2017年10月

2017年10月30日

お金は魔物

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 タレントのデヴィ夫人が被害者となった、横領事件の被害総額は、5年間で約2億7000万円との事で、全て女に使ったらしい。月にすると、450万円だが、汗水流して稼いだお金でないので、、使うのは簡単のようだ。お金は麻薬と同じで魔物ですね。

 日経225先物は、12月限 引け 22020円▼30円 週末の米株高に日経平均は買い先行後は、過熱を警戒した利食い売りや、上海株安をきっかけとした売りに小反落で引けました。 上昇中の25日異動は21926円まで上昇中であり、前場安値 21920円を割れてくるなら短期は下落トレンド入りなのですが・・・。 某ネット証券では、新規口座開設が増加している上、待機資金が過去最高であり、押し目待ちの人が多いようです。 

 東京ガソリンは、先限 大引け 56900円(+650) +590円〜+650円 協調減産合意の期限延長をサウジアラビアとロシアが支持していると報道に上昇した海外石油に東京市場も続伸で引けました。期待どうり年初来高値更新ですが・・・・。



landsky at 17:30|この記事のURL

2017年10月24日

罫線破りパターン

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 ここまで株価が上がれば、塩漬け投資家がホクホクのようです。誰もが儲けた時には、自分の銘柄選びや分析が良かったと思って実力だと慢心するものです。損をした時には相場が可笑しいと思って、決して自分のせいだとは思わないものです。21年ぶりの水準まで上昇した株価ですが、いつまで上昇するか? 大きな節目は、2019年10月の消費税増税 2020年夏季オリンピックです。消費税増税は、今の内に買い貯めしようと言う、仮需要が発生する事から、その反動は必ずやって来ます。先取りする株式史上は、半年〜1年前にはその兆候が出てくるはず。その前に、消費税増税の駆け込み需要相場で一儲けしたいものです。

 日経225先物は、12月限 引け 21810円△70円 米株安や円安一服感に、安寄り後は再び買い直され上昇して引けました。 日経平均は16連騰と、史上最長記録を更新しており警戒感が残るものの、適度な利食い売りを消化しながらの上昇であるものの、一目均衡表では、先行スパン捻じれのの重要変化日が接近 また、上昇日柄は31営業日が経過と、フィボナッチ級数の急所日柄 34営業日に接近しています。美味しいそうに見える線形であり、タイミングを見て仕掛けねばなるまい。

 東京ガソリンは、先限 大引け 54370円(-250) -120円〜-250円 イラクの輸出減少や、米国の掘削の中、小動きの海外石油に、東京市場は軟調で引けました。上昇日柄は18週目入りしている海外石油ですが、PCサイクル(15〜23週)入りしており、いつ天井しても不思議でない日柄の反面 7年ぶりの指標が点灯している事は、レアケース(罫線破り)パターンになるかも? 楽しみです。

sekiyup1024op

landsky at 15:54|この記事のURL

2017年10月19日

怒涛の13連騰

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 今日で日経平均は13連騰でした。1989年のバブル期依頼の記録となり、当時の株価は、22000円〜23000円圏です。明日も続伸ならば、史上初の14連騰となりますが、1989年は、平成元年 私が名古屋で営業マンとして走り回っていた頃ですがあの頃が懐かしく 今から29年前ですが、自分自身 ずいぶん、おっさんになったものです。

 日経225先物は、9月限 引け 21470円△120円  米国株の大幅高に東京市場も続伸で引けました。やはり、衆議院選挙の開票結果の強気材料が実現するまでは、強気上昇相場は継続しそうです。大相場波動継続中である事から、一日で500円〜1000円高の急騰パターンもあり得ます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 54350円(+490) +280円〜+490円 OPECと、ロシアなど、非OPECの協調減産延長の可能性が高まった事や、円安進行などに東京市場は上昇して引けました。11月末のOPEC総会まで上昇波動が継続か?



landsky at 16:55|この記事のURL

2017年10月16日

真空地帯に突入

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 日経平均は週末金曜日の午後からの急伸に驚いた市場関係者が多く、海外弱気勢の買い戻しや、残存リンク債での70%がノックダウン価格の21000円を上回った事から、出来高も急増していました。理外の相場展開となったようですが、今日の動きを見てもわかるように、ここから上値は戻り売り圧力の少ない、真空地帯に突入したようです。9/11日安値 19080円から今日まで、23営業日上昇 上昇巾は2280円と記録しておりますが、衆議院選挙開票までは連騰が続く可能性も? 

