2018年07月

2018年07月26日

月末過ぎれば動意ずく?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 

 日経225先物は、9月限 22560円▼40円(大引け) 月末の日銀政策決定会合を控えて、日米金利差縮小による円高進行に、日経平均は小反落で弾けました。日銀のETFの購入配分を、日経225を減少させ、TOPIXを増加するとの見直し報道も上値抑制につながったようです。大幅上昇の米株と、円の強含みと板挟みの日経平均ですが、月末過ぎれば動意ずくはず。 

 東京ガソリンは、先限 大引け 613190円(新甫)(大引け) +440円〜+380円 米在庫統計に上昇の海外石油に、東京市場も上昇で引けました。米SPRはどのタイミングで放出するか? 中間選挙前だけに、市場も警戒しているような雰囲気です。



landsky at 18:08|この記事のURL

2018年07月24日

自民総裁選を先取り?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 昨日の日銀の緩和姿勢の再検討報道に、10年債金利は、0.03%→0.08%と、急激な上昇でしたが、10年債は、まだ0.1%にも満たず、殆ど影響は乏しいと思われますが、銀行株は大きく上昇しています。次週 7/30〜7/31日の日銀政策決定会合では、現状維持となりそうですが、誰が流した噂か不明ですが、火のないところに、煙は立たず・・・。  9月の自民党総裁選で、安倍首相が破れ、黒田緩和が軌道修正される事を先取りしているとも思えるところです。

 日経225先物は、9月限 22510円△200円(大引け) 円高進行の一服感を背景に、投資家心理は改善し、日経平均は反発して引けました。前日の上海株は積極的な財政政策を進めるとの政府表明に、3週ぶりの高値更新であり、米株の上昇も下支え要因となったようです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 61820円(△520)(大引け) +420円〜+520円 円相場の弱含みに東京市場は反発して引けました。米国とイランの緊張で海外石油は買われる場面があったものの、イランの減少分を、サウジが供給増加姿勢にあるとの見方が 上値抑制要因となっているようです。



landsky at 17:58|この記事のURL

2018年07月19日

カジノ法案が可決

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 暑い暑いとのニュースが多いですが、IR(カジノ)法案が参議院で可決しました。 ギャンブルは、度を越せば勤労意欲が低下するのは間違いない事です。パチンコ屋の件数と競売の件数は関連性が多いように感じます。法案を強引に進めようとした政府与党もどうかと思いますが、抵抗した野党も売名行為かと思います。 賭博は違法としながらのパチンコ屋の存在も如何なものか?  投資・相場も依存症になる人も多いですが、価格変動でのスリルと利食いした時の幸福感はやはり良いものです。

 日経225先物は、9月限 22790円▼10円(大引け) 米株高を受けて東京市場は堅調スタートだったものの、中国株や人民元安を背景とした警戒感に売られ、小幅マイナス圏で引けました。海外投機筋は買いに回っている節があり、長期円安波動を見越した動きかも? 

 東京ガソリンは、先限 大引け 61730円(△500)(大引け) +490円〜+500円 米在庫統計の増加発表に対して、製品の需要増加を映して反発した海外石油に、東京市場も反発で引けました。SPR放出は、上昇スピード抑制の為であり、政権批判を避ける為のもの トランプ政権の本音は原油価格の上昇賛成かと思われます。なぜなら、米国はサウジを抜いて世界最大の原油生産国になる為です。



landsky at 17:32|この記事のURL

2018年07月17日

大相場指標が点灯

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 ドル建て終身保険やドル建て海外REITを、老後資金のポートフォリオの多くに、組み入れています。価格変動はあったとしても、概ね高利回りであり、円建てよりもパフォーマンスは良いはず。そのドル円相場に、重要な大相場指標が複数点灯しました。月足の遅行スパン陽転は2012年12月(5年8か月ぶり)ですが、安倍政権が発足して、アベノミクススタートの時です。さて、今回はどうなるか? 資力と気力の限りドル資産を買い増しするべき・・・?

 日経225先物は、9月限 22720円△120円(大引け)  3連休明けの東京市場は、軟調なスタート後は、円安進行に上昇して引けました。米中貿易摩擦警戒で大きく売り込まれた今月初旬から、今では、米国の対中国追加関税が発動されるなら、米貿易収支の改善により、ドル高・円安進行との見方に変化 弱気材料は、一周回って強気に受け取られ最近の上昇になっているようです。 週足は26週前の下落圧力を受けるか否かの重要な日柄に入っている事が注目されますが、円相場で大相場指標が点灯中 

