2018年01月

2018年01月29日

11年ぶりの指標

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。ユーロドル相場は、先週で6週連続陽線でした。チェクしたところ、11年ぶりの指標(2007年6月第2週〜)の点灯です。大ドル安時代の予兆であり、準備が必要です。

 日経225先物は、3月限 引け 23600円▼30円(14:57) 週末の米株高を好感して買い先行後は、東京時間での円高進行に売られて小反落で推移です。米大統領の一般教書演説や、30〜31日のFOMCを控えて、様子見ムードが強まっていますが、今週のイベント通過で、潮目が変わるか? 期待です。 

 東京ガソリンは、先限 大引け 61160円(▼90) +40円〜-90円 ドル安連動で上昇した海外石油でしたが、東京市場では、円高相殺で小動き推移です。 アメリカファーストの副作用は、資源・資産バブルに発展するはず。 

g0129b

landsky at 15:09|この記事のURL

2018年01月25日

大ドル安時代の到来は予想どうり

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。予見したようなドル安進行でしたが、米トランプ政権にとって、大減税とドル安はセットの既定路線であり、少なくとも米中間選挙までは、ドル安が緩む事はないでしょう。大ドル安時代の到来は予想どうりです。  

 日経225先物は、3月限 引け 23660円▼250円引け ドル安容認発言に、一時、109円割れの円高進行を嫌気して、日経平均は大幅安で引けました。黒田日銀総裁会見後の米財務長官の発言はタイミング的には、カウンターパンチのようでした。しかし、ドル安進行はトランプ政権の既定路線です。連騰モード入り期待は消滅ですが一両日で下値も固まって来るのでは?

 東京ガソリンは、先限 大引け 61300円(△170) -220円〜+170円 10週連続で減少した米在庫統計に、東京市場は、円高を跳ね返して上昇して引けました。予見どうりの、大ドル安時代です。 



landsky at 16:56|この記事のURL

2018年01月23日

アメリカファーストの仕上げ

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 関東地区の大雪を見ると、雪道を自動車で走りたくなって、うずうずします。20cm程度の雪で右往左往するのは、雪国育ちの人にとって不思議でなりません。 新雪が降り積もる深夜に、自動車で走っていると、一面銀世界の中、音も雪に吸収され幻想的な気分に浸れます。

 日経225先物は、3月限 引け 24120円△330円引け 米つなぎ予算の採決合意を好感した米株高に、東京市場も連動高で初めて大引けベースで、24000円台乗せで引けました。注目の黒田日銀総裁会見では、量的緩和の出口戦略に何等言及がなかった事から、上値の重石がなくなったとも見てとれます。2週間保合の上抜けなので、期待どうりの連騰モード入り期待も? 

 東京ガソリンは、先限 大引け 61300円(△340) +20円〜+340円 ドル安進行や、リビア石油施設の再開報道の強弱別れる中、反発の海外石油に、東京市場も上昇で引けました。大ドル安時代の到来が予見されます。 

 アメリカ ファーストと、連呼していたトランプ大統領の就任から1年が経過し、来週30日の一般教書演説が注目されています。大減税で海外逃避した企業を米国内に呼び戻し、アメリカファーストの仕上げは、大ドル安時代の到来です。チャートや、マネーの流れはそれを予兆しています。



landsky at 18:05|この記事のURL

2018年01月11日

マネーの潮流が変化

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 世界株高により投機マネーの潮流が変化しています。株式と商品は経済の両輪であり、先行上昇した世界株に商品市場が後追いしつつあります。今年の展開を乞うご期待です。 

 日経225先物は、3月限 引け 23650円▼150円引け 円高進行や米株安を嫌気して日経平均は続落で引けました。 明日のSQ着地を前に、思惑的な売買に終始していましたが、円高の影響は限定的であり、大相場上昇トレンドのパターンです。さて、次の一手をどうするか?

 東京ガソリンは、先限 大引け 61530円(▼130) +110円〜-130円 在庫統計に上昇の海外市場でしたが、東京市場では円高進行に押し戻されて引けました。以下月足のように、昨年は、7年ぶりの強気指標が点灯していましたので、レアケースです。遅行してスタートした、白金も面白いのでは? 

sekiyuq0111d

landsky at 16:17|この記事のURL

2018年01月09日

天命を知る

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  年初からバタバタで、ご挨拶が遅れました。明けましておめでとう御座います。竜之介です。 業界に入りし35年余り・・・。昨年は、自身の目標を見失った1年でした。同期メンバーで業界残るのは私一人です。確率では2〜3%かと思いますが、投資助言と、投資運用を業とする当社ですが、投資運用の構成比率も、大きく変化しています。 論語の有名な一節に、”子の曰く、・・・・略。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。”とあります。 昔より知り聞き流していた論語ですが、この年齢になって初めて骨身に染みます。人それぞれに感じ方は違うのでしょうが、さしずめ、今年57歳になる私ですが、天命を知る=もうこんなもんで良いと思う自分と、まだまだと天明に抗う自分が混在します。さて、どうしたものやら・・。 今年も迷い続ける1年になりそうです。 

 日経225先物は、3月限 引け 23840円△120円(15:02) 週末の米雇用統計の結果を受け、FRBの利上げペースが緩やかとの見方に上昇の米ナスダックや、独DAX指数を好感して日経先物は、高寄り後24000円にタッチする場面があったものの、日銀の買いオペ予定額減少を通知した事からの、金利上昇&円高に上げ幅を縮小して引けました。期待どうりの、上抜け&24000円タッチとなりました。一旦、利益確定させた後は、SQ着地を待って、再仕掛けが妥当かと思います。

 東京ガソリンは、先限 大引け 61240円(▼340) -370円〜-340円 米シェールオイル増産観測に対して、イラン・サウジの政情不安の地政学リスクの強気材料に強弱別れる環境の海外石油でしたが、東京市場は円が買われた分だけ軟調でした。今年の展開は、レアケースとなっており、数ヶ月前に、7年ぶりの強気指標が点灯した相場だけあります。波動サイクルは、レアケースと考えた戦略が必要です。



landsky at 15:13|この記事のURL