2018年09月

2018年09月28日

関西直撃の可能性

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 前回の台風21号の被害修理も終わっていないとこに、またもや、大型の台風がやって来ます。関東への影響は陸地を通過する事で勢力の減退が予想されるので、大きくはないでしょうが、予想進路で上陸・直撃が見込まれる関西は、戦々恐々です。自動車もひっくり返り、新築の屋根瓦も飛ぶような台風がまた来ると思うと・・・。憂鬱な休日となりそうです。 

 日経225先物は、12月限 24130円△300円(大引け現在) 113円台半ばへの円安進行に、日経平均は高寄り後は上げ幅拡大です。輸出関連株を中心に全面高となっており、27年ぶりの高値更新となっています。FOMC後の下落巾は、250円程度と限定的でしたが、9/7日安値(22180円)からの上昇幅は、2110円巾と待ったなしの連騰パターンであり、年初来高値を更新したばかりであり、追随買いするにしろ、リスク戦略が難しいところです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 69660円(4月限)(大引け現在) +190円〜+480円 イラン原油の供給減少に対して、OPEC&非OPEC諸国は、増産の意向がない事や、戦略備蓄の放出に対して否定的な事など、強気材料ばかりの環境になって来ましたが、投機マネーは、さらなる買い上げを狙っているか?

sekiyuq09281op

landsky at 18:13|この記事のURL

2018年09月26日

ただただ心配

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。一旦は鉾を治めたかと思われたものの、正義感が強く、曲がった事は嫌いな貴乃花の抑えきれない感情は、相撲協会の退職と言う方向に動きました。こういう性格の人なので、ただただ心配なのは、自ら命を絶たないかと言う事です。昨日の記者会見の中で、「もし私が死んだとしても、師匠と弟子の関係は変わらない・・」それを予見するような発言があっただけに心配です。稽古部屋としていた倉庫も賃貸に出しているようです。取り越し苦労なら良いのですが・・・。

 日経225先物は、12月限 23990円△250円(13:00現在)  配当権利落ちの翌日の東京市場は高寄り後は、配当再投資の買いに上げ幅拡大しており、24000円節目を試す動きとなっています。明日未明の、27:00のFOMC金利発表後は、材料出尽くしから、一旦調整局面入りするか注目されるところです。月初の米雇用統計で利上げが確実視されましたが、噂で買って事実で売るなら、円は買い戻されるか?

 東京ガソリンは、先限 大引け 68770円(新甫)(13:00現在) +250円〜+70円 イラン産原油に対する米国制裁への供給不安に上昇した海外石油に東京市場もい続伸中です。やはり、日経平均との連動制は生きているようですが、ブレント原油と、NY原油の値鞘はまだまだ拡大しそうです。



landsky at 13:26|この記事のURL

2018年09月20日

大円安時代の再来か?

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。安倍首相の再選が決まりました。残りの任期3年でどう日本が変わるか注目されます。ドル円相場の線形は、6年前と似通った線形であり、以下月足では、三角保合からの上抜け目前の線形に表れています。トランプが許さないでしょうが、線形は大円安時代の再来か?

 日経225先物は、12月限 23460円▼60円(大引け)  米中貿易摩擦の懸念後退で上昇した米株でしたが、日経平均は短期的な過熱感に利益確定売りに小反落で引けました。特に自民党総裁選で安倍総理の再選決定後は、売りが加速したものの限定的でした。 7日間の連騰巾は、1730円でしたが、次の節目は次週の米FOMCです。オプション市場では、24500円の売買高・取り組み高は薄く予想する向きは今のところ少ないようです。当面 市場は満足したのか? 円相場の長期波動が注目されます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 65910円(+360)(大引け現在) +440円〜+360円  米在庫統計を受けてのNY原油の上昇でしたが、出遅れたNY原油が後追いしたに過ぎず、ブレント原油は年初来高値更新までは至っておらず、上抜け波動との判断は出来ません。しかし、ガソリン先限は年初来高値に面合わせしており、動向が注目されます。

g0920

landsky at 17:03|この記事のURL

2018年09月19日

パンティー型保合の上抜け

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。全身がんに侵され、亡くなった樹木希林 理想的な死に様を見せてくれました。2005年の乳がん手術から、全身転移を経て先日亡くなりました。樹木希林は、KK不動産として芸能界でも有名な不動産王との事 精力的に仕事をこなし、惜しまれながら死んで行くのは理想ですが、名と財を残し、私も、カッコよく死にたいものです。

