2019年07月

2019年07月19日

金の店頭売りが急増

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。金の高騰で店頭での個人の売却が増加しているようです。東京金の線形は典型的なペナント型保合であり、上抜けは遠くない将来出現しそうです。それに円高進行に逆行高しているだけに、地相場の強さが伺えます。1g=1000円以下だったあの頃が懐かしく感じます。個人で所有していた金の現物投資の殆どは、3500円〜4000円で売却しており、あと残るのは、数枚の金貨と、金のネックレス程度です。どうせ売るなら、消費税が増税になってからでしょうか?

 日経225先物は、9月限 21380円△370円(大引け現在) 前日の米株が反発した事を好感して日経平均は、高寄り後は前日の大幅安に対する自律反発狙いの買やアジア株の堅調を背景に、大幅反発で引けました。昨日の信用空売り比率は、51.2%と今年最大の売り過熱値だった事が、今日の急反発に繋がっているようです。過去20日間の安値更新後の反発(逆行)だけに、一気に22000円圏まで、駆け上がる連騰パターンも考えられるところですが、円相場の行方が警戒されます。 

 東京ガソリンは、先限 49340円(-490) (大引け現在) -1180円〜-490円 米株式相場の軟調に加え、ハリケーン「バリー」通過による生産増加観測に下落した海外石油に、東京市場も続落で引けました。短期指標は陰転ですが、週足の遅行スパンは、26週前価格にタッチしたに過ぎず、中長期の強気指標は生きています。

sekiyur0713c

landsky at 18:08|この記事のURL

2019年07月11日

米株は上げ拗れ感浮上

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 先日、平成31年の路線価が発表となりました。大きく上昇している地域もあれば、依然、下げ続けている地域もあります。不動産を多く所有する人にとっては、含み利益が増加して嬉しい反面 固定資産税が上がって悲しいところもあります。賃料がその分上がれば良いのですが・・・。 皆さんの所有する不動産は、どの程度上昇していますか? 調べるには、→http://www.rosenka.nta.go.jp/main_r01/index.htm

 日経225先物は、9月限 21600円△100円(大引け現在) 米FRB議長の議会証言で米利下げ観測が高まった事や、アジア株の上昇を好感して、日経平均は小幅上昇して引けました。明日のSQ着地を控えていますが、21500円が地相場になりつつありますが、米株は上げ拗れ感が浮上しており、きっかけ次第では崩落しても不思議でないところ 米利下げ実行しても、株価が下落すると、景気リセッションが確定となり、泥沼コースとなるのですが・・。 SQ通過後、再考です。

 東京ガソリンは、先限 52510円(+850) (大引け現在) +780円〜+850円 米在庫統計や、メキシコ湾の暴風雨に上昇のNY原油に、東京市場も上昇して引けました。108円割れ逆戻りの円高に上げ幅が減殺されていますが、NY原油は、先行スパン上抜け&過去20日間の高値更新しており、さらなる上昇波動の継続が予想されるところです。ここまえは、イメージどうりですが、イランとの軍事衝突が起きねば、終わらないかも? 

sekiyur0711a

landsky at 17:53|この記事のURL