2019年09月

2019年09月30日

明日から増税

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。 明日から消費税が増税となります。たった2%ですが、買い貯めする人も多いようですが、前回の8%の時とは違って、自動車や、不動産など駆け込み需要は限定的なようです。明日から10月 今年も残り3ヶ月となりましたが、年末の個人の確定申告に向けて今から着地の準備が必要です。 トレードの利益は申告分離課税ですが、利益の繰越しを狙うかどうか? 

 日経225先物は、9月限 21910円△40円(大引け現在) トランプ米政権の対中投資制限に対する警戒や、週末の香港大規模デモに投資家心理が悪化で、利益確定売りが広がり続落で引けました。欧米株の下落に比較して日経平均の下落は限定的であり、下げ拗れているようです。月末通過で動き出すか期待です。

 東京ガソリンは、先限 50210円(-70) (大引け現在)-130円〜-70円  石油関連施設が攻撃を受けたサウジアラビアの産油量が予想より速いペースで回復した事や、中国の経済成長が減速警戒に軟調だった海外石油に、東京市場も軟調で引けました。東京原油の日足は、気迷い十字線が出現しており、移動平均線が収束している事もあり、ここからの上値チャレンジは、波動が大きくなる期待も?

sekiyur0928a

landsky at 17:17|この記事のURL

2019年09月20日

2年ぶりの踏み上げ警戒

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。今週は今年2回目の利下げを決行した米国ですが、世界的な金融緩和傾向の中、日銀も追加緩和が迫られそうです。金利上昇に対してヘッジ買いしていた銀行株の仕切りどころを思案中ですが、15%程度の上昇では、まだまだ早いでしょうか? インバウンドと、万博とIR(カジノ)で関西経済の堅調を期待です。

 日経225先物は、9月限 21910円△40円(大引け現在) 前日の米株が軟調な中、日経平均は高寄り後は概ね堅調な推移で引けました。東京市場では3連休前に積極的な売買は控えられたものの、信用取引の売り残高(東京・名古屋2市場、制度信用と一般信用の合計)が2年ぶりの高水準となっていた事から、売り方の買い戻し圧力が下支えとなっていたようです。 2017年当時は、3ヶ月間で、約4140円の踏み上げ上昇となっており、今回は、まだ2000円程度の上昇であり、2年前と同規模の上昇なら、上値余地は2000円程度残ると考えられるところです。米株が下がっても日経225の下落が限定的な理由は、この辺りにあるようです。

 東京ガソリンは、先限 51200円(+860) (大引け現在)+3070円〜+860円 サウジの供給不足が想定より長期化するとの懸念や中東情勢の緊迫化を背景に上昇した海外石油に東京市場も上昇で引けました。内外チャートは、過去1ヶ月の保合いの上抜け型であり、強気転換を疑う余地はありません。やはり、後追い型となったようですが、サウジの国営石油会社 サウジアラムコの上場に向けて原油価格を高値誘導したい思惑が見え隠れします。

 

sekiyur0920op

landsky at 16:31|この記事のURL

2019年09月06日

次週再反落も想定

実戦教育型の解説&提示 →こちら(応援クリック) 御願いします!  

  こんにちは、竜之介です。1999年から20年を越えた相場コラムですが、近年ではすっかり、サボり癖がつき、月3〜4回の更新となってしまってます。老体に鞭打ち会員向けに投資情報の発信を続けていますが、いつまで続ける事が出来るか?  若年層の参入が少ない事から、市場衰退も続いていますが、東京商品取引所と、日本取引所グループが経営統合する事をきっかけに、復活して欲しいところです。

 日経225先物は、9月限 21200円△130円(大引け現在) 好調な米経済指標に上昇の米株や、107円台まで進行した円安を好感して日経平均は続伸で引けました。国内機関投資家によるやれやれ売りも散見され上値を抑えらた場面があったものの、売り方は踏み切ってないようで、断続的な買いが継続のまま引けました。米株は再び、大きな窓を明けており、次週再反落も想定されるところ 国内は、どこまで上値を伸ばすとこるが出来るでしょうか?

 東京ガソリンは、先限 47870円(+70) (大引け現在)+10円〜+70円 米原油在庫減や米中貿易摩擦への懸念後退を受けて上昇した海外石油の流れを引き継ぎ、東京市場は堅調で引けました。NY原油日足は陽線の出現比率が高まっており、基調転換の可能性も浮上ですが、同時に、8/7日安値から22営業日が経過し、戻り天井の急所日柄も接近しており、58ドル以上は限定的との見方もされます。



landsky at 16:40|この記事のURL