいました。50ドル以上の上値追いには、材料不足のように感じます。 



landsky at 16:36|この記事のURL

2017年07月25日

将来に禍根を残す事

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 最近、腹ただしい事の一つに、動物病院の薬と病院代が高すぎると言う事 犬のフィラリア予防の薬が、1錠1000円です。 胃腸薬などは、人間用のものを、半分に割って処方しているのに、獣医師に処方してもらうと、原価の数百倍と恐ろしい価格に化けます。 診察代と合わせれば、なんやかんやと必ず1万円程度かかります。なぜ、こんなに高いのか? と常々考えていました。 衆議院閉会中審査で、野党の集中砲火を浴びる安倍首相ですが、加計問題は、そもそも岩盤規制を崩そうとしなかった、文科省の姿勢に問題があったと見ています。 既得権益を守る事が、天下り官僚を増産する事になりますが、森友学園とは、本質が違うはずですが・・・。。

 日経225先物は、9月限 大引け 19920円▼20円 111円台に復活した円安を好感して、日経平均は高寄り後は、本日から明日に開催される米FOMCを控えて、積極的な売買は控えられ軟調保合で引けました。今夏に予定されていた日本郵政の売り出しを、株価の下落を嫌って見送った安倍政権ですが、政権運営と同じように、先送り判断は将来に禍根を残す事となりそうです。 。

 東京ガソリンは、先限  大引け 47600△180円 -230円〜+180円 3営業日ぶりに反発した海外石油に、東京市場は小幅高で引けました。サウジアラビアによる原油輸出の減少見通しや、OPECの協調減産延長期待が背景でしたが、円安トレンドが消滅した以上、戻り売りで見るべきか? 



landsky at 18:43|この記事のURL

2017年07月21日

仕手株狙いなら、共栄タンカー

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 海運株が上昇すると、株式相場の最終局面とも言われますが、知人の相場師が、せっせと買い拾っているようです。日本郵船(9101) 川崎汽船(9107) 商船三井(9104) 仕手株狙いなら、共栄タンカー(9130)も、面白いかも?  不動産バブル崩壊に向け関連銘柄のヘッジ売りもありかと思います。

 日経225先物は、9月限 大引け 20080円▼10円 ECB理事会通過で、対ドルで円高進行した事を嫌気して、安寄り後は、終日軟調保合で引けました。言うなればベタ凪相場の様相ですが、市場エネルギー、大噴火マグマが溜まって来ているように感じます。

 東京ガソリンは、先限  大引け 48710△500円 +10円〜+500円 高値警戒感に反落した海外石油に東京市場も反落で引けました。 順張りトレーダーにとっては、苦難の季節 トレンド消滅と見ています。



landsky at 17:29|この記事のURL

2017年07月20日

今は一休み

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。漢軍に周囲を包囲された楚国の項羽が、回りを囲む漢軍から、味方の楚国の歌が聞こえた事で、絶望したと言う故事から、四面楚歌と言います。 安倍政権も、味方と思っていた官僚や、メディアが、反対勢力に寝返り、足元をを救われかねない状況になっています。 8月上旬の内閣改造でも、支持率浮上しないかも? 秋口から本格的な安倍降ろしが始まりそうです。

 日経225先物は、9月限 大引け 20090円△80円 米株高に日経平均は小幅高寄り後は、上げ幅拡大で引けました。日銀政策決定会合では、現状維持をを決定でしたが、物価見通しを引き下げたものの、追加緩和を見送っています。黒田日銀総裁の任期はあと1年ですが、デフレ脱却は難しそうで、余程の事がないかぎり、放置プレーとなりそうです。 

 東京ガソリンは、先限  大引け 48710△500円 +10円〜+500円 EIAが発表した週間統計で、原油やガソリンなどの在庫の大幅減少に上昇した海外石油に、東京市場も上昇で引けました。NY原油の6週移動は上昇に変化しており、短期波動が転じた事を示唆しています。次の仕掛けを目指して、今は一休みです。



landsky at 17:08|この記事のURL

2017年07月19日

夏本番です〜♪ 

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 いよいよ夏本番です〜♪  気象庁は今日、関東甲信、東海、近畿、中国地方の梅雨明けを発表しました。 うっとおしい梅雨が明けましたが、相場の方はまだまだ動意薄く、夏枯れ相場になりそうです。

 日経225先物は、9月限 大引け 20010円△30円  111円台の円高進行を嫌気した安寄りスタートは、金融株を中心に、内需・ディフェンシブ銘柄等が下支えとなって買い戻さ引けました。昨晩安値は、19890円と 7/7(19830円) や、6/16(19700円)を下回っておらず、迫力にかける展開で、売り込んだとは言いづらいところです。必然的に反発力も鈍く、今しばらくは、同値圏保合に推移しそうです。嵐の前の静けさでしょうか? 