 日経225先物は、12月限 23520円△240円(大引け) 前日の米株大幅上昇や、米中貿易摩擦への過度な懸念が和らいだと事から、日経平均は大幅続伸で引けました。材料的な節目は、明日の自民党総裁選の投開票が過ぎれば、一服しそうですが、4ヵ月のパンティー型保合の上抜けだけに、長期波動になりそうです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 65550円(+930)(大引け現在) +880円〜+930円 イラン産原油の生産減少に対してOPECは増産しないとの報道に海外石油は上昇 東京市場も上昇で引けました。ブレント原油の独歩高で、NY原油との二極化が進みそうです。

sekiyuq0919op

landsky at 17:55|この記事のURL

2018年09月18日

安倍再選を先取り

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。自民党総裁選は、石破氏の当選を期待したものの、現職総理の牙城を崩せず残念な結果となりそうです。海外勢もアンケート調査の結果から、安倍再選と読んで買い始めたようですが、国民の不満は、マグマのように溜まって、来年の参議院選挙で自民大敗となる可能性も? 拮抗するところまで、善戦して欲しいものです。

 日経225先物は、12月限 23280円△310円(大引け) トランプ大統領が、対中国への制裁関税第3弾を発表した事を嫌気して、日経平均は小幅安寄り後は、海外勢の買いに大幅続伸で引けました。予想どうりアンケート調査で、自民党総裁選で安倍晋三首相が3選される可能性が高まった事が海外勢の買いの理由です。中国への制裁関税発動の弱気材料を跳ね返しての上昇だけに、息の長い上昇波動(保合放れ)と見るべきか? ひとまず、9/20日の自民党の投開票 9/26日の米FOMCのイベントが注目されます。

 東京ガソリンは、先限 大引け 64620円(-140)(大引け現在) -60円〜-140円 米中貿易摩擦激化と、対イラン制裁による供給減の強弱材料がが交錯の海外石油市場に東京市場は小動きで引けました。連動傾向が強い日経平均の先行上抜けは、石油市場も後追い上昇が予想されるところです。

sekiyuq0918op

landsky at 17:50|この記事のURL

2018年09月10日

下向きの流れの継続

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。先週の台風は、瓦や、屋根が飛んだ家や、自動車の窓ガラスが割れていたりと、近畿の広い範囲に被害を与えています。ある保険会社からは、300万円以内は、被害の立ち合いなしで、写真と見積もりだけで保険金支払いをするとの通達が出ており、被害件数が多すぎて、捌ききれないようです。

 日経225先物は、9月限 22360円▼20円(大引け) 週末の米雇用統計の好調な結果を受け、円安スタートしたものの、対日通商政策への不透明感に、日経平均は軟調に引けました。雇用統計の結果で、9月の米利上げが確実視されているようですが、9/27日の米FOMC通過までは、円安指向が続くか? 週末のSQ着地を控えて、思惑的な売買が多いようです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 63830円(+340)(大引け現在) +550円〜+340円 海外小動きの中、円安進行に上昇の東京石油市場でしたが、イラク南部の油田都市バスラの抗議デモ暴徒化や、シリアの内戦激化といった地政学リスクにも反応薄く、下向きの流れは、今しばらく継続と見たいところです。



landsky at 17:28|この記事のURL

2018年09月05日

天災時には賠償責任はなし

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。昨日は、60年ぶりの風台風が近畿圏を襲来です。被害の全貌は、不明ですが、現在解っているだけで、所有するマンションや、本社ビル等、3棟に被害を被っています。2棟は建物被害なので、保険対応が可能ですが、1件については、物置がマンション入居者の車に衝突して、車が破損したと言う事です。当然のように保険賠償と思っていたら、保険屋曰く、天災時の賠償責任は、火事と同じように、民法では免責となる為、保険金は出ないとの事です。賠償責任ないとしても、家賃を貰っている入居者なので、無下に突き放すわけにもいかず、見舞い金との対応になりそうです。不動産投資にも、様々なリスクがあるものですが、今のところ少額の損害で終わりそうです。

 日経225先物は、9月限 22560円▼210円(大引け) 米中貿易摩擦が激しくなることを警戒して、日経平均は反落で引けました。前日の米株安に加え、中国株の下落も嫌気され下げ幅拡大したようです。米国との貿易摩擦は、カナタ・中国・欧州・日本と多くの問題を抱えており、9/20日の自民党総裁選も控えて、不透明感は残りそうです。

 東京ガソリンは、先限 大引け 64360円(+80)(大引け現在) +220円〜+80円 メキシコ湾への暴風雨接近に急伸後は、ドル高進行に上値抑えられ反落の海外市場でしたが、日足を見る限り、目先はコツンとした感じがします。 



landsky at 17:20|この記事のURL