 日経225先物は、9月限 14:10分現在 21310円△150円 小幅高寄り後は、海外投資家の大口買いに上げ巾拡大して取引中です。米韓軍事演習が始まる中、北朝鮮でミサイル発射の兆候がある事など警戒される中、取組優先の上昇となったようです。下日足のように6日移動線にサポートされながら上昇しており、押し目待ちに押し目なしの展開です。

 東京ガソリンは、先限  14:10分現在 53140円(+790) +190円〜+70円 週末の海外高を受け東京市場は反騰です。イラクのクルド地区での情勢不安や、イランの核合意問題に上昇です。週足では16週が経過しており、PCサイクル(15〜23週)入りしている事から、さらなる上昇には懐疑的な見方がある反面、7年ぶりの強気指標が点灯した中では、サイクル理論に合致しない20%のレアケースとなる可能性も充分考えられるところです。

sekiyup1016op

landsky at 14:26|この記事のURL

2017年10月12日

「小池さん、残念〜!」

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 衆議院選挙の世論調査の結果、序盤情勢が発表となりましたが、注目の希望の党は優勢は69議席と、公示前の57議席を僅かに上回る程度との事 自公は300議席に迫る勢いだとか? この調査発表に、海外投資家は日本株を買い進む動きでした。「小池さん、残念〜!」 ここから、どれ程巻き返すか? もう少し頑張って欲しいものです。

 日経225先物は、9月限 大引け 20950円△80円 前日の米株高や、衆院選情勢で与党優勢を好感して、日経平均は高寄り後上昇して引けました。一時、21000円にタッチしており、海外投資家の買い気の強さが伺えます。

 東京ガソリンは、先限  大引け 53050円(+70) +190円〜+70円 需要増加見通しやクルド情勢を受けて上昇した海外石油ん、東京市場は小幅上昇で引けました。OPECが11日発表した9月の生産量は、3275万b(△9万び)と再び増加に転じており、リビア・ナイジェリアの生産が増加しており、武装勢力からの攻撃で設備が被害を受け大きく生産量を減少した両国は、生産量の遵守を免除されており、今回の生産増加分は、この両国の回復分のようです。今後、生産量がさらに回復が見込める反面、石油の投機筋は武装勢力と繋がっており、奴等が最後の仕上げ(利食い)をする時には、武装勢力の石油施設攻撃する事でしょう。ブレント原油と、NY原油の長期の過去10年程度の鞘チャートを見ると見えて来ます。



landsky at 15:45|この記事のURL

2017年10月06日

経済の両輪ですから

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。  

 日経225先物は、9月限 大引け 20710円△70円 米欧株高に日経平均は続伸で引けました。今晩の米雇用統計で材料出尽くしなら、次週は調整局面を迎える事も期待されます。10月限のオプション比は、2.10と久しぶりに、2.0の大台を超えています。高値圏でのSQ着地が想定されます。

 東京ガソリンは、先限  大引け 53390円(+910) +890円〜+910円 OPECとロシアの減産延長の可能性に急伸した海外石油に、東京市場も上昇して引けました。世界的な株高状況が続いており、少々原油が上昇したとしても、世界経済への悪影響は限定的かと思われ、むしろ資源もある程度上昇せねば、長続きはしません。資源と株式は経済の両輪ですから・・。



landsky at 17:57|この記事のURL

2017年10月02日

あれから10年

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 寄り前発表の日銀短観では、業況判断指数(DI)が大企業製造業でプラス22(+5)と、2007年9月以来の高水準のようです。当時の日経平均株価は、17000円、ドル絵円は117円でした。翌年のリーマン・ショックに向けて天井圏保合から下落波動に転じようとしていました。当時と比較すると、まだまだの印象です。あれから10年 少々お金も増えたが歳も増えた。嬉しいような淋しいような・・・・。

 日経225先物は、9月限 大引け 20410円△70円 寄り前発表の日銀短観で景況感の改善が発表された事から、日経平均は買われ堅調で引けました。日中の高値は、20420円と直近の高値20430円超えには至っていませんが、今晩以降に含みを残す引け方です。 115〜120円チャレンジの長期の円安トレンドと見るならば、225先物の上値余地は大きいと見るべきでしょうか? 今週末のイベントに向け、突っ込んれくれると嬉しいのです。

 東京ガソリンは、先限  大引け 53190円(-380) -390円〜-380円 ブレント軟調を受け東京市場も軟調な展開です。テクニカルは、短期は戻り売りを示唆 中長期は強気を示唆 どう折り合いをつけるか? 悩ましいところです。 



landsky at 16:01|この記事のURL