2007年07月24日

今しばらくの辛抱

クリックお願いします。
人気ブログランキング
商品先物ブログランキング
先物・為替・投資サイトランキング

毎日レポートで 夏相場を勝ち抜く ネット会員募集中
募集詳細


 今日の石油市場は、海外軟調に下落した。ガソリン250円安〜430円安 灯油 280円安〜510円安 原油 80円安〜490円安 で引けた。 15:30分現在の夜間原油は、74.61ドル▼0.28 昨晩のNY原油市場は。OPEC議長の増産を示唆する発言に下落したもの 東京市場では、海外安を反応して続落となったが、曲がり屋ファンドのドテン売りが警戒されて、下げ渋る展開となっている。 東京ガソリンは明日の納会が注目されるが、納会をきっかけとして、相場は動き出すか??

 最近の円高は、8月の利上げを織り込む為のものと推定されるところだが、お盆頃は、為替相場が激動する事が過去多い。為替相場に反応する銘柄が多いと言うよりも、為替相場の動向で、動くファンド資金が多いと言う事 この過剰流動性資金は、膨れ上がり 行き場を失っているが、何等かのきっかっけで、買い進んでくるし、一度 売り戻したら、しばらく戻ってこない事も多いが、東証発表の外国人の売買動向では、前月より外人買い越しが増えてきた。

 利の乗った玉と、引かされた建ち玉では、人間心理として、引かされた建ち玉を維持する方が心理的には楽である。だから、皆 利食いは早く 損切りは遅くとなってしまう。しかし 中途半端な利も、ある水準を超えたら、逆に 持続する事が苦でなくなってくる。コーンなら、3000円〜5000円幅程度利がのれば、気持ちも楽になるはず。弱気のポジション持っている人は、苦しいのも今しばらく あと少しで楽になるはずで、今しばらくの辛抱か? 

landsky at 16:23│Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 為替相場7/27より  [ FX外国為替証拠金取引伝説 ]   2007年07月27日 01:33
為替相場が荒れている。確立されていない投資法ではひとたまりもないだろう。どれだけ円安になろうが円高になろうが高確率で儲ける。その投資法こそが

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