2007年04月11日

出来申さず〜

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

 今日の石油市場は、海外高に反発した。ガソリン940円〜780円高 灯油 190円〜660円高  原油 330円〜520円高 で引けた。15: 30分現在の夜間原油は、5月限 61.89ドル△0.00 昨晩のNY原油市場は、今晩の在庫統計で強気の発表が予想される事から製品主導で反発したもの 東京市場では海外高を受け高寄り後 上値追いの展開で引けた。週明けの市場から、イラン・プレミアムは予想以上に剥落したが、余計な材料はなくなり、やっと春夏相場の展開が期待されるところだ。

 米国の製油所稼働率低水準は、意図的なものなのか? それとも 老朽化した製油所設備のハード的な問題か? 同時期の製油所稼働率を見ると、06年の 86% 05年は、94% 04年は90% 03年は91%であるが、06年は、ハリケーン被害の普及前なので仕方ないとしても、今年の水準は、87%と、ハリケーン被害後の稼働率と変わらない。米国は 原油の足下需給が緩んでいる事に対し、夏場のガソリンの供給不安が継続しており、もっぱら製品輸入に頼っているようだ。米国内で石油精製を積極的に進めるつもりがないから、製品高に対して、WTI原油安との構図になる。今しばらくは、WTI原油は、2番限以降か、ドバイ原油を指標とした方が良さそうだ。ドバイ原油のチャートは、→こちらから

 値段表のNと表示されたところは、売買が成立しなった事を表示するもので、”ノミナル” または”出来ず ”不出来(ふでき)” ”出来不申(出来申さず)” と言う。法廷帳簿として、各本支店毎に備え付けられている相場帳では、アルファベットの小文字のエルの筆記体の表示をする。昔は、女子社員の手書きだったが、今はプリンター出力に変わっている。江戸時代の米相場では、場立ちが、出来申さず〜と言って、パッシーンと、撃析 (げきたく)を叩いて、次ぎの限月の競りに移行するのであるが、今はこの板寄せまで、手振りによらず、キーボード入力の発注方式となっているので、味気ない。 この撃析 (げきたく)=木の板を、叩く様子から、この値決め方針を、板寄せと呼ばれるが、今日は 東京アラビカの、当月の前場2節が、出来ずとなっていた。大口の指し値注文が出て、端枚数が折り合わない時にも、出来ずとなったりするが、出来ずの増加は、上場廃止の流れに直結するもの 上場廃止の流れになると、この市場を生業として来た投機筋は、最後のひと稼ぎと、陰謀を企てる。納会前の数日間で、当月限だけが 10分の1以下になった事もあるし、納会の1節だけで、3倍まで跳ね上がった事もある。流動性の低下は、上場廃止に直結し、極悪連の暗躍となる。外資やファンドの暗躍もなく、市場が活況だったアナログの頃が懐かしい。流動性低下銘柄には、要注意

landsky at 17:23│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 移動平均を活用する  [ 外国為替究極奥義~爆発力1000%~ ]   2007年04月11日 19:53
移動平均を活用するテクニカル分析の種類はたくさんありますがその中でも一番シンプルで効果があるのが移動平均です。私は今までいろんな分析をしてきました。結局、FX(外国為替証拠金取引)においてもシンプルが一番だったんです。移動平均には単純移動平均=MA と指数...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