2007年04月10日

三角合併

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外安に下落した。ガソリン 330円安〜640円安 灯油 540円安〜410円安 原油 480円〜550円安で引けた。15: 30分現在の夜間原油は、61.85ドル△0.34 昨晩のNY原油市場は、英国兵士解放からのイラン緊張の緩和による手仕舞い売りで下落したもの 東京市場では、安寄り後 下げ幅削る展開で引けたが、昨日はモルガの買い増し&三菱Fの売り手口で、今日はどういう手口になっているか? 店毎の変化はあったとしても、買い屋グループには大きな変化はないか? WTI原油は、当月と2番限では、線形が大きく異なるところで、過去1ヶ月の2/3押した当月と、 1/2押しでトレンド維持の2番限では、見方が大きく異なるところ 2番限を重視するなら、押し目限度値から、明日は反発が見込まれる。

 夜間で真空地帯を駆け上った、シカゴコーンは、行って来いの大幅安 天候予報が変わったわけでなく、やはりテクニカル的な要因が強い。作付け初期は、蒔き直しが効くし、後日の天候でいくらでも回復可能な時期なので、この時期の天候悪化での上昇は失速する可能性が強いのが特徴である。 買い方が期待するような、一度走り出したら止まらないのは、土壌水分不足で迎えるシルキングの時期 それにはまだまだ早い。とうもろこしも、人間と同じで、毛が生えてから受精する。コーンでは絹のような細い毛が生える事を、シルキングと言う。

 日本の株式市場と、商品市場に相関関係がある事は、最近の傾向を見れば、写真相場と言っても過言ではない。昔は、逆相関こそすれ、相関関係になかった市場であるが、金主が同じだと動き方も似る。 日本株の売買高比率の約半分は、外資勢と考えて間違いない。海外が休場なら、東京の株式市場は、動意薄となるのだが、さて その東京株式市場の今後はどうなるか? 新会社法で、5/1日から三角合併が解禁となる。大きな政策相場も懸念され、ターゲットとなる銘柄が多く含まれる 日経225は要警戒必用 時価総額が大きすぎて、M&Aの対象にならなかった銘柄が要注意である。225先物を手掛ける人は、三角合併について、充分理解する必用があり、わかりやす解説は、→こちらから(野村HP)

landsky at 16:52│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 堅いはなし、でも・・・  [ バツイチのパート社員が発掘した生ニュース ]   2007年04月13日 18:02
特に経営者の方へこんにちは!バツイチのパート社員のとらです!自転車に乗ると汗ばむ季節になってきました。今日はちょっと堅い会計のはなしです。日経のサイトで以下の記事を見つけました。(引用はじめ)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