 東京ガソリンは、先限 大引け 60850円(▼1570)(大引け) -1580円〜-1570円 供給懸念後退に下落した海外石油に、東京市場は大幅安で引けました。リビアの輸出再開の他、米戦略石油備蓄の放出検討の弱気材料が重なり4%超えの大幅安の欧米石油市場でした。しかし、トランプ政権は11月の中間選挙を控え、SPR放出するとしても、投票行動に一番有効な日柄を選ぶはずであり、今ではないと考えていましたが、今日の下落を見る限り、最大需要期のドライブシーズンの価格抑制もあるのかも? 悩ましい展開になって来ました。

g0714c

landsky at 17:54|この記事のURL

2018年07月12日

ダイバージェンスが点灯

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。死刑執行された麻原の遺灰が問題になっているようで、まさか、殺人犯の遺灰が争奪戦となり神格化されようとなっているとは驚きだ。時の政権からテロリストとして処刑したイエス・キリストと同じでないか? 間違った歴史や、言い伝えはこのように、一部の人々によって後世に残っていくのだろうかと思うと、なにも信用出来ない。特に明治維新以降、新政府によってねつ造された歴史(偉人の英雄伝説)が生きているように思う。

 日経225先物は、9月限 22180円△270円(大引け) 112円台と半年ぶりの円安進行を好感して日経平均は、高寄り後は上げ幅拡大で引けました。円相場との連動制が薄れたと感じられましたが、明日のSQ着地を前にして、上げ賛成ムードでした。5月限SQ値=22621円 6月限SQ値=22825円ですが、明日のSQ値はどこで着地するか注目されます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 62270円(▼1240)(大引け) -1210円〜-1240円 米中貿易摩擦の激化による需要減退懸念や、リビアの港湾再開報道に下落した海外石油に、東京市場も続落で引けました。 材料があって下落する相場は、恐くはありませんが、以下チャートのように、逆行(ダイバージェンス)が点灯しているのは、大いに警戒されるところです。

sekiyuq0712a

landsky at 15:18|この記事のURL

2018年07月11日

籠池ハウスが競売

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。MTG(7806)のIPOは、初値で無事売却し、20%=12万円程度の利益となりました。しかし、約定報告の担当営業マンは、他の商品を勧めようとして、そのセールスを聞くのに疲れました。営業マンは、儲けさせてやったとの意識で、どんどんセールスをして来そうですが、良かったのか?悪かったのか? 
 森友学園問題の、籠池さんの家が今日競売で落札されました。一番下の玄関付近の画像は、ニュースで見覚えある人も多いのでは? スペックは、阪急宝塚線 豊中駅 北東850m  土地 196屐粉竿地) 建物141屐S52年築 基準価格 2138万円に対して、落札価格は3051万円  相場より3割程度、安いように見えるのは、間口が2.5mなので、駐車場が作れないので、価格としては妥当なところです。 入札数は11件 落札者は法人との事ですが。賃貸マンションの建築用地になるのでは?  

 日経225先物は、9月限 21910円▼280円(大引け) 米国が対中国への追加関税のリストを公表し、貿易摩擦激化を警戒した事から日経平均は大幅反落で引けました。 一時470円安まで、突っ込んだものの、円高進行が、限定的だった事で、下げ幅縮小したようです。中長期のテクニカルは陰転指標が複数散見されるところであり、戻り売りに徹したいところ。

 東京ガソリンは、先限 大引け 623510円(▼360)(大引け) -200円〜-360円 好調な需給予想に反発したNY原油に、東京市場は上昇スタートしたものの、失速しマイナス圏で引けました。独立記念日過ぎの相場はドライブシーズンのピークを意識した動きとなるか? 注目されるところです。

sekiyuq0711opa

landsky at 18:26|この記事のURL

2018年07月09日

明日公開日です。

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 せっかく申し込んだ株式会社MTG(7806)のIPOですが、当たったのは、たったの1口=100株 子供の小使い程度の利益では面倒くさいので、断ろうかと思いましたが、担当の営業マンがどうしてもと言うので参加する事としました。明日が公開日ですが、初値売り作戦は、どうなる事やら・・・。

 日経225先物は、9月限 22070円+270円(大引け)  米雇用統計の堅調な発表を好感上昇した米株に、日経平均も続伸で引けました。 あっさりと22000円の大台回復ですが、米中貿易摩擦問題は、双方とも報復関税を発動した後は、さらなる追加関税を、トランプ政権は検討中との事で、火種は残る環境です。明日以降、上値が重いか否か見て判断です。

 東京ガソリンは、先限 大引け 62880円(△140)(大引け) +10円〜+140円 円高進行で小幅安スタート後は、海外石油の堅調地合いを受けて小幅高で引けました。来年はサウジの国営企業 サウジアラムコの上場を控えており、高値誘導はサウジの国家プロジェクトの成否につながるところですが・・・。

sekiyuq0708aop

landsky at 16:54|この記事のURL