 東京ガソリンは、先限  大引け 48210△70円 +50円〜+70円 堅調な需要やサウジの減産を好感して小反発の海外市場に、東京も小幅高で引けました。エネルギー充填する日柄に入ったのでしょうか? 一旦は、矛を収め、一足早い、夏休みとするかです。 



landsky at 16:50|この記事のURL

2017年07月18日

陰陽循環と言う自然の摂理


実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。遂に安倍政権の政権支持率が30%を割れ危険水域入りしています。高い支持率が続いた事の咎めであり、陰陽循環と言う自然の摂理です。 安倍首相が悪いのでなく、言うなれば、その立場になると誰もが発病する王様病で、誰も逃れる事は出来ません。株価は一時的に下落しようとも、次期選挙は、2018年末と日柄が多く残るので、一旦は復活する事を予想します。

 日経225先物は、9月限 大引け 19980円▼130円 米金利上昇一服を受けた円高進行に、日経平均は反落で引けました。 連休中の内閣支持率が29.2%と危険水域入りした事で、政治的な不透明感を嫌う海外投資家が先物売りを強めているようです。20000円を挟んだ保合は、1ヶ月半が経過しており保合放れのカウントダウンは、始まっています。
 
 東京ガソリンは、先限  大引け 48140▼290円 -600円〜-290円 6日ぶりに反落した海外石油や、円高進行に東京市場は下落して引けました。短期テクニカルでは、複数のテクニカル指標が強気転換しており、下降トレンドの消滅も危惧されるところです。強気波動に転じたとの判断は時期尚早ながら、逆張り保合波動入りか否かです。



landsky at 18:17|この記事のURL

2017年07月11日

世界は供給不足に向かっている?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。

 日経225先物は、9月限 大引け 20180円△80円  イエレンFRB議長の議会証言や米経済指標の公表などを控えて様子見ムードが広がる中、日経平均は売り先行後は、円安進行に買い戻され続伸で引けました。円安進行は海外勢にとっては、実質価値の低下であってドル建て日経平均は、17年ぶりの高値更新後は下落途上にあります。上値の重さは海外勢の売りが影響しているのか?
 
 東京ガソリンは、先限  大引け 47420円△280 +250円〜+280円 サウジアラビア国営石油会社のCEOが、世界は供給不足に向かっているとの発言に小反発の海外石油に、東京市場も小反発で引けました。我田引水のような発言であり、信用するに足らないと思われるところです。



landsky at 18:19|この記事のURL

2017年07月10日

ゲリラ豪雨

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。ゲリラ豪雨にみまわれ、東大阪市の店舗の1階が浸水したとの入居者からの連絡がありました。なんとか、被害は保険でカバー出来そうですが、水害マップで大丈夫な場所だっただけに、驚きでした。恐ろしや、ゲリラ豪雨 日本列島を縦断しています。 

 日経225先物は、9月限 大引け 20100円△150円 週末の米雇用統計を受け、114円台前半への円安進行に日経平均は上昇して引けました。円安進行に比較して、日経225の上昇が鈍いのは、ドル建てでは、下落トレンド入りしており、投機筋の売り姿勢が続いています。円安でも上昇しないのは、トレンド末期とも見てとれますが・・。 
 
 東京ガソリンは、先限  大引け 47140円▼100 +160円〜-100円 供給過剰感に下落した海外石油に、東京市場は円安相殺で軟調で引けました。 6月のOPEC総会が戻り天井となった訳で、そこからの一相場なら、3割安が欲しいところです。



landsky at 18:16|この記事のURL

2017年07月07日

慢心買いが広がっている。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。東京商品取引所の濱田社長のインタビュー記事が掲載されていたが、2017年3月期は、連結で10億円の最終赤字との事でした。34億円程度の純資産しかないのに、どないするつもりだろうか? 親方が日の丸なので、なんとでもなるようで、電力先物を上場して、電力会社から出資を募るらしい。 流石、経済産業省の考える事である。 優秀な日本の官僚統治システムは、高級官僚の天下り・渡りを容易にしています。濱田隆道社長のプロフィールを見る限り、期待は出来ないようです。

 日経225先物は、9月限 大引け 19950円▼20円  世界的な長期金利上昇に下落した米国株に東京市場も軟調で引けました。 ドル円相場が安定している事もあって、下値を積極的に買い拾う投資家が多いようで、買い方には、慢心が広がっているように感じます。テクニカルては、5・25日移動線が陰転クロスしている事が注目されるものの、オプション比や、IV値に激動の兆しは乏しく、内部要因はあくまでも、強気有利のようです。
 
 東京ガソリンは、先限  大引け 47240円▼30 -10円〜-30円 事前予想以上に減少した米国在庫統計に小反発したNY原油でしたが、東京市場は、小動きで引けました。 米独立記念日明けの海外市場は、劇的な急反落でしたが、この時期は節目となる事が多いので、下落トレンドの継続が期待されます。

 50・75週移動クロスで、中長期トレンドの一つが陽転したドル円相場ですが、今週は、予想どうりの円安波動の継続中です。期待どうりなら・・・。 

sekiyup0704op

landsky at 16:41|この記事のURL